GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

♪ オフコース・小田和正

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)ネット記事 Part 2 +α

カナロコ(神奈川新聞):"">スタ☆レビ35周年で記念ライブ 小田和正、森高千里らと大宴会“大宴会”

ーーーーーーーーーー

この日の模様が放送される、NHK-BS プレミアム の番組(2017年7月16日(日)22:59〜24:49)は、「スターダスト☆レビュー with フレンズ」というタイトルになったそうです。

ーーーーーーーーーー

過去紹介分

asahi.com (日刊スポーツ):スターダストレビュー35周年6Hライブ50曲熱唱


STARDUST REVUE 公式サイト
http://s-d-r.jp/

関連記事:

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

7/16 NHK-BS プレミアム STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)放送

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新
(「スタ☆レビ大宴会」関連)

35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

続きを読む

7/16 NHK-BS プレミアム STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)放送

STARDUST REVUE 公式サイトより


STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」が、7/16 NHK-BS プレミアムで放送されます。

「スターダスト☆レビュー with フレンズ」
NHK-BS プレミアム
2017年7月16日(日)22:59〜24:49

出演: STARDUST REVUE /小田和正/ KAN /岸谷香/スキマスイッチ/杉山清貴/鈴木雅之/馬場俊英/松たか子/森高千里/矢井田瞳/渡辺美里 他

ーーーーーーーーーー

2時間でおさめられるのか…?



関連記事:

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)ネット記事+α

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新
(「スタ☆レビ大宴会」関連)

35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新

小田和正公式サイトの「STAFF diary」が更新されています。
↑クリック


一昨日のスタレビの35周年記念ライブにゲスト出演したときの話です。。




関連記事:

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)ネット記事+α

あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20


35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)ネット記事+α

asahi.com (日刊スポーツ):スターダストレビュー35周年6Hライブ50曲熱唱

他にも記事がありますが、同じ写真&他は内容が薄いので、この記事のみ紹介。

ーーーーーーーーーー

渡辺美里オフィシャルブログ

・祝!スタレビさん35周年コンサート。

・お会いすると元気になります。

・「ボクはここに」早く聴いてほしいです。


----------

STARDUST REVUE 公式サイト
http://s-d-r.jp/

関連記事:

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

続きを読む

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

STARDUST REVUE が活動25周年目以降、5年おきに開かれる、彼らの地元・埼玉でのスペシャルライブ。
今年のライブは「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」の看板通り、彼らゆかりのゲスト11組(小田和正/ KAN /岸谷香/スキマスイッチ/杉山清貴/鈴木雅之/馬場俊英/松たか子/森高千里/矢井田瞳/渡辺美里)が参加。

スタレビによるアカペラでの注意事項説明、スタレビ&サポートメンバーとゲストによる舞台裏での円陣の中継というオープニングから、ゲスト全員を舞台に招いてライブをスタート。
「夢伝説」ではゲスト11組が参加した圧巻のコーラスが披露されました。
根本要酸は「このすごい人たちと一緒にできるのが信じられない。いくらお金を積んでも、これだけのメンバーはそろえられませんよ。35周年を祝って集まってくれました」と感謝した。
これに対して小田さんが「スタレビには昔からお世話になっていて、困ったときのスタレビ頼みで、少しはお返ししないとね」「これからも元気にいける所まで頑張ってください」とコメント。
そして小田さんに振られた鈴木さんは「小田さんも僕も、バンド、グループは断念しましたけど。35周年のスタレビは我々の誇りです」とコメントしてました
なおステージセットのコンセプトは「さいたまスーパー銭湯」とのこと。

そしてスキマスイッチを皮切りに、コラボレーションコーナースタート。
コラボレーションは、スキマスイッチとなら「奏」と「Goin' Back To 1981」というように、根本さんとゲストのトークを交えながらゲストの代表曲とスタレビの曲を1曲ずつ披露するスタイル。
(スタレビと一緒に SSKB ALL STARS として活動する杉山清貴、KAN、馬場俊英とのセッションは計4曲)
スキマスイッチの時は、根本さんが「スキマスイッチのコラボレーションアルバム(re:Action)にスタレビをなんで呼んでくれなかったんだ」と不満を漏らすと、大橋さんが「だって皆さん、全然東京にいなくて、つかまらないから」と返される一場面も。
また、お互いが知り合いになったTBS音楽特番「クリスマスの約束」のエピソードが出てきて、「(2009年の大メドレーを)最初は不安視して、あれこれ言っていた」「でも、小田さんは『俺は完成形が見えている』と主張していた」「終わった時、すごく良くて、小田さんに『すいませんでした』と思った」というエピソードを披露していました。
ちなみに、矢井田瞳さんの時にも、「クリスマスの約束」をきっかけに共演するようになった、との話も出てました。

