GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

ラブ・ストーリーは突然に

BENI カバーアルバム「COVERS」に小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」・スキマスイッチ「奏(かなで)」英語バージョン収録

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
情報源: Listen Japan

BENI カバーアルバム「COVERS」
発売日:2012年3月21日
商品番号:UPCH-20270
定価:2,800円(税込)

・収録曲(曲順未定)
Ti Amo
瞳をとじて
LA・LA・LA LOVE SONG
桜坂
ロビンソン
TRUE LOVE
SUDDENLY -ラブ・ストーリーは突然に-
奏(かなで)
もう恋なんてしない
One more time, One more chance
いとしのエリー
ここにしか咲かない花 他

----------

この選曲で英語詞はどうだろう…

タイトル未定COVERS
BENI
2012-03-21

ラブ・ストーリーは突然に

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
1991.1
フジテレビ系ドラマ「東京ラブ・ストーリー」主題歌に起用される

1991.2
シングル「Oh!Yeah! / ラブ・ストーリーは突然に」発売

ABC「サンデーダークダックス」25周年ライブにゲスト出演時に、ピアノ弾き語りで初披露

1991.5
ベストアルバム「Oh!Yeah!」に収録

新宿・日清パワーステーションでのゲリラライブ「Far East Club Band 1991」で、バンドスタイルで初披露
(キーボードを演奏しながら歌う)

1991.12 - 1992.4
ツアー「sometime somewhere」で演奏
以降のツアーでは必ず演奏される1曲となる

1991.12
フジテレビ系「FNS 歌謡祭」で演奏

1993.10
東北大学学園祭後夜祭ライブで、ギター演奏スタイルで披露
以降、ギターを演奏して歌うようになる

1993.12
Act Against Aids'93 名古屋レインボーホール公演で、アカペラバージョン披露
(1995年のツアー「FUN MORE TIME!」でも、アカペラバージョンが演奏される)

1997.11
ベストアルバム「伝えたいことがあるんだ」に収録

1998.2
「K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW」最終日、アンコールでのこの曲の演奏中、小田和正は客席通路に飛び込む

1998.6
ライブビデオ「K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW」に収録

2000.12 - 2001.1
カウントダウンライブ「ちょっと寒いけど みんなで SAME MOON!!」でハンドマイクを持って、開場に用意された花道を移動しながら歌う

2001.5
ライブビデオ「小田和正カウントダウンライブ・ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!」に収録

2001.12
TBS 音楽特番「クリスマスの約束~きっと君は来ない~」収録時に演奏
以後も同番組で何度か演奏される

2002.4
ベストアルバム「自己ベスト」収録

2002.8
K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』 アリーナ公演から、ハンドマイクを持って花道などを移動しながらこの曲を歌う
以後のツアーでは、このスタイルが基本となる

2004.12
小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」で演奏

2005.6
「風のようにうたが流れていた DVD-BOX」に収録

2006.7
「ap bank fes '06」でこの曲を演奏時、客席通路に飛び込む

2008.7
「ap bank fes '08」でこの曲を演奏時、客席通路に飛び込む

----------

ドラマ主題歌として書き下ろされた「ラブ・ストーリーは突然に」
当初はシングル「Oh!Yeah!」のB面曲(カップリング曲)として収録される予定だったが、周囲の説得によって両A面となった。
タイトルも「『東京ラブ・ストーリー』の仕事は突然に来たから」である。

あの印象深いギターは、この曲のギターを弾いた佐橋佳幸のものであったという。
またサビの2拍3連符は、オフコースのヒット曲「さよなら」や後のヒット曲「キラキラ」に共通するところがある。
ちなみにドラマで使用された音源と、CD化された音源は別物である。

曲は大ヒットし、1991年の年間チャート1位となり、「ドラマタイアップによるヒット曲」の象徴的存在となった。
何より「オフコース=小田和正」の印象が強かった時期に、「ソロアーチスト・小田和正」の存在をアピールすることにもつながった。
そして「言葉にできない」や「キラキラ」がヒットするまで、小田和正の代名詞的な曲ともなっていた。

