昨年のツアー同様、キーボード3名にギタリスト1名というバンドをバックにした宇都宮隆ソロツアー。
REBECCA のリーダーで T.UTU with The Band ・ U_WAVE といった宇都宮隆のソロプロジェクトに参加してきた土橋安騎夫、TMN のサポートメンバーであり、access ・T.M.Revolution を手掛ける傍ら、宇都宮隆ソロにも楽曲提供してきた浅倉大介、GReeeeN への楽曲提供などミュージシャンとして着実に実績をあげる中で、最近の宇都宮隆ソロ作品やライブに関わる機会が多くなった nishi-ken とキーボーディスト3名は昨年から続投。そして今年のギタリストは、 TM NETWORK ・宇都宮隆ソロ両方のバックを務めてきた FENCE OF DEFENCE ・北島健二。

宇都宮隆を中心に演奏された曲は TM NETWORK の新旧ナンバー。
選曲は代表曲、ライブでの定番曲だけでなく、最近のライブでは演奏されていない TM NETWORK 初期の曲も含まれた。アレンジも、かつての TM NETWORK と同じように、オリジナルとは違ったEDM要素の強いとなっていた。
一方、バックの4人がソロあるいはメインをとるコーナーもあり、その時にはバンドメンバーそれぞれの代表曲を披露する形となった。

この日の公演は宇都宮隆さんの誕生日。
アンコールの曲の前には、長年、宇都宮ソロのサポートを務めてきたギタリスト・野村義男がケーキを運びながら登場。宇都宮さんによるケーキのローソク消しの後は、観客をバックに記念撮影をしていました。

ツアー中のため、セットリストは「続きを読む」に記載。




宇都宮隆公式サイト
http://www.magnetica.net/


関連記事:

宇都宮隆 Tour 2019 Dragon The Carnival ツアーグッズ追加
(ツアー日程掲載)

宇都宮隆 Takashi Utsunomiya Solo Tour 2018 Thanatos -25th Anniversary Final
(2018.10.7 簡易ライブレポ)

宇都宮隆 Takashi Utsunomiya Solo Tour 2018 Thanatos -25th Anniversary Final- 最終公演(ゲスト: NAOTO)
(2018.11.23)

TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D
(記事集)




Bang The Gong
Secret Rhythm
Welcome Back 2
Come on Let’s Dance
〜Come on Everybody
Dragon the Festival
浅倉大介ソロ with 北島健二(Virgin Emotion)
Here, There & Everywhere(冬の神話)
Rhythm Red Beat Black
nishi-ken ソロ(キセキ)
クロコダイルラップ(Get Away)
Fantastic Vision
これなんでしょうのコーナー(仰げば尊し・ふるさと)
We are starting over
Be Together
土橋安騎夫ソロ(フレンズ)
Just One Victory(たったひとつの勝利)
Wild Heaven
北島健二 with nishi-ken (Vo):SARA
Get Wild
I am

Human System
SE. Dawn Valley