5/14から小田和正全曲定額配信がはじまった。
これに伴い各配信会社で、オリジナルプレイリストが公開されている。
確かに初心者には、オリジナルプレイリストは選曲の拠り所になる面がある。
でも、だからこそ、あえて言いたい。

全曲定額配信だからこそ、まずはアルバム単位で聞いて欲しい。

海外進出をめざし、ロサンゼルスの腕利きミュージシャン達を起用して作られたファーストアルバム「K.ODA」(1986年)。

オフコース初期の曲「僕の贈りもの」や小田和正の音楽的ルーツの曲「moon river」のカバーを収録するという異質のアルバム、一方でオリジナル曲には音楽活動への葛藤もうかがえる「BETWEEN THE WORD & THE HEART」(1988年)。

オフコース解散後、最初のアルバムで、ラテン系「勝手に寂しくならないで」やモータウン系「恋は大騒ぎ」など、オフコース時代のイメージを払拭するような多彩な曲が収録された「Far East Cafe」(1990年)。

「ラブ・ストーリーは突然に」大ヒットを受けた小田和正ソロのベストアルバム、フジテレビ側に最初に「東京ラブストーリー」主題歌として示された「FAR EAST CLUB BAND SONG」が唯一収録された「Oh! Yeah!」(1991年)。

小田和正第1回監督作品の映画「いつか どこかで」のサウンドトラック的アルバム、映画ではインストの曲にも歌詞をつけることでオリジナルアルバム仕立てにした「sometime somewhere」(1992年)。

故郷・横浜を想うタイトルチューンをはじめ、「風の坂道」などファンの支持の高い曲も多い「MY HOME TOWN」(1993年)。

初のオフコースセルフカバーアルバム、「過去はやり直せないが、楽曲はやり直せる」をテーマに、「緑の日々」「Yes-No」「愛を止めないで」「秋の気配」をはじめとするナンバーが時に大胆に歌詞やアレンジを変えている「LOOKING BACK」(1996年)。

小田和正がオリジナルアルバム制作に消極的だった時代のシングルベスト、「君にMerry Xmas」「真夏の恋」「so long my love」「遠い海辺」といったシングル曲はこのアルバムでしか聞けない「伝えたいことがあるんだ」(1997年)。

6年半ぶりのオリジナルアルバム、アルバムタイトルやこのアルバムを象徴する曲「the flag」をはじめ、「小田和正=ラブソング」のイメージを打ち破るような作品となった「個人主義」(2000年)。

オフコースセルフカバーアルバム第2弾、「言葉にできない」「さよなら」「君住む街へ」といった代表曲や、唯一のソロ作品で他のアルバムでは聞けない異色作「風の街」が収録された「LOOKING BACK 2」(2001年)。

「キラキラ」ヒットを受けてのリリース、ファンの中でも人気が高い曲を収録する一方、「my home town」新録や「ラブ・ストーリーは突然に」音源一部差し替えなど、ベストアルバムだからといって手を抜かなかった作品「自己ベスト」(2002年)。

「相対性の彼方」が語源、「たしかなこと」や「明日」といったライブでの定番曲、また今年15年ぶりに制作された番組のテーマ曲「風のようにうたが流れていた」が収録されたオリジナルアルバム「そうかな」(2005年)。

「ダイジョウブ」「こころ」のヒットを受けてリリースされた「自己ベスト」第2弾、「自己ベスト」との重なる曲がないゆえに、選曲に小田和正の想いが見えてくるベストアルバム「自己ベスト-2」(2007年)。

「今日も どこかで」以降の曲を収録、収録曲「グッバイ」「hello hello」「さよならは言わない」などに小田和正の人生観が込められたオリジナルアルバム「どーも」(2011年)。

直前のツアー「どーもどーも その日が来るまで」(2011〜2012年)で東日本大震災の被災地などで約束した「新曲を携えてツアーをやりたい」を実践すべく、5〜6年おきにオリジナルアルバムをリリースするというサイクルを壊した作品「小田日和」(2014年)。

オフコース時代からの全作品を聞いた上で小田和正自身が選曲、「眠れぬ夜」「Yes-No」「時に愛は」等の曲が新録となったオールタイムなベストアルバム「あの日 あの時」(2016年)。

オリジナルアルバムだけでなく、セルフカバーアルバムやベストアルバムにも、当時の小田和正の制作に込めた想いを感じることが出来る。
だからこそ、是非アルバム単位で聞いて欲しい、と思う。
それはプレイリストに載っていない曲との出会いにも、繋がってくるはずである。


関連記事

小田和正 全曲定額配信 開始

オフコース 1984年〜1989年のアルバム配信開始 & 小田和正オリジナルプレイリスト公開

小田和正 全曲定額配信 関連記事

K.ODA
小田和正
ファンハウス
1995-03-25


BETWEEN THE WORD&THE HEART
小田和正
ファンハウス
1995-03-25


Far East Cafe
小田和正
ファンハウス
1995-03-25


K.ODA Oh!Yeah!
小田和正
ファンハウス
1991-05-18


Sometime Somewhere
小田和正
ファンハウス
1992-01-25


MY HOME TOWN
小田和正
ファンハウス
1993-10-27


LOOKING BACK
小田和正
ファンハウス
1996-02-01


伝えたいことがあるんだ
小田和正
ファンハウス
1997-11-21


個人主義
小田和正
ファンハウス
2000-04-19


LOOKING BACK2
小田和正
ファンハウス
2001-05-16


自己ベスト
小田和正
BMG JAPAN
2002-04-24


そうかな
小田和正
BMG JAPAN
2005-06-15


自己ベスト-2
小田和正
BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)
2007-11-28


どーも
小田和正
螢▲螢ラジャパン
2011-04-20


小田日和
小田和正
アリオラジャパン
2014-07-02


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20