脚本家・江頭美智留さんが新たに立ち上げた演劇ユニット「funfair」第2回公演に、旗揚げ公演に引き続き木根尚登さんが参加。

神奈川県のある街を襲った直下型地震。
奇跡的に家が残った家族と、その家に避難してきた近所の人々などを描いた群像劇。
木根さんはその家に住む大学教授役で、主役的な位地にありました。

突然失われる日常、助けられなかった命をはじめとした震災の現実。
時折ユーモアを織り混ぜつつも、「生きるとは何か」を問う作品でした。


https://ameblo.jp/funfair1804/


関連記事:

劇団クロックガールズ「コメディカルナイト」(木根尚登客演)

劇団クロックガールズ「悪女たちのララバイ」(木根尚登客演)

演劇ユニット funfair 旗揚げ公演「LINK」(木根尚登出演)

For…〜消せない想い〜/So Happy Day
木根尚登
IROAS CORPORATION
2016-12-21