GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

坂崎幸之助

明日9/16放送 NHK BS プレミアム「たけしのこれがホントのニッポン芸能史(11) J-POP vs 昭和歌謡」で中島みゆき・小室哲哉を語る

「たけしのこれがホントのニッポン芸能史」公式ページより


NHK BS プレミアム たけしのこれがホントのニッポン芸能史(11) J-POP vs 昭和歌謡
2017年9月16日(土)

出演:ビートたけし,所ジョージ,坂崎幸之助,百田夏菜子,萩原健太
アナウンサー:黒崎めぐみ

・内容
小室哲哉プロデュースの大ヒット曲たち。その源流にあったのは六八コンビの才能と「夢であいましょう」のシステムだった!?
平成の歌姫宇多田ヒカルの魅力をたけしが徹底解剖!
所ジョージと坂崎幸之助が語る吉田拓郎、中島みゆきの音楽の秘密!
ももクロ百田夏菜子が平成アイドルの真実を赤裸々に語る!
レミオロメン、ファンモン…平成のヒットメーカーが影響を受けた昭和の音楽とは?▽フェスとジャンボリー徹底比較!

坂崎幸之助のJ-POP SCHOOL~上級編~
オムニバス
ユニバーサル ミュージック
2014-10-22


坂崎幸之助の第2回ももいろフォーク村デラックス(小室哲哉・木根尚登・加藤いづみ出演)

ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
予想していた、ももいろクローバーZと TM NETWORK ・ globe 楽曲コラボだけでは終わらなかった。
坂崎幸之助・木根尚登によるかぐや姫カバーユニット「がくや姫」が前座で登場し、そのがくや姫が本編でももいろクローバーZと一緒に「泣いてもいいんだよ」を歌唱。
そして小室哲哉・木根尚登・西川貴教による「GET WILD」があったりと、色々楽しめたライブでした。

ちなみに加藤いづみさんはコーラスとしてほぼ全編参加。

出演者勢揃いの直前に、会場の時間制限でマイクがオフになったのですが、そのまま出演者全員でアンプラグドで「上を向いて歩こう」「あの素晴らしい愛をもう一度」を歌ってくれました。

----------

とりあえず、小室哲哉・木根尚登参加部分の曲を記載。

<前座>
がくや姫(坂崎幸之助・木根尚登):「ひとりきり」「アビーロードの街」「好きだった人」「酔いどれかぐや姫」
※全てかぐや姫のカバー

<本編>
がくや姫・ももいろクローバーZ:「青春(かぐや姫)」・「泣いてもいいんだよ(ももいろクローバーZ・中島みゆき)」

TM Nevolution (小室哲哉・木根尚登・西川貴教):「GET WILD (TM NETWORK)」

高城れに・小室哲哉・木根尚登:「SELF CONTROL (TM NETWORK)」
※バラード→アップテンポ→バラードという、オリジナルとは違ったアレンジ。

佐々木彩夏・小室哲哉・ MARK PANTHER 「DEPARTURE (globe)」

有安杏果・小室哲哉・ MARK PANTHER 「FEEL LIKE DANCE (globe)」

ももいろクローバーZ・坂崎幸之助:「ROCKDOM 〜風に吹かれて〜 (THE ALFEE)」(小室哲哉キーボード参加)

篠原ともえ・ももいろクローバーZ「クルクルミラクル(篠原ともえ)」(小室哲哉参加)

出演者全員:「上を向いて歩こう(坂本九)」「あの素晴らしい愛をもう一度(加藤和彦と北山修)」

坂崎幸之助のJ-POP SCHOOL
オムニバス
EMIミュージック・ジャパン
1999-11-03


坂崎幸之助のJ-POP SCHOOL~上級編~
オムニバス
ユニバーサル ミュージック
2014-10-22


「泣いてもいいんだよ(通常盤)」(特典なし)
ももいろクローバーZ
キングレコード
2014-05-08





BS スカパー 「オールナイトニッポンALIVE 〜ヒットこそすべて〜」(小田和正出演) 4/16 放送

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
小田和正公式サイトより

BS スカパー 「オールナイトニッポンALIVE 〜ヒットこそすべて〜」
2016年4月16日(土)21:00〜23:30
http://www.bs-sptv.com/program/2050/