松たか子さんの時には、根本さんがコーラスに参加した「おやすみ」(松たか子/作詞・作曲 小田和正)を披露するために、小田さんをステージに招き入れ、松・小田・根本の3人のボーカルで披露。
「レコーディングの時は、小田さんの一緒のスタジオで、目の前に松さんがいて、幸せだった」という根本さんによると、以前から、いつかこの曲を3人で披露したいという話が出ていたそうです。

岸谷香さんでコラボコーナーはいったん終了、スタレビの曲でもあまり演奏していない曲のコーナーへ。

休憩を挟んでの第二部は、根本さん、小田さん、スキマスイッチがステージに登場。
そしてシークレットゲスト:水野良樹(いきものがかり)が呼ばれ、「クリスマスの約束」でおなじみとなったユニット「委員会バンド」で演奏を披露。
常田さんのピアノの音がミキサー段階でオフになっていたので歌い直し、なんてアクシデントを経て、いきものがかり「風が吹いている」、忌野清志郎訳詞バージョンの「デイ・ドリーム・ビリーバー」を演奏。
「委員会バンド、レパートリーはたくさんあります、ひとの曲ばかりですが」という根本さん、「いつか委員会バンドでライブをやりたいと、いう話は出ているんですが…」という話をすると、他のメンバーから「でも、根本さんがつかまらないから、その話が進まない」という突っ込みが入っていました。

再びコラボレーションコーナーがスタートし、森高千里さん「渡良瀬橋」のコーナーでは、何故か学生服(詰め襟・学帽付)に丸縁眼鏡のKANさん、馬場さんがリコーダーで間奏に参加する一場面も。

渡辺美里さん「恋したっていいじゃない」では、間奏での「D・A・T・E」のコールを「ス・タ・レ・ビ」に置き換えて観客にレスポンスを求めるシーンも。
スタレビと美里さんがコラボするようになったのは、7年前からとのこと。
それまで美里さんは、大阪のラジオ局で同じ時間帯の帯番組を根本さんと持っていたことから、根本さん達のことを「歌の上手い芸人だと思っていた」とジョーク?を飛ばしていました。
そして、美里さんが選んだというスタレビの曲「もう一度抱きしめて」をコラボしました。

小田さんは、スタレビが選曲したという「YES-NO」にのって、ギターを持って本日4度目の登場。
1996年、小田さんとスタレビが共演したアスペクタ熊本でのイベント「BEAT MEGA '96」が、スタレビ初の女ラボレーションだったという話から、その時のエピソードへ。
このイベントで小田さんは、当初弾き語りで参加する予定だったため、イベントのトリを辞退。
しかし小田さんの後にトリを務めるのを避けたかったスタレビ側が、「だったら俺達の演奏で、小田さん、歌ってくれませんか?」と打診したところ、小田さん側が快諾してコラボレーションすることに。
選曲も任されたので、自分たちの好きな曲(オフコース「眠れぬ夜」「水曜日の午後」)を選んだところ、小田さんに「最近歌っていない」といわれたとのこと。
また小田さんがピアノの前に座った際には、小田さん、スタレビ、ゴスペラーズなどが参加した2003年の「VOICES OF HEART」で、根本さんのトークをカットするように、小田さんがいきなりピアノを演奏したというエピソードも話してくれました。
そして、小田さんのアイデアでアコースティックアレンジにしたら、認知度が広まり、ニッカウヰスキーのCMに起用されたという「木蘭の涙」を、小田さんのピアノ&ボーカルに根本さんのボーカルで披露してくれました。

