1984年にデビューした TM NETWORK 初のタイアップは、同年、テレビ西日本のキャンペーンソングとして起用された「FANTASTIC VISION」であった。小室哲哉作詞作曲のこの曲は、ポップなサウンドにファンタスティックな光景に包まれた恋人達を歌った歌詞、という初期 TM NETWORK のファンタジー要素が詰まった作品となっている。
「FANTASTIC VISION」は、翌1985年、シングル「アクシデント (ACCIDENT)」のカップリングとして収録された後、同1985年のアルバム「CHILDHOOD'S END」に収録された。
この曲は、その後もテレビ西日本の天気予報のBGMとして長期間使用されている。

1985年、オリジナルビデオアニメ「吸血鬼(ヴァンパイア)ハンターD」の主題歌として、TM NETWORKは「YOUR SONG ("D"Mix)」を提供する。この曲は小室哲哉作詞、小室哲哉・木根尚登作曲による、ファンタジーな物語に沿ったヒーローとヒロインの出会いを歌った曲になっている。サウンドはプログレッシブ・ロックの要素が強く出ており、後のアルバム「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991」などの先駆けともいえる。また「吸血鬼ハンターD」には、小室哲哉がサウンドトラックを手がけている。
「YOUR SONG ("D"Mix)」は、1985年にシングルリリース後、同年リリースのミニアルバム「TWINKLE NIGHT」には別バージョンとなる「YOUR SONG (TWINKLE MIX)」が収録された。この「TWINKLE NIGHT」には「吸血鬼ハンターD」サウンドトラックから「組曲 VAMPIRE HUNTER D」が収録されている。

1986年、川村真澄作詞、小室哲哉作曲、大村雅朗編曲による渡辺美里「My Revolution」がオリコン週間チャート1位を記録する。TBS系テレビドラマ「セーラー服通り」の主題歌であったこの曲の大ヒットによって、作曲者としての小室哲哉、そして彼が属する TM NETWORK にも注目が集まっていく。
ちなみに小室哲哉は後に、大村によるこの曲のアレンジから学ぶところが多かった、と語っている。

1987年、TM NETWORK によみうりテレビ・日本テレビ系テレビアニメ「シティーハンター」のエンディングテーマのオファーが届く。これを受けて書き下ろされた「Get Wild」は、小室哲哉作曲・編曲による疾走感あふれるシンセサウンドと、TM NETWORK デビュー以来作詞を手がける小室みつ子による都会の孤独をテーマにした歌詞がタッグを組んだ曲となった。
シングルリリースされた「Get Wild」は、「My Revolution」の大ヒット、1987年2月にリリースされたアルバム「Self Control」オリコンチャート週間3位という、TM NETWORK が勢いに乗っている状況下、アニメ自身のヒットという相乗効果もあり、オリコンチャート週間9位にランクインする(前作のシングル「Self Control (方舟に曳かれて)」は週間33位)。その後も「Get Wild」は、オリコンチャート週間ベスト100に26週ランクイン、年間でも22位を記録し、TM NETWORK の代表曲となる。
その「Get Wild」は、1987年「Gift for Fanks」をはじめとするベストアルバムに収録されるが、オリジナルアルバムには収録されなかった。一方で、「既存曲を新しいサウンドにリプロダクト(リアレンジ)する」という TM NETWORK の活動を象徴する楽曲として1989年の「GET WILD ’89」を皮切りに様々なバージョンが生まれ、2017年にはカバー曲も含めた「Get Wild」だけで収録されたアルバム「GET WILD SONG MAFIA」がリリースされる。
その後、「Get Wild」は「シティーハンター」の代名詞的存在となり、続編「シティーハンター2」等でも、挿入歌に使用される。そして2019年に相次いで公開された、アニメ映画「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」、そしてフランス制作の実写版「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」の主題歌に「Get Wild」は起用された。ちなみにフランス版シティーハンター「Nicky Larson et le Parfum de Cupidon」のフランス公開版でも、「Get Wild」はアニメ作品に踏襲する形で用いられている。