----------

カナコロ(神奈川新聞)ライブレポ(写真付)
http://www.kanaloco.jp/article/163876

関連記事:

オールナイトニッポン ALIVE 〜ヒットこそすべて〜(小田和正出演)

あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

オールナイトニッポン ALIVE 〜ヒットこそすべて〜(小田和正出演)ネット記事

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
サンスポ:元フォークル・きたやまら大合唱!武道館で「オールナイトニッポン」
※写真あり

沖縄タイムズ(配信:オリコン):小田和正、ウルフルズら 武道館で豪華共演
※写真あり

<追加>
musicman-net : 小田和正、フミヤ、ウルフルズ、フォークルらが武道館で豪華共演
※写真あり


関連記事:

オールナイトニッポン ALIVE 〜ヒットこそすべて〜(小田和正出演)

あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

オールナイトニッポン ALIVE 〜ヒットこそすべて〜(小田和正出演)

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
ニッポン放送系のフジパシフィックミュージック創立50周年を記念して、同社に縁のあるアーチストが集ったライブイベント。

久々にステージに登場・きたやまおさむさんと坂崎幸之助さんによる「帰ってきたヨッパライ」からはじまったこのライブは、ほとんどのアーチストの曲の演奏が1〜2曲(最大でも鈴木雅之さんの3曲。小田和正さんは「僕の贈りもの」1曲のみ)。
その分、きたやまおさむさんや、故・大瀧詠一さんや故・加藤和彦さんの作品のコラボが披露されたライブでした。

小田和正さんは「「ラブ・ストーリーは突然に」などありますが」とトークしながら、「自分が最初に作った曲」だという「僕の贈りもの」を、ギタリスト・佐橋佳幸さんとのツインギターで披露してくれました。

ラストは加藤和彦作品「あのすばらしい愛をもう一度」を、帰宅した泉谷しげるさんを除く出演者全員で歌いました。

映像収録されていましたから、後日公開される可能性大です。


出演:泉谷しげる / 稲垣潤一 / 宇崎竜童 / ウルフルズ / EPO / 小田和正 / きたやまおさむ / 坂崎幸之助 / Superfly / 鈴木雅之 / 平松愛理 / 藤井フミヤ
シークレットゲスト:桑野信義 / 佐藤善雄

バックバンド:佐橋佳幸(音楽監督・Guitar) / 石成正人(Guitar) / 井上 鑑(Keyboard) / Dr.kyOn(Keyboard) / 有賀啓雄(Bass) / 小田原豊(Drums) / スパム春日井(Percussion,Manipulator) / 金原千恵子(Violin)


セットリスト
1. 帰って来たヨッパライ(きたやまおさむと・坂崎幸之助)
2. 春夏秋冬(泉谷しげる)
3. スモーキン・ブギ(宇崎竜童)
4. 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ(宇崎竜童)
5. 僕の贈りもの(小田和正)
6. ランナウェイ(鈴木雅之・桑野信義・佐藤善雄)
7. め組のひと(鈴木雅之・桑野信義・佐藤善雄)
8. ガラス越しに消えた夏(鈴木雅之)
9. ドラマティック・レイン(稲垣潤一)
10. う・ふ・ふ・ふ(EPO)
11. 部屋とYシャツと私(平松愛理)
VTR 山下達郎「DOWN TOWN」
12. 空とぶ・ウララカ・サイダー(坂崎幸之助・EPO・平松愛理)
13. バチェラー・ガール(稲垣潤一)
14. 冬のリヴィエラ(鈴木雅之)
15. TRUE LOVE (藤井フミヤ)
16. バンザイ 〜好きでよかった〜(ウルフルズ)
17. ガッツだぜ!!(ウルフルズ)
VTR 大原櫻子メッセージ
18. Beautiful (Superfly)
19. 愛をこめて花束を(Superfly)
20. 白い色は恋人の色(坂崎幸之助・EPO・平松愛理)
21. コブのない駱駝(きたやまおさむと・坂崎幸之助)
22. 悲しくてやりきれない(きたやまおさむと・坂崎幸之助)
23. あの素晴しい愛をもう一度(ほぼ全員)


