GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

伊勢省三

日本をすくえ '94 〜奥尻島、島原・深江地区救済コンサート〜

1993年から泉谷しげるが、時に他のアーティストと共演しながら開いてきたチャリティライブの集大成的なライブとして、1994年8月16日に日本武道館で開催された。

同年3月に長崎で開催された「長崎・普賢岳噴火災害救済コンサート 〜島原・深江をすくえ〜 メッセージソングの日」で、吉田拓郎の「俺たちアーティストは楽器が弾けるんだから、みんなでバンドを組んで演奏しよう」というアイデアからはじまったスーパーバンドがメインとなった初のライブ。
泉谷・拓郎・小田和正の三人によって極秘裏に企画が進められていたこのコンサートだが、マスコミへのリークによる混乱(出演予定者の辞退など)で、コンサート自体が流れる寸前まで追い込まれる。
しかし三人が腹をくくることで、コンサートは開催されることになる。

この時のスーパーバンドには、泉谷、拓郎、小田、伊勢正三、大友康平、坂崎幸之助、財津和夫、山本潤子、稲垣潤一、白井貴子、渡辺美里が参加している。
特にギター巧者でベースも弾ける坂崎の参加によって、サポートミュージシャンの助けなしにスーパーバンドが全編通して演奏することが可能になった。

また小田の発案により、佐藤竹善、平松愛理、加藤いづみ、沢田知可子、石川よしひろ、陣内大蔵が「ヤングバンド」と称して、スーパーバンドの前に演奏を披露している。
この6人もサポートミュージシャンなしで演奏している。

コンサートの企画立ち上げ段階から当日までの顛末は、小田和正の手によってドキュメンタリー映像化され、テレビ朝日で放映されている。

----------

日本をすくえ '94 〜奥尻島、島原・深江地区救済コンサート〜

出演:
スーパーバンド:吉田拓郎 / 泉谷しげる / 小田和正 / 伊勢正三 / 大友康平 / 坂崎幸之助 / 稲垣潤一 / 山本潤子 / 財津和夫 / 白井貴子 / 渡辺美里
ヤングバンド:平松愛理 / 加藤いずみ / 沢田知可子 / 佐藤竹善 / 石川よしひろ / 陣内大蔵

・セットリスト
<ヤングバンド>
部屋とYシャツと私
好きになってよかった
会いたい
La La La
エンドレスドリーム
心の扉
上を向いて歩こう

<スーパーバンド>
落葉
眠れない夜
プカプカ
冷たい雨
なごり雪
卒業写真
いとしのエリー
ファイト!
夏のクラクション
My Revolution
ラブ・ストーリーは突然に
サボテンの花
ルージュの伝言
ファンキー・モンキー・ベイビー
夢の中へ
ff (フォルティシモ)
雨上がりの夜空に
春夏秋冬

結婚しようよ
あの素晴らしい愛をもう一度


関連記事:

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正
(2013年記述)

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜
(2013年記述)

日本をすくえ '96 IN 神戸
(2016年記述)

日本を救え!! [DVD]日本を救え!! [DVD]
泉谷しげる

日本をすくえ '96 IN 神戸

1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災のチャリティコンサートとして、1996年9月14・15日に神戸ワールド記念ホールで開かれたライブ。
震災からの復興が一段落しながらも、観光都市でもある神戸に観光客が戻ってこないことを憂慮した泉谷しげるが「神戸に来てもらって観光して金を落として、経済的に支援しよう」をコンセプトに、神戸で開催した。

泉谷しげるのチャリティライブにおいて、吉田拓郎の「俺たちアーティストは楽器が弾けるんだから、みんなでバンドを組んで演奏しよう」というアイデアからはじまったスーパーバンドが2年ぶりに復活。
この時は泉谷、拓郎、小田和正、伊勢正三、大友康平、坂崎幸之助、山本潤子、白井貴子といった前回参加組に加え、大江千里がスーパーバンドに参加、全編の演奏が9人で行われた。
またシークレットゲストとして、THE ALFEE の桜井賢、浜田省吾、高中正義が登場した。

----------

阪神淡路大震災復興支援コンサート
日本をすくえ '96 IN 神戸

出演:泉谷しげる / 吉田拓郎 / 小田和正 / 伊勢正三 / 大友康平 / 坂崎幸之助 / 山本潤子 / 白井貴子 / 大江千里
ゲスト:桜井賢 / 浜田省吾 / 高中正義

・セットリスト
バンザイ
落陽
眠れない夜
寒い国から来た手紙
サヴォタージュ
冷たい雨
ロング・バージョン
なごり雪
ラブ・ストーリーは突然に
夏のクラクション
卒業写真
Chance!
LOVE NEVER DIES
ff (フォルティシモ)
イメージの詩
たどり着いたらいつも雨降り
雨上がりの夜空に
Yes-No
春だったね
翼をください

春夏秋冬
あの素晴らしい愛をもう一度

----------

関連記事:

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正
(2013年記述)

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜
(2013年記述)

小田和正と神戸
(2008年記述)

