GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

中村修司

木根尚登「NAOTO KINE 2626ツアー」最終公演(ゲスト:中村修二・小室みつ子) 関連ツイート集


















木根尚登公式サイト
http://www.kinenaoto.com/

関連記事:

木根尚登「NAOTO KINE 2626ツアー」FINAL (東京公演/ゲスト:中村修司・小室みつ子)

小室みつ子
シックスティレコード
1990-10-25


道
木根尚登
R and C Ltd.
2007-04-04

木根尚登「NAOTO KINE 2626ツアー」FINAL (東京公演/ゲスト:中村修司・小室みつ子)

木根尚登ソロ26年目・全国26公演のギター弾き語りツアー、 ラストの東京公演は昼夜2公演。

セットリストには、TM NETWORK デビュー35周年ということもあり、TM NETWORK のナンバーも組み込まれた。
特に宇都宮隆作曲の「ANOTHER MEETING」は、これまでもソロライブで歌っていた自分の作品や小室哲哉作品と違って新鮮であるとコメント。
またハーモニカ演奏も加えた「TIMEMACHINE」では、アルバム「CAROL」収録曲「STILL LOVE HER 〜失われた風景〜」のハーモニカを、現地ロンドンのエンジニアが絶賛した、というエピソードも披露していました。

TM NETWORK の前に在籍していたバンド・スピードウェイの楽曲をはじめ、アマチュア時代の楽曲を演奏する「尚登の部屋」。
ここで木根さんはサングラスから眼鏡に換えるのですが、眼鏡姿はファンにも賛否両論あること、サングラスをかけるとオーラを感じると言われることがあること、等のエピソードを披露していました。

その「尚登の部屋」、東京公演ではゲストが登場。
昼の部はソロアルバム「Life」「道」「NEW TOWN STREET」(2005〜2008年)のプロデューサーである中村修司さん。
「ONE NEW AND NEW DAY」(「Life」収録)のイントロは一つのギターで演奏しているように聞こえるが、実は二つのギター演奏を組み合わせたものであること、「桜ケ丘」(「道」収録)のミュージックビデオには中村さんの息子さんが出ていること、ライブビデオ「NAOTO KINE CONCERT 2006 Talk & Live Vol.10 at Shibuya DUO -Music Exchange-」では木根さんのトークが面白すぎてカットすることが出来なかった上、収録日前日のトークも面白いため特典映像にした、といった当時のエピソードを披露してくれました。
また中村さんは、木根さんの良い曲を引き立てるよう、アレンジを心がけていたとのこと。
演奏には、中村さんはギターで参加。中村さんにギター演奏を任せ、木根さんは歌唱に専念する曲もありました。

夜の部は TM NETWORK 初期から彼らの作詞を手がける、小室みつ子さん。
今年公開の「劇場版シティーハンター」で「Get Wild」が注目されたことや、イタリア語版「Get Wild」をみつ子さんが監修したという話からはじまった二人のトークは、木根さんが解禁前の情報に言及してしまい、「これ(SNS)に書かないで」と観客にお願いすることに。
これに関連して、木根さんは震災復興チャリティイベント「ALL THAT LOVE -give & give-」の際、観客に秘密にしていたアーティストの出番をツイッターで書き込み、スタッフに怒られた、というエピソードも披露。
そして「CAROL」制作でロンドンに一緒に滞在したとき、みつ子さんはレコーディング後によくあてもなくドライブをしていたそうです。そのドライブに木根さんを誘ったとき、木根さんは最初乗り気ではなかったものの、ビックベンにたどり着いたときは、その風景と鐘の音に感動したそうです。
また TM NETWORK の三人が偏食家であることに触れ、アルバム「humansystem」制作の際に、みつ子さんの提案でタイ料理屋に行ったとき、食事した宇都宮さんにジンマシンが出たとのエピソードも披露していました。
演奏には、みつ子さんはキーボードで参加。うち「GIRLFRIEND」「TELEPHONE LINE」はみつ子さんがキーボード&ボーカル、木根さんがギター&コーラスという編成。
ちなみに当初は「Close to You」をカバーする予定が、みつ子さんの直前の急な提案で「TELEPHONE LINE」になったそうです。

みつ子さんはアンコールの演奏後にも再登場していました。

----------

・昼の部
夢のさき
四ッ谷ロマン
ANOTHER MEETING (TMN)
8月の長い夜 (TM NETWORK)

<尚登の部屋>
夢まで翔んで(SPEEDWAY)