イベント公式ページ
http://www.fujipacific.co.jp/fpm50/

あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

日本をすくえ '94 〜奥尻島、島原・深江地区救済コンサート〜

1993年から泉谷しげるが、時に他のアーティストと共演しながら開いてきたチャリティライブの集大成的なライブとして、1994年8月16日に日本武道館で開催された。

同年3月に長崎で開催された「長崎・普賢岳噴火災害救済コンサート 〜島原・深江をすくえ〜 メッセージソングの日」で、吉田拓郎の「俺たちアーティストは楽器が弾けるんだから、みんなでバンドを組んで演奏しよう」というアイデアからはじまったスーパーバンドがメインとなった初のライブ。
泉谷・拓郎・小田和正の三人によって極秘裏に企画が進められていたこのコンサートだが、マスコミへのリークによる混乱(出演予定者の辞退など)で、コンサート自体が流れる寸前まで追い込まれる。
しかし三人が腹をくくることで、コンサートは開催されることになる。

この時のスーパーバンドには、泉谷、拓郎、小田、伊勢正三、大友康平、坂崎幸之助、財津和夫、山本潤子、稲垣潤一、白井貴子、渡辺美里が参加している。
特にギター巧者でベースも弾ける坂崎の参加によって、サポートミュージシャンの助けなしにスーパーバンドが全編通して演奏することが可能になった。

また小田の発案により、佐藤竹善、平松愛理、加藤いづみ、沢田知可子、石川よしひろ、陣内大蔵が「ヤングバンド」と称して、スーパーバンドの前に演奏を披露している。
この6人もサポートミュージシャンなしで演奏している。

コンサートの企画立ち上げ段階から当日までの顛末は、小田和正の手によってドキュメンタリー映像化され、テレビ朝日で放映されている。

----------

日本をすくえ '94 〜奥尻島、島原・深江地区救済コンサート〜

出演:
スーパーバンド:吉田拓郎 / 泉谷しげる / 小田和正 / 伊勢正三 / 大友康平 / 坂崎幸之助 / 稲垣潤一 / 山本潤子 / 財津和夫 / 白井貴子 / 渡辺美里
ヤングバンド:平松愛理 / 加藤いずみ / 沢田知可子 / 佐藤竹善 / 石川よしひろ / 陣内大蔵

・セットリスト
<ヤングバンド>
部屋とYシャツと私
好きになってよかった
会いたい
La La La
エンドレスドリーム
心の扉
上を向いて歩こう

<スーパーバンド>
落葉
眠れない夜
プカプカ
冷たい雨
なごり雪
卒業写真
いとしのエリー
ファイト!
夏のクラクション
My Revolution
ラブ・ストーリーは突然に
サボテンの花
ルージュの伝言
ファンキー・モンキー・ベイビー
夢の中へ
ff (フォルティシモ)
雨上がりの夜空に
春夏秋冬

結婚しようよ
あの素晴らしい愛をもう一度


関連記事:

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正
(2013年記述)

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜
(2013年記述)

日本をすくえ '96 IN 神戸
(2016年記述)