日本を救え!! [DVD]日本を救え!! [DVD]
泉谷しげる

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
小田和正の音楽活動で特筆すべきことの一つに、チャリティライブ「日本をすくえ」がある。

このチャリティライブの母体となったのは泉谷しげるである。
1993年、北海道南西沖地震による奥尻島の惨状を知った泉谷しげるは、「お前ら募金しろ!」をキャッチフレーズに東京ドーム前を皮切りとして全国各地でチャリティゲリラライブを開催する。

そして奥尻島上陸を直前に控えた11月15日、札幌・北海道厚生年金会館でこれまでの集大成のライブとなる「奥尻島チャリティーコンサート メッセージソングの日」を開催した。
このライブに駆けつけた一人が小田和正であった。
泉谷によると、ラジオでこの日のライブを告知する際、何の根拠もなく勢いで「小田和正も呼ぶぞ!」と言ったところ、それを伝え聴いた小田が「泉谷が俺を必要としているなら参加する」と連絡し、出演が実現したという。
ちなみに二人は面識があったものの、その頃は特段の交流があるわけではなかった。
この日、泉谷・小田は、忌野清志郎・桑田佳祐と共に「春夏秋冬」を歌っている。

その札幌のライブで、忌野が「奥尻島ばかりかわいがりやがって。日本にはもっと被災地がある」と発言したことが、新しい展開を生む。
それが1994年 3月13日、長崎市公会堂にて「島原・深江救済チャリティーコンサート メッセージソングの日」という形となる。
この時、小田和正をはじめとする参加アーティスト達の一部で「スーパーバンド」が結成される。
これは吉田拓郎の「俺たちは楽器が出来るのだから、みんなでバンドを組んで、それぞれの持ち歌を演奏しよう」というアイデアに基づくものであった。
スーパーバンドには吉田拓郎(ベース・バンマス)・泉谷しげる・伊勢省三・南こうせつ・忌野清志郎(ギター)・さだまさし(ギター・バイオリン)・大友康平・浜田省吾(ドラム)・小田和正(キーボード)がバンドメンバーとして参加。途中には、井上陽水が登場してスーパーバンドをバックに歌っている。
ちなみにこの時、スーパーバンドでオフコース「Yes-No」を演奏する案があったが、コードが難しくて諸般の事情で実現していない。

この集大成となったのが、1994年 8月16日、日本武道館での「日本をすくえ'94 奥尻島、島原・深江救済コンサート」 である。
企画段階から泉谷・拓郎・小田の三人によって進められるようになったこのライブだが、マスコミへのリークによる混乱(出演予定者の辞退など)で、ライブ自体が流れる寸前まで追い込まれる。
しかし三人の決断により、ライブは開催されることになる。
この時のスーパーバンドには、泉谷しげる・吉田拓郎・小田和正・伊勢正三・大友康平・坂崎幸之助・財津和夫・山本潤子・稲垣潤一・白井貴子・渡辺美里が参加している。
特にギター巧者でベースも弾ける坂崎の参加は、スーパーバンドの演奏力向上に貢献することになる。
また佐藤竹善・平松愛理・加藤いづみ・沢田知可子・石川よしひろ・陣内大蔵が「ヤングバンド」と称して、スーパーバンドの前に演奏を披露している。
このライブの企画立ち上げから当日までの顛末は、小田和正の手によってドキュメンタリー映像化され、テレビ朝日で放映されている。

阪神・淡路大震災直後の1995年8月12日、神戸・メリケンパークで「日本をすくえ'95」が開催されているが、このときは「新しい顔ぶれで臨みたい」という泉谷の考えにより、スーパーバンドは招集されなかった。
(この事で拓郎は若干へそを曲げたという。)

スーパーバンドがみたび登場するのは、1996年 9月14・15日「日本をすくえ'96 阪神・淡路大震災救済支援コンサート 」である。
このライブは泉谷の「神戸に遊びに来い、観光などで地元の経済を潤せ」というアイデアから、神戸ワールド記念ホールで開催された。
このときのスーパーバンドには、泉谷しげる・吉田拓郎・小田和正・山本潤子・伊勢正三・稲垣潤一・大友康平・ 坂崎幸之助・白井貴子・大江千里が参加、ゲストとして浜田省吾・桜井賢・高中正義が登場している。

しかしその後、中核メンバーである泉谷と拓郎が喧嘩したことで、スーパーバンドの活動は停止状態となる。
東日本大震災後の2012年に二人は漸く和解、拓郎のラジオで小田和正に打診する形で、スーパーバンド復活構想が持ち上がっているが、2013年5月現在、具体化には至っていない。

日本を救え!! [DVD]日本を救え!! [DVD]
泉谷しげる
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

小田和正 映像作品史 1981-2019

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

「クリスマスの約束 2019」感想

----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994



TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


宇都宮隆「Dragon The Carnival Tour 2019」

----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目(小田和正・ASKA・スキマスイッチ出演)

ap bank fes '08 2日目(小田和正出演)

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目(小田和正出演)

ap bank fes '12 つま恋3日目(小田和正出演)

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