僕の胸でおやすみ〜妹よ(かぐや姫) with 中村修司(ゲスト)
自業自得(アマチュア時代の曲) with 中村修司
君への道 with 中村修司
帰れない二人(井上陽水・忌野清志郎) with 中村修司

君が生まれた日
青い鳥たち
TIMEMACHINE(TM NETWORK)
風、太陽、海
by by by

STORY (TM NETWORK)

----------

・夜の部
消えていく街
雨のトロイメライ
ANOTHER MEETING (TMN)
8月の長い夜 (TM NETWORK)

<尚登の部屋>
彼方より(SPEEDWAY)

SEVEN DAYS WAR with 小室みつ子(ゲスト)
GIRLFRIEND Vo.小室みつ子
TELEPHONE LINE Vo.小室みつ子

君が生まれた日
青い鳥たち
TIMEMACHINE(TM NETWORK)
風、太陽、海
by by by

STORY (TM NETWORK)

※最後に小室みつ子さん再登場






木根尚登公式サイト
http://www.kinenaoto.com/

関連記事:

木根尚登「NAOTO KINE 2626ツアー」横浜公演

木根尚登 NAOTO KINE CONCERT 2019 ニューロマンティックシアター 12/14・15 開催

木根尚登 遊ビートシリーズ 第1弾CD「R1」 NAOTO KINE 2626ツアー各会場で販売

----------

木根尚登「NAOTO KINE 2525ツアー」(ゲスト:嶋田陽一)
(2018年9月15日)

木根尚登「NAOTO KINE 2525ツアー」最終日(ゲスト:葛城哲哉)
(2018年9月16日)

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2018 new STORY」
(2018年12月15日)

OTONA MUSIC PARADISE―大人音楽園―Vol.1― ”SAYONARA 平成!Stylish Pop @ SHIBUYA” (木根尚登・佐藤竹善 出演)
(2019年4月29日)

----------

木根尚登 NAOTO KINE “REBOOT”
(2015年10月31日)

木根尚登オフィシャルファンクラブ会員限定イベント「I'm On Your Side」
(2016年5月21日)

木根尚登 NAOTO KINE Concert 2016 “Return”
(2016年12月10日)

木根尚登弾き語りツアー2017「久しぶりです」(ゲスト:鶴田奈々・中村中)
(2017年5月13日)

木根尚登弾き語りツアー2017「久しぶりです」追加公演(ゲスト:西部里菜)
(2017年7月2日)

木根尚登ソロデビュー25周年記念公演「キネバラ」(ゲスト:小室哲哉)
(2017年12月2日)


Life(初回盤)
木根尚登
R and C Ltd.
2005-10-26


小室みつ子 /シンプル・ドリーム
小室みつ子
日本コロムビア
1994-11-21



DSC_1185

木根尚登「年越しライブ 2012〜2013 ゆくくるパーティー」

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
木根尚登さんと山本英美さん二人でのアコギ演奏という、十数年前に始まって時折復活するスタイルではじまったこの日のライブ。
セットリストも、英美さんが関わった頃の曲が中心となりました。
二人編成の時によく演奏するフォーク・歌謡曲のメドレーも披露。
また英美さんの教え子で、今も一緒にライブ活動している三人組・エブリシェイシェイシェイと英美さんのコーナーもありました。

カウントダウン直前には、その前のライブに参加していた中村修司さん・なかのくみさんに、スペシャルゲスト・西村麻聡さん(FENCE OF DEFENSE)も登場。
エブリシェイシェイシェイも加わって、スマホ向けTV「not tv」の番組で歌詞を募集した新曲「HAPPY NEW YEAR」を初披露してくれました。
ちなみにこの演奏は、10日の番組でオンエアされるそうです。

そして「Remember Me?」でこの日のライブは終了。

開演前には年越しそば、カウントダウン直前にはワインが配られるなど、アットホームなライブでした。

・セットリスト
冬の花
Tenderness
それでもいいと思ってた
風 太陽 海
月の明かり
(オリジナル:桑名正博)
I Love You
(オリジナル:尾崎豊 山本英美+エブリシェイシェイシェイ)
歌謡曲メドレー

HAPPY NEW YEAR
Remember Me?