日本を救え!! [DVD]日本を救え!! [DVD]
泉谷しげる

日本をすくえ '96 IN 神戸

1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災のチャリティコンサートとして、1996年9月14・15日に神戸ワールド記念ホールで開かれたライブ。
震災からの復興が一段落しながらも、観光都市でもある神戸に観光客が戻ってこないことを憂慮した泉谷しげるが「神戸に来てもらって観光して金を落として、経済的に支援しよう」をコンセプトに、神戸で開催した。

泉谷しげるのチャリティライブにおいて、吉田拓郎の「俺たちアーティストは楽器が弾けるんだから、みんなでバンドを組んで演奏しよう」というアイデアからはじまったスーパーバンドが2年ぶりに復活。
この時は泉谷、拓郎、小田和正、伊勢正三、大友康平、坂崎幸之助、山本潤子、白井貴子といった前回参加組に加え、大江千里がスーパーバンドに参加、全編の演奏が9人で行われた。
またシークレットゲストとして、THE ALFEE の桜井賢、浜田省吾、高中正義が登場した。

----------

阪神淡路大震災復興支援コンサート
日本をすくえ '96 IN 神戸

出演:泉谷しげる / 吉田拓郎 / 小田和正 / 伊勢正三 / 大友康平 / 坂崎幸之助 / 山本潤子 / 白井貴子 / 大江千里
ゲスト:桜井賢 / 浜田省吾 / 高中正義

・セットリスト
バンザイ
落陽
眠れない夜
寒い国から来た手紙
サヴォタージュ
冷たい雨
ロング・バージョン
なごり雪
ラブ・ストーリーは突然に
夏のクラクション
卒業写真
Chance!
LOVE NEVER DIES
ff (フォルティシモ)
イメージの詩
たどり着いたらいつも雨降り
雨上がりの夜空に
Yes-No
春だったね
翼をください

春夏秋冬
あの素晴らしい愛をもう一度

----------

関連記事:

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正
(2013年記述)

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜
(2013年記述)

小田和正と神戸
(2008年記述)

日本を救え!! [DVD]日本を救え!! [DVD]
泉谷しげる

小田和正、3/1 「オールナイトニッポン ALIVE 〜ヒットこそすべて〜」出演

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
情報源:サンケイスポーツ
追加情報小田和正公式サイトより

ニッポン放送「HAPPY FM93」開局記念
フジパシフィックミュージック創立50周年記念コンサート
「オールナイトニッポン ALIVE 〜ヒットこそすべて〜」

2016年3月1日(火)
東京・日本武道館
開場17:30 開演18:30

出演:泉谷しげる / 稲垣潤一 / 宇崎竜童 / ウルフルズ / EPO / 小田和正 / きたやまおさむ / 坂崎幸之助 / Superfly / 鈴木雅之 / 平松愛理 / 藤井フミヤ
音楽監督:佐橋佳幸

チケット代:9,300円(税込)
一般発売日:2016年1月24日(日)
チケット先着先行予約受付:11月21日(土)12:00〜(詳細はイベントサイト参照)
イベンター:ディスクガレージ

イベント公式ページ
http://www.fujipacific.co.jp/fpm50th/




自己ベスト
小田和正
BMG JAPAN
2002-04-24

小室哲哉、5/28 フジテレビ NEXT 「坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT」出演

ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
情報源:きくちPの音組ブログ

フジテレビ NEXT 「坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT」
第47夜「愛しさと せつなさと 愛ですか?」
2015年5月28日(木)19:00

出演:坂崎幸之助、ももいろクローバーZ、武部聡志、加藤いづみ、佐藤大剛
ゲスト:小室哲哉

「坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT」公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/FOLKMURA/

TETSUYA KOMURO EDM TOKYO
TETSUYA KOMURO
avex trax
2014-04-02


坂崎幸之助のJ-POP SCHOOL~上級編~
オムニバス
ユニバーサル ミュージック
2014-10-22


コクリコ坂から イメージアルバム~ピアノスケッチ集~
武部聡志
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2011-05-18


