GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

渡辺美里ライブ

M-ON! LIVE 渡辺美里 「Live Love Life goes on!美里祭り in 日比谷野音2019」 9/29 放送

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
MUSIC ON! TV 告知ページより


M-ON! LIVE 渡辺美里 「Live Love Life goes on!美里祭り in 日比谷野音2019」
2019年9月29日(日)13:00〜14:00

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

Rooftop:渡辺美里、35周年イヤー突入を飾る"美里祭り"を雨の日比谷野音で開催!「直球ど真ん中の歌を歌っていきたいと思います」




渡辺美里公式サイト
http://www.misatowatanabe.com/


関連ブログ記事

渡辺美里「Live Love Life goes on! 美里祭り in 日比谷野音 2019」


渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life Sweet Emotion Tour 2019-2020 元旦公演決定

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
渡辺美里公式サイトなどより


渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life Sweet Emotion Tour 2019-2020 元旦公演
2020年1月1日(水・祝)
東京 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
開場17:00 開演17:30

----------

渡辺美里 35th Anniversary Live Love Life Sweet Emotion Tour 2019-2020

2019年8月31日(土)から12月5日(木)まで22公演
詳細は上記公式サイト参照






ボクはここに
渡辺 美里
ERJ
2017-07-05

渡辺美里「Live Love Life goes on! 美里祭り in 日比谷野音 2019」ライブレポ

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!

Rooftop:渡辺美里、35周年イヤー突入を飾る"美里祭り"を雨の日比谷野音で開催!「直球ど真ん中の歌を歌っていきたいと思います」




渡辺美里公式サイト
http://www.misatowatanabe.com/


関連ブログ記事

渡辺美里「Live Love Life goes on! 美里祭り in 日比谷野音 2019」


渡辺美里「Live Love Life goes on! 美里祭り in 日比谷野音 2019」

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
来年デビュー35周年を迎える渡辺美里。
その35周年イヤー突入記念を兼ねた、どちらも4年ぶりとなる日比谷野外音楽堂での美里祭り。

雨天のライブとなりましたが、美里さんは「1989年『SUPER Flower bed BALL '89』、あの時は雷があったけど、今日は鳴ってないから。あれから30年たったね」と、雷雨で中止になった西武球場のライブのエピソードに触れていました。

ライブのは美里さんもトークで触れた「時代」と「東京」をテーマにした選曲、後半は新旧のアッパーチューンで構成。
終盤のトークでは「昔からのミュージシャンがバックで支え、「My Revolution」のミュージックビデオをとったカメラマンが、今日撮影してくれている。たくさんのスタッフが、私を支えてくれている」といった話をしてくれました。
また8月にリリースされるニューアルバム「ID」の出来にも、自信を見せていました。

アンコールでは、美里さんは赤メイン、バンドメンバーは黒メインの「misato 35」と背中に書かれた野球のユニフォームを着て演奏してくれました。

セットリストは以下の通り。


Overture
東京生活
NEWS
青い鳥
10 Years
素顔
さえない20代
悲しいボーイフレンド
I wish
点と線
あなたのすきな歌
すき
My Revolution
ブランニューヘブン
今夜がチャンス
恋するパンクス
オーディナリーライフ

ボクはここに
恋したっていいじゃない
サマータイムブルース
ここから
サンキュ


渡辺美里公式サイト
http://www.misatowatanabe.com/

関連記事:

渡辺美里「M・Evolution Tour 2018」(ゲスト:桜井秀俊)

渡辺美里「M・Evolution Tour 2018」(ゲスト:木根尚登)

渡辺美里 スペシャルライブ「ribbon power neo」

----------

渡辺美里「美里祭り 春のハッピーアワー」
(2013年 日比谷野外音楽堂)

渡辺美里「美里祭り V9 Boom Boom Bloom」
(2014年 日比谷野外音楽堂)

渡辺美里 30th Anniversary 「春の美里祭り 30th Revolution」日比谷野外音楽堂
(2015年)