小田和正の代表曲として、殆どのソロライブで演奏され、ベスト盤にも収録されている。
しかし3回目の収録となった「自己ベスト」のこの曲のトラックは、ベースなどをシンセ音源から生演奏音源に差し替えるなど、バージョンアップされている。

ライブでは、盛り上げ的なところで演奏されている。
当初はキーボードを弾きながら歌い、その後はギターを弾きながら歌っていた。
最近では、ハンドマイクを持ってステージや花道の上を動きながら歌い、サビなどではお客さんにマイクを向けている。
一方で、バラード調のアカペラで歌ったり、バンドの演奏でアレンジを一部変えたりすることもある。

今年のツアーでも、盛り上げてくれる存在になるだろう。

----------

関連記事:
ヒットへの助走・ 小田和正「Far East Cafe」→ 「ラブ・ストーリーは突然に」

小田和正 「Oh!Yeah!」
(アルバム紹介)

小田和正 「伝えたいことがあるんだ」
(アルバム紹介)

小田和正 「自己ベスト」
(アルバム紹介)

----------

小田和正 Live Set List
(記事集)

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「今日も どこかで」
(記事集)

KAZUMASA ODA TOUR 2008「きっと またいつか 今日も どこかで FINAL」
(記事集)

ap bank fes' 06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

Oh!Yeah! / ラブ・ストーリーは突然にOh!Yeah! / ラブ・ストーリーは突然に
小田和正
K.ODA Oh!Yeah!Oh!Yeah!
小田和正
伝えたいことがあるんだ伝えたいことがあるんだ
小田和正
自己ベスト自己ベスト
小田和正
K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE [DVD]K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE [DVD]
小田和正
小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなで SAME MOON!! [DVD]小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなで SAME MOON!! [DVD]
風のようにうたが流れていた DVD-BOX風のようにうたが流れていた DVD-BOX
小田和正

無料動画 GyaO! 小田和正特集

無料動画 GyaO! 小田和正スペシャル
(2011年1月23日まで配信)

配信曲
・グッバイ
・言葉にできない
・たしかなこと
・今日も どこかで
・Oh!Yeah!
・ラブ・ストーリーは突然に
・風の坂道
・woh woh
・キラキラ
・ダイジョウブ
・さよならは 言わない
・こころ


All Time 小田和正 All Time 小田和正 【1月7日まで公開】

関連記事:
Yahoo! ミュージック サウンドステーションに小田和正チャンネル登場

グッバイグッバイ
小田和正

LOOKING BACK 2LOOKING BACK 2
小田和正
(「言葉にできない」収録)

たしかなことたしかなこと
小田和正

今日も どこかで今日も どこかで
小田和正

Oh!Yeah! / ラブ・ストーリーは突然にOh!Yeah! / ラブ・ストーリーは突然に
小田和正

風の坂道風の坂道
小田和正

woh wohwoh woh
小田和正

キラキラキラキラ
小田和正

ダイジョウブダイジョウブ
小田和正

さよならは 言わないさよならは 言わない
小田和正

こころこころ
小田和正

自己ベスト自己ベスト
小田和正

自己ベスト-2自己ベスト-2
小田和正

GyaO 「昭和TV・小田和正 SPECIAL SELECTION」配信開始

ブログネタ
小田和正 に参加中!
情報源:スカイブルーのみゅ〜じっくらいふ♪


GyaO 「昭和TV・小田和正 SPECIAL SELECTION」
1. さよならは 言わない(ライブバージョン・ダイジェスト)
2. 今日も どこかで(会場のみんなとバージョン・ダイジェスト)
3. ラブ・ストーリーは突然に(ライブ映像)
4. 言葉にできない(ライブ映像)

※3.を除いてGyaO独占映像

・4/1(水)正午まで配信

ようやく「さよならは 言わない」映像バージョン発表。

…1〜3は平成生まれの曲、そして映像は全て平成ライブバージョンなんですけどね(汗)