翌1988年は、 TM NETWORK にとってタイアップが充実した年となる。
まず、前年リリースのアルバム「humansystem」収録曲「RESISTANCE」が、TBS系テレビドラマ「痛快!ロックンロール通り」主題歌に起用される。
小室みつ子作詞、小室哲哉作曲・編曲で作られた、抵抗・反抗のために新たな世界へ旅立つ「君」を歌ったこの曲は、その前のアルバム「Self Control」向けにバラードとして制作していたものの収録が見送られ、アップテンポに改められたトラックが「humansystem」に収録された。その際、「Kiss You (世界は宇宙と恋におちる)」と共に、アルバム先行シングルの候補にもなっている。
ドラマ主題歌への起用を受けて「RESISTANCE」はシングルカットされる。

同1988年、アニメ映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」主題歌として、「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」が書き下ろされ、シングルリリースされる。この曲は、小室哲哉作曲・編曲によるミディアムテンポの荘厳なサウンドに、小室みつ子がそれまでのガンサム作品を鑑賞した上で作られた「人間の業」をテーマにした歌詞、という組み合わせとなった。そして同年リリースの「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」にはスティーブ・ナイ(Steve Nye)がリミックスしたバージョン「Beyond The Time (Expanded Version)」が収録される。
「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」は初代「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイとライバルであるシャア・アズナブルとの決着を描いた作品で、「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」はそのラストを飾る主題歌として評価を得る。2018年 NHK BS「発表!全ガンダム大投票」では300曲以上を数えるガンダムソングの中から、「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」はファン投票4位を記録。2019年、この投票結果を元に、自身もガンダムソングを歌う森口博子がこの曲を含む上位10曲をカバーした「GUNDAM SONG COVERS」をリリース。ちなみに、このアルバムはオリコン週間チャート3位を記録した上、第61回日本レコード大賞企画賞を受賞している。同年には LUNA SEA がアニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」オープニング主題歌としてカバーしている。この LUNA SEA によるトラックは今年(2020年)リリースされるアルバム「機動戦士ガンダム 40th Anniversary Album 〜BEYOND〜」に収録されることとなっている。

同1988年の TM NETWORK タイアップ第三弾は、実写映画「ぼくらの7日間戦争」の主題歌及び挿入歌である。
小室みつ子作詞、小室哲哉作曲・編曲による主題歌「SEVEN DAYS WAR」は、管理教育に抑圧された中学生が学校教師や大人に戦いを挑む、という映画のテーマに沿ったドラマチックなロッカバラードとなった。一方、小室みつ子作詞、木根尚登作曲、小室哲哉編曲による挿入歌「GIRLFRIEND」は、バラードを得意とする木根の本領が発揮された、ヒロインを見守るようなバラードとなっている。そして主題歌・挿入歌以外のサウンドトラックは、小室哲哉が手がけている。
「SEVEN DAYS WAR」は「GIRLFRIEND」をカップリング曲としてシングルリリース。そして2曲とも映画のサウンドトラック「SEVEN DAYS WAR MUSIC FROM THE ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK」に収録された。
「SEVEN DAYS WAR」は同年リリースのアルバム「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」では、ギター・ベース・ドラム・キーボードでの演奏を意識した「Seven Days War (Four Pieces Band Mix)」が収録される。一方、「GIRLFRIEND」は1993年のリプロダクトアルバム「TMN CLASSIX 2」に「Girlfriend (motion picture version)」としてアルバム初収録される。
2019年、実写映画「ぼくらの7日間戦争」の続編でもあるアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」の挿入歌として「SEVEN DAYS WAR」が起用される。

1988年の TM NETWORK タイアップの最後を飾ったのは、同年リリースのアルバム「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」収録曲「STILL LOVE HER (失われた風景)」である。アニメ「シティーハンター2」エンディングテーマとして起用されたこの曲は小室哲哉作詞、小室哲哉・木根尚登作曲、小室哲哉編曲による、「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」のレコーディングが行われたロンドンの冬の風景をモチーフにした、別れをテーマにしたバラードであった。その「STILL LOVE HER (失われた風景)」は翌1989年、シングル「JUST ONE VICTORY(たったひとつの勝利)[Remix Version]」のカップリングとして収録される。
2019年のアニメ映画「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」で「STILL LOVE HER (失われた風景)」は、主題歌に起用された「Get Wild」と共に、エンディングなどで用いられている。
また「STILL LOVE HER (失われた風景)」はファン投票で常に上位を獲得する人気曲となり、2019年「TM NETWORK デビュー35周年記念 新時代・次世代に向けた「FANKSが選ぶ、TM NETWORK ソング10曲」投票」では第1位となる。