渡辺美里「M・Evolution Tour 2018」(ゲスト:木根尚登)

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
「M・Evolution Tour 2018」ツアー二人目のゲストは、TM NETWORK 木根尚登。
コンサート中盤のトークコーナー「M・Evolution Bar」で、レコードプレイヤーから流れる「Get Wild」をBGMに登場した木根さん、スイーツ男子ということで渡辺美里さんから柴又の草団子と静岡の甘いお茶のもてなしをうけてトークスタート。

同じ小坂洋二プロデューサーであることから、デビュー前の高校生時代から TM NETWORK や大江千里さんとの交流があった美里さん。二人の最初の出会いはソニー一口坂スタジオで、あるフロアで TM NETWORK が、別のフロアで千里さんがレコーディングしていた時とのこと。
美里さんは「TM のトコは髪の毛茶色いメンズが多かった」と発言したら、木根さんは「ウツが赤っぽくて、てっちゃんが黒茶のまだら。あれはね、デビューの時にコーディネーターが決めたの。『ウツ(宇都宮隆)は赤い髪にしよう』『小室(哲哉)くんは茶を入れよう』て。で、俺の顔見た時、黙りこんじゃって、そして『坊主にしようか』って。それに二人が『木根くん頭の形が悪いから…』ってフォローしてくれたら、『サングラスにしよう』ってことになって。それから34年ずっとサングラスしています」という TM NETWORK デビュー時の話を披露。
「木根さんと会ったら話したいこといっぱいあって、エピソード1〜9くらいまであるね」という美里さんに、「みんなどの辺聞きたい?80?90?2000?2010?」と客席に振る木根さん。拍手の大きさから80年代に決定。

80年代はお互いがお互いの作品のコーラスに参加した時期で、美里さんは「You Can Dance like a rock (TM NETWORK 「You Can Dance」)とか、Lonely Toughness 君の station(「Passenger」)とかコーラスしたトコだけ覚えてる」と発言。ライブでの「You Can Dance」のコーラスが自分の声だったので、観客としてみていた美里さんは驚いたこともあったそうです。
また美里さんのアルバム「Lovin' you」と TM NETWORK シングル「Come on Let's Dance」のレコーディングを一緒にニューヨークで行った、という話も出ました。

「メンバーに引退を表明した人がいて」という話から小室哲哉さんの話題に。美里さんは「今年いくつかインタビューを受けたけど、80%がその話、『同じ釜の飯を食べた仲ですよね?』。確かに同じ弁当は食べたし、ステーキハウスフォルクスも行ったし、木根さんも…」と発言に、「行ったっけ?」という木根さん。美里さんは「行ったよ〜。サラダバー取りに行ったり…」、対して木根さんは「代々木の?まだあるよね?」と返していました。
続けて美里さんは「(小室)ファミリーかファミリーじゃないのかってのもあって。木根さんはどっち?」に対し、木根さんは「僕は長い物には巻かれるタイプだから。ウツと美里は違うでしょ?小坂ファミリーから分家したのがファミリーじゃない?」と発言。続けて、美里さんは「S(ソニーミュージックエンタテインメント)から、じゃない、E(EPIC SONY)からa(avex)に移ったからね」、木根さんは「aなんで若い子ばかりだと思ったら、甲斐よしひろさんもいたから」と発言していました。

話は再び80年代に戻り、レコーディングスタジオで店屋物ばかり食べる皆さんのために、美里さんがお母さんと一緒にお弁当を作って差し入れしたとの話に。「好き嫌いが多かった」という美里さんの発言に、「三人一緒に結婚式出たくないんだよ」と、宇都宮さんや小室さんが苦手なメニューを押しつけられていた、とこぼす木根さん。
結婚式の流れから、小室哲哉さんのエピソードも出ました。美里さんのマネージャーの結婚式の時に、小室さんが「送ってあげるよ」と自発的に明治記念館までBMWで送ってもらったそうです。「My Revolution」のヒットで買ったというBMWを小室さんは「My Revolution」号と呼んでたそうですが、木根さんは「あの車、そう読んでたんだ」と知らなかった様子。また当時、若かったので結婚式のしきたりを知らなかった美里さんは、「てっちゃん(小室さん)も一緒に出席にしなよ」と小室さんに話したら「僕は呼ばれていないし、そういうわけにはいかないよ」と返答されたとのこと。木根さんは「さすが美里だ、てっちゃんをアッシーに使った」というのに対し、美里さんは「でも、自発的だから」と返していました。