小田さんが終わってコラボレーションコーナー終了…、と思いきや、ステージが転換され、「夜のヒットスタジオ」を思わせるステージセットへ。
そして「シュガーはお年頃」を皮切りに「夜のヒットスタ・レビ」のコーナーへ。
自分の曲を歌ったアーチストが、次のアーチストの紹介をする、という「夜のヒットスタジオ」を彷彿とさせる演出で「全力少年」「My Sweet Darling」「さよならのオーシャン」「私がオバさんになっても」「スタートライン〜新しい風」「明日、春が来たら」「愛は勝つ」「Diamonds」「め組のひと」「My Revolution」「ラブ・ストーリーは突然に」を、ほぼノンストップ・フルコーラスで、スタレビがバックバンドに徹して披露。
ゲストは舞台奥・中央のセリから登場し、その前のアーティストと握手・ハイタッチしてから歌うスタイルに。
ギターを持って登場した小田さん、2番の途中からハンドマイクに持ち替えて、ステージの上手・下手に伸びる花道を巡りながら歌っていました。

そして水野さんを含めたゲスト全員で「今夜だけきっと」を披露、ラストのアカペラは圧巻の一言。
歌い終わると、根本さん、涙ぐんでいて、小田さんや鈴木さんになぐさめられていました。

アンコールでは根本さんが「男の子だから泣かないと決めたもん」「こんな35年を見せてくれたスタッフ、仲間、みんなに感謝しています。ありがとう」とコメントしながら、スタレビの曲を演奏。
7時間以上となったライブの最後は、スタレビからファンへの感謝を歌った曲「道 〜The Song For Us〜」と、開場のみんなとの記念撮影でした。


全50曲のセットリストは「続きを読む」に掲載。


STARDUST REVUE 公式サイト
http://s-d-r.jp/

関連記事:

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

----------

なごや・きよす夢まつり「夢花火音楽祭 音市音座」
(小田和正・ STARDUST REVUE ・杉山清貴・渡辺美里・ KAN 出演)

NUMBER SHOT 2015 2日目(委員会バンド(小田和正・根本要・大橋卓弥・常田真太郎・水野良樹)出演)

音楽と髭達 2015 −MUSIC STADIUM−(スキマスイッチ・委員会バンド(小田和正・根本要・大橋卓弥・常田真太郎・水野良樹)出演)

----------

「クリスマスの約束 2009」感想
(小田和正・鈴木雅之・ STARDUST REVUE ・松たか子・スキマスイッチ出演)

「クリスマスの約束 2011」感想
(小田和正・鈴木雅之・ STARDUST REVUE ・松たか子・矢井田瞳・スキマスイッチ出演)

35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

続きを読む

何度も起用される小田和正の楽曲達〜「ダイジョウブ」編〜

小田和正の楽曲は、同じ曲が何度もCMやテーマソングに起用されるケースが多い。
以前、「今日も どこかで」について触れたが、今回は最近ふたたび明治安田生命のCMソングとして起用された「ダイジョウブ」について語りたい。

2007年、NHK朝の連続テレビ小説「どんと晴れ」主題歌として書き下ろされた「ダイジョウブ」
主人公を優しく暖かく見守り、励ますようなバラードは、シングルとしてリリースされた後、同年発売のベストアルバム「自己ベスト-2」に収録された。

2011年、「言葉にできない」「たしかなこと」をCMソングとして起用してきた明治安田生命が、「小田和正コンサートツアー応援CM」に、「ダイジョウブ」「今日も どこかで」を用いた。
2013年、LINE CM 「劇団 旅立ち編」に「ダイジョウブ」が起用。

2016年、「ダイジョウブ」はベストアルバム「あの日 あの時」に収録。
そして今年(2017年)、明治安田生命新テレビCM『アフターフォロー「歳の差兄弟」』篇に、「ダイジョウブ」が起用された。




関連記事:

明治安田生命新CMに小田和正「ダイジョウブ」起用

小田和正 「ダイジョウブ」
(楽曲紹介)

小田和正 「自己ベスト・2」
(収録アルバム紹介)

小田和正ベストアルバム「あの日 あの時」
(収録アルバム紹介)

何度も起用される小田和正の楽曲達〜「今日も どこかで」編〜


ダイジョウブ
小田和正
BMGJAPAN
2007-04-25


自己ベスト-2
小田和正
BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)
2007-11-28


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

NHK 「おはよう日本」小田和正特集をテキスト公開中

NHK おはよう日本 今朝のクローズアップ:小田和正さん 理想の音楽を求めて
http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2017/03/0315.html


NHK-BS プレミアム「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」のダイジェスト版が放映された時のものです。

--------

「100年インタビュー」公式ページ
http://www4.nhk.or.jp/hyakunen-i/

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」個別告知ページ
http://www4.nhk.or.jp/hyakunen-i/x/2017-03-20/10/455/2387159/

