GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

あいさつ

佐藤竹善 9/16 BSフジ「小山薫堂 東京会議」出演

ブログネタ
Sing Like Talking に参加中!
SING LIKE TALKING 公式サイトより


BSフジ「小山薫堂 東京会議」
2017年9月16日(土)24:00 ~ 24:30
(再放送:9月23日(土)24:00 ~ 24:30)
出演:小山薫堂、白鳥恒夫(シェフ)、佐藤竹善
http://www.bsfuji.tv/tokyokaigi/


The Best of Cornerstones 1 to 5 ~ The 20th Anniversary ~
佐藤竹善
ユニバーサル ミュージック
2016-11-23



LOOKING BACK 2016

2016年は渡辺美里さんの30周年ライブにはじまり、木根尚登さんのライブ&新譜で終わりましたが、主には小田和正さんのツアーで過ごした1年でした。
ベストアルバム「あの日 あの時」携えてのツアー「君住む街へ」は、オフコースからの小田さんのこれまでの活動が凝縮された感じで、印象深いライブでした。

個人的には、電子出版したこともありました。

2017年は、小田さんゲスト出演のイルカのチケットが確保できない中、小田さんも関わったスキマスイッチの新譜まで冬眠状態となるかもしれませんが、よろしくお願いします。

あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20


POPMAN'S ANOTHER WORLD(初回生産限定盤)
スキマスイッチ
アリオラジャパン
2016-04-13


全力少年 produced by 奥田民生(期間生産限定アニメ盤)
スキマスイッチ
アリオラジャパン
2016-11-30


風が吹いた日(初回限定盤)
SING LIKE TALKING
Universal Music =music=
2016-06-08


中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』
中島みゆき
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
2016-11-16




The Best of Cornerstones 1 to 5 ~ The 20th Anniversary ~
佐藤竹善
ユニバーサル ミュージック
2016-11-23




For…〜消せない想い〜/So Happy Day
木根尚登
IROAS CORPORATION
2016-12-21


小田和正クロニクル1973〜2016 〜あの日 あの時〜【電子書籍】[ SHIN ]
小田和正クロニクル1973〜2016 〜あの日 あの時〜【電子書籍】[ SHIN ]

拙著「小田和正クロニクル1973〜2016 〜あの日 あの時〜」電子書籍出版します

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
縁あって、小田和正さんの音楽史を7/1電子出版することになりました。
「あの日 あの時」収録50曲の楽曲を背景を交えて紹介することで、小田さんの音楽史を紐解いていきます。

小田和正初心者向けに書いていますので、ベテランファンにはご存知の話が多いです。

あと、最初のプレス発表ベースで3月に書き上げたため、内容に一部相違がある点は御容赦ください。
また今になると、もう少し書くべきことがあったように思うのも事実です。

それを踏まえて読んでくださると幸いです。

----------

今回の反応によっては、オフコースやクリスマスの約束についてまとめてみようと考えています。
TM NETWORK についてはアイデアはあるのですが、タイミング次第です。

----------

配信サイト

iTunes
https://itunes.apple.com/jp/book/id1128823862

Yahoo!ブックストア
http://bookstore.yahoo.co.jp/shoshi-630207/

omuni7(セブンイレブン)
http://7net.omni7.jp/detail/5110328120

Neowing
http://www.neowing.co.jp/ebooks/d/BTW10000000276920

Book Live
https://booklive.jp/product/finish-reading/title_id/383708/

BOOK WALKER
https://bookwalker.jp/dea59aa2ee-e74d-4515-b93f-151dbbf44c1a/

eBookJapan
http://classic.ebookjapan.jp/ebj/title/369722.html

楽天
小田和正クロニクル1973〜2016 〜あの日 あの時〜【電子書籍】[ SHIN ]
小田和正クロニクル1973〜2016 〜あの日 あの時〜【電子書籍】[ SHIN ]

Amazon

LOOKING BACK 2015

昨年2015年は、TM NETWORK 「QUIT 30」追加公演からスタート。
そして、小田和正「本日、小田日和」追加公演と、 TM NETWORK 「QUIT 30 HUGE DATA」が平行し、「本日、小田日和」千秋楽と「TM NETWORK 30th FINAL」が横浜アリーナで連続して開かれるという状況でした。

