GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

さだまさし

長崎と小田和正

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
1987年から2006年まで、広島原爆忌の日に、さだまさし主催により長崎で開かれたイベント「夏、長崎から」

1992年、雲仙普賢岳噴火の被災地支援を兼ねて、島原半島の小浜マリンパークで開かれた「夏、長崎から」に、小田和正は参加している。

1994年、長崎公会堂で開かれた泉谷しげる主催の雲仙普賢岳チャリティイベント「メッセージソングの日」に、小田和正が参加した。
このライブで、吉田拓郎の旗振りの元、泉谷、さだ、小田達出演者が「スーパーバンド」を結成、「春夏秋冬」をはじめ参加メンバーの代表曲を演奏した。
スーパーバンドの活動はメンバーを入れ替えつつ、1996年まで続く。

ちなみに、小田和正の単独コンサートは「SAME MOON! KAZUMASA ODA TOUR 2000」までは、長崎公演が組まれていた。
しかしその後、アリーナ主体のツアーになったためか、この15年、長崎公演は開催されていない。

関連記事:

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

広島ピースコンサートと小田和正

さだまさし
ダブリューイーエー・ジャパン
1991-06-17

小室哲哉 他出演「スカパー!音楽祭 2015」フジテレビ NEXT / NEXT smart にて5/2放送

ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
情報源:きくちPの音組ブログ

フジテレビ NEXT / NEXT smart 「スカパー!音楽祭 2015」
2015年5月2日(土)17:00〜22:00

司会:武部聡志(音楽監督)、小室哲哉
進行:Ami・Aya(E-girls)

出演者:華原朋美 / 岸谷香 / 小室哲哉 / THE ALFEE / 鈴木雅之 / miwa / ももいろクローバーZ / 森高千里 / 森山直太朗 / 和田アキ子 / E-girls / 郷ひろみ / さだまさし / 三代目 J Soul Brothers / JUJU / 徳永英明 / 乃木坂46 / 氷川きよし / モーニング娘。'15 / WaT

番組告知サイト(ステージ写真掲載)
http://www.fujitv.co.jp/otogumi/spmf/

TK BEST SELECTION IN EPIC DAYS(DVD付)
小室哲哉
ソニー・ミュージックダイレクト
2011-04-13



「長崎から東北へ」

映画com. :震災忘れない… さだまさし、地元長崎から東北向け仲間たちと熱唱

NHK BS プレミアムで8月25日(日) 23:00からオンエア予定。
http://cgi2.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=09_0088

夏・長崎から’89 [CD]
さだまさし

フジテレビ系「MUSIC FAIR」放送2400回 公開収録

情報源:ナタリー

フジテレビ系「MUSIC FAIR」放送2400回 公開収録

2012年2月17日(金)
東京国際フォーラム ホールA
開演予定: 18:30

出演者: 水樹奈々 / 徳永英明 / 森山良子 / 郷ひろみ / さだまさし / 槇原敬之 / ゴスペラーズ / ゆず / 平原綾香 / JUJU / 秦基博 / miwa / and more
司会:鈴木杏樹 / 恵俊彰

観覧応募:葉書による受付(下記「MUSIC FAIR」公式サイト参照)
http://www.fujitv.co.jp/MUSICFAIR/

----------

メンツいいね

MUSIC FAIR ミュージックフェア 35th アニヴァーサリー ワールドワイド・セレクションMUSIC FAIR ミュージックフェア 35th アニヴァーサリー ワールドワイド・セレクション


さだまさし・スキマスイッチ 「情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA '11」出演

情報源:BARKS

情熱大陸 SPECIAL LIVE
SUMMER TIME BONANZA '11

7月30日(土)大阪:万博記念公園もみじ川芝生広場
8月6日(土) 東京:夢の島公園陸上競技場
8月27日(土) 北海道:札幌芸術の森 野外ステージ

・出演者
葉加瀬太郎(東京・大阪・札幌)
押尾コータロー(東京・大阪・札幌)
Sing Like Talking (東京・大阪・札幌)
藤井フミヤ (東京・大阪・札幌)

沖仁(東京・大阪)
お中元(中孝介+元ちとせ)(東京・札幌)
さだまさし(東京)
スキマスイッチ(東京・札幌)
ソノダバンド(東京・大阪)
→Pia-no-jaC← (東京・大阪)

