2017年の「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」からはじまり、同年の「今日は一日“小田和正”三昧」、今年(2019年)の「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」「インタビュー ここから 小田和正」「小田和正 Tour 2018〜19 ENCORE!! ENCORE!!」、そして「今日は一日“小田和正”三昧 ENCORE!! (アンコール)」と、NHKと小田和正の関係は急速に深化している。
そして番組の内容は放送を重ねるごとに進化かつ深化し、2001年から放送された TBS 「クリスマスの約束」「風のようにうたが流れていた」、2005年から交流がはじまったフジテレビ「めざましテレビ」の作品と同等以上のクオリティとなっている。

これはオフコース時代からファンである、という阿部渉アナウンサーの力量が大きい。ファン目線に立った小田和正への質問は、ファンを満足させるレベルである。
何より「今日は一日“小田和正”三昧」で、小田と疎遠になっていたオフコース創設メンバー・鈴木康博へのインタビューを敢行したことは、敬服に値する。

その阿部アナウンサーを核としたチームが、これらNHKの番組を一貫して担当していることも大きい。
「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」はその番組の性格上、小田和正の活動を振り返ることが主眼であった。
「今日は一日“小田和正”三昧」はその延長上にあったが、小田和正には珍しい生放送出演を実現した上、まだCD化されてなかった民放ドラマ主題歌の新曲「小さな風景」のオンエアに加え、鈴木康博へのインタビューという小田和正・ファン双方へのサプライズを実現することで、「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」と一線を画する作品となった。

その次の作品となる「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」では、これまでの小田和正関連の番組では取り上げてこなかった、コンサートを支えるスタッフ達にクローズアップ、「インタビュー ここから 小田和正」は同番組で収録しきれなかった小田和正への阿部アナウンサーのインタビューを別番組として放送する、という新しい展開を見せた。
続く「小田和正 Tour 2018〜19 ENCORE!! ENCORE!!」は、パッケージ化される「Kazumasa Oda Tour 2019 ENCORE!! ENCORE!! in さいたまスーパーアリーナ」の映像を中心に構成されたが、小田和正と阿部アナウンサーの御当地紀行風対談というNHK独自のコーナーを織り込むことで、パッケージとの差別化を図っている。
そして「今日は一日“小田和正”三昧 ENCORE!! (アンコール)」では、2005年の台湾公演のスタッフや2018年のツアー「ENCORE!!」御当地紀行において岩手県・小岩井駅で出会った女の子からのメッセージ、そして「Kazumasa Oda Tour 2019 ENCORE!! ENCORE!! in さいたまスーパーアリーナ」から「小田和正 Tour 2018〜19 ENCORE!! ENCORE!!」では放送されなかった「さよなら」を含むライブ音源の先行オンエア、という趣向を凝らしたものとなった。
このように「NHK・小田和正チーム」は、番組ごとにそれぞれ一味違う内容を見せている。

実は小田和正とNHKの関係は、これまでも断続的に続いてきた。
オフコース時代の1982年、NHK教育テレビでツアー「We are」の模様やアルバム「over」のレコーディング風景などを織り込んだ「若い広場 オフコースの世界」が放送されている。
ソロになってからも、1992年にBSで映画「いつか どこかで」やツアー「sometime somewhere」を織り込んだ「追いかけて追いつづけて〜小田和正の世界」、2002年に笑福亭鶴瓶との対談とツアー「Kira Kira」の模様をまとめた「音楽旅人」、2005年にはツアー「大好きな君に」に同行した小田和正「にんげんドキュメント」が放送されてきた。
しかし、いずれも単発に終わっており、次の展開はなかった。
しかし阿部アナウンサーを軸とする「NHK・小田和正チーム」は、番組ごとにその内容を変え、進化かつ深化させることで小田和正側の信頼を勝ち取り、新しい番組へとつなげている点は興味深い。

「NHK・小田和正チーム」が今後、どんな新しい小田和正番組を制作するか、非常に楽しみなところ。
そして勝手ながら、「NHK・小田和正チーム」に個人的なリクエストが二つ。

一つは「名盤ドキュメント「over」オフコース」の制作。
喜納昌吉&チャンプルーズ・RCサクセション・太田裕美・矢野顕子・はっぴぃえんど・佐野元春・ TM NETWORK そして YMO の名盤を取り上げてきたこのシリーズに、これらの名盤に匹敵する「over」を加えて欲しい。「若い広場」というかたちでレコーディング映像も残っている「over」を、今のオフコースのメンバーやスタッフの証言を交えたドキュメントに仕立ててくれれば、と願っております。

もう一つは、3度目の「今日は一日“小田和正”三昧」が実現するのなら、TBSの阿部龍二郎プロデューサー・服部英司プロデューサー(クリスマスの約束・風のようにうたが流れていた)、フジテレビの軽部真一アナウンサー(めざましテレビ)と阿部アナウンサーによる「小田和正番組関係者対談」コーナーです。プロデューサーやアナウンサーから見た、ファンが知らない小田和正の姿を引き出して欲しいと思っています。


関連記事:

小田和正 Blu-ray / DVD 「Kazumasa Oda Tour 2019 ENCORE!! ENCORE!! in さいたまスーパーアリーナ」(11/27 発売)リリース記念 パネル展示 全国で開催

NHK BS プレミアム「小田和正 Tour 2018〜19 ENCORE!! ENCORE!!」 12/1 再放送

----------

NHK BS プレミアム「小田和正 Tour 2018〜19 ENCORE!! ENCORE!!」感想

NHK 総合「インタビュー ここから 小田和正」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜
(「小田和正 100年インタビュー 〜時は待ってくれない〜」関連)

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜
(「小田和正 100年インタビュー 〜時は待ってくれない〜」関連)

オフコースDVD「Off Course 1981.Aug.16 〜 Oct.30 若い広場 オフコースの世界」
(DVD紹介)

Off Course 1981.Aug.16~Oct.30 若い広場 オフコースの世界 [DVD]
オフコース
EMIミュージック・ジャパン
2002-01-30