幸いにも、小田ロス・ TM ロスを感じる間もなく、渡辺美里さんの30周年、 SING LIKE TALKING の活動活発化、という状況に突入。
TM もそれぞれのソロ活動が活発化、小田さんも新曲発表や「クリスマスの約束」から生まれた「委員会バンド」の夏フェス参加等、それぞれのツアー終了後も充実した音楽環境にありました。
活動が活発すぎて、参加できなかったライブやイベントも多かったりしますが…

また2015年は、ハイレゾ音源の充実が挙げられます。
今後は小田和正ソロのハイレゾ化に期待しているところです。

今年2016年は美里さんや中島みゆきさんのライブ、小田さん参加のイベントと、既に楽しみな事が待っています。
皆様、引き続きよろしくお願いします。

小田日和
小田和正
アリオラジャパン
2014-07-02


QUIT30 (2枚組CD+DVD)
TM NETWORK
avex trax
2014-10-29


オーディナリー・ライフ
渡辺 美里
ERJ
2015-04-01


Anthology
SING LIKE TALKING
Universal Music =music=
2015-02-11

LOOKING BACK 2014

TM NETWORK 30th 1984~ the beginning of the end 〜 KAZUMASA ODA TOUR 2014 本日 小田日和 〜 TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30

と、4月以降はずっとツアーづくしの1年でした。
TM NETWORK は予告された30周年だったので想定内でしたが、その中での小田和正さんのニューアルバム&全国ツアーは不意打ちを食らった感じでした。
とはいえ、3年ぶりの小田さんのオリジナルアルバムは、最近5〜7年間隔でリリースしていた状況だけに、嬉しいニュースでもありましたが。
特に東北各地のライブで宣言していた、「曲を作ってみんなの所に行きたい」という公約を果たした形でしょうね。

しかも「本日、小田日和」「QUIT30」共に追加公演で2015年まで続くという状況。
そのためにブログも語れない部分も多々ありますが…。

ただ、TM NETWORK は2月の「QUIT30 HUGE DATA」で30周年の活動を終了させるようですし、小田和正さんも3月の追加公演千秋楽と共に活動が一段落するでしょうから、忙しさが去ると共に寂しさが募るかもしれません。

2015年もよろしくお願いします。

小田日和
小田和正
アリオラジャパン
2014-07-02


DRESS2
TM NETWORK
avex trax
2014-04-22


QUIT30 (2枚組CD+DVD)
TM NETWORK
avex trax
2014-10-29

ブログ10年目突入

このブログも10年目に突入します。

昨年、URL を一新(旧アドレスから自動的に移動するため、特に告知しませんでした)、年末には「クリスマスの約束」をはじめ、「中島みゆき」「CHAGE and ASKA」「渡辺美里」「SING LIKE TALKING / 佐藤竹善」「スキマスイッチ」のカテゴリーも新設しました。
そういった意味では、新体制で年越ししたことになります。

今年は当面の間、 TM NETWORK 30周年の話題が中心になると思いますが、引き続きよろしくお願いします。

そうかな
小田和正
BMG JAPAN
2005-06-15


NETWORK -Easy Listening-
TM NETWORK
コロムビアミュージックエンタテインメント
2004-03-24

LOOKING BACK 2013

色々驚かされた1年でした。

宇都宮隆さんの病気、木根尚登さんの「RESET」宣言(最初に読んだときはソロ活動終了宣言と読んでしまった…)、ap bank fes 休催、 CHAGE and ASKA をめぐる一連の騒動…。
TM NETWORK のライブは延期ですみましたが、残念ながら CHAGE and ASKA は今しばらく時間をおきそうな感じです。

一方、小田和正さんは、今年前半は相次ぐ新曲発表(「小田和正 YouTube 動画まとめ」など参照)と東北ツアー、後半はイベント参加と「クリスマスの約束」と、要所要所でその活動が垣間見られる1年した。

