GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

音楽全般

チケット公式リセールサービス「チケトレ」本日プレオープン

チケット公式リセールサービス「チケトレ」
https://tiketore.com/

本日プレオープン、6/1稼働開始予定。

色々突っ込みどころはあるが、それは運営しながら是正されることを期待。

あの頃 確かに 東芝EMIがいたね(ネット記事紹介)

BLOGS : 東芝の悲劇は音楽事業からの撤退から始まった…。音楽事業を切り捨て、原子力事業を推進した結果が1兆円超える損失にーー。(渡邉裕二)

約1ヶ月前の記事ですが、なかなか興味深いのでご紹介します。

ただ、1984年の東芝EMIスタッフ有志によるファンハウス設立(オフコースもその動きに同調して東芝EMIからファンハウスに移籍)、1988年のRCサクセション「カバーズ」事件を考えると、その頃から東芝に音楽部門軽視の風潮があった気がします。
その成り立ちは違えども、音楽部門分離を声高に提言する自称エコノミストの声など眼中になく、音楽部門を手元に置くソニーとは違った結果になっているのは、皮肉な話です。


この記事を書いた渡邉裕二さんのブログ「渡邉裕二のギョウカイヘッドロック」
http://022.holidayblog.jp/

カバーズ
RCサクセション
USMジャパン
2005-11-23




さらば つま恋

ブログネタ
ap bank fes に参加中!
NHK : フォークソングの聖地 ヤマハリゾートつま恋が営業終了へ


色々思い出のある場所だけに、閉鎖は寂しいです。

----------

関連記事:

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

サマーピクニックフォーエバー in つま恋

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目


ap bank fes’06 [DVD]
Bank Band with Great Artists
トイズファクトリー
2006-12-20


DVD「ap bank fes ’08」
Bank Band with Great Artists
トイズファクトリー
2009-02-25


サマーピクニックフォーエバー in つま恋
南こうせつ
日本クラウン
2009-12-02


ap bank fes ’11 Fund for Japan [DVD]
Mr.Children
トイズファクトリー
2012-02-29


ap bank fes '12 Fund for Japan [DVD]
Bank Band with Great Artists
トイズファクトリー
2013-05-15

忌野清志郎ネット記事

ブログネタ
忌野清志郎 に参加中!
dot.(朝日新聞):没後7年 今「忌野清志郎」が求められる理由

スタッフ・バックミュージシャンの証言集です。

カバーズ
RCサクセション
USMジャパン
2005-11-23

NHK Eテレ「亀田音楽専門学校」 SEASON 3 1/7 放送スタート、1/14 小室哲哉出演

情報源: ナタリーRO69

NHK Eテレ「亀田音楽専門学校」 SEASON 3

2016年1月7日(木)放送スタート
毎週木曜 23:00〜(全4回)

出演:亀田誠治、中村慶子アナウンサー

ゲスト:
1/7 いきものがかり
1/14 GLAY・小室哲哉

亀田音楽専門学校 公式サイト
http://www4.nhk.or.jp/kameon/

カメダ式J-POP評論 ヒットの理由
亀田誠治
オリコン・エンタテインメント
2014-03-01

小室みつ子インタビュー記事紹介

ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
ガジェット通信:超有名楽曲の作詞家なのに“ドジっ子愛されキャラ”の小室みつ子さん ロングインタビューで語る「最近のやらかし?」と「音楽」


ライブの告知なども兼ねた記事。

----------

小室みつ子ライブ 2015 「STEPPING OUT」
2015年12月27日(日)
東京 南青山MANDALA
http://www.mandala.gr.jp/aoyama.html
開場18:00 開演18:30

チケット:全席自由(整理番号順入場)
前売:4,500円(税込・サイン入りグリーディングカード付)・当日:5,000円(税込)
販売:イープラス http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002171565P003000
・入場時に別途ドリンク代が必要。
・未就学児童の入場お断り。
・前売券の特典は当日会場受付でお渡し。



Actually As Always
小室みつ子
プライエイド
2005-07-21

佐藤竹善・根本要・塩谷哲、KAN ニューアルバム「6×9=53」(2/3発売)に参加

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!
情報源:ナタリー


KAN ニューアルバム「6×9=53」

発売日:2016年2月3日
商品番号:EPCE-7183〜4
定価:3,240円(税込)