スキマスイッチ「フォークデイズ」第91章/東京グローブ座 坂崎幸之助のお台場フォーク村 別巻「今年最初で最後の村民大集会〜」(11/13)出演

ブログネタ
スキマスイッチ に参加中!
情報源:スキマスイッチ公式サイト

「フォークデイズ」第91章/東京グローブ座
坂崎幸之助のお台場フォーク村 別巻「今年最初で最後の村民大集会〜」

2014年11月13日(木)
東京グローブ座
開場 18:30/開演 19:00

出演:坂崎幸之助、原田真二、橘慶太(w-inds.)、なぎら健壱、スキマスイッチほか

チケット代:全席指定6,500円(税込)

公演に関してのお問い合わせ:FFA事務局 Tel:03-6230-1533
チケットに関してのお問合せ:キャピタルヴィレッジ Tel:03-3478-9999
http://www.capital-village.co.jp/

フォークデイズ ホームページ
http://www.fujitv.co.jp/FOLKDAYS/

Ah Yeah!!(初回生産限定盤)(DVD付)
スキマスイッチ
アリオラジャパン
2014-07-23

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
小田和正の音楽活動で特筆すべきことの一つに、チャリティライブ「日本をすくえ」がある。

このチャリティライブの母体となったのは泉谷しげるである。
1993年、北海道南西沖地震による奥尻島の惨状を知った泉谷しげるは、「お前ら募金しろ!」をキャッチフレーズに東京ドーム前を皮切りとして全国各地でチャリティゲリラライブを開催する。

そして奥尻島上陸を直前に控えた11月15日、札幌・北海道厚生年金会館でこれまでの集大成のライブとなる「奥尻島チャリティーコンサート メッセージソングの日」を開催した。
このライブに駆けつけた一人が小田和正であった。
泉谷によると、ラジオでこの日のライブを告知する際、何の根拠もなく勢いで「小田和正も呼ぶぞ!」と言ったところ、それを伝え聴いた小田が「泉谷が俺を必要としているなら参加する」と連絡し、出演が実現したという。
ちなみに二人は面識があったものの、その頃は特段の交流があるわけではなかった。
この日、泉谷・小田は、忌野清志郎・桑田佳祐と共に「春夏秋冬」を歌っている。

その札幌のライブで、忌野が「奥尻島ばかりかわいがりやがって。日本にはもっと被災地がある」と発言したことが、新しい展開を生む。
それが1994年 3月13日、長崎市公会堂にて「島原・深江救済チャリティーコンサート メッセージソングの日」という形となる。
この時、小田和正をはじめとする参加アーティスト達の一部で「スーパーバンド」が結成される。
これは吉田拓郎の「俺たちは楽器が出来るのだから、みんなでバンドを組んで、それぞれの持ち歌を演奏しよう」というアイデアに基づくものであった。
スーパーバンドには吉田拓郎(ベース・バンマス)・泉谷しげる・伊勢省三・南こうせつ・忌野清志郎(ギター)・さだまさし(ギター・バイオリン)・大友康平・浜田省吾(ドラム)・小田和正(キーボード)がバンドメンバーとして参加。途中には、井上陽水が登場してスーパーバンドをバックに歌っている。
ちなみにこの時、スーパーバンドでオフコース「Yes-No」を演奏する案があったが、コードが難しくて諸般の事情で実現していない。

この集大成となったのが、1994年 8月16日、日本武道館での「日本をすくえ'94 奥尻島、島原・深江救済コンサート」 である。
企画段階から泉谷・拓郎・小田の三人によって進められるようになったこのライブだが、マスコミへのリークによる混乱(出演予定者の辞退など)で、ライブ自体が流れる寸前まで追い込まれる。
しかし三人の決断により、ライブは開催されることになる。
この時のスーパーバンドには、泉谷しげる・吉田拓郎・小田和正・伊勢正三・大友康平・坂崎幸之助・財津和夫・山本潤子・稲垣潤一・白井貴子・渡辺美里が参加している。
特にギター巧者でベースも弾ける坂崎の参加は、スーパーバンドの演奏力向上に貢献することになる。
また佐藤竹善・平松愛理・加藤いづみ・沢田知可子・石川よしひろ・陣内大蔵が「ヤングバンド」と称して、スーパーバンドの前に演奏を披露している。
このライブの企画立ち上げから当日までの顛末は、小田和正の手によってドキュメンタリー映像化され、テレビ朝日で放映されている。