ブログ的にも、テキスト系をいくつか書き下ろしましたが、いずれもかなりの方に読んでいただけたようで、嬉しい限りです。

----------

来年はいよいよ TM NETWORK デビュー30年。
どんな形になるのか、楽しみに次の発表を待ちたいと思います。

ちなみにオフコース解散から25年でもあります。
これに絡んだ企画が何か出来れば、と思っております。

その日が来るまで/やさしい風が吹いたら
小田和正
アリオラジャパン
2013-04-24



世界難民の日

本日は国際デー「世界難民の日」です。

UNHCR 告知ページ
http://www.unhcr.or.jp/ref_unhcr/unhcr/wrd2013_web.html



たしかなことたしかなこと [CD]
(c/w 「生まれ来る子供たちのために」)
小田和正

LOOKING BACK 2012 and More

例年であれば年末に1年を振り返るところですが、カウントダウンライブ参加のため、今日に持ち越されました。

振り返れば、TM NETWORK の再始動あり、小田和正さんの1年越しのツアー「どーもどーも その日が来るまで」東北公演&ファイナル有り、木根尚登さん・宇都宮隆さんのソロ20周年有り、と盛りだくさんの1年でした。

そしてTM NETWORK 再始動がイベントだったのと、小田さんのイベント参加率が高かったせいもあり、沢山のアーティストに触れた1年でもありました。
再始動とは思えない演奏を魅せたプリンセス・プリンセス、芸達者度に磨きをかけた米米CLUB、ap bank fes では「Tomorrow never knows」「HANABI」スタートで盛り上げた後にバラードで聴かせる演奏を披露した Mr.Children、ボーカルの安定感に磨きがかかったゴスペラーズ・JUJU、情熱大陸初参加とは思えないほどオーディエンスを盛り上げた渡辺美里、マイペースでも光る演奏を聴かせてくれた SING LIKE TALKING、彼の勢いを感じるステージだったナオト・インディライミ、中堅の貫禄が出てきたスキマスイッチ、ピアノ弾き語り以外の演奏も素晴らしかったアンジェラ・アキ、そして抜群の面白さと演奏を魅せてくれたスターダスト・レビュー…
時間などの関係であまり触れませんでしたが、様々なアーティストの思い出が残る1年でした。
中島みゆきさん、MONKEY MAJIK などのソロライブも素敵でした。

さて2013年。
小田さんは新曲のCM提供でスタートし、TM NETWORK も30周年に向けて動き出す気配があります。
どちらも目が離せない1年になりそうです。

うちのブログとしても、livedoor ブログでのJASRAC歌詞掲載許諾を利用して、様々な話が書ければいいなと想っています。

小田和正コンサート どーもどーも その日が来るまで in 東京ドーム [DVD]小田和正コンサート どーもどーも その日が来るまで in 東京ドーム [DVD]

TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- (DVD2枚組)TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- (DVD2枚組)

当ブログにおいて、JASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能になりました

livedoor Blog 開発日誌 : JASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能になりました

これまでJASRACとの兼ね合いから、ライブレポなどでの歌詞掲載を控えてきましたが、これによって解禁される事になりました。

歌詞掲載が可能になった事で、書く記事のバリエーションも増えます。
この機会を上手く使えれば、と思っております。

※ちなみにCDジャケットなどの画像は、amazonのものを利用しています。

LOOKING BACK 2011

今年は小田和正さんのニューアルバム「どーも」、そしてツアー「どーもどーも」に明け暮れた1年だったと思います。
その分、他のライブに余り行けなかった点はありますが…。

関連記事:

KAZUMASA ODA TOUR 2011 どーもどーも
(ツアー記事集)

どーもどーも
小田和正
2011-04-20

ここを見ている方々へ

おそらく、ここを見ている方々は、被災地以外の方々だと思います。

とはいえ、被災していても見ている方はいるかもしれませんので…
その方々に心よりお見舞い申し上げます。

これからの文章は、その被災地以外の方々に向けて書きます。

もう既にご存じかと思いますが、本日18時頃から20時頃まで、電力不足が起きる可能性が出ています。
それは炊事をはじめとする一時的な電力消費によって引き起こされる可能性が高いです。
電力不足が起きれば、被災地に電力が届かなくなり、病院をはじめとする生きている施設が危機に見舞われます。