・CD収録曲
1. Listen to the Music 〜Deco☆Version〜
2. 胸の谷間
[with TRICERATOPS / Cho:菅原龍平]
3. ポカポカの日曜日がいちばん寂しい
[Duet with 佐藤竹善(SING LIKE TALKING)]
4. 安息
[作詞:桜井和寿(Mr.Children)]
5. どんくさいほどコンサバ
[G:根本要(STARDUST REVUE) / Cho:佐藤竹善(SING LIKE TALKING) / Piano:塩谷哲]
6. scene
[Dr:吉田佳史(TRICERATOPS)]
7. ブログ! ブログ! ブログ!
8. 桜ナイトフィーバー 〜Album Version〜
[Special Guest Guitar Solo:和田唱(TRICERATOPS)]
9. 寝てる間のLove Song
10. ロックンロールに絆されて
[Duet with 馬場俊英]

DVD収録内容
・Recording Documentary 【60分でわかる! 6×9=53が成り立つまで(仮)】(収録時間未定)

KAN オフィシャルサイト
http://www.kimurakan.com/

KAN
ZETIMA
2016-02-03

NHK 5/1〜5/3 忌野清志郎特集放送

ブログネタ
忌野清志郎 に参加中!
情報源:ナタリー

NHK BSプレミアム「忌野清志郎、ゴッホを見に行く」
2015年5月1日(金)23:45〜24:09
※初回放送2004年8月

NHK総合「ラストデイズ」
2015年5月1日(金)26:50〜27:38
※初回放送2014年5月

NHK総合「SONGS 忌野清志郎」
2015年5月2日(土)23:40〜24:09
MC:箭内道彦 / 武内陶子(NHKアナウンサー)
トークゲスト:奥田民生 / 曽我部恵一 / TOSHI-LOW / トータス松本 / 浜崎貴司 / and more
※「SONGS〜忌野清志郎〜」初回放送2008年2月

NHK BSプレミアム「名盤ドキュメント RCサクセション『シングル・マン』」
2015年5月2日(土)22:00〜22:59
出演予定:星勝 / 茂木省造 / 仲井戸麗市 / 竹中直人 / 角田光代 / サンプラザ中野くん / 曽我部恵一 / ワタナベイビー / and more

NHK BSプレミアム「プレミアムドラマ 忌野清志郎『トランジスタ・ラジオ』」
2015年5月3日(日・祝)22:00〜22:59
出演者:リリー・フランキー(坂口雅彦 / 現代) / 渡辺大知(坂口雅彦 / 高校時代) / 田辺誠一(小林晴雄) / 中条あやみ(永嶋美智代 / 高校時代) / 原田美枝子(永嶋美智代 / 現代) / 櫻井淳子(坂口雅彦の母) / 竹中直人(日野高校校長)


桑田佳祐 & Mr.Children 「奇跡の地球(ほし)」

1995年1月、HIV ・ AIDS 啓発活動「Act Against AIDS」のチャリティソングとして生まれた曲。
桑田佳祐 ・ Mr.Children 双方のプロデューサーであり、本作のプロデュースも務めた小林武史とのつながりもあって生まれた曲。
桑田佳祐が手がけた歌詞は、AIDS 問題だけでなく、貧困・飢餓や戦争など地球に蔓延する無情を広く描いたメッセージソングとなっている。

同年のフジテレビのイベント「LIVE UFO」のテーマソングとなり、そのイベントの一環としてライブ「ROCK OPERA “Acoustic Revolution with Orchestra” 奇跡の地球」が、桑田佳祐 ・ Mr.Children の出演にて東名阪で開かれている。

172万枚売り上げたシングルではあるが、1995年6月までの期間限定販売であったため、その後の入手が困難であったが、2002年、桑田佳祐のベストアルバム「TOP OF THE POPS」に収録された。

2006年には小林・桜井和寿(Mr.Children)が主催する ap bank fes'06 にて桑田佳祐 with Bank Band (小林・桜井が参加するバンド)という形で、サザンオールスターズ主催の「THE 夢人島 Fes.」では桑田佳祐 & Mr.Children の形で演奏されている。

TOP OF THE POPS
桑田佳祐
ビクターエンタテインメント
2002-11-27

NHK Eテレ「亀田音楽専門学校」 SEASON 2 10/2より放送

情報源: CD Journal

NHK Eテレ「亀田音楽専門学校」 SEASON 2

2014年10月2日(木)放送スタート
毎週木曜 23:00〜
再放送:毎週木曜 0:00〜(水曜深夜24:00〜)