チケット発売日:全公演5月28日(土)10:00〜

情熱大陸イベントサイト
http://www.mbs.jp/jounetsu/live/2011/



関連記事:
SING LIKE TALKING 「情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA '11」に出演

情熱大陸 LOVES MUSIC 10TH ANNIVERSARY SPECIAL ~TARO HAKASE SELECTION~情熱大陸 LOVES MUSIC 10TH ANNIVERSARY SPECIAL ~TARO HAKASE SELECTION~

さいごのひさいごのひ(初回生産限定盤・DVD付)
スキマスイッチ

予感予感
さだまさし

さだまさし「広島の空」

さだまさしが毎年8月6日に長崎で開いていたイベント「夏 長崎から」のテーマ曲。
「広島原爆忌に長崎からメッセージを発する」という趣旨で、1987年から2006年まで開かれたライブ「夏 長崎から」
そのライブで必ず歌われた、祈りの歌。
アルバム「逢ひみての」がCD初収録。そして紅白歌合戦でも歌われた曲である。

ちなみに2007年は広島で「2007 夏 広島から さだまさし」が開かれ、翌年からは有志が引き継ぐ形で「夏!まだまだ長崎から」が開かれている。

「夏!まだまだ長崎から2010」公式サイト

逢ひみての プライス・ダウン・リイシュー盤逢ひみての
さだまさし
(「広島の空」収録)

「佐野元春のザ・ソングライターズ」 NHK 総合で再放送

ブログネタ
小田和正 に参加中!
情報源:ナタリー

「佐野元春のザ・ソングライターズ」

Vol.1・2:小田和正
 2009年1月20日(水)NHK総合
  24:10 〜 25:10

Vol.3・4:さだまさし
 2009年1月27日(水)NHK総合
  24:10 〜 25:10

Vol.5・6:松本隆
 2009年2月3日(水)NHK総合
  24:10 〜 25:10

Vol.7・8:スガシカオ
2009年2月10日(水)NHK総合
  24:10 〜 25:10

Vol.9・10:矢野顕子
2009年2月17日(水)NHK総合
  24:10 〜 25:10

Vol.11・12: Kj(Dragon Ash)
2009年2月24日(水)NHK総合
  24:10 〜 25:10

--------------------

どの回も面白い番組でした。
未見の方は、是非ご覧ください。

--------------------

関連記事:
「佐野元春のザ・ソングライターズ」第1回・小田和正(前編)

「佐野元春のザ・ソングライターズ」第2回・小田和正(後編)

「佐野元春のザ・ソングライターズ」さだまさし編

「佐野元春のザ・ソングライターズ」松本隆編

「佐野元春のザ・ソングライターズ」スガシカオ編

COYOTECOYOTE
佐野元春

個人主義個人主義
小田和正
続きを読む

「佐野元春のザ・ソングライターズ」さだまさし編

ブログネタ
さだまさし☆☆ に参加中!
「佐野元春のザ・ソングライターズ」、小田和正編に続いてさだまさし編も見ました。

面白かったのはワークショップでの曲作り。
アーチストはああやってイメージを膨らませ、形にしていくんだなぁ…、と感服した一瞬でした。

それと、さださんが色にこだわりがある事が印象に残りました。

あと「あと一マイル」(レーズン)に込めた想いも印象的でした。
「命を奪う人に育てた憶えはない」という親心をテーマとしたこの曲は、反戦歌だけに留まらない命の重さを感じさせるシンプルで力強いものだと思います。


関連記事:
「佐野元春のザ・ソングライターズ」第1回・小田和正(前編)

「佐野元春のザ・ソングライターズ」第2回・小田和正(後編)

あの頃について〜シーズン・オブ・レーズン〜あの頃について〜シーズン・オブ・レーズン〜
アーティスト:レーズン
(「あと一マイル」収録)

さだまさしトリビュートアルバム「さだのうた」

ブログネタ
さだまさし☆☆ に参加中!
情報源:サンスポ

さだまさしトリビュート さだのうた
発売日:2008.10.22
商品番号:FRCA-1198
定価:3,000円 (税込)
制作・発売:ユーキャン
販売:ユニバーサル ミュージック