これを回避する方法として、特に東日本各地の方は、炊事を17時30分頃を目処に終えてください。
今後を考えて、ご飯は大目に炊いておいてもいいかもしれません。
明日から計画的停電を実施する可能性があります。
(うちはいつもより大目に炊き終えました)

ピークを過ぎた20時頃から、急に電気を使うのも危険です。
電気を食うものは、今夜一杯使わない方がいいと思われます。

また西日本の各電力会社も、東京電力のバックアップに送電しています。
西日本の方々のご協力も不可欠です。

ライフラインは徐々に復旧しています。
私の東北の友人の家も、先ほど電気が復旧したそうです。
つまり、これから電気がもっと必要になると思われます。

ただし電力節減のために、ローソクを使うのは危険です。
二次災害を引き起こす可能性があります。

明日の外出も控えた方がいいかもしれません。

あと、既に義援金詐欺が起きているそうです。
また過去の震災の体験からみても、物資的な支援は問題が多いです。
(せっかくの食料品が腐った、必要な物資が来ず、余った物資がゴミになった 等々)
時間経過と共に、必要となるものは違ってきます。

日本赤十字をはじめとする身元のわかる機関、あるいは自分の好きなアーチストが呼びかける団体へ、現金を寄付するのが望ましいです。

私的には泉谷しげる氏がまた何か動くと思うので、その動きに合わせようかと思っています。

とりあえず私は無事ですが…

ブログネタ
三陸沖の地震、大丈夫でしたか? に参加中!
皆さん大丈夫でしょうか?

LOOKING BACK 2010

ブログネタ
今年一年を締めくくるブログを! に参加中!
今年は転機がありました。
一番大きかったのは、「歌謡曲 ゲッカヨ」でライターとしてデビューしたことでしょうか。
まだまだ駆け出しですが、音楽の良さを伝えていければと思っております。

プライベートでは哀しいことがありましたが、それを乗り越えて来年を迎えたいと思います。

ゲッカヨ on Web
(「『クリスマスの約束』の軌跡」寄稿)

歌謡曲ゲッカヨ 2010年 09月号 [雑誌]歌謡曲ゲッカヨ 2010年 09月号 [雑誌]
ブティック社(2010-07-24)
(オフコース「言葉にできない」・ TM NETWORK 「Still Love Her」の解説文を寄稿)

歌謡曲ゲッカヨ 2010年 11月号 [雑誌]歌謡曲ゲッカヨ 2010年 11月号 [雑誌]
ブティック社(2010-09-24)
(佐野元春「Someday」・渡辺美里「My Revolution」・ CHAGE and ASKA 「太陽と埃の中で」解説文を寄稿)

my twitter

ブログネタ
ツイッター、使ってますか? に参加中!
my twitter

ツイッターをはじめます。
とりあえず、明日のキネカツライブの感想から、つぶやいてみるつもりです。

元々携帯からの速報用として、私設サイト時代から「ライブネタバレ掲示板」がありました。
従来の掲示板はセットリスト中心に、ツイッターでは感想を中心に、ライブについてコメントするつもりです。

暇だったら寄ってみてください。

6年目突入

このブログも6年目に突入しました。
今年も色々ありそうな予兆はありますが、このブログをどう展開するかは未定です。
ただちょっと新しい事にも挑戦しようと思います。

今年もよろしくお願いします。

LOOKING BACK 2009

今年は訃報が多かった。

5月の忌野清志郎、7月の川村カオリ、10月の加藤和彦…

清志郎とカオリは正直、どこかで覚悟していた。
でも加藤さんの死は、一月前にニコニコとした彼の姿を見ていただけに、未だに信じがたい。

彼ら以外にも、多くのミュージシャンがこの世を去った。

色々あったけど、音楽的には切ない一年だった。

PS. 今年の最高アクセスは12/26。
昨年の最高アクセス数の倍を記録しました。
音楽の力によって達成した数字だと思っております。

Oh! RADIOOh! RADIO
忌野清志郎

K (初回限定盤・DVD付)K (初回限定盤・DVD付)
川村カオリ

Memories 加藤和彦作品集Memories 加藤和彦作品集

LOOKING BACK 2008

ブログネタ
2008年を振り返りましょう! に参加中!
今年は激動の一年でした。

昨年末から楽しみにしていた、小田和正さんの「KAZUMASA ODA TOUR 2008 今日も どこかで」
年初に Far East Cafe Press (小田さんのファンクラブ的存在)の優先予約エントリーをすませた直後に、「TM NETWORK PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!」ツアーが発表され、日程のかぶりっぷりに慌てたものです。
とにかく今年は小田さん・ TM NETWORK 以外でもバッティングが激しく、それは年末まで続きました。