亀田音楽専門学校 公式サイト
http://www4.nhk.or.jp/kameon/

----------

初回ゲストは布袋さん。

カメダ式J-POP評論 ヒットの理由
亀田誠治
オリコン・エンタテインメント
2014-03-01

坂本美雨×小沼純一対談

CINRA.NET : 坂本美雨×小沼純一対談 日本人ならわかる「声」の授業

坂本美雨さんの原体験として、小田和正さんのことも語っています。

miusic ~The best of 1997-2012~ (2枚組ALBUM)
坂本美雨
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
2013-06-26

小川文明氏急逝

情報源:ナタリー

木根尚登さんのミニアルバム「RUNNING ON」に参加。
Talk & Live にもキーボーディストとして参加した方です。

若すぎます。

小川文明公式サイト
http://bunmei.jp/

MOOGIE WOOGIE
小川文明
インディーズ・メーカー
2007-01-13


RUNNING ON
木根尚登
R and C Ltd.
2002-05-29

山本潤子、無期限休養へ

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
オリコン:シンガー・ソングライター山本潤子が無期限休養へ

まだ公式サイト http://www.junko-yamamoto.com/ でのアナウンスはありませんが、ブログでは告知済でした。

小田和正さんと縁が深い方だけに、いつも以上に気がかりです。

関連記事

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

----------

赤い鳥&ジ・オフコース「8人の音楽会」

FUN MORE TIME! KAZUMASA ODA TOUR 1995

THRU THE WINDOW K.ODA TOUR 1997-1998

小田和正「K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE」
(DVD 紹介)

小田和正 "POWER STATION FINAL" & "THRU THE WINDOW ENCORE" (1998年)

小田和正 ちょっと寒いけど みんなで SAME MOON!! 2000.12.31-2001.1.1 横浜八景島シーパラダイス マリーナヤード

「小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!」
(DVD 紹介)

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2004年までのエピソード集)

小田和正「風のようにうたが流れていた DVD-BOX」
(DVD 紹介)

「クリスマスの約束2009」感想

「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

音楽に恋してる
山本潤子
ユニバーサルJ
2009-10-07

亀田誠治 著「カメダ式J-POP評論 ヒットの理由」 2/28発売

情報源:ナタリー

亀田誠治 著「カメダ式J-POP評論 ヒットの理由」

発売日:2014年2月28日
出版社:オリコン・エンタテインメント
定価:1,680円 (税込)

・目次
プロローグ
第1章:亀田誠治10年史
コラム:東京事変で夏フェスに初参戦 こんな気持ちは生まれて初めて!
コラム:アーティストと観客がひとつになった「亀の恩返し2013」
第2章:ヒットの理由〜時代を映す音楽編
第3章:ヒットの理由〜バンド編
第4章:特別対談 平井堅×亀田誠治「僕らがポップにこだわる理由」
第5章:ヒットの理由〜ソロ・ユニット編
第6章:ヒットの理由〜洋楽編
エピローグ

カメダ式J-POP評論 ヒットの理由
亀田誠治
オリコン・エンタテインメント
2014-03-01

槇原敬之「Listen To The Music 2」

「Listen To The Music」から7年後の2005年、槇原敬之は「Listen To The Music 2」をリリースした。

1. Smile
(原曲: Nat King Cole 作詞: John Turner ・ Geoffrey Parsons 作曲: Charlie Chaplin)
2. Your Song
(原曲: Elton John 作詞: Bernie Taupin 作曲: Elton John)
3. 野に咲く花のように
(原曲: ダ・カーポ 作詞: 杉山政美 作曲: 小林亜星)
4. traveling
(原曲: 宇多田ヒカル 作詞・作曲: 宇多田ヒカル)
5. I Will Be Here For You
(原曲: Michael W.Smith 作詞・作曲: Michael W.Smith ・ Diane Warren)
6. Forget-me-not
(原曲: 尾崎豊 作詞・作曲: 尾崎豊)
7. 島育ち〜人の歩く道〜
(原曲: 山弦 作詞: 槇原敬之 作曲: 山弦)
8. TIME AFTER TIME
(原曲: Cyndi Lauper 作詞・作曲: Cyndi Lauper ・ Rob Hyman)
9. 言葉にできない
(原曲: オフコース 作詞・作曲: 小田和正)
10. ヨイトマケの唄
(原曲: 美輪明宏 作詞・作曲: 丸山明宏)
11. ファイト!
(原曲: 中島みゆき 作詞・作曲: 中島みゆき)
12. ごはんができたよ
(原曲: 矢野顕子 作詞・作曲: 矢野顕子)
13. 見上げてごらん夜の星を
(原曲: 坂本九 作詞: 永六輔 作曲: いずみたく)

