2003年「TM NETWORK tribute LIVE -UTSU & KINE'S SELECTION FROM TM SONGS-」が開催される。
翌2004年、TM NETWORK デビュー20周年を控えた前夜祭的なコンサートとして位置づけられたこのコンサートである。
但し、他の音楽活動の関係で小室哲哉が参加せず、宇宮隆・木根尚登・浅倉大介(key)・葛城哲哉(G)・阿部薫(Dr)という「TMN 1990年から1992年の演奏メンバーから、小室哲哉が抜けた」メンバーで演奏されることになった。
この小室不在を踏まえ、「TM NETWORK のライブとは違い、CDオリジナルのアレンジに忠実に演奏する」「TM NETWORK のスタンダードナンバーはもちろんのこと、これまでもあまり演奏されず、今後も TM NETWORK では演奏しなそうな曲も演奏する」ことを、コンサートのコンセプトに据えた。

コンサートでは、更に1991年から1992年の「TOUR TMN EXPO」のコーナーであるフォークパビリオンが再現され、フォークの名曲と、アコースティックアレンジとなった「永遠のパスポート」「FANTASTIC VISION」「Just One Victory」のうち1曲が日替わりで演奏された。

セットリストは以下の通り。
演奏されたのは1984年から1991年までの楽曲であった。

SE. GIVE YOU A BEAT
1. WILD HEAVEN
2. GET WILD '89
3. DON'T LET ME CRY
4. BEYOND THE TIME
5. FOOL ON THE PLANET
6. THE POINT OF LOVERS NIGHT

・フォークパビリオン
7. 冷たい雨(Hi-Fi-Set)等のフォークソング
8. FANTASTIC VISION
(「永遠のパスポート」「Just One Victory」との日替わり)

9. 1/2の助走
10. GIRL
11. SPANISH BLUE
12. Dのテーマ (INST)
13. KISS YOU
14. COME ON LET'S DANCE
15. LOVE TRAIN
16. YOU CAN DANCE
17. SELF CONTROL

Encore
1. SEVEN DAYS WAR
2. ALL-RIGHT ALL-NIGHT
(「DIVE INTO YOUR BODY」との日替わり。但し1日だけ「Time To Count Down」を演奏)
SE. CASTLE IN THE CLOUD

----------

TM NETWORK デビュー20周年の翌年に当たる2005年、「SPIN OFF from TM -tribute live 2005-」が開催される。
参加メンバーは2003年と同じ5人となった。

このコンサートと平行して、この5人で新曲を制作して配信する活動も開始。その第1弾「SLASH!」が、宇宮隆ソロコーナーとして演奏された。
他にも木根尚登、浅倉大介のソロ曲がセットリストに加わるなど、この年からコンサートのタイトルに加わった「SPIN OFF from TM」が示すとおり、「5人のバンド・ユニットのコンサート」という色合いを帯びはじめる。

メインとなる TM NETWORK ナンバーも、1994年の作品「Another Meeting」をはじめ、TMN 終了や1999年の再始動以降の作品で、コンサートで演奏されてこなかった曲達も、セットリストに組み込まれた。
1991年以前の楽曲でも、久々に演奏される曲がセットリストに多く組み込まれた。
またこのツアーの独自の企画として、会場毎に演奏曲を変えるコーナーも設けられた。

下記セットリストの通り、日替わり曲だけでなく、他の演奏曲もツアー中に変わったツアーでもあった。

SE. Bang The Gong
1. Castle in the Clouds
2. Jean Was Lonely
3. 雨に誓って〜SAINT RAIN〜
4. It's Gonna Be Alright
(「80's」との日替わり)
5. クリストファー
(「This Night」との日替わり)
6. Looking at You
(「月はピアノに誘われて」との日替わり)

7. MY BEST FRIEND(木根ソロ)
8. techno beethoven(浅倉ソロ)
9. SLASH!(宇都宮ソロ)

10. あの夏を忘れない
(会場毎に演奏曲変更 他は「Still Love Her」「Accident」「Human System」「Resistance」「Beyond The Time」)
11. Girlfriend
12. Your Song
13. Twinkle Night
14. Self Control
(「Get Wild '89」との日替わり)
15. Be Together
16. Dive Into Your Body

※ツアー当初は「Time」がセットリストにあった一方、「Your Song」「Twinkle Night」が日替わりとなっていた。

Encore
1. Another Meeting
(最終日のみ「Jonny B Good」)
2. You Can Dance

----------

2007年、3回目のライブとなる「SPIN OFF from TM 2007 -tribute LIVE III-」が開かれる。
参加メンバーは引き続き同じ5人。