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」再放送告知ページ
http://www4.nhk.or.jp/hyakunen-i/x/2017-05-07/10/7294/2387159/より
※告知映像あり

--------

NHK PR ファン歴30年! 阿部アナ感動のインタビューの裏側 100年インタビュー 小田和正
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=09581

NHK BS スペシャルコラム「100年インタビュー 時は待ってくれない「アーティスト 小田和正」 BY 阿部渉」
http://www.nhk.or.jp/bs-blog/2000/265049.html

----------

小田和正公式サイト
http://www.fareastcafe.co.jp/

----------

関連記事:

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜


FAR EAST CAFE
小田和正
ファンハウス
1990-05-09


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新

小田和正公式サイトの「STAFF diary」が更新されています。
↑クリック


いよいよ来週に迫った STARDUST REVUE ライブのリハーサル風景を掲載。





小田さんとも縁のあるゲストが多数。
「かなりの参加度」は他のゲストとの絡みもありってこと?

ーーーーーーーーーー

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会」

2017年5月20日(土)
さいたまスーパーアリーナ
開場11:30 開演13:00 終演19:00(予定)

スペシャルゲスト:小田和正/ KAN /岸谷香/スキマスイッチ/杉山清貴/鈴木雅之/馬場俊英/松たか子/森高千里/矢井田瞳/渡辺美里(五十音順)

・料金(全席指定・税込・未就学児は入場不可)
一般チケット:10,800円
ジュニア・シニア チケット(公演日当日に小学生以上〜25歳以下、または、65歳以上の方):9,000円
 ※公演日当日に年齢確認が出来るもの(保険証・免許証など)を要持参。
障がい者チケット:9,000円
 障がい者手帳をお持ちのお客様とその介助者(1名に付き1名)
 ※障がい者手帳を要持参。

・チケット発売中
・チケットぴあ:0570-02-9999 <P-code:316-179>
・ローソンチケット: 0570-084-003 <L-code:75660>
・CNプレイガイド:0570-08-9999
・イープラス:http://eplus.jp/ (PC・mobile)
・SOGO TOKYOオンラインチケット:http://sogotokyo.com/ (PC・mobile)

イベンター:SOGO TOKYO:03-3405-9999 http://sogotokyo.com/


35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

鈴木康博(ex.オフコース)ネット記事

デイリースポーツ:杉田二郎50周年に感無量 記念コンサートに森山良子ら平均年齢65歳の大集結

1976年にオフコースカンパニーが出来る前、オフコースは杉田二郎さんに誘われる形で彼がつくった事務所「サブ・ミュージック」に所属していました。

小田和正さんが「クリスマスの約束 2005」で杉田さんの「戦争を知らない子供たち」を取り上げたのは、そういった背景もあるかもしれません。


杉田二郎 、アーティスト情報ページ
http://www.up-front-create.com/jirou_sugita/

鈴木康博公式サイト
http://suzukiyasuhiro.jp/

GOOD NEWS +1
杉田二郎
ユニバーサル ミュージック
2017-04-19


僕の贈りもの
オフコース
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2009-01-21

小田和正 DVD 「LIFE-SIZE 2016」

Far East Cafe Press 会員限定・小田和正 Year DVD 「LIFE-SIZE 2016」

4月から10月までのツアー「君住む街へ」と、それを塗って行われる「クリスマスの約束」の打ち合わせ・リハーサルを軸とした編集。

中止となった「うみ・そら・おんがく・おきなわ 2016」のリハーサル風景が結構長く収められた反面、アルバム「あの日 あの時」レコーディング風景はベスト盤のせいか実にあっさりしたものに。

「君住む街へ」ツアーは、福島公演の「その日が来るまで」、テアトロン公演の「夏の日」ような、その公演しか歌っていない曲の演奏風景が収められたのはうれしい限り。
ただ個人的は、新曲の「Wonderful Life」や「風は止んだ」、久しぶりにピアノ弾きながらの演奏となった「さよなら」、オフコース「over」ツアーを彷彿とさせる「心はなれて」〜「言葉にできない」、ツアータイトルとなった「君住む街へ」あたりはじっくり聞きたかったところ。

「クリスマスの約束」は、これまで以上に、他の出演者と作り上げていく感じがしました。

ラストに収められたのは、ツアーファイナルである沖縄公演の「NEXTのテーマ〜僕らがいた〜」の演奏と、「君住む街へ」インストバージョンをバックに流れた映像。
ここに小田さんの今の気持ちが凝縮している感じがします。