3月に「TM NETWORK PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!」が、4月には「KAZUMASA ODA TOUR 2008 今日も どこかで」がスタート。
両方のツアーが始まると共に、うちのブログの訪問件数も伸び始めました。
5月には 木根尚登さんの Talk & Live 番外編がスタートし、同じ月に TM NETWORK のツアーが千秋楽。

7月の「ap bank fes '08」2日目の翌日には、当時過去最高の訪問数を記録しました。

9月にはドーム追加公演「KAZUMASA ODA TOUR 2008 きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」を発表しつつ、小田さんのツアーがいったん終了。
木根さんの Talk & Live 番外編が終了したせいもあってか、10月にはブログ訪問者数もいったん少なくなりました。

しかし11月4日。
小田さんのシングル「今日も どこかで」入荷日に、多分そのネタを取り上げられるだろうと思ってつけた「めざましテレビ」で、愕然となるニュースに出会いました。

あの夜、買ってきたばかりの「今日も どこかで」を聞きながら、その曲が妙に心に響きました。

うちのブログで一日あたりアクセス数1000件越えをはじめて達成したのは、悲しいかなこの日でした。
この記録は、同じ月の小田さん横浜 BLITZ 公演翌日、そして東京ドーム公演初日の翌日…、と次々に塗り替えられるのですが、切ない記録であるのは確かです。

同じ11月。
小田さんの横浜 BLITZ 公演や東京ドーム公演で聴いた、書き下ろし新曲「さよならは 言わない」
木根さんのアルバム『NEW TOWN STREET』発売記念 Talk & Live で聴いた、書き下ろし新曲「春を待つ」
いずれも心に染み入りました。

そして12月。
矢井田瞳さん&小田さん「恋バス」シングルリリース、宇都宮隆さんと木根さん(&浅倉大介さん)による「UTSU & KINE EXPO Fork pavilion -Revival-」ライブ、小田さんのドームツアーがありました。
今年最後のライブは「オンステージシート」(小田さんのライブで用意される、ステージ上に設けられた客席)で過ごしました。

うちの一日あたりブログ訪問者数・年間トップを記録したのは、今年も小田和正音楽特番「クリスマスの約束」放映終了後でした。
「クリスマスの約束」の持つ力を改めて認識した時でもあります。

今年唯一の心残りは「マドモワゼル・モーツァルト」に行けなかったこと。
多忙もあって当日券狙いでしたが、結局は「クリスマスの約束」で燃え尽きてしまいました。


来年はどんな年になるでしょうか?

本来であれば TM NETWORK 25周年に浮かれる時期なのですが、例の事件により、それは夢のまた夢に終わりそうです。今は、春を待つだけなのでしょうか…
ただウツ木根は、何らかの代案を出してくると思います。
また木根&葛城哲哉によるジョイントライブも来月からスタートです。

一方で小田さんにも、新曲「さよならは 言わない」主題歌起用をはじめ、何か色々と動きがあるような気配です。

他にも ASKA ツアー・渡辺美里ツアーや、川村カオリ デビュー20周年・スキマスイッチ デビュー10周年といった気になる事項があります。
ちなみに CHAGE and ASKA は来年デビュー30周年ですが、この去就も気になるところです。

相変わらず無国籍料理屋のようなブログとなるでしょうが、また来年もご愛読の程、よろしくお願いします。

関連記事
TM NETWORK PLAY SPEEDWAY and TK HITS !! (記事集)

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 (記事集)
Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」 SET LIST

ap bank fes '08 2日目参加

小田和正@横浜BLITZ
小田和正@横浜BLITZ セットリスト編

NACK5 20TH Treasurebox @ shibuya extra NAOTO KINE CONCERT 2008 Talk & Live 〜NEW TOWN STREET〜

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」 (記事集)
KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」 SET LIST