以上のように、邦楽のみだった前作と違い、洋楽・邦楽両方から選曲された。
新旧の多彩さは、ナット・キング・コールから宇多田ヒカルまで、前作と変わらない。
その中に、山弦(佐橋佳幸・小倉博和)に歌詞を提供した「島育ち〜人の歩く道〜」の
アレンジは槇原自身の他、小倉博和・門倉聡が参加した曲もある。

前作でもあらわれていた選曲・曲順の妙味は今作も健在である。
特にリリース当時は時代に埋もれた感のあった「ヨイトマケの唄」をカバーするという、彼のセンスの鋭さを示す選曲が見てとれる。
そして「言葉にできない」「ヨイトマケの唄」「ファイト!」「ごはんができたよ」の流れは、センス・オブ・ワンダーと言ってもよい、心地よさを感じるものとなっている。

----------

関連記事:

槇原敬之 カバーアルバム「Listen To The Music 3」(1/22発売)ジャケット&収録順発表

槇原敬之「Listen To The Music」

Listen To The Music 2
槇原敬之
EMIミュージック・ジャパン
2005-09-28


Listen To The Music 3
槇原敬之
SMD itaku (music)
2014-01-22

槇原敬之「Listen To The Music」

今月、槇原敬之さんがリリースする三枚目のカバーアルバム「Listen To The Music 3」
これを機に、彼のカバーアルバム「Listen To The Music」シリーズに触れてみたい。

----------

1998年にリリースされた「Listen To The Music」には、以下の曲が収録された。

1. 蒼い月の夜〜Lady In Blue〜
(原曲: LOU 作詞・作曲: LOU)
2, 海と少年
(原曲:大貫妙子 作詞・作曲:大貫妙子)
3. 秋の気配
(原曲:オフコース 作詞・作曲:小田和正)
4. Rain
(原曲:大江千里 作詞・作曲:大江千里)
5. ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)
(原曲:サザンオールスターズ 作詞・作曲:桑田佳祐)
6. 君に、胸キュン。
(原曲: YMO 作詞:松本隆 作曲:細野晴臣・坂本龍一・高橋幸宏)
7. David
(原曲:矢野顕子 作詞・作曲:矢野顕子)
8. 朧月夜
(文部省唱歌 作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一)
9. 春よ、来い
(原曲:松任谷由実 作詞・作曲:松任谷由実)
10. MONKEY MAGIC
(原曲:ゴダイゴ 作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ)
11. 空と君のあいだに
(原曲 中島みゆき 作詞・作曲:中島みゆき)
12. 月の舟(5:23)
(原曲:池田聡 作詞:森雪之丞、作曲:中崎英也)

文部省唱歌から比較的最新の曲まで、ヒット曲・シングル曲・アルバム収録曲と出自様々な曲がカバーされた。
槇原自身によるアレンジも、オリジナルに近いもの曲もあれば、大胆にリアレンジされた曲もある。
その多彩なアレンジは収録曲順と共に、他のカバーアルバムでは例が少ない、オリジナルアルバムのような統一感を醸し出している。
特に「秋の気配」から「Rain」の流れは見事である。

ちなみに大江千里のアルバム「1234」収録曲だった「Rain」は、「Listen To The Music 3」でも新録音バージョンが収録されることになった。
(なお「Rain」は、アニメ「言の葉の庭」エンディングテーマとして秦基博がカバーしている。)

----------

関連記事:

槇原敬之 カバーアルバム「Listen To The Music 3」(1/22発売)ジャケット&収録順発表

Listen To The Music
槇原敬之
ソニーレコード
1998-10-28


Listen To The Music 3
槇原敬之
SMD itaku (music)
2014-01-22

あまちゃん 第157話

ブログネタ
NHKの朝ドラ「あまちゃん」の魅力を語って! に参加中!
大友良英のJAMJAM日記 :紅白「あまちゃん 第157話」
http://d.hatena.ne.jp/otomojamjam/20140102