----------

関連記事:

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2012 Talk&Live 20th ANNIVERSARY TOUR」東京1日目

木根尚登シークレットライブ・東京2日目

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2012 Talk & Live 20th ANNIVERSARY TOUR」東京2日目

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2012 Talk & 20th ANNIVERSARY TOUR」追加公演

liquid sunliquid sun
木根尚登

REMEMBER ME?REMEMBER ME?
木根尚登

木根尚登「キネソロ スペシャルトークショー&ミニライブ」 

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
新星堂本社のイベントホールで開かれた、木根尚登さんのニューアルバム「キネソロ」発売イベント。
このアルバムの編曲を担当したギタリスト・中村修司さんと共に、アコースティックギター2本による演奏とトークを披露しました。

会場となったイベントホールは、35年前、木根さんと宇都宮隆さんが当時組んでいたバンド「フリースペース」が参加した、新星堂主催のコンテストの決勝会場だったそうです。
その時、フリースペースは大賞だったけれどもレコード会社からのオファーはなく、そのコンテストで特別賞だった横浜銀蠅が後日デビューしたそうです。
同じ会場では、10年前にも木根さんと宇都宮さんがイベントを開いているのですが、こちらは覚えていなかったとか…

「キネソロ」のテーマは「デモテープを聞いているような、曲の生まれた頃を再現する」ことだったそうで、木根さんのピアノ・ギター、中村さんのギター、パーカッションでアレンジ・レコーディングしたそうです。
ちなみに12月のツアーもこのトリオで回るそうです。

レコーディングの場所は、中村さんがよく利用する熊谷のスタジオ。
一軒家の中にあるスタジオで、スタジオのリビングが事務所のリビングを兼ねるなど、いつもと違った感じだったそうです。
また夏にレコーディングしたため、日本一暑い熊谷の暑さに辟易した事や、クーラーの音が入らないように、クーラーを切ってレコーディングした、といったエピソードも披露してくれました。
一方、新曲では手探り状態になる事が多かった歌入れは、今回はセルフカバーゆえに歌い慣れていることもあって、スムースに終わったようです。

中村さんは楽曲だけでなく、トークでも木根さんを随時アシスト、そのやりとりが面白かったです。
木根さんが「Bless this Love」で2番を飛ばしてサビを歌い出した時も、それが木根さんのミスとわからないように合わせたのはさすがでした。

・SET LIST
誰かが君を愛してる
FOOL ON THE PLANET
GIRLFRIEND
REMEMbER ME?
Bless this Love
Roots of The Tree

風 太陽 海


関連記事:

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2012 Talk & Live 20th ANNIVERSARY TOUR」東名阪で開催

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2012 Talk & Live 20th ANNIVERSARY TOUR」名古屋・東京公演 一般発売日決定

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2012 Talk & Live 20th ANNIVERSARY TOUR」大阪公演 一般発売日決定

----------

木根尚登ソロデビュー20周年記念イベント第一弾 東京サミット IN 代官山

木根尚登20周年記念ベスト 提供楽曲集“キネメロ”発売記念インストアライブ

木根尚登 CD BOX 「キネスペ」購入者限定ネットライブ「キネスト」

----------

木根尚登20周年記念ベスト リマスターソロ 「キネベス」

木根尚登20周年記念ベスト TM楽曲集「キネバラ」

木根尚登20周年記念ベスト 提供楽曲集「キネメロ」

木根尚登20周年記念ベスト リメークソロ 「キネソロ」

木根尚登20周年記念ベスト リメークソロ キネソロ木根尚登20周年記念ベスト リメークソロ キネソロ

木根尚登「NAOTO KINE LIVE 南青山 MANDALA 3 DAYS 心のラブソング」

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
木根尚登さん5月以来のソロライブは、ギタリスト・中村修司さんと共に演奏を披露。

8月にトークショウをやったことから、去年まで開いていたトーク&ライブについて「トークとライブの分離」を掲げていましたが、やはりトークは大目でした。

TM NETWORK の話も色々出ました。
このライブで歌う曲を昔のツアーで披露した際、山田わたるさんが1曲飛ばしてその曲に入り、西村麻聡さんや小室哲哉さんが合わせて入る中、その曲はアコギで演奏するはずだった木根さんは、エレキを持っていたので慌てたそうです。
また、ドラマー達にタイミングを知らせるクリック音のテープに、山田さんの奥さんの声で曲のタイミングを知らせるいたずらもやったそうです。
ちなみに中村さんも別のライブで、打ち合わせを吹き込まれたそうです。
TM NETWORK 再始動にも触れていましたが、色々あるようで、明言は避けていました。

舞台の話も出ました。
演出家の林さんの5年越しのラブコールから初舞台「家族対抗歌合戦」に出演したこと。
このライブの前に出演した「株式会社893」で、演出家・坂上忍さんの「俺達は好きなことをやっているんだから、楽しちゃいけない。苦労しなきゃ」という言葉に推されて踊ったこと。
(この坂上さんの言葉、なかなかいい言葉ですね)
いろいろと舞台にまつわる話が出ました。
ちなみに12月に、坂上さんの舞台に出演するそうです。

