吉田ゐさおさん(パーカッション 他)に率いられたダブルギター・ベース・ドラム・キーボード・コーラスのバンドをバックに据えた、木根尚登さんのソロコンサート。
夏に全国を巡ったライブがギター弾き語り中心だったということもあって、今回の木根さんは主にピアノ演奏しながら、時折スタンドマイクを前に楽器を持たずに歌うスタイルで、ギター演奏はなし。
セットリストはソロ曲を中心としつつ、TM NETWORK のナンバー「クリストファー」「Telephone Line」「N43」をオリジナルを彷彿とさせるアレンジで演奏したり、TM NETWORK の前身バンドともいえるスピードウェイの「キャプテン・アメリカ」を歌うなど、バンドだからこその選曲もありました。

昼の部では TM NETWORK の二人の話にも触れました。宇都宮隆さんのライブ(Takashi Utsunomiya Solo Tour 2018 Thanatos -25th Anniversary Final-)では、「ウツの声はシンセサイザーに合う。ウツだから TM NETWORK は売れた」と感じたとのこと。小室哲哉さんとは彼の自宅を訪れたそうで、小室さんが自分で注文した弁当を食べながら、いろいろ話したそうです。
来年の TM NETWORK 35周年については「今のところ何も話がないけど、自分が聞いてないだけかもしれない。いつも最後に教えられるから。でも、俺ってすぐしゃべっちゃうから」と、ツイッターでネタバレしてスタッフや宇都宮さんから怒られた話を絡めながら語っていました。
来年のソロ活動は、木根さん一人で全国を回ったあと、今回のようなバンドをバックにしたライブを年末に開きたいとのこと。また3月にファンクラブイベントがあるそうです。

本編最後は「綺麗事って大事なことだから、ちゃんと歌っていきたい」と、メッセージソング「悲しみのチルドレン」「青空」を歌っていました。

アンコールでは、弾き語りツアーでリクエストが多かったという、TM NETWORK 最新アルバム「QUIT 30」収録曲「STORY」を、「オリジナルとは違う感じになるけど、僕の弾き語りバージョンで」と、ピアノ弾き語り・バックなしで演奏。今回のライブタイトル「new STORY」は、この曲を意識しているという発言もありました。
最後はバンドと共に、最初期の曲「by by by」を演奏して終了しました。

----------

あやふやセットリストは以下の通り。

浮雲 -Good & Bad Old Days-
パラノイアな風景
橋はどこにあるの
君への道
クリストファー
Telephone Line
半径2メートル
N43
キャプテン・アメリカ
空につづくロマンティック
Eris 〜10番目の星〜
MY Best Friend
悲しみのチルドレン
青空

STORY
by by by

----------

木根尚登公式サイト
http://www.kinenaoto.com/

関連記事:

木根尚登「NAOTO KINE 2525ツアー」(ゲスト:嶋田陽一)
(2018年9月15日)

木根尚登「NAOTO KINE 2525ツアー」最終日(ゲスト:葛城哲哉)
(2018年9月16日)

----------

木根尚登 NAOTO KINE “REBOOT”
(2015年10月31日)

木根尚登オフィシャルファンクラブ会員限定イベント「I'm On Your Side」
(2016年5月21日)

木根尚登 NAOTO KINE Concert 2016 “Return”
(2016年12月10日)

木根尚登弾き語りツアー2017「久しぶりです」(ゲスト:鶴田奈々・中村中)
(2017年5月13日)

木根尚登弾き語りツアー2017「久しぶりです」追加公演(ゲスト:西部里菜)
(2017年7月2日)

木根尚登ソロデビュー25周年記念公演「キネバラ」(ゲスト:小室哲哉)
(2017年12月2日)

----------

木根尚登&堀江淳ジョイントライブ 〜Folk Songの夕べ〜
(2018年3月17日)

木根尚登25周年記念コンサート「キネバラ」【Blu-ray】
木根尚登

QUIT30
TM NETWORK
avex trax
2014-10-29

IROAS CORPORATION
2018-05-30


DSC_0712