参加アーチスト
BEGIN ・ 林英哲 ・ SEAMO ・ 平原綾香 ・ THE ALFEE ・ 松浦亜弥 ・ 中西圭三 ・ 森山直太朗 ・ 錦織健 ・ 立川談春

(カバー曲は未定)

アルバム公式サイト

立川談春さんはトーク再現のための参加だそうです。
さすが、さだまさし。

さだまさしトリビュート さだのうた

小田和正音楽特番 「クリスマスの約束2007」感想

ブログネタ
小田和正 に参加中!
今年も満足できる出来でした。
ただ2時間では時間が足りない、盛りだくさんすぎる内容だった気がします。
ゲストとのコラボ曲もかなりカットされていたようですし、特にCMでも使われた「時に愛は」は聴きたかった…

今年のテーマは「縁」のようですが、それ以外にも「昔の自分へのメッセージ」「未来の自分へのメッセージ」も込められていた気がします。

以下、各曲ごとに感想

※オープニング、すごく凝った作りでした。

たしかなこと
小田さんの気持ち的に、そしてCM的にも「言葉にできない」の続編である曲。
今回の「クリスマスの約束」では、これまでの「言葉にできない」のポジションに来ましたね。

こころ
母校である聖光学院弦楽オーケストラ部が参加しての演奏。
最近の小田さんの曲は、ストリングスを加えた方が引き立ちます。

中央線(with 宮沢和史)
自曲「my home town」を軽く歌ってから、宮沢さんを紹介。
この曲は、2003年の「クリスマスの約束」や、矢野顕子さんのコラボCD、そして何と小田さんのライブで矢野さんがゲスト参加した時に聞いたことがあるんですが、しっとりとして切ないバラードだと思います。
普段自分は矢野さんのトラックを聴いているのですが、久しぶりに聴いた宮沢さんのオリジナルも独特の切ない味わいがあっていいですね。

風になりたい(with 宮沢和史)
観客参加型の曲ってことで選曲された感じがしますね。
小田さん、こういう曲意外とお好きですよね。

秋桜
さだまさし作の山口百恵提供曲。
小田さんがピアノ弾き語りで名バラードを歌うと、何にでも様になります。
後で、さださんが「CBSの酒井さんがコスモスを『秋桜』と当てた」というエピソードを話したのが印象的でした。

woh woh (with さだまさし)
ここでさださん登場。
さださんの軽妙なトークを、見事に受け流し、ぶった切る小田さん…
小田さんの曲をさださんが歌ったんですが、いい感じで「さだまさしの『woh woh』」になってました。

たとえば (with さだまさし)
さださんと小田さんのコラボによる新曲。
製作過程のドキュメント映像も放映。
二人のやりとりは爆笑もので、それでいて同世代らしい意見の一致が面白いですね。
ラストを誰が歌うのかは、さださんの主張の方が正しいと思います。

今回の裏テーマ(?)「過去の自分へのメッセージ」「未来の自分へのメッセージ」を強く感じた1曲。
昔の自分の応援歌のようでいて、若い人たちへのメッセージにも感じられるバラード。
是非、次のオリジナルアルバムに入れて欲しい佳作です。

JUBILEE (with くるり)
今年の京都イベント出演の「縁」でくるり登場。
「不気味」同士の、微妙なトークが面白かったです。
そもそも、くるりの音楽はサウンドも歌詞も独特の雰囲気があり、小田さんの共演はこの特番ならではのジョイントだったと思います。

恋バス (with 矢井田瞳)
ゆず・スキマスイッチと続いたクリスマスソング・コラボ第三弾は矢井田瞳。
ヤイコの世界と小田さんの世界が上手く溶け合った、王道のアップテンポ・ラブソング。
ライブで演奏したら盛り上がりそうです。

こちらは来年ヤイコのオリジナルアルバムに収録決定。
製作過程がオンエアされなかったのは残念ですが…

SOMEDAY (with 佐野元春&矢井田瞳)
Mr.FUN HOUSE・小田和正と、Mr.EPIC・佐野元春の共演。
日本の音楽シーンの一時代を築いたレーベルの代表選手同士のだけに、個人的には2001年「Tomorrow Never knows」「クリスマス・イブ」、2003年・櫻井和寿さんとの共演、2006年「僕らの街で」セルフカバーに匹敵するカタルシスでした。