紅白の「あまちゃん 第157話」オンエア直後からネット語られていた、15分という朝ドラの時間枠で展開されたこと、ドラマ本編では東京に出られなかった足立ユイ(橋本愛)が晴れて東京・ NHK ホールのステージに天野アキ(能年玲奈)と共に立ったこと、ドラマでは影武者だった天野春子(小泉今日子)が表舞台に立てたこと、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)がドラマでの初歌唱を思わせる歌唱をしたこと、そういった点から見ても第157話は真の最終回であったこと...
その推測が正しかったことを明かすと共に、アメ横女学園の歌唱パート(影武者)をつとめたベイビーレイズ、水瀬いのりが表舞台に立てたことを喜び、時間と年齢の関係で小野寺薫子(優希美青)、ベロニカ(斎藤アリーナ)、ベイビーレイズ・渡邊璃生の出演を残念がっているところは、大友さんらしい視点です。

音楽が大事な要素であるドラマであったこともあって、私も「あまちゃん」を見ていました。
1980年代前半を中心とした既存の楽曲と、ドラマで新たに生み出された「潮騒のメモリー」「暦の上ではディセンバー」「地元へ帰ろう」が、ドラマの中で躍動する音楽劇だったと思います。
それはバンド・グループ魂で音楽活動を続ける宮藤官九郎だからこそ、出来た作品かもしれません。

特にドラマの核となった「潮騒のメモリー」、紅白では天野アキ・足立ユイによる潮騒のメモリーズバージョン、天野春子のオリジナルバージョン、鈴鹿ひろ美による震災後の歌詞変更バージョンの3種類を全部みせていましたが、この演出は特別枠だからこそ出来たのだと思います。

本編の最終回でもうまくまとまっていた気がしましたが、それを上回る「決着」をみせた第157話。
視聴者のアンコールに見事に応えた作品でした。

----------

大友さんの興味深いインタビューも合わせて紹介。

ナタリー [Power Push] 大友良英インタビュー
http://natalie.mu/music/pp/otomoyoshihide

あまちゃん 歌のアルバム
TVサントラ
ビクターエンタテイメント株式会社
2013-08-28




武田鉄矢、黒田官兵衛を歌う〜海援隊「二流の人」〜

1979年にリリースされた海援隊のアルバム「倭人傳」
後に J-POP のスタンダードとなる、武田鉄矢が主演を勤めたドラマ「3年B組金八先生」の主題歌「贈る言葉」などが収録されたアルバムに、黒田官兵衛(孝高・如水)を歌った曲を収録している。

「二流の人」

坂口安吾が黒田官兵衛を描いた同名小説から頂いたタイトルで、作詞は武田鉄矢、作曲は中牟田俊男。

黒田官兵衛は関ヶ原の戦いが長期化すると読み、その隙に乗じて天下を奪おうとするも、戦いは1日で終わり、彼の計略が水泡に帰した…
そういった歴史解釈を背景にした、関ヶ原後の官兵衛の心境を歌った曲となっている。

福岡・博多出身の海援隊にとって、福岡藩始祖の黒田官兵衛は故郷に縁があるとはいえ、当時のフォーク・ニューミュージックでも異色の作品となっている。
幕末だけでなく、日本史全般に造詣がある武田鉄矢が生み出した出色の1曲。

歌も、Aメロ・Bメロ・Cメロは「人よ笑え二流の人と 今はおのれがあわれなり」と官兵衛本人の心境を歌いつつ、さびは「黒田官兵衛苦笑い」と、第三者の視点に変わる、そういった点も特徴としてあげられる。

白痴・二流の人 (角川文庫)
坂口 安吾
KADOKAWA/角川書店
1970-02-28


倭人傳
海援隊
ユニバーサルJ
2002-12-11

全曲集
海援隊
ポリドール
1991-12-21

小室みつ子・森広隆「Farewell Party 2013」 12/29 開催

情報源:ガジェット通信

小室みつ子・森広隆「Farewell Party 2013」

2013年12月29日(日)
東京・六本木 テレビ朝日umu
http://www.tv-asahi.co.jp/umu/
開場16:30 開演17:00

全席自由席・整理番号有

料金 前売 3,000円+1drink 500円
当日 3,500円+1drink 500円

チケット発売: e+(イープラス)

主催: テレビ朝日umu

関連記事:

音楽連鎖 Vol.2 〜ライブ・コンシェルジュ 木根尚登〜
(小室みつ子・森広隆 出演)