美里さんの「木根さん、まだTMなの?」に対し、「いつの間にかメンバーから外されているかもしれないけど」と返した木根さん、続けて「まだ解散したとは聞いてないし、引退とかほのめかした人もいるけど。引退試合ってあるでしょ?『引退します』って言って少し経ってからやるやつ、何年かした後に忘れた頃にやればいいんじゃないの?」と発言。美里さんは「私、4番目の TM NETWORK として何かやった方がいいのかな?声掛けてね」とコメント。また「引退の時に『今はそっとしておいてあげて』って木根さんらしい。またいつか音楽やりたくなるでしょ」とも発言していました。

宇都宮隆さんの話も出ました。美里さんが「考えてみたら、ウツと3回くらいしか喋ったことない。何百回と会ってるのに…」と発言したのに対し、「人見知りだけじゃなくて、あいつはお酒が入らないとそんなにしゃべらない。3人でラジオをやってた時に、それぞれどのくらい喋ってるかストップウォッチで調べたファンがいて、2時間のうち俺とてっちゃんが55分で、ウツが3分だったから」と木根さんが返していました。

「演奏しないでゲストに出たい、トークだけの方が乗るのよ。10分15分喋ればいいから」という木根さんに、 「千里さんのライブのトークゲストで出てたでしょ?」と応える美里さん。このライブの直前に、偶然にも千里さんが、木根さんがゲストに出た美里さんの2004年の西武スタジアムライブのビデオを見ていた、というメールが来たというエピソードを挟んで、木根さんは「またご飯行こう。千ちゃんと美里ちゃんで。良かったらみんなも!」という発言に。美里さんは「場所はSNSで拡散します」と笑って発言し、トークコーナーは一応終了。

演奏の準備の間もトークは続き、今年30周年記念で「ribbon -30th Anniversary Edition-」リリースしたという話から、「『Get Wild』は去年30周年だっけ?」と聞く美里さん。それで「GET WILD SONG MAFIA」を出したという話から、「全部『Get Wild』だけでライブやろうよ、って言ったんだけど、ウツは『やだよ。何十回も歌いたくない』、 てっちゃんは『(モノマネで)う〜ん。全部Bマイナーだからやだなぁ』だって言われた。断る理由がそれぞれ違っていた」と話す木根さん。
その流れから、「ribbon -30th Anniversary Edition-」の木根尚登作品「さくらの花の咲く頃に」を披露。

演奏後に再びトークへ。「木根さんは最初はキーボードでデモテープを送ってきたんだけど、最近はギターで送ってくるようになった」「昔はキーボードだったよね?パントマイムとか宙に浮いたりしなくちゃいけなくて、ギターも持たされて」という美里さんに、 「ピアノとフォークギターだったのに、てっちゃんが『木根、地味だからエレキぶら下げてよ』って言い出して。でも音楽家だから、ぶら下げてるだけじゃ寂しいから、練習したの!」と返す木根さん。「てっちゃんにキーボード教えたの木根さんでしょ?こうして弾くやつ」と、両手広げて両脇のキーボードを弾くふりをする美里さん。それに対し「そう、それは俺。ただこうして弾く(上のキーボードから手元のキーボードへと手をスライドさせる動き)のはあいつが考えた。そんなに上から弾かなくていいのに…。で、見るとツマミいじってるの。演奏してなかった! 」と応える木根さん。「北島健二さんや B'z 松本(孝弘)さん、葛G(葛城哲哉さん)にもギター教えてあげたんでしょ?」 「そう、僕が教えてあげたの」というジョークな会話も飛び出しました。
そして「スタジアムの20周年の時に書いていただいた曲が『NO SIDE』。ウツが「この曲いい曲だね。俺歌いたい」って言ったんだけど、木根さんが「美里の曲だから!」って言ってたって、スタッフから聞いた」という美里さんに、 「あの人、他にいい曲いっぱい歌ってますから。これは美里に提供するために作った曲だから」と応える木根さん。「いつもオートクチュールのように、木根さんは私のために曲を作ってくれます」という美里さんのコメントから、木根さんの最新提供曲「点と線」(アルバム「オーディナリー・ライフ」収録)を共演。