アンコールでは「色々やっていきますが、原点は TM NETWORK です」とコメントしていました。

タイトル通り、ラブソング大目のセットリストは「続きを読む」参照。
木根さんは前半はギターを、後半はピアノを演奏してました。

関連記事:

木根尚登 LIVE 2011 純喫茶 1974 〜男と女 vol.1〜 昼の部(ゲスト:伊藤かずえ)

木根尚登 LIVE 2011 純喫茶 1974 〜男と女 vol.1〜 夜の部(ゲスト:渡辺美里)

SHINJUKU LOFT 12TH ANNIVERSARY 「NAOTO KINE 1992-2001 19 Red」

SHINJUKU LOFT 12TH ANNIVERSARY 「NAOTO KINE 1992-2001 19 Red」

木根尚登「NAOTO KINE Talk Show 夏休みだョ! 全員集合」(ゲスト・小室みつ子)

木根尚登「NAOTO KINE Talk Show 夏休みだョ! 全員集合」(ゲスト・坂上忍・渋谷哲平)

----------

舞台「家族対抗歌合戦」

NAOTO KINE + IOH Project 舞台 「天使の涙 〜竜眼堂物語 VOL.1〜」

NAOTO KINE + IOH Project 舞台 「天使の涙 〜竜眼堂物語 VOL.1〜」(再演編)

木根尚登出演「トゥルークリスマス 〜奇蹟のおまじないジングルジングラ〜」

舞台「レッドカードファミリー」(木根尚登出演)

舞台「株式会社893」(木根尚登出演)

LifeLife
木根尚登

続きを読む

木根尚登 LIVE 2011 純喫茶 1974 〜男と女 vol.1〜 サポートメンバー発表

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
木根尚登オフィシャルブログより

1/15に開かれる木根尚登ライブの、サポートメンバーが発表されました。

ギター:中村修司
ドラム:阿部薫
キーボード:左藤慎吾

なおこのライブは、木根尚登ファンクラブ・TREE of TIME 限定ライブです。

関連記事:
木根尚登ファンクラブ限定ライブ 2011.1.15 渋谷で開催

NEW TOWN STREETNEW TOWN STREET
木根尚登

NAOTO KINE CONCERT 2009 Talk & Live 〜1夜限りのSpecial 企画 ×3公演!〜 Band Night

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
年末恒例、木根尚登さんソロライブ第二夜は、バンドスタイルでソロナンバーを歌う形式。
中村修司(ギター)・阿部薫(ドラム)・佐藤真吾(キーボード)と、ソロライブではおなじみのメンバーを従えてのライブでした。
昨日の TM NETWORK ナンバーによるセットリストとは一転、全曲ソロナンバーのセットリストとなりました。
1曲目がアップテンポという事で、久しぶりに最初から総立ちのライブに。

トークも健在。
トークから曲に行くとき、木根さんがイントロの部分でお茶(ゆず茶だそうです)を音を立ててすすってしまい、演奏やり直しに。
話はお茶うけになり、楽屋からはペコちゃん焼きが提供される状況に。
実はギターを弾くところを持たないで歌おうとしていた、というオチ付きでした。

バンドメンバーを交えてのトークでは、今年の思い出は、阿部さんはコンサートがインフルエンザで中止になった事、佐藤さんと中村さんは高速休日割引で福岡までに行った事だそうです(ちなみに佐藤さんは23時間をかけて、中村さんは途中で一泊したそうです)。

木根さんは舞台→企業のディナーショー 2 Days →昨日今日のライブということで、ちょっと厳しい状況でしたが、翌しゃべり、歌った2時間半になりました。

アンコール「悲しみのチルドレン」では、8月の多摩ニュータウン野外コンサートで行われた、携帯電話をサイリウム代わりにして観客が振るシーンが再現されました。

・SET LIST
1. Remember Me
2. フリー
3. クジラが飛ぶ日
4. LUCY
5. 水色の服を着た娘
6. H2O
7. 青い鳥たち
8. 春を待つ
9. ホントの君 ウソの君
10. Running On
11. 50回目のファーストキッス
12. My Best Friend
13. 空につづくロマンティック
14. ここにある未来

Encore
15. Knock Three Times (ノックは3回)
16. 悲しみのチルドレン


関連記事:
NAOTO KINE CONCERT 2009 Talk & Live 番外篇 Vol.9 @吉祥寺・Star Pine's Cafe
(2009.5.2 ゲスト:広沢タダシ)

第27回多摩ニュータウン野外コンサート 木根尚登 星空のライブ
(2009.8.1)