関連記事:

小田和正 Far East Cafe Press 会員限定DVD 「LIFE-SIZE 2016」 4/28 より店頭引渡・発送開始

----------

小田和正ベストアルバム「あの日 あの時」
(紹介記事)

KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」
(記事集)

オールナイトニッポン ALIVE 〜ヒットこそすべて〜(小田和正出演)

「クリスマスの約束 2016」感想

あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

チケット捜索中「めざましクラシックス サマーフェスティバル 2017」 7/28公演(小田和正・スキマスイッチ出演)

「めざましクラシックス サマーフェスティバル 2017」 7/28公演のチケットを探しております。
※枚数は何枚でも。当然バラ可。

お譲り頂ける方は、フリーアドレスまたは携帯サブアドにメールを下さい。
(アンダーラインをクリックすればメールが立ち上がります)

ご連絡、切にお待ちしております。

松尾一彦(ex.オフコース)ネット記事

秋田魁新報:松尾さん、復興願い熊本ライブ 本県出身者らを無料招待


松尾一彦公式サイト
http://www.gallery-untitled.com/


松尾一彦
キャピタルヴィレッジ
2016-01-27


せつなくて
松尾一彦
キャピタルヴィレッジ
2010-10-20

NHK-BS プレミアム「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」 5/7 再放送

NHK 告知ページより
※告知映像あり


NHK-BS プレミアム「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」(再放送)

2017年5月7日(日)13:00〜
ゲスト:小田和正
アナウンサー:阿部渉

「100年インタビュー」公式ページ
http://www4.nhk.or.jp/hyakunen-i/

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」個別告知ページ
http://www4.nhk.or.jp/hyakunen-i/x/2017-03-20/10/455/2387159/

NHK PR ファン歴30年! 阿部アナ感動のインタビューの裏側 100年インタビュー 小田和正
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=09581

NHK BS スペシャルコラム「100年インタビュー 時は待ってくれない「アーティスト 小田和正」 BY 阿部渉」
http://www.nhk.or.jp/bs-blog/2000/265049.html

----------

小田和正公式サイト
http://www.fareastcafe.co.jp/

----------

関連記事:

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜


FAR EAST CAFE
小田和正
ファンハウス
1990-05-09


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

ほんじつのおかいもの

小田和正「LIFE-SIZE 2016」

「LIFE-SIZE」は毎年、小田和正公式ショップ「Far East Cafe」会報「Far East Cafe Press」の会員(定期購読者)限定で発売される、小田和正の1年間の活動を収録したDVDです。

詳細は小田和正公式サイト参照。

あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

明治安田生命新CMに小田和正「ダイジョウブ」起用

情報源:つうさんのごちそうちょう
オリコン


明治安田生命新テレビCM『アフターフォロー「歳の差兄弟」』篇に、小田和正さんの「ダイジョウブ」が起用されました。
5/1(月)からオンエア予定。

明治安田生命 CMギャラリー
http://www.meijiyasuda.co.jp/enjoy/cm/
※現時点では『アフターフォロー「歳の差兄弟」』篇は未公開。






小田和正公式サイト
http://www.fareastcafe.co.jp/

ダイジョウブ
小田和正
BMGJAPAN
2007-04-25


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)カバーアルバム「オニカバー90's」(5/24発売)に小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」収録

情報源:ナタリー


鬼龍院翔 カバーアルバム「オニカバー90's」

発売日:2017年5月24日
商品番号:EAZZ-0177
定価:2,500円(税抜)

・収録曲
CD
1. それが大事
2. 夏の日の1993
3. 愛は勝つ
4. 世界が終るまでは…
5. 何も言えなくて…夏
6. ズルい女
7. 君がいるだけで
8. I LOVE YOU
9. どんなときも。
10. チェリー
11. 君のいちばんに…
12. 壊れかけのRadio
13. ラブ・ストーリーは突然に
<ボーナストラック>
14. 渋谷で5時(鬼龍院翔とベッド・イン)

DVD
ライブ音源(仙台 PIT 2017.3.26)
1. 夏の日の1993
2. ズルい女
3. 何も言えなくて…夏
4. 壊れかけのRadio
5. どんなときも。
6. それが大事
7. ラブ・ストーリーは突然に
8. I LOVE YOU