アンコールでも木根さんは登場し、ファーストアルバムのタイトルチューンで木根さん提供曲「eyes」を共演。
33年のつきあいになる美里さんと木根さんとのまだまだつきないということになりで、美里さん「また来てください!」、木根さん「地方公演行こうか、自腹で?でも、ただで入れて」、美里さん「ただで入れるし、夕ご飯もおごるから」なんて話していました。

ゲストコーナー以外も7月とは変わったセットリストを「続きを読む」に掲載。


渡辺美里公式サイト
http://www.misatowatanabe.com/

関連記事:

2016年 渡辺美里 30th アニバーサリー 横浜アリーナ オーディナリー・ライフ祭り

渡辺美里 名盤ライブ「eyes」

渡辺美里ビルボードライブ

渡辺美里 billboard classics 30TH ANNIVERSARY MISATO WATANABE Premium Symphonic Concert

渡辺美里 M・Generation Tour 2017

渡辺美里 Xmasスペシャル You are my Santa Claus

渡辺美里 スペシャルライブ「ribbon power neo」

渡辺美里「M・Evolution Tour 2018」(ゲスト:桜井秀俊)

----------

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)




ボクはここに
渡辺 美里
ERJ
2017-07-05



続きを読む

渡辺美里「M・Evolution Tour 2018」(ゲスト:桜井秀俊)

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
夏曲からはじまった渡辺美里さんのライブ。
前半には、今年30周年記念盤がリリースされた「ribbon」から3曲演奏。

中盤のトークコーナーで、本日のゲスト、真心ブラザーズの桜井秀俊さん登場
今回のツアーでバンドマスターを務める、真心ブラザーズの共同制作者でもある奥野真哉さんを交えてのトークへ。
一時期、真心ブラザーズも美里さんと同じエピックソニーにいたけど、お二人が会う機会はなかったとのこと。
また真心ブラザーズはフェスの印象が強いが、最近は年齢の関係で真夏ではなく、夏の終わり以降に出ているとのこと。
ちなみに、前回のツアー「M・Generation Tour 2017」を桜井さんは松山で見たとのこと。ちょうど前日が真心ブラザーズの高松公演だったので見に行き、満足だったとのこと。
セッションは桜井さんの提供曲「ボクはここに」と、美里さんのリクエストによる真心ブラザーズ「サマーヌード」を美里さんボーカルで演奏してくれました。

ライブ後半はムーディーなバラードからはじまり、代表曲やライブでもお馴染みのナンバーを演奏。
夏曲多目のアンコールでは、3曲目に桜井さんが再登場し、ギターで参加していました。


セットリストは「続きを読む」に掲載。



渡辺美里公式サイト
http://www.misatowatanabe.com/

関連記事:

2016年 渡辺美里 30th アニバーサリー 横浜アリーナ オーディナリー・ライフ祭り

渡辺美里 名盤ライブ「eyes」

渡辺美里ビルボードライブ

渡辺美里 billboard classics 30TH ANNIVERSARY MISATO WATANABE Premium Symphonic Concert