NAOTO KINE CONCERT 2009 Talk & Live 番外篇 Vol.9 @ DUO MUSIC EXCHANGE
(2009.9.22 ゲスト:川村ゆうこ)

NAOTO KINE CONCERT 2009 Talk & Live 番外篇 Vol.9 FINAL @ DUO MUSIC EXCHANGE
(2009.9.23 ゲスト:原田真二)

NAOTO KINE CONCERT 2009 Talk & Live 〜1夜限りのSpecial 企画 ×3公演!〜 TM NETWORK Night
(2009.12.26)

NEW TOWN STREETNEW TOWN STREET
木根尚登

第27回多摩ニュータウン野外コンサート 木根尚登 星空のライブ

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
木根尚登公式サイト多摩野外コンサート告知ブログより
(告知ブログには演奏予定曲・木根さんのメッセージ)

第27回多摩ニュータウン野外コンサート
木根尚登 星空のライブ

2009年8月1日(土)
開演17:30
多摩市・鶴牧東公園
(小雨決行・荒天中止)

出演:木根尚登 ・ 阿部薫(ドラム) ・ 佐藤真吾(キーボード) ・ 中村修司(ギター) / MINORITY ORCHESTRA / 多摩市立鶴牧中学校吹奏楽部 / キッズダンス・H☆B Steppers

入場無料(当日、大人1人1000円を目処にカンパ募集)

--------------------

地域密着型ライブですね。

NEW TOWN STREETNEW TOWN STREET
木根尚登

木根尚登 「春を待つ」 シングルリリース決定

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
木根尚登公式サイトより

木根尚登 Single CD「春を待つ」
価格:800円(税込)
品番:YRCF-90000
1. 春を待つ
2. 春を待つ(Studio Live Take)
3. 春を待つ(karaoke)


2009.3.14までの期間限定生産販売。
購入方法は→こちら←を御覧下さい。
2009年1月16日(金)以降発送予定。

なお、阿部薫どびん茶瓶かおる便「今日の起きぬけは」によると、先日、レコーディングが行われたそうです。
レコーディングには阿部薫さん(ドラム)・中村修司さん(ギター)・佐藤真吾さん(キーボード)といったツアーサポートメンバーに加え、TM NETWORK ゆかりの西村麻聡さんがベースで参加。
阿部さんのブログには、皆さんの写真が載っています。

NEW TOWN STREETNEW TOWN STREET
アーティスト:木根尚登
販売元:R and C Ltd.( C)(M)
発売日:2008-11-19
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


1984.4.21 という時代

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

----------

OFF COURSE History 〜Live Version〜

TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)

TM NETWORK Live Set List Since 1999

SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR


Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-


TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


宇都宮隆「Dragon The Carnival Tour 2019」

----------

「群衆の中で」「夜明けを告げに」「おさらば」〜 Off Course History 1970〜1972 〜

Off Course Early Song

オフコース/小田和正「さよなら」アレンジ変遷史

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

ALL TOGETHER NOW と小田和正

君住む街へ〜オフコース解散の象徴から、小田和正ソロ活動のキーワードに転じた曲〜

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」から「今日は一日“小田和正”三昧 ENCORE!! (アンコール)」へ〜NHK ・小田和正特番の進化と深化〜

小田和正 映像作品史 1981-2019

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と SMAP ・川村結花・スガシカオ「夜空ノムコウ」〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

小田和正と KAN 〜「クリスマスの約束 2019」前史〜

「クリスマスの約束 2019」感想

「クリスマスの約束」「風のようにうたが流れていた」から生まれた楽曲達(2020年版)

----------

Episode「TM VISIONS」「eZ」〜TM NETWORK History〜

Episode of 「Fool On The Planet」 TM NETWORK Version

Episode of 「Fool On The Planet」 木根尚登編

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

木根尚登とユンカース〜「ユンカース・カム・ヒア」「ホントの君 ウソの君」「6月6日」〜

TM NETWORK / TMN Tie-up History 1984-1994

TM NETWORK 1999 SONGS 「GET WILD DECADE RUN」「IT'S GONNA BE ALRIGHT」「10 YEARS AFTER」「Happiness×3 Loneliness×3」「80's」〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Album 「SPEEDWAY」(2007)〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Reproduct & Remake Songs 〜「DRESS」「CLASSIX 1・2」「NETWORK TM -Easy Listening-」「DRESS 2」「QUIT 30」+α 〜TM NETWORK History〜

ベストアルバムでは味わえない TM NETWORK Progressive Rock 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」「Major Turn-Round」「QUIT 30」〜TM NETWORK History〜

----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