関連記事:
小田和正 「さよならは 言わない」(楽曲紹介)

小田和正「今日も どこかで」(楽曲紹介)

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」 (記事集)

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「今日も どこかで」 (記事集)

Yahoo! 動画「小田和正 スペシャル」更にオンエア延長

さよならは 言わないさよならは 言わない
小田和正

今日も どこかで今日も どこかで
小田和正

FAR EAST CLUB BAND 1991 (1991.5.18 日清パワーステーション)

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1. 「ラブ・ストーリーは突然に」
2. 1985
3. Little Tokyo
4. ためらわない 迷わない
5. goodtimes & badtimes
6. 夜の行方
7. Oh!Yeah!
8. 春風に乱れて
9. 恋は大騒ぎ
10. FAR EAST CLUB BAND SONG

ENCORE
11. 空が高すぎる
12. 「ラブ・ストーリーは突然に」


「小さな会場でライブをやりたい」と希望していた小田和正の夢が、初のベストアルバム「Oh!Yeah!」発売日当日の深夜に実現した。
当日の朝刊に突然のライブ告知で開かれたライブのセットリストは、「Oh!Yeah!」の収録曲で構成。
ここから小田和正のパワーステーション伝説がはじまる。

Oh!Yeah!
Oh!Yeah!


続きを読む

Yahoo! 動画 小田和正「自己ベスト-2」特集 映像追加

ブログネタ
小田和正 に参加中!
Yahoo! 動画 小田和正「自己ベスト-2」特集

第1弾「こころ」 「ダイジョウブ」 「たしかなこと」に続いて、第2弾「キラキラ」 「Oh! Yeah!」 「風の坂道」 「緑の街」 「woh woh」のビデオクリップと、「ラブ・ストーリーは突然に」 THRU THE WINDOW ライブ映像が公開。

ビデオクリップ集のDVD、出ないかなぁ…

関連記事:Yahoo! 動画 小田和正「自己ベスト-2」特集

小田和正
「キラキラ」

小田和正「Oh!Yeah! / ラブ・ストーリーは突然に」

小田和正「風の坂道」

小田和正
「緑の街」

小田和正
「woh woh」

小田和正
「自己ベスト」
(「キラキラ」 「Oh! Yeah!」 「ラブ・ストーリーは突然に」 「風の坂道」 「緑の街」 「woh woh」収録)

小田和正
「自己ベスト-2」

小田和正
「K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE」

小田和正 「自己ベスト」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
2002年にリリースした、小田和正として3枚目のベストアルバム。
オフコース時代のナンバーから最新のヒット曲「キラキラ」まで、彼の代表曲がセレクションされた。

「さよなら」「ラブ・ストーリーは突然に」などの大ヒットナンバーや、「秋の気配」「風のように」などファンからの支持の高い曲、 そして自ら監督として手がけた映画と同名の主題歌「緑の街」、明治生命CMソングとして注目された「言葉にできない」等、彼の活動を特徴づけるナンバーが収録された。
1曲目に最新曲「キラキラ」を収録し、2曲目「秋の気配」からはオリジナルが発表された順番に並べられて収録されている。

オフコース時代の曲は、これまでリリースされたセルフカバーアルバム「LOOKING BACK」「LOOKING BACK 2」からセレクションされた。
一方ソロナンバーは、「my home town」が新たに録音された他、「ラブ・ストーリーは突然に」「風の坂道」「伝えたいことがあるんだ」といった曲達も、今回の収録に当たって生音への差し替えなどのリメイクが施されてきた。
これまで「LOOKING BACK」シリーズや「伝えたいことがあるんだ」で示されてきた、「過去を肯定的に見つめつつも、直せるものは直す」という、小田和正の最近のテーマが継承されたアルバムとなった。
その意味で「言葉にできない」「風のように」がライブバージョンであるのは示唆的。「ライブでの演奏は、自分なりに納得したバージョン」という、セルフカバー・リメイクを経て彼が出した答の一つなのかもしれない。