渡辺美里 M・Generation Tour 2017

渡辺美里 Xmasスペシャル You are my Santa Claus

渡辺美里 スペシャルライブ「ribbon power neo」

----------

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

ボクはここに
渡辺 美里
ERJ
2017-07-05




DSC_0231
続きを読む

渡辺美里 スペシャルライブ「ribbon power neo」

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
1988年にリリースされた渡辺美里のアルバム「ribbon」。
「恋したっていいじゃない」「悲しいね」「10 years」といった、彼女の代表曲やその後も歌い続けられている曲が多く収録されたこのアルバムの「-30th Anniversary Edition-」が今年リリース。
そのリリースを記念して開かれたライブは、アルバム直後に開かれた大阪球場・西武球場ライブのタイトル「ribbon power」を踏まえた「ribbon power neo」と名付けられた。

演奏の合間には、土屋礼央(RAG FAIR / TTRE)との対談スタイルで、アルバム制作や収録曲等のエピソードが披露されました。
スクリーンには当時の映像も多数流されました。

セットリストとトークのホンの一部は、「続きを読む」参照。


・バンドメンバー
サウンドディレクター&キーボード:本間昭光
キーボード:真藤敬利
ギター:林部直樹
ドラム:松永俊弥
ベース:安達貴史
サックス:竹上良成
マニュピレーター:足立賢明


渡辺美里「ribbon -30th Anniversary Edition-」特設サイト
http://www.misatowatanabe.com/ribbon30th/

渡辺美里公式サイト
http://www.misatowatanabe.com/

関連記事:

2016年 渡辺美里 30th アニバーサリー 横浜アリーナ オーディナリー・ライフ祭り

渡辺美里 名盤ライブ「eyes」

渡辺美里ビルボードライブ

渡辺美里 billboard classics 30TH ANNIVERSARY MISATO WATANABE Premium Symphonic Concert

渡辺美里 M・Generation Tour 2017

渡辺美里 Xmasスペシャル You are my Santa Claus

----------

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)




続きを読む

渡辺美里 Xmasスペシャル You are my Santa Claus

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
クリスマススペシャルと銘打ったライブ。
選曲はこの時期ならでは、久しぶりに演奏する曲もありました。
アンコールでは新曲のクリスマスソングも披露するなど、タイトルにふさわしい内容でした。


渡辺美里公式サイト
http://www.misatowatanabe.com/

関連記事:

2016年 渡辺美里 30th アニバーサリー 横浜アリーナ オーディナリー・ライフ祭り

渡辺美里 名盤ライブ「eyes」

渡辺美里ビルボードライブ

渡辺美里 billboard classics 30TH ANNIVERSARY MISATO WATANABE Premium Symphonic Concert

渡辺美里 M・Generation Tour 2017

----------

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

竹野昌邦
渡辺 美里
ERJ
2017-07-05

続きを読む

渡辺美里 M・Generation Tour 2017

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
デビュー30周年ツアー以来の全国ツアー東京公演。
シングル「ボクはここに」のみリリースされての今回のツアーセットリストは、新旧織り混ぜたものに。
4代目バンマス・奥野真哉(キーボード)、ドラム・松永俊弥といった中堅・ベテランバンドのサウンドは、サックス・竹野昌邦さんのプレイが随所に光るものでした。
そんなバンドサウンドに、美里さんの声がうまい感じに載っていました。


渡辺美里公式サイト
http://www.misatowatanabe.com/

関連記事:

2016年 渡辺美里 30th アニバーサリー 横浜アリーナ オーディナリー・ライフ祭り

渡辺美里 名盤ライブ「eyes」

渡辺美里ビルボードライブ(2016年6月)

渡辺美里 billboard classics 30TH ANNIVERSARY MISATO WATANABE Premium Symphonic Concert(2016年6月)

----------

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

竹野昌邦
渡辺 美里
ERJ
2017-07-05

続きを読む

渡辺美里 billboard classics 30TH ANNIVERSARY MISATO WATANABE Premium Symphonic Concert

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
1999年から断続的に開催されている渡辺美里のオーケストラ共演ライブ。
今回は、盆啓男氏指揮の下、東京フィルハーモニー交響楽団をバックに、映画やミュージカル曲のカバーで構成された第一部「My Favorite Songs」、オリジナルソングをオーケストラアレンジに仕立てた第二部「My Songs」で披露されました。