ゴールデンボンバー 公式サイト
http://pc.goldenbomber.jp/

Life is SHOW TIME 初回盤 “鬼"
鬼龍院翔fromゴールデンボンバー
エイベックス・マーケティング
2012-10-24

小田和正 Far East Cafe Press 会員限定DVD 「LIFE-SIZE 2016」 4/28 より店頭引渡・発送開始

小田和正公式サイトより
(Far East Cafe SHOP → GOODS 参照)


小田和正「LIFE-SIZE 2016」

4月28日(金)(入荷時間未定)より店頭引渡・発送開始
収録分数154分
定価:5,800円


<収録内容>
・うみ・そら・おんがく・おきなわ 2016
・アルバム「あの日 あの時」レコーディング
・オールナイトニッポン ALIVE ~ヒットこそすべて~
・Music for Tomorrow in Fukushima
・ツアー 2016「君住む街へ」
・クリスマスの約束 2016 等

※Far East Cafe Press 会員限定販売

Far East Cafe 限定・店頭予約特典:マスクケース(LIFE-SIZE2016ジャケットデザイン / ポリプロピレン素材)
カフェ店頭予約受付期間:2月25日(土)から発売日前日(4/27)まで

----------

「LIFE-SIZE」は毎年、小田和正公式ショップ「Far East Cafe」会報「Far East Cafe Press」の会員(定期購読者)限定で発売される、小田和正の1年間の活動を収録したDVDです。

会員の方は LIFE-SIZE バックナンバー DVD も Far East Cafe で購入可能です。
1994〜2001 各3,500円(税込)
2002〜2009 各6,800円(税込)
2010〜2016 各5,800円(税込)


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新

小田和正公式サイトの「STAFF diary」が更新されています。
↑クリック

大きな情報も無い代わりに、昨年の「君住む街へ」ツアーファイナル・沖縄公演の写真掲載。





関連記事:

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」セミファイナル

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」 FINAL

あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

ニッポン放送「イルカのミュージックハーモニー 君と歩いた青春リクエスト〜小田和正・オフコースコレクション」 4/23 放送

ニッポン放送 イルカのミュージックハーモニー 公式サイトより


ニッポン放送「イルカのミュージックハーモニー」
君と歩いた青春リクエスト〜小田和正・オフコースコレクション

2017年4月23日(日)7:00〜8:30
パーソナリティ:イルカ

オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989
オフコース
ファンハウス
1998-05-21


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1989年、オフコース解散直後の小田和正は、朝日新聞神奈川版に「time can't wait」と題したエッセイを寄稿しはじめた。
そのエッセイの最後、小田は「時は待ってくれない」と記していた。
当時、彼より年上のアーチストの存在は希有であったこともあり、小田は自身の音楽活動がさほど長くないという思いを抱えていた。

「時は待ってくれない」「time can't wait」というキーワードは、小田自身が演出・出演する第一生命CMでも用いられた。
そしてその言葉に駆り立てられるように1991年、小田は念願の映画制作に取りかかる。
映画は翌1992年「いつか どこかで」として公開される。

一方、小田は1990年、オフコース解散後、最初のソロアルバムとして「Far East Cafe」をリリースする。
その中に、「夢を追いかける人のために 時は待っている」と歌った「time can wait」が収録された。
エッセイとは全く逆の意味の曲を作ったことについて、小田は「『time can't wait』であり、『time can
wait』だ」と語っていた。

それから二十年以上経過、オフコース解散からの小田和正の活動期間は、オフコースの活動期間期間を超えた。
その間、1991年「ラブ・ストーリーは突然に」、2002年「キラキラ」、2005年「たしかなこと」等のヒット曲が生まれ、オフコース時代の曲「言葉にできない」はCM起用によって、生まれてから20年を経てスタンダードナンバーの地位を得るに至った。
小田は中島みゆき等と共に、アーチスト長命化の一翼を担ってきた。

ただ、その間も小田は「自分の音楽活動の時間は長くない」という思いを抱き続けていた。
古希を迎える今年(2017年)、NHK BS 「100年インタビュー」に出演するにあたり、「時は待ってくれない」というキーワードをサブタイトルに持ってきたのも、その想いの発露と思われる。

Far East Cafe
小田和正
ファンハウス
1995-03-25(再発)



ネイザン・イースト Facebook に小田和正とのツーショット映像掲載

情報源: amass


ネイザン・イーストさんの Facebook に、小田和正さんとのツーショット映像が掲載されました。
https://www.facebook.com/NathanEast/videos/10158370275515366/

