GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

SING LIKE TALKING / 佐藤竹善 ライブ

SING LIKE TALKING 30th Anniversary Live Amusement Pocket “FESTIVE”

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!

SING LIKE TALKING デビュー30周年記念ライブ。
「例外」を目指してきたという彼らは、佐藤竹善さんいわく「シングルヒットはない」といいつつ、彼らの30年を網羅した曲達を演奏。
彼らの最初のプロデューサー・武藤敏史さんにも触れ、「僕らのやりたいようにしてくれた」ともコメント。

竹善さんのトークのネタには、親交ある小田和正さんの話に。
盛岡公演を見に行ったそうですが、そのときに小田さんが逆立ちに挑戦して成功したとのトークがあったそうです。
それで竹善さんも大阪で挑戦し、成功したのですが、隣の部屋から「ドンドン」と抗議されたそうです。

最後の方では「これからも続けていきます」という強い言葉で締め括ってくれました。

セットリストを「続きを読む」に掲載。

関連記事:

25th Anniversary SING LIKE TALKING Amusement Pocket 25/50
(2013年)

SING LIKE TALKING Amusement Pocket 25/50 ALTERNATE
(2014年)

SING LIKE TALKING The Sonic Boom Tour 2015

SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 〜シング・ライク・ストリングス〜

SING LIKE TALKING Premium Live 28/30 Under The Sky 〜シング・ライク・ホーンズ〜

SING LIKE TALKING Premium Live 29/30 ~SING LIKE POP’N ROCK & MELLOW~ “Pop of the day”

SING LIKE TALKING Premium Live 29/30 ~SING LIKE POP’N ROCK & MELLOW~ “Rock of the day”

SING LIKE TALKING 2018 The Tour with Next Generation

Heart Of Gold(初回限定盤)(DVD付)
SING LIKE TALKING
Universal Music =music=
2018-01-17

続きを読む

SING LIKE TALKING 2018 The Tour with Next Generation

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!
SING LIKE TALKING 30周年イヤー突入、オリジナルアルバム「Heart Of Gold」リリースと連動するようにスタートした今回のツアー。
ベテランやメンバーの同世代がバックを固めたこれまでの彼らのライブとは違い、SING LIKE TALKING を聞いて育った、唯一続投のコーラス・露崎春女と同世代の中堅ミュージシャンがバックバンドを勤めたのが特色。

セットリストは新旧ナンバーを取り混ぜたものに。
ライブが進むにつれ、間奏や後奏が長くなり、メンバー・バックバンドの巧みなプレイを聴かせてくれました。


関連記事:

SING LIKE TALKING Premium Live 29/30 ~SING LIKE POP’N ROCK & MELLOW~ “Pop of the day”

SING LIKE TALKING Premium Live 29/30 ~SING LIKE POP’N ROCK & MELLOW~ “Rock of the day”

Heart Of Gold(初回限定盤)(DVD付)
SING LIKE TALKING
Universal Music =music=
2018-01-17

続きを読む

SING LIKE TALKING Premium Live 29/30 ~SING LIKE POP’N ROCK & MELLOW~ “Rock of the day”

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!
SING LIKE TALKING 30周年カウントアップ企画の第三弾、中野サンプラザ2 daysの2日目。
今日のテーマは「Rock of the day」、セットリストも一部ロック色の強い曲に変更されました。


関連記事:

SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 〜シング・ライク・ストリングス〜

SING LIKE TALKING Premium Live 28/30 Under The Sky 〜シング・ライク・ホーンズ〜

SING LIKE TALKING Premium Live 29/30 ~SING LIKE POP’N ROCK & MELLOW~ “Pop of the day”

6月の青い空
SING LIKE TALKING
ユニバーサル ミュージック
2017-06-07

続きを読む

SING LIKE TALKING Premium Live 29/30 ~SING LIKE POP’N ROCK & MELLOW~ “Pop of the day”

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!
SING LIKE TALKING 30周年カウントアップ企画の第三弾。
今回は中野サンプラザ2 days、但しそれぞれ別テーマでセットリストが組まれる形に。
しかも佐藤竹善さんがトークで「代表曲は来年(30周年)演奏するから、今回はマニアックに、久しぶりに披露する曲を演奏する」と宣言した通り、アルバム収録曲中心の構成に。
今日のテーマは「Pop of the day」ということもあり、メロディアスな曲が多く演奏されました。


関連記事:

SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 〜シング・ライク・ストリングス〜

SING LIKE TALKING Premium Live 28/30 Under The Sky 〜シング・ライク・ホーンズ〜

6月の青い空
SING LIKE TALKING
ユニバーサル ミュージック
2017-06-07

続きを読む

SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 〜シング・ライク・ストリングス〜

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!
SING LIKE TALKING 初となるストリングス参加のライブ。
「月への階段」「点し火のように」といった原曲にストリングスが用いられた曲や、ストリングスが似合うバラードを中心としたセットリストは、普段のライブではなかなか演奏しない曲が多いものになりました。
ストリングスが加わったことで、いつものバンドサウンドとは違う演奏となりました。

トークもいつもより控えめでしたが、新曲「Longing 〜雨のRegret〜」のサブタイトルが稲垣潤一さんの名曲と同じであることから、竹善さんが稲垣さんの曲を稲垣さん風に歌ったりしていました。
また、来年は真夏の日比谷野外音楽堂で、竹善さん提案のホーンセクションを加えたライブを開くことも宣言していました。