1990年から1991年、TM NETWOK (TMN) は第2のタイアップラッシュに入る。
1989年夏より、TM NETWORK は小室哲哉のソロ活動などにより活動休止状態となるが、その休止期間中の1990年、TM NETWORK はマクセルカセットテープCM用に曲を提供する。そのCMソング「THE POINT OF LOVERS' NIGHT」は小室哲哉作詞・作曲・編曲による、ロッカバラード仕立てのラブソングとなっている。「THE POINT OF LOVERS' NIGHT」は TM NETWORK 活動再開第1弾としてシングルリリースされ、TM NETWORK 初のオリコンシングルチャート週間第1位を獲得する。

同1990年、TM NETWORK は TMN に改称する「TMNリニューアル宣言」を行う。そして TMN 名義として最初にリリースされたシングル「TIME TO COUNT DOWN」は、小室みつ子作詞、小室哲哉作曲・編曲という TM NETWORK の代表曲を生み出したタッグながら、ハードロックサウンドを基調とした疾走感あふれる、これまでの TM NETWORK には無かったサウンドの曲となった。「TIME TO COUNT DOWN」は前作「THE POINT OF LOVERS' NIGHT」に続き、マクセルカセットテープのCMソングに起用される。

同じく1990年、TMN 名義で最初のアルバム「RHYTHM RED」がリリース。ハードロックとハウスサウンドを融合させて TMN 独特のサウンドを生み出したこのアルバムに、「THE POINT OF LOVERS' NIGHT」「TIME TO COUNT DOWN」が収録される。
そして「RHYTHM RED」収録曲で小室哲哉作詞・作曲・編曲作品「SECRET RHYTHM」が、小室哲哉プロデュースによる YAMAHAシンセサイザー EOS B500 のCMソングに起用される。
そして、このアルバムから参加した脚本家・坂元裕二の作詞、小室哲哉作曲・編曲によるタイトルチューン「RHYTHM RED BEAT BLACK」が、ハウス食品「O'ZACK」CMソングに起用されて、1990年にシングルカットされる。
そのカップリング曲として、クリスマスソング「DREAMS OF CHRISTMAS」が小室哲哉作詞、小室哲哉・木根尚登作曲、小室哲哉編曲により書き下ろされるが、同曲はNTTポケットベルCMソングに起用される。
「DREAMS OF CHRISTMAS」は長らくアルバム未収録曲であった。2004年のファン投票を元にしたベストアルバム「Welcome to the FANKS!」に、投票結果とは別にカップリング曲を集めたCDが収録されることになり、その中に「DREAMS OF CHRISTMAS」がアルバム初収録された。

1991年、カメリアダイアモンドCMソング〜勇気の川編〜に、TMN の新曲が起用される。小室哲哉作詞・作曲・編曲による、ハウスサウンドの要素も含んだポップなラブソングは、後に「We love the EARTH」と題される。
同年、カメリアダイアモンドCMソング〜RED ROCK編〜に、小室哲哉作詞・作曲・編曲による、「We love the EARTH」とは違った切ないラブソングが提供される。当時普及しはじめたカラオケで歌われることも意識したという、その曲は「Love Train」と題される。
「Love Train」「We love the EARTH」は両A面シングルとして1991年リリース、オリコンチャート週間1位だけでなく年間チャート17位にランクイン、TM NETWORK・TMN 通して最高の売上を記録する。

同1991年、アルバム「EXPO」リリース。前作のハウスサウンドを継承しつつ、「月とピアノ」「音楽の万国博覧会」をテーマとして各曲をパビリオンに見立てたこのアルバムに、「Love Train」がシングル音源のまま、「We love the EARTH」はハウスサウンド・クラブサウンドを意識したリミックス「We Love The Earth (Ooh,Ah,Ah,Mix)」が収録される。
このアルバムの収録曲で、小室哲哉作詞、木根尚登作曲、小室哲哉編曲によるラブソングとメッセージソング両方の要素が織り込まれたバラード「大地の物語」がカメリアダイアモンドCMソング〜大地とエナジー編〜に起用される。このことで、「We love the EARTH」「Love Train」「大地の物語」はカメリア3部作とも呼ばれるようになる。
また、坂元裕二作詞、小室哲哉作曲・編曲によるアップテンポナンバー「あの夏を忘れない」が、フジテレビ系ドラマ「ハイレグクィーンロマンス ピットに賭ける恋!」主題歌に起用される。