「未来の自分へのメッセージ」を感じる1曲だけに、今回佐野さんが呼ばれたのも納得です。
佐野さんの「20代には20代の『someday』、30代には30代の『someday』、40代には40代の『someday』があると思う」というコメントが、それを象徴していました。

2003年には小田さん一人で歌っていましたが、今回は佐野さんに、コーラスでヤイコも参加して披露。
ゲストが別のゲストの演奏に参加するスタイルは「クリスマスの約束」でも初だったので、ある意味新鮮でした。
名曲、の一言に尽きるスタンダードナンバーを、世代の違うボーカリスト3人で披露する、それだけに贅沢なトラックだったと思います。

それにしても、トークで出てきた「小田さんと佐野さんがすれ違ったイベント」ってなんだろう…?
それが思いつかないのが個人的に残念。

この道をゆく(早稲田大学グリークラブ)
小田さんが早稲田大学グリークラブに提供した曲を、小田さんの指揮でグリークラブが歌う。
去年からはじまった製作過程も放送されましたが、学生達、そして小田さんの悪戦苦闘が印象的。
学生達をリラックスさせるために歌った「言葉にできない」も流れました。

「この道をゆく」は、小田さんの若者達へのメッセージやエールが込められた1曲だと思います。
昔の小田さんの曲の歌詞達を想起させます。
良い意味で「たとえば」と対照的な感じです。

ダイジョウブ
紅白で歌わずに、この番組で歌うのが小田さんらしいというか…
CDとはちょっと違った、しっとりとしたアレンジ。
来年のツアーでの演奏もこのバージョンでしょうか?

I dream (エンディングBGM)
財津和夫さんの曲のカバー。
収録では演奏していたそうですが、時間がなかったせいか、こういう形で披露されたのでしょうか?
切ない曲です、はい。

この勢いだと来年もやりそうですね。
来年は是非さいたまスーパーアリーナで全座席を使って収録してください。

関連記事:
History of 「クリスマスの約束」
ProloguePrologue 2001〜きっと君は来ない〜 200120022003〜風のようにうたが流れていた〜 2004

TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想(2005年)

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

「クリスマスの約束2007」 11/20収録模様

「クリスマスの約束2007」 11/27収録模様

THE BOOM
「THE BOOM」

さだまさし
「私花集〈アンソロジイ〉」

くるり
「JUBILEE」

矢井田瞳
「daiya-monde」

佐野元春
「SOMEDAY」

小田和正
「自己ベスト・2」

「クリスマスの約束2007」 11/20収録模様

ブログネタ
小田和正 に参加中!
Written By つうさん

内容はネタバレ防止のため、「続きを読む」をクリックして下さい。

番組公式サイト

関連記事:「クリスマスの約束2007」 11/27収録模様

小田和正
「風のようにうたが流れていた DVD-BOX」


続きを読む

小田和正 「クリスマスの約束 2007」告知サイト登場

ブログネタ
小田和正 に参加中!
TBS 「クリスマスの約束 2007」

告知サイトにはゲスト5組の名前も書かれています。

小田和正
「風のようにうたが流れていた DVD-BOX」

小田和正音楽特番 「クリスマスの約束」オンエア日正式発表&新聞記事

ブログネタ
小田和正 に参加中!
公式サイトより

小田和正音楽特番「クリスマスの約束」

TBS系列 25局
2007年12月25日(火)23:35〜25:29

※毎日放送・北陸放送は翌日 12月26日(水)24:09〜26:09


新聞記事(ネタバレあり):サンスポ(写真入り)・スポニチ

小田和正
「風のようにうたが流れていた DVD-BOX」

夏 広島から

さだまさし平和コンサート…今年は広島から長崎へ(夕刊フジ)

毎年8月6日、広島原爆忌に長崎で開かれていた「夏 長崎から」
雲仙普賢岳の噴火の時は、雲仙の近くで開かれたこともあった。
20年続いたコンサートの最後は、8月9日、長崎原爆忌に広島からのライブになった。

このような「音楽で平和を考えるイベント」は、もっとあっていいと思う。

さだまさし「夏・長崎から '89」
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想


----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
「ENCORE!!」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