阪神・淡路大震災直後の1995年8月12日、神戸・メリケンパークで「日本をすくえ'95」が開催されているが、このときは「新しい顔ぶれで臨みたい」という泉谷の考えにより、スーパーバンドは招集されなかった。
(この事で拓郎は若干へそを曲げたという。)

スーパーバンドがみたび登場するのは、1996年 9月14・15日「日本をすくえ'96 阪神・淡路大震災救済支援コンサート 」である。
このライブは泉谷の「神戸に遊びに来い、観光などで地元の経済を潤せ」というアイデアから、神戸ワールド記念ホールで開催された。
このときのスーパーバンドには、泉谷しげる・吉田拓郎・小田和正・山本潤子・伊勢正三・稲垣潤一・大友康平・ 坂崎幸之助・白井貴子・大江千里が参加、ゲストとして浜田省吾・桜井賢・高中正義が登場している。

しかしその後、中核メンバーである泉谷と拓郎が喧嘩したことで、スーパーバンドの活動は停止状態となる。
東日本大震災後の2012年に二人は漸く和解、拓郎のラジオで小田和正に打診する形で、スーパーバンド復活構想が持ち上がっているが、2013年5月現在、具体化には至っていない。

日本を救え!! [DVD]日本を救え!! [DVD]
泉谷しげる

小田和正@坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポン GOLD (10/17放送)

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
拓郎、小田&泉谷と震災復興バンド!(写真付)

拓郎、少年時代は「女の子に泣かされていた」

※両記事ともサンケイスポーツ。

予想通り(いや、台本通り?)、泉谷しげるさんも乱入。
泉谷さんがこの番組に出た時に、小田さん巻き込んでスーパーバンドをやろうって話になってましたね。


ニッポン放送(AM 1242)
「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポン GOLD 」
オンエア日時:10/17(月)22:00〜24:00
ゲスト:小田和正・泉谷しげる


どーもどーも
小田和正
2011-04-20
続きを読む

小田和正 10/17 ニッポン放送「坂崎幸之助・吉田拓郎のオールナイトニッポン GOLD」に出演

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
情報源:サンケイスポーツ

ニッポン放送
「坂崎幸之助・吉田拓郎のオールナイトニッポン GOLD」
10/17(月)22:00〜24:00

番組ホームページ
http://www.allnightnippon.com/gold/mon/

----------

この番組で、拓郎・坂崎・泉谷しげるが「スーパーバンド復活構想」をぶち上げていたけど、今回、その話は絶対に出るはず。
小田さんの反応に注目。

どーもどーも
小田和正
2011-04-20

泉谷しげると吉田拓郎が和解

情報源:ナタリー

泉谷しげる公式ブログ

これは「スーパーバンド」への流れ?

今の坂崎幸之助さんを交えたラジオによると、泉谷さんは小田和正さんにも直接出演交渉するつもりらしい。
事務所に阻止されてるとか…。
でも招集する気満々だわ。明らかに小田さん参加前提に話している。

オールタイムベストアルバム 天才か人災かオールタイムベストアルバム 天才か人災か (DVD付)
泉谷しげる

GOLDEN☆BEST 吉田拓郎~Words & Melodies~GOLDEN☆BEST 吉田拓郎~Words & Melodies~
吉田拓郎

木根尚登出演「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス 2010」 BSフジで放送

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
木根尚登公式サイトより

BSフジ「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス 2010 〜第27夜〜生放送!坂崎 夏の音まつり」
11月20日(土)14:30〜16:25
番組サイト