このツアーでは TM NETWORK ナンバーが引き続きメインである一方、宇宮隆・木根尚登・浅倉大介だけでなく、葛城哲哉・阿部薫のソロコーナーも設けられるなど、「5人のバンド・ユニットのコンサート」という要素が更に強くなった。
更に2005年以降、SPIN OFF と平行として制作されて配信された楽曲達が、宇都宮隆のソロアルバムアルバム「from "SPIN OFF" 2005 to 2007」として、ツアー終盤にリリースされた。
このコンサートでは、このアルバムから「DAWN MOON」または「GET ON YOUR EXPRESS」が、宇都宮ソロコーナーで演奏された。

なお追加公演には、 access ・貴水博之がゲスト出演してる。

SE. Childhood's End(Long Version)
1. Take It To The Lucky(金曜日のライオン)
2. Dragon The Feastival
3. Presence
4. Here,There & Everywhere
(「Come Back To Asia」との日替わり)

5. 風のない十字路
(「君がいる朝」との日替わり)
6. 君への道(木根尚登)
7. WINTER MUTE (浅倉大介)
(最終2公演はゲスト・貴水博之で access 「DRASTIC MERMAID」「瞳ノ翼」)
8. DAWN MOON (宇都宮隆)
(最終2公演は「GET ON YOUR EXPRESS」)
9. Sad Emotion
(「Time Passed Me By」との日替わり)
10. オフレコ(阿部薫)
11. 葛城哲哉ソロ
(「ラブソングは歌わない」など日替わり)
12. We Love The Earth (アコースティックアレンジ)

13. Secret Rhythm
13. Chase in Labyrinth
(最終2公演は「Come on Everybody」)
14. Love Train
15. Get Wild '89
16. Be Together
17. Self Control

Encore
1. Children of The New Century
2. Just One Victory
SE. We are starting over

----------

「SPIN OFF from TM 2007 -tribute LIVE III-」の追加公演で、TM NETWORK のライブが2007年11月にパシフィコ横浜で開催されることが発表される。
後に「REMASTER」と題されたこのライブは、渋谷公会堂や日本武道館の公演が追加されるが、そのコンセプトは「みんなが知っているシングル曲を中心に、オリジナルアレンジで演奏する」という、「TM NETWORK tribute LIVE -UTSU & KINE'S SELECTION FROM TM SONGS-」のコンセプトに近いものであった。

2008年11月、小室哲哉の不祥事で TM NETWORK の活動は休止となる。
TM NETWORK デビュー25周年の2009年春、前年12月に宇宮隆・木根尚登・浅倉大介によって開かれた「UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-」の東名阪追加公演が開催された。
同年秋には、宇宮隆が TM NETWORK のサポートを務めた経験のあるアーティストによって結成されたバンド FENCE OF DEFENSE と組んで、 TM NETWORK ナンバーを主軸にした「TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D」を開催。このツアーの最終2公演には、浅倉大介・葛城哲哉がゲストで呼ばれている。
一方、木根尚登は自身のソロライブで「NAOTO KINE CONCERT 2009 Talk & Live 〜1夜限りのSpecial 企画 ×3公演!〜 TM NETWORK Night」を開催している。
このように、2009年は「SPIN OFF from TM tribute LIVE」と違う形の TM NETWORK 25周年記念コンサートが開催された。
その傾向は2010年以降も続き、「SPIN OFF from TM -tribute LIVE-」は開催されなかった。

2012年に TM NETWORK は活動再開し、デビュー30周年の2014年を挟んで2015年までCDリリース・コンサート活動を行う。
しかし2018年、小室哲哉が引退を宣言する。

TM NETWORK デビュー35周年の2019年、宇宮隆は土橋安騎夫・浅倉大介・ nishi-ken ・北島健二をバックに、宇宮の歌唱曲は全て TM NETWORK ナンバーとなる「Takashi Utsunomiya Tour 2019 Dragon The Carnival」を開催。好評だったことから、追加公演が2020年に開催される。

そして2020年、宇宮隆・木根尚登・浅倉大介・葛城哲哉・阿部薫による「tribute LIVE SPIN OFF from TM 2020」が開催されることになった。


関連記事

TM NETWORK tribute LIVE -UTSU & KINE'S SELECTION FROM TM SONGS-

SPIN OFF from TM -tribute live 2005-

SPIN OFF from TM 2007-tribute LIVE III-

----------

「tribute LIVE SPIN OFF from TM 2020」開催(宇都宮隆・木根尚登 出演)

SPIN OFF from TM 全4タイトル(2003〜2007) Blu-ray化

宇宮隆・木根尚登 生出演「SPIN OFF from TM 」ライブ映像同時視聴ナイト 7/18・7/25・8/8・8/15 ニコニコ生放送で配信

Gift from Fanks T(特典なし)
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2020-03-18




TAKASHI UTSUNOMIYA from “SPIN OFF” 2005 to 2007
宇都宮隆
インディペンデントレーベル
2007-06-13