アルバムリリース直後のツアー「kira kira」では、リメイクされた「my home town」がライブのオープニングを飾った他、収録曲の多くが演奏された。

関連記事:
小田和正「my home town」

ヒットへの助走・ 小田和正「Far East Cafe」→ 「ラブ・ストーリーは突然に」

小田和正 「伝えたいことがあるんだ」

小田和正「緑の街」

小田和正「自己ベスト」ウインターバージョン登場

小田和正
「自己ベスト」

1. キラキラ(2002)
 …フジテレビ系ドラマ「恋ノチカラ」主題歌
2. 秋の気配 (1977)
 …オフコースが2人だった頃のナンバー
  故郷・横浜が舞台
3. 愛を止めないで (1979)
 …オフコースが5人になった時のナンバー
4. さよなら (1979)
 …オリコンチャート2位を記録した大ヒットナンバー
5. Yes-No (1980)
 …「さよなら」に続くヒットナンバー
6. 言葉にできない (1981)
 …5人のオフコース末期に作られた曲
  明治生命CMソング
7. 緑の日々 (1984)
 …4人となったオフコースのナンバー
  オフコース解散ライブの1曲目を飾る
8. Oh!Yeah! (1991)
 …第一生命CMソング
9. ラブ・ストーリーは突然に (1991)
 …フジテレビ系ドラマ「東京ラブストーリー」主題歌
10. my home town (1992)
 …横浜スタジアムでのライブのために書き下ろした曲
  完全新録
11. 風の坂道 (1993)
 …シャープ・ビューカムCMソング
12. 伝えたいことがあるんだ (1997)
 …TBS系ドラマ「最後の恋」主題歌
13. 緑の街 (1997)
 …小田和正第2回監督作品「緑の街」主題歌
14. 風のように (1997)
 …日産・エルグランドCMソング
15. woh woh (2000)
 …JRA・イメージCMソング
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


1984.4.21 という時代

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

----------

OFF COURSE History 〜Live Version〜

TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)

TM NETWORK Live Set List Since 1999

SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR


Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-


TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


宇都宮隆「Dragon The Carnival Tour 2019」

----------

「群衆の中で」「夜明けを告げに」「おさらば」〜 Off Course History 1970〜1972 〜

Off Course Early Song

オフコース/小田和正「さよなら」アレンジ変遷史

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

ALL TOGETHER NOW と小田和正

君住む街へ〜オフコース解散の象徴から、小田和正ソロ活動のキーワードに転じた曲〜

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」から「今日は一日“小田和正”三昧 ENCORE!! (アンコール)」へ〜NHK ・小田和正特番の進化と深化〜

小田和正 映像作品史 1981-2019

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と SMAP ・川村結花・スガシカオ「夜空ノムコウ」〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

小田和正と KAN 〜「クリスマスの約束 2019」前史〜

「クリスマスの約束 2019」感想

「クリスマスの約束」「風のようにうたが流れていた」から生まれた楽曲達(2020年版)

----------

Episode「TM VISIONS」「eZ」〜TM NETWORK History〜

Episode of 「Fool On The Planet」 TM NETWORK Version

Episode of 「Fool On The Planet」 木根尚登編

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

木根尚登とユンカース〜「ユンカース・カム・ヒア」「ホントの君 ウソの君」「6月6日」〜

TM NETWORK / TMN Tie-up History 1984-1994

TM NETWORK 1999 SONGS 「GET WILD DECADE RUN」「IT'S GONNA BE ALRIGHT」「10 YEARS AFTER」「Happiness×3 Loneliness×3」「80's」〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Album 「SPEEDWAY」(2007)〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Reproduct & Remake Songs 〜「DRESS」「CLASSIX 1・2」「NETWORK TM -Easy Listening-」「DRESS 2」「QUIT 30」+α 〜TM NETWORK History〜

ベストアルバムでは味わえない TM NETWORK Progressive Rock 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」「Major Turn-Round」「QUIT 30」〜TM NETWORK History〜

----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