中央線中央線
木根尚登

10/13 「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポン GOLD」に中島みゆき出演

ブログネタ
■ 中島みゆき ■ に参加中!
情報源:ナタリー

ニッポン放送
「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポン GOLD」
2010年10月18日(月)22:00〜23:50
ゲスト:中島みゆき 瀬尾一三

ニッポン放送
「垣花正あなたとハッピー!」
2010年10月18日(月)〜22日(金)8:00〜11:30
ゲスト:中島みゆき

--------------------

オールナイトニッポンでは「悪女」の話が出た様子。
また「垣花正あなたとハッピー!」は名曲秘話公開。


真夜中の動物園真夜中の動物園
中島みゆき


木根尚登出演「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス2010」 10/31放送

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
木根尚登公式サイトより

CS放送・フジテレビ NEXT
「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス2010
〜第27夜〜生放送!坂崎 夏の音まつり」
10月31日(火)14:00〜16:00

中央線中央線
木根尚登

「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス」セットリスト発表

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス」公式サイト

フォーク & J-POP 名曲のオンパレード。

戦争と平和戦争と平和
アーティスト:ザ・フォーク・クルセダーズ

木根尚登出演、「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス 2010」 CSで生放送決定

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
木根尚登公式サイトより

CS・フジテレビ NEXT
「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス2010」
放送日:8月17日(火)19:00〜22:00
(再放送:8月18日(水)1:00〜4:00)

関連記事:木根尚登、「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス 2010」 8/17に出演

中央線中央線
木根尚登

加藤いづみ、「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス 2010」 8/18出演

情報源:加藤いづみ公式ブログ

坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス 2010 第28夜
「BOY (meets GIRL) POP FACTORY」
2010年8月18日(水)
ZEEP TOKYO
開場 18:00 開演 19:00

出演: WaT / 槇原敬之 meets 加藤いづみ・ miwa / 押尾コータロー meets 植村花菜・城南海
opening act;伊達孝時

坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス公式サイト

気がついたときには遅かった…(涙)

関連記事
木根尚登、「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス 2010」 8/17に出演

favoritefavorite
加藤いづみ

木根尚登、「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス 2010」 8/17に出演

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
情報源:木根尚登公式サイト

「坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス 2010 第27夜」
2010年8月17日(火)
ZEEP TOKYO
開場 18:00 開演 19:00
チケット代:4000円
ローソンにて発売中

坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス公式サイト

中央線中央線
木根尚登

FFA フォークデイズスペシャル第74章

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
タイトルがタイトル、司会が司会だけに、フォークの曲満載なのかというイメージで参加した今日のライブ。
むしろ木根尚登さん・原田真二さんのソロの曲が中心でした。
時折、司会の坂崎幸之助さんとセッションするのですが、取り上げた曲は洋楽が中心。
そのせいか、木根さんの別の一面を見た気がします。

なお今日のライブの模様は、以下の番組でオンエアされます。
木根尚登公式サイトより)

CS放送・フジテレビNEXT
FFA フォークディズスペシャル 第74章
〜アコースティックギグ・イン渋谷#1〜
2010年9月12日(日) 17:00〜18:30

番組告知サイト
FFA フォークデイズ・番組公式サイト

上記放送があるので、曲目は「続きを読む」に記載します。

関連記事:
東京文化会館 ポピュラーウィーク 2009 Produced by 大友直人 原田真二 × 木根尚登

NAOTO KINE CONCERT 2009 Talk & Live 番外篇 Vol.9 FINAL @ DUO MUSIC EXCHANGE
(2009.9.23 ゲスト:原田真二)

中央線中央線
木根尚登
続きを読む
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想


----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
「ENCORE!!」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