1970年代の洋楽スタンダードナンバーと、木根尚登・広島綾子それぞれのオリジナルソングでセットリストが組まれたコンサート。
木根さんが阿部薫さんをはじめとするバンドメンバーを巻き込むかたちで、いつも以上にトークを展開し、バンドメンバーも乗ってくるので、広島さんがあきれて突っ込むこともしばしば。
一方、TM NETWORK ・木根尚登ファンである広島さんの、学生時代の勘違いや、木根さんとの出会い(ボイストレーナーが同じで、その人の紹介)なども話してくれました。

木根さんいわく久しぶりに演奏するという「春を待つ」や、木根さんの書き下ろし曲に広島さんが作詞した新曲も披露してくれました。

来年の同じ時期に2回目を開催したい、との話も出ました。

アンコールでは、木根さんが最近カバーした「Get Wild」バラードバージョン、そして木根ソロ曲「LUCY」を披露してくれました。

----------

バンド:阿部薫(Dr)、宗秀治(B)、友成好宏(P)、芳賀義彦(G)




木根尚登公式サイト
http://www.kinenaoto.com/

広島綾子 公式ブログ
https://ameblo.jp/hiroshima-ayako/


関連記事:

OTONA MUSIC PARADISE―大人音楽園―Vol.1― ”SAYONARA 平成!Stylish Pop @ SHIBUYA” (木根尚登・佐藤竹善 出演)
(2019年)

木根尚登&佐藤竹善「TMN+SLT=∞」
(2017年)

Rainbow
広島綾子
Madanome Studio
2018-01-26