NTT東日本CMソングのレコーディング時のもので、字幕付です。



----------

NTT東日本 企業CM紹介ページ
http://www.ntt-east.co.jp/cm-message/
↑小田和正さんからのメッセージ(直筆あり)を掲載。

・「いっしょに、一生懸命に。イチローバント篇」60秒バージョン


・NTT東日本 企業CM「いっしょに、一生懸命に。チームイチロー篇」60秒バージョン


・「いっしょに、一生懸命に。イチローバント篇」30秒バージョン


・「いっしょに、一生懸命に。チームイチロー篇」30秒バージョン



----------

小田和正新曲レコーディングメンバー
佐橋佳幸(G)、ネイザン・イースト(B)、木村万作(Dr)、金原ストリングスグループ(Strings)、松たか子(Cho)


小田和正公式サイト
http://www.fareastcafe.co.jp/


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

「イルカ デビュー45周年 青春のなごり雪コンサート」(小田和正出演) 4/2 ニッポン放送にて放送

小田和正公式サイトより


ニッポン放送「イルカ45周年 イルカのミュージックハーモニー25周年記念  青春のなごり雪コンサート」
2017年4月2日(日)19:00〜21:00

ニッポン放送 イルカのミュージックハーモニー 公式サイト
http://www.1242.com/program/iruka/

イルカ公式サイト
http://www.iruka-office.co.jp/
「イルカ45周年・イルカのミュージックハーモニー25周年記念 青春のなごり雪コンサート」の写真が掲載されています。


関連記事

サンケイスポーツ:イルカ、小田和正と「言葉にできない」をデュエット 5000人が熱狂

ニッポン放送:イルカ45周年・イルカのミュージックハーモニー25周年記念青春のなごり雪コンサート

イルカベスト
イルカ
NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M)
2008-01-16


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

小田和正メッセージ 公式サイトに掲載

小田和正公式サイトの「MESSAGE BOARD」に、小田和正のメッセージが掲載されています。





小田和正公式ショップ Far East Cafe では、「東北さくらライブプロジェクト応援企画 2017春」として、小田和正コンサート「その日が来るまで」(2013年)の写真や「東北さくらライブプロジェクト」の活動をまとめたパネルを展示中(5月中旬まで)。

イルカベスト
イルカ
NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M)
2008-01-16


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

小田和正の新曲(タイトル未定)起用 NTT東日本企業CMのWEB限定新バージョン公開

・NTT東日本 企業CM「いっしょに、一生懸命に。チームイチロー篇」60秒バージョン



NTT東日本 企業CM紹介ページ
http://www.ntt-east.co.jp/cm-message/
↑小田和正さんからのメッセージ(直筆あり)を掲載。


・「いっしょに、一生懸命に。イチローバント篇」60秒バージョン


・「いっしょに、一生懸命に。イチローバント篇」30秒バージョン


・「いっしょに、一生懸命に。チームイチロー篇」30秒バージョン




----------

小田和正新曲レコーディングメンバー
佐橋佳幸(G)、ネイザン・イースト(B)、木村万作(Dr)、金原ストリングスグループ(Strings)、松たか子(Cho)


小田和正公式サイト
http://www.fareastcafe.co.jp/


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

小田和正の新曲(タイトル未定)起用 NTT東日本企業CMの新バージョン公開

情報源:サンケイスポーツナタリー


・NTT東日本 企業CM「いっしょに、一生懸命に。チームイチロー篇」



NTT東日本 企業CM紹介ページ
http://www.ntt-east.co.jp/cm-message/
↑小田和正さんからのメッセージ(直筆あり)を掲載。24日(金)には60秒バージョン第2弾掲載予定。

・60秒バージョン


・30秒バージョン(「いっしょに、一生懸命に。イチローバント篇」)


----------

小田和正新曲レコーディングメンバー
佐橋佳幸(G)、ネイザン・イースト(B)、木村万作(Dr)、金原ストリングスグループ(Strings)、松たか子(Cho)


小田和正公式サイト
http://www.fareastcafe.co.jp/


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正
KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」特設サイト

http://www.k-oda2016.com/


----------

1984.4.21 という時代

ALL TOGETHER NOW と小田和正

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2007年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

オススメッ!!
カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新トラックバック
最新コメント
  • ライブドアブログ