同年、テレビ朝日系ドラマ「ララバイ刑事'91」オープニングテーマに、TMN の新曲「WILD HEAVEN」が起用される。小室みつ子作詞、小室哲哉作曲・編曲によるアップテンポナンバー「WILD HEAVEN」は、元々アルバム「EXPO」の「TM NETWORK パビリオン」の位置づけで作られていたが、アルバムの中でボーナストラックのように浮いてしまう、として収録が見送られていた。その曲を新録の上、主題歌に提供し、シングルリリースされた。
1992年、TMN は活動休止に入り、「WILD HEAVEN」はオリジナルアルバムに収録されることなく、1993年「TMN CLASSIX 2」にリミックスバージョンで

1993年、TM NETWORK デビュー10周年にあたる1994年を視野に、TMN は徐々に動き出す。リプロダクトアルバム「TMN CLASSIX 1」「TMN CLASSIX 2」リリースを経て、2年ぶりのシングル「一途な恋」をリリースする。ブティックJOYCMソングに起用された「一途な恋」は、小室哲哉作詞・作曲・編曲によるアップテンポナンバーであった。
「一途な恋」は、翌年のオリジナルアルバムリリースを企図しての作品であった。しかし1994年4月21日「TMN 終了宣言」と、同年5月18・19日の東京ドーム「TMN 4001 Days Groove」で、TMN はその歩みを止めることになる。
「一途な恋」は1994年にリリースされたシングル集「TETSUYA KOMURO PRESENTS TMN BLACK」がアルバム初収録となる。

関連記事:

TM NETWORK「CHILDHOOD'S END」
(「FANTASTIC VISION」収録アルバム/2006年執筆)

TM NETWORK 「Your Song」
(2007年執筆)

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」
(2015年執筆)

TM NETWORK 「RESISTANCE」
(2019年執筆)

ガンダムの象徴としての TM NETWORK 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を超えて〜」
(2019年執筆)

SEVEN DAYS WAR
(2019年執筆)

TM NETWORK 「GIRLFRIEND」
(2007年執筆)

STILL LOVE HER (失われた風景)
(2019年執筆)

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜
(2019年執筆)

TM NETWORK (TMN) 「THE POINT OF LOVERS' NIGHT」
(2017年執筆)

TMN (TM NETWORK) 「Time To Count Down」
(2007年執筆)

TMN「RHYTHM RED」
(「RHYTHM RED BEAT BLACK」「SECRET RHYTHM」収録/2006年執筆)

TMN 「DREAMS OF CHRISTMAS」
(2006年執筆)

TM NETWORK (TMN)「We love the EARTH」の物語
(2015年執筆)

TMN (TM NETWORK) 「Love Train」
(2007年執筆)

TMN (TM NETWORK) 「大地の物語」
(2016年執筆)

TMN「EXPO」
(「あの夏を忘れない」収録/2006年執筆)

TMN (TM NETWORK) 「Wild Heaven」
(2007年執筆)

TMN「BLACK」「RED」「BLUE」
(「BLACK」に「一途な恋」収録/2006年執筆)

CHILDHOOD'S END
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20


TWINKLE NIGHT
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20


Gift for Fanks(DVD付)
TM NETWORK
Sony Music Direct
2007-11-21


humansystem
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20


SEVEN DAYS WAR
小室 哲哉
SMD
2019-12-04


CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20


RHYTHM RED
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2014-05-21


EXPO
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2014-05-21


TMN CLASSIX 1・2
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2014-09-24


Tetsuya Komuro Presents TMN black
TMN
エピックレコードジャパン
1994-06-22


Welcome to the FANKS!
TM NETWORK
エピックレコードジャパン
2004-12-22


TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999
TM NETWORK
ミュージックレイン
2012-05-23