セットリストは「続きを読む」参照。


渡辺美里公式サイト
http://www.misatowatanabe.com/

billboard classics 公式サイト
http://billboard-cc.com/


関連記事:

2016年 渡辺美里 30th アニバーサリー 横浜アリーナ オーディナリー・ライフ祭り

渡辺美里 名盤ライブ「eyes」

渡辺美里ビルボードライブ

HELLO LOVERS
渡辺美里
エピックレコードジャパン
1992-07-08


うたの木 Gift
渡辺美里
エピックレコードジャパン
2000-12-06

続きを読む

渡辺美里ビルボードライブ

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
渡辺美里さん2回目のビルボードライブは、邦楽の曲のカバーを軸にした「うたの木」を彷彿させるセットリスト。
あわせて自身の代表曲達も、ニューアレンジに一新して披露しました。

現在開催中のオーケストラライブ、8月の神宮球場での花火大会でのライブに加え、先日開催された「ROOTS 66」の北海道公演が決定したことなどを報告。
間もなく迎える大台以降も、引き続き音楽に積極的に取り組んでいくことを、トークで伝えていました。
また今後も、このようなカバー主体のライブをビルボードで開催する構想も語ってくれました。


関連記事:

2016年 渡辺美里 30th アニバーサリー 横浜アリーナ オーディナリー・ライフ祭り

渡辺美里 名盤ライブ「eyes」


Cafe Mocha~うたの木~
渡辺美里
エピックレコードジャパン
2002-03-20

続きを読む

渡辺美里 名盤ライブ「eyes」

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
1985年リリースの渡辺美里のファーストアルバム「eyes」
それは渡辺美里の原点であると共に、楽曲を提供した大江千里、岡村靖幸、 TM NETWORK 小室哲哉・木根尚登にとっても、自身の作品とは別の、もう一つの原点である。
翌1986年、小室作品「My Revolution」でヒットした渡辺美里、相前後して大江・岡村・ TM NETWORK もブレイクする。
その前夜の作品が「eyes」である。

その「eyes」を全曲演奏するという企画ライブ。
初期のレコーディングに参加した中村哲・清水信之、バックバンドの歴代バンマス佐橋佳幸・有賀啓雄・スパム春日井、「eyes」と同時期に生まれた小笠原拓海という腕利きが参加。
オリジナルの雰囲気を残しつつ、30年積み重なった進化をみせる演奏でした。

トークも主に「eyes」の楽曲について。
ちなみにタイトルチューンを書いた木根さんの話も出てきて、「eyes」のデモテープはキーボードだったのが、最新アルバム収録曲「点と線」はアコギだったそうです。
(ちなみに木根さんは会場に来ていたようです。)

本編はアルバムの曲順通りに演奏。
アンコールも、アルバム未収録の初期の曲のメドレーでした。

なお本日のライブは5月にCSで放送されるそうです。

名盤ライブ 紹介ページ
http://www.meibanlive.com/misato/

関連記事:

渡辺美里 30th Anniversary 「春の美里祭り 30th Revolution」日比谷野外音楽堂

渡辺美里 30th Anniversary 30th Revolution @ CLUB CITTA’ 川崎

渡辺美里 30th Anniversary 30th Revolution @ かつしかシンフォニーヒルズ

2016年 渡辺美里 30th アニバーサリー 横浜アリーナ オーディナリー・ライフ祭り

eyes -30th Anniversary Edition-
渡辺 美里
ERJ
2015-12-16



2016年 渡辺美里 30th アニバーサリー 横浜アリーナ オーディナリー・ライフ祭り

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
渡辺美里デビュー30周年を締めくくる、ソロでは21年ぶりの横浜アリーナライブ。

昨年のツアーに参加したバンドメンバーに加え、歴代バンマスの佐橋佳幸・有賀啓雄、そして Dr.Kyon が演奏に参加。
佐橋さんとは二人でトークを繰り広げる時もありました。