セットリストは以下の通り。

Find It 〜初夏の印象〜 (※)
Slow Love Down (※)
In The Rain (※)
月への階段
Longing 〜雨のRegret〜
離れずに暖めて
Rendezvous
Your Love
Interlude
点し火のように
回想の詩
It's City Life
Maybe
.
止まらぬ想い
With You
Spirit of Love
Utopia (※)

(※)ストリングス不参加曲

関連記事:

SING LIKE TALKING The Sonic Boom Tour 2015

Longing 〜雨のRegret〜(初回限定盤)
SING LIKE TALKING
ユニバーサル ミュージック
2015-10-07


Longing 〜雨のRegret〜
SING LIKE TALKING
ユニバーサル ミュージック
2015-10-07

SING LIKE TALKING The Sonic Boom Tour 2015

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!
SING LIKE TALKING 久々のバンド編成ツアーの最終日。
セレクションアルバム「Anthology」収録曲を中心に、ファンに人気の曲も織り込んだ、3時間超のライブでした。

セットリストは以下の通り。

Ordinary
Hold on
月への階段
How High The Moon
Together
Will
Flame
One Day
無名の王
離れずに暖めて
祈り
Memories Of Your Smile (西村智彦)
Human
みつめる愛で
眩暈
Rise
La La La
Seasons Of Change
Spirit Of Love

きっと何時の日か
心の Evergreen
I'll Be Over You (TOTO)
My Desire
Utopia

関連記事

25th Anniversary SING LIKE TALKING Amusement Pocket 25/50
(2013年)

SING LIKE TALKING Amusement Pocket 25/50 ALTERNATE
(2014年)

佐藤竹善「北郷想〜心の復興まで〜 Vol.15 東京」



Anthology
SING LIKE TALKING
Universal Music =music=
2015-02-11

佐藤竹善「北郷想〜心の復興まで〜 Vol.15 東京」

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!
佐藤竹善が東日本大震災のチャリティライブとして、ほぼ毎月1回のペースで、全都道府県を巡るライブハウスツアー。

SING LIKE TALKING やソロの曲(カバーを含む)を、その曲にまつわるエピソードを語りながら、アコースティックギターとキーボードの弾き語りで弾き語りするというスタイル。
その要所要所で、被災地の現状に触れたトークや、青森出身で自身も仙台で地震に遭遇した竹善の被災地への思いが浮かんでくるライブでした。
「大震災を忘れないで欲しい」という被災地の思いを受けて、4年半以上かけて全国を回るスタイルをとったそうです。

弾き語りという演奏スタイルのせいか、CDやいつものライブとは違った、その曲が持つ別の一面を感じるライブでした。

あやふやセットリストは「続きを読む」参照。

Anthology (完全初回生産限定盤)(CD+DVD+Music Connecting Card)
SING LIKE TALKING
Universal Music =music=
2015-02-11

続きを読む

SING LIKE TALKING Amusement Pocket 25/50 ALTERNATE

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!
SING LIKE TALKING 久々のツアー。
パーカッション欠場という事態に、コーラスの露崎春女さんがシェイカーなどを持って歌ったほか、佐藤竹善・藤田千章が必要に応じてパーカッション・ドラムに入るという変則編成。
1曲ですが、塩谷哲さんがドラム叩いていました。
(その分、ピアノ・シンセ音が減ったのかな…)

竹善さんが最初のMCで触れたとおり、今回はアルバムの曲が主体というセットリスト。
アップテンポよりも、聴かせる曲が多かったですね。
あと、竹善さんと露崎さんのデュエット曲も織り込まれていました。

MCでは、来年からはアルバムのリリースあるなしに関わらず、年に1回ツアーを開くともおっしゃっていました。

セットリストは「続きを読む」参照。

関連記事:

25th Anniversary SING LIKE TALKING Amusement Pocket 25/50

Amusement Pocket 25/50 [DVD]
SING LIKE TALKING
ユニバーサルJ
2013-08-28

続きを読む

SING LIKE TALKING 「Amusement Pocket Acoustic 2011」

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!
SING LIKE TAKING が8年ぶりのアルバム「Empowerment」リリースと連動して開催した、久々のツアー。

ミュージシャンとのスケジュール調整などの事情もあって、これまでの彼等のツアーのフルバンド編成とは一転、佐藤竹善(Vo. Key. AG)・藤田千秋(Key. Dr)・西村智彦(AG. EG)に、キーボード・ドラムが加わる5人編成。
この編成で演奏された新旧ナンバーは、CD音源とは違う、アコースティック寄りのアレンジに一新されていました。
またトークコーナーも充実、彼等がデビューする頃の話や、SING LIKE TAKING 活動休止中のソロ活動の話、「Empowerment」制作時の話などが披露されました。

セットリストは以下の通り。

0. LUZ
1. Hold On
2. Restless
3. One Day
4. 11月の記憶
5. 離れずに暖めて
6. Dearest
7. 涙の螺旋
8. きみの中に輝くもの
9. In The Rain
10. 心のEvergreen
11 .魔力
12. Wild Flowers
13. Seasons Of Change

14. La La La
15. Sprit Of Love

EmpowermentEmpowerment
SING LIKE TALKING
2011-05-18

QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想


----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
「ENCORE!!」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