Actually As Always
小室みつ子
プライエイド
2005-07-21


planetblue
森広隆
インディーズ・メーカー
2009-05-20

RCサクセション(忌野清志郎)「イマジン」

ブログネタ
忌野清志郎 に参加中!
忌野清志郎が洋楽を日本語訳する際、ストレートに表現したり、あえて換骨奪胎を試みたり、様々な手法が試みられている。

後者の例は、現在CMで流れている「デイ・ドリーム・ビリーバー」(原曲:モンキーズ)だろう。
恋人へのラブソングを、母親へのラブソングに置き換えてしまった。

その換骨奪胎的な訳詞法は、時に日本の現状をアイロニカルに表現していた。
結果、反原発を織り込んだ「カバーズ」は、発売禁止騒動に巻き込まれてしまったが。

その「カバーズ」のラストに収録されたのが、ジョン・レノンの「イマジン」
比較的原曲に忠実な訳詞は、ジョン・レノンがこの曲に託した平和への祈りをストレートに反映するためだったに違いない。
忌野版「イマジン」は、同じアルバムに収録されたアイロニカルな訳詞が、平和への思いから生まれたものだという証のような気がしてならない。

カバーズ
RCサクセション
USMジャパン
2005-11-23

表現人の会

ブログネタ
.気になったニュース44 に参加中!
表現人の会(特定秘密保護法案に反対する音楽・美術・演劇・映像・出版など表現に関わる人の会)
http://anti-secrecy.jimdo.com/

同会・Facebook
https://www.facebook.com/antisecrecy

発起人に、大貫妙子さん、大友良英さん、坂本龍一さん、湯川れい子さん、松武秀樹さんなど音楽関係者が多数参加。続きを読む

フジテレビ系堂本兄弟(12/1放送)で、スキマスイッチ×ナオト・インティライミ「全力少年」コラボレーション

ブログネタ
スキマスイッチ に参加中!
情報源:スキマスイッチ公式サイトナタリー

フジテレビ系「新堂本兄弟」
2013年12月1日(日)23:15〜23:45

出演:スキマスイッチ、ナオト・インティライミ、KinKi Kids(G)、高見沢俊彦(G)、TOKIE(B)、シシド・カフカ(Dr)、yukarie(Sax)、浅倉大介(Key)、槇原敬之(Cho)、西川貴教(Cho)、高橋みなみ(Cho)



POPMAN'S WORLD~All Time Best 2003-2013~
スキマスイッチ
アリオラジャパン
2013-08-21

島倉千代子さん逝去

オリコン

島倉千代子さんがポップス歌手の歌を歌う企画に、小田和正さんが「あの頃に届け」を送ったのが1995年。
それが縁となり、小田和正さんのコンサートにゲスト出演したり、小田さんの音楽番組「風のようにうたが流れていた」にゲスト出演していました。

そして「あの頃に届け」を紅白歌合戦で歌っていただきました。

寂しい限りです。

島倉千代子全曲集 あの頃に届け
島倉千代子
コロムビアミュージックエンタテインメント
2008-10-22


風のようにうたが流れていた DVD-BOX
小田和正
BMG JAPAN
2005-05-25
(島倉千代子さん出演)

NHK Eテレ「亀田音楽専門学校」 10/3(木) スタート

オリコン「音楽プロデューサー・亀田誠治が手の内を明かす “ヒットソング”の作られ方」より

NHK Eテレ「亀田音楽専門学校」
10月3日(木)より毎週木曜 23:25〜23:55
再放送:毎週木曜 0:30 〜 1:00 (水曜深夜 24:30 〜 25:00)

出演:亀田誠治・小野文恵
初回ゲスト:アンジェラ・アキ

番組公式サイト
http://www4.nhk.or.jp/kameon/

正月に前後編で放送したこの番組がおもしろかったので、期待しています。(当該記事


「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」 次回放送10/20深夜(10/21早朝)

ブログネタ
■ 中島みゆき ■ に参加中!
中島みゆき公式サイトより

「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」
次回放送:10月20日(日)25:00〜27:00
(10月21日(月)3:00〜5:00)

番組公式サイト
http://www.1242.com/nakajima/

・放送ネット局
ニッポン放送
http://www.1242.com/
STVラジオ(札幌テレビ放送)
http://www.stv.ne.jp/radio/
SBCラジオ(信越放送)
http://sbc21.co.jp/blogwp/radio/
YBSラジオ(山梨放送)
http://www.ybs.jp/
KBCラジオ(九州朝日放送)
http://www.kbc.co.jp/radio/

十二単~Singles 4~ (初回限定盤 ALBUM+DVD)
中島みゆき
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
2013-11-20

QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正
KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」特設サイト

http://www.k-oda2016.com/


----------

1984.4.21 という時代

ALL TOGETHER NOW と小田和正

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2007年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

オススメッ!!
カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新トラックバック
最新コメント
  • ライブドアブログ