UTSU & KINE EXPO Fork pavilion -Revival-
UTSU & KINE EXPO Fork pavilion -Revival- トーク編

小田和正音楽特番「クリスマスの約束 2008」感想
小田和正音楽特番「クリスマスの約束 2008」オンエア曲紹介

TM NETWORK -REMASTER- at NIPPON BUDOKAN 2007 [DVD]TM NETWORK -REMASTER- at NIPPON BUDOKAN 2007 [DVD]
TM NETWORK
紹介記事

HANABIHANABI
Mr.Children

今日も どこかで今日も どこかで
小田和正
紹介記事

NEW TOWN STREETNEW TOWN STREET
木根尚登
紹介記事

恋バス恋バス
矢井田瞳 & 恋バスBAND with 小田和正
紹介記事


Live & Documentary DVD「ap bank fes '08」
Bank Band with Great Artists

3月のブログのネタ

3/27から TM NETWORK のツアー、4/5から 小田和正さんのツアーが始まるのを前に、両者の過去のライブのセットリストを、個人的な思い出を交えつつ掲載していこうと思います。

小田さんのライブのセットリストは、最初のソロツアー(1990年)からツアーを中心に単独ライブものを掲載します。
TM NETWORK については、当初はデビュー頃から取り上げる事も考えましたが、TMN 終了(1994年)までのセットリストはあちこちのサイトで掲載されているので、1999年 TM NETWORK 再始動後からのライブについて、いわゆる「SPIN OFF」ライブも交えつつ語っていこうと思います。

過去の記事と重なる点は、ご容赦の程を。

TM NETWORK は 3/2 から、小田さんは 3/3 スタート予定。

TM NETWORK
「SPEEDWAY」
小田和正
「自己ベスト・2」
続きを読む

LOOKING BACK 2007

今年のこのブログのテンションは、結果的に TM NETWORK > 小田和正 になったような気がします。

なにせ TM NETWORK の場合、SPIN OFF from TM Tour からはじまり、平行して木根さんアルバム発売&ソロ50本ツアー、TM NETWORK ライブ決定、シングル・アルバムリリース、そして武道館ライブと徐々にテンションが上がる状況でした。

一方、小田さんの場合、シングルリリースやベスト盤リリース、そしてイベント参加もあったことは確かですが、「ap bank fes」雨天中止や「クリスマスの約束」観覧落選と、結構落ち込むことも多かった…(遠い目)
…来年取り返してやる(ぼそっ)

来年は小田さんのツアーが確定、TM NETWORK も何か動きがありそうなので、例年以上に忙しいブログになると思います。
それ以外にも、新しい試みにチャレンジしようかなぁ、とも考えています。

引き続き、このブログをよろしくお願いいたします。

TM NETWORK
「SPEEDWAY」

小田和正
「自己ベスト・2」

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

今年はSPIN OFF from TM 2007-tribute LIVE III-をはじめ、CHAGE and ASKA、スキマスイッチのツアーがあります。
今年はライブ三昧のブログになればいいなぁ、と思っています。

…もっともTMは千秋楽落選、スキマ・チャゲアスはまだチケット確保できず、という散々な年明けですが(涙)

LOOKING BACK 2006

振り返ってみれば、今年は小田和正・TM NETWORKのツアーがなかったせいか、どちらかというとレビュー型のブログだった気がします。

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

TM NETWORK アルバム紹介

小田和正アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

このレビューで興味を持って頂ける方が増えれば、と切に思っております。

あと、ap bank fes'06参加「クリスマスの約束」収録参加、っていうのも大きなネタだった気がします。

そしてPSE法問題
このブログも問題提起のための小さなキーステーションのひとつになれたかなぁ、という気がしています。
今後も、こういった問題には小さくても声を上げて行ければ、と思っております。

今年のブログの方針

TM NETWORK・小田和正、そしてオフコースのアルバムを一枚ずつコメントしつつ、NEXTを待とうかと考えています。

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

今年一年お世話になりました

来年もよろしくお願いします。
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正
KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」特設サイト

http://www.k-oda2016.com/


----------

Off Course Early Song

1984.4.21 という時代

ALL TOGETHER NOW と小田和正

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2007年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

オススメッ!!
カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