また最新アルバム「オーディナリー・ライフ」に参加した WEAVER ・ Caravan ・ゴスペラーズが、コラボレーションした曲に登場して一緒に演奏する、というスペシャルライブらしい演出もありました。

「オーディナリー・ライフ」収録曲と代表曲が入り交じったセットリストは以下の通り。

10 years
サマータイム ブルース
恋したっていいじゃない
センチメンタル カンガルー
鼓動
夢ってどんな色してるの (with WEAVER)
いつか きっと
Glory (with Caravan)
ムーンライト ダンス
点と線
虹をみたかい
今夜がチャンス
涙を信じない女
My Revolution
オーディナリー・ライフ (with ゴスペラーズ)

すき
ジャングル チャイルド
恋するパンクス
JUMP
ここから(with WEAVER Caravan ゴスペラーズ)
Lovin' you


渡辺美里「春の美里祭り 30th Revolution/日本全国ツアー 30th Revolution」特設サイト
http://30th-revolution.syncl.jp/

関連記事:

渡辺美里 30th Anniversary 「春の美里祭り 30th Revolution」日比谷野外音楽堂

渡辺美里 30th Anniversary 30th Revolution @ CLUB CITTA’ 川崎

渡辺美里 30th Anniversary 30th Revolution @ かつしかシンフォニーヒルズ



渡辺美里 30th Anniversary 30th Revolution @ かつしかシンフォニーヒルズ

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
渡辺美里デビュー30周年を飾る47都道府県ツアーの東京公演。
川崎公演とは違うセットリストでした。

あやふやセットリストは「続きを読む」に記載。

渡辺美里「春の美里祭り 30th Revolution/日本全国ツアー 30th Revolution」特設サイト
http://30th-revolution.syncl.jp/

関連記事:

渡辺美里 30th Anniversary 「春の美里祭り 30th Revolution」日比谷野外音楽堂

渡辺美里 30th Anniversary 30th Revolution @ CLUB CITTA’ 川崎



続きを読む

渡辺美里 30th Anniversary 30th Revolution @ CLUB CITTA’ 川崎

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
渡辺美里デビュー30周年を飾る47都道府県ツアーの神奈川公演。
ニューアルバム「オーディナリーライフ」を軸に新旧の代表曲を織り交ぜる、というライブ構成は5月の日比谷野音と同じでしたが、セットリストは色々と変化していました。

本日は美里さんの誕生日、ということでアンコールでは「HAPPY BIRTHDAY」の演奏と共にケーキが出て来たりしました。

----------

セットリストは「続きを読む」に記載。

渡辺美里「春の美里祭り 30th Revolution/日本全国ツアー 30th Revolution」特設サイト
http://30th-revolution.syncl.jp/

関連記事:

渡辺美里 30th Anniversary 「春の美里祭り 30th Revolution」日比谷野外音楽堂



続きを読む

渡辺美里 30th Anniversary 「春の美里祭り 30th Revolution」日比谷野外音楽堂

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
渡辺美里デビュー30周年、そして美里祭り10周年の節目のライブは、47都道府県ツアーの序盤を兼ねた公演。
セットリストはニューアルバム「オーディナリー・ライフ」を軸に、代表曲などを織り込んだもの。
ゲストの押尾コータローさんのギターをバックにした歌唱や、美里さんと縁があるラジオドラマ「あ、安部礼司」の出演者とデビュー前の再現ドラマをラジオドラマ仕立てで披露したり、といったところは「美里祭り」だからこその企画がありました。
アンコールでは、来年1月9日の横浜アリーナ公演も発表されました。

----------

セットリストは、この後のツアーに関係しそうなので、「続きを読む」に記載。

渡辺美里「春の美里祭り 30th Revolution/日本全国ツアー 30th Revolution」特設サイト
http://30th-revolution.syncl.jp/

関連記事:

