TM NETWORK デビュー35年の今年、20年ぶりに映画化された「劇場版シティーハンター」に主題歌として起用された「Get Wild」が世間に再注目され、配信でもトップ10にランクインしたのは記憶に新しい。
そして今、「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を超えて〜」が、次々にカバーされる状況となっている。

最初に発表されたのは森口博子。
2018年にNHKで放送された番組「発表!全ガンダム大投票」内の「ガンダムソングス・ランキング」のトップ10を、ガンダムの主題歌でデビューした森口博子がカバーするというアルバム「GUNDAM SONG COVERS」(8/7発売)。
このランキングで4位にランクインした「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を超えて〜」もカバーされることになった。
ちなみに森口博子と木根尚登は以前より親交があり、それが縁となって2001年の「Act Against AIDS」日本武道館公演では、TM NETWORK 宇都宮隆・木根尚登と森口博子の3人で「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を超えて〜」と森口博子「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」(「機動戦士ガンダムF91」主題歌)を披露している。

次に発表されたのは LUNA SEA。
NHK 総合「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」の主題歌としてカバーされた。
メンバーのSUGIZOは同アニメの音楽プロデュースを手がけているが、そのコンセプトは「オープニング・エンディングのどちらか1曲は新曲、もう1曲はこれまでのガンダム主題歌のカバー」というコンセプトのもと、第9話「コロニー落とし」からオープニングテーマとして「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を超えて〜」が起用されることになった。

3番目は玉置成実。
「パチンコ・フィーバー機動戦士ガンダム逆襲のシャア」向けに「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を超えて〜」が、彼女によってカバーされた。
ちなみに玉置成実は以前「Get Wild」をカバーしており、彼女にとっては2度目の TM NETWORK カバーとなる。

これらの動きは、ガンダムシリーズの第一作「機動戦士ガンダム」が放映40周年を迎えたことと連動している。
特に、300以上あるというガンダムソングの中で「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を超えて〜」が堂々4位にランクされたことが大きい。
「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を超えて〜」は、作詞家の小室みつ子がそれまでのガンダム作品を踏まえて、人間の争いに係る「業(ごう)」をテーマとした歌詞を書いたのだが、小室哲哉のサウンドとマッチし、ガンダムファンに深い印象を残した結果、ガンダムソングでも上位に食い込んだものと思われる。


関連記事:

TM NETWORK 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」
(楽曲紹介/2007年執筆)

TM NETWORK 30周年のテーマの一翼を担った 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」
(2015年執筆)

TM NETWORK 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」
(収録アルバム紹介/2006年執筆)

森口博子 アルバム「GUNDAM SONG COVERS」(8/7 発売)に TM NETWORK 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」カバー収録
(今年(2019年))

LUNA SEA 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」(原曲: TM NETWORK)起用 NHK 総合「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」オープニング YouTube で公開
(今年(2019年))

玉置成実 TM NETWORK 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」カバー
(今年(2019年))







CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20


TIME CAPSULE all the singles
TMN
エピックレコードジャパン
1996-12-12