渡辺美里「美里祭り 春のハッピーアワー」
(2013年)

渡辺美里「美里祭りV9 Boom Boom Bloom」
(2014年)



続きを読む

渡辺美里 SUMMER STATION 音楽ライブ

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
テレビ朝日のイベントの一環として、六本木ヒルズの一角でひらかれたフリーライブ。

アンコールも含めて7曲ということで、夏の定番曲が多いライブでした。

この後、美里さん出演のイベントが続くので、セットリストは念のため「続きを読む」に記載。

ここから
渡辺美里
ERJ
2014-04-23

続きを読む

渡辺美里「うたの木 〜今夜のスペシャリテ〜」

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
渡辺美里の実験的コンサート「うたの木」

今回はビルボードというレストラン併設のライブ会場。
洋楽のスタンダードを交えたセットリストとなりました。

ジャズテイストの入った「10 years」「Pajama Time」をはじめ、アレンジは会場の雰囲気に合ったものになりました。

トークでは、高校の卒業式の後に、会場の近くのスタジオ(ソニー乃木坂スタジオ?)でレコーディングしたという思い出を語ってくれました。


セットリストはこんなだった気がします。

A Lover's Concerto
10 years
卒業
The Rose
Pajama Time
ここから
It's Tough
My Favorite Things
It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing)
My Revolution

始まりの詩、あなたへ

----------

関連記事:

渡辺美里 ニューシングル「ここから」 4/23 発売

渡辺美里「美里祭り 秋のセンチメンタルジャーニー」

渡辺美里「美里祭り 春のハッピーアワー」

渡辺美里「うたの木 オーケストラコンサート 2011」

渡辺美里
エピックレコードジャパン
2014-04-23



渡辺美里「美里祭り 秋のセンチメンタルジャーニー」

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
5月の日比谷野音に続く、初めての秋開催の「美里祭り」
「センチメンタルジャーニー」と冠した今回のライブは、空港を主な舞台とした物語仕立てのステージ。
美里さんをはじめ、バンドメンバーは旅装で鞄や楽器ケースを持って登場しました。

新旧ナンバーを織り交ぜながら、曲間で時に美里さんのナンバーのインストをバックに、友情や恋のエピソードを語るスタイルでした。
バイオリン・チェロが加わったサウンドは、物語仕立てのステージにぴったりでした。

そして来年の「美里祭り」が、5月4日(日・祝)に 東京・日比谷野外大音楽堂、5月6日(火・祝)に 大阪・大阪城野外音楽堂で開催されることも発表されました。

関連記事:

渡辺美里「美里祭り 春のハッピーアワー」


続きを読む

渡辺美里「美里祭り 春のハッピーアワー」

ブログネタ
渡辺美里 に参加中!
これまで夏のライブとして開催していた「美里祭り」が、今年は春に開催されました。
会場は渡辺美里さんにとっても初めての会場となる日比谷野外音楽堂。
ライブアルバム「Live Love Life 2013」の収録も行われており、美里さんも随時そのことに触れていました。

選曲も春の曲を集めたメドレーをはじめ、これまでの夏野美里祭りとはちょっと違ったものになりました。

ライブアルバムと同時にリリースされるベストアルバム「美里うた」についても触れましたが、イベントなどで美里さんに興味を持った方々に向けて作られるそうです。
また「秋の美里祭り」が11/17 NHK ホールで開催されることが発表されました。

セットリストは「続きを読む」参照。

関連記事:

渡辺美里「美里祭り2012 ワンダー7」

美里うたGolden BEST (初回生産限定盤・DVD付) [CD]
渡辺美里
2013-07-10

Live Love Life 2013 at 日比谷野音~美里祭り 春のハッピーアワー~ (初回生産限定盤・DVD付) [CD]
渡辺美里
2013-07-10
続きを読む
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目(小田和正・ASKA・スキマスイッチ出演)

ap bank fes '08 2日目(小田和正出演)

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目(小田和正出演)

ap bank fes '12 つま恋3日目(小田和正出演)

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