GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

坂本龍一

JAPAN UNITED with MUSIC 「All You Need Is Love」ミュージックビデオ Gyao! でフルサイズ公開

情報源:RBB TODAY

Gayo!
http://gyao.yahoo.co.jp/
配信期間:3月11日(日)〜13日(月)

JAPAN UNITED with MUSIC 公式サイト

関連記事:

JAPAN UNITED with MUSIC 「All You Need Is Love」 1/25配信 3/7シングルリリース

JAPAN UNITED with MUSIC 「All You Need Is Love」ミュージックビデオ YouTube で公開

All You Need Is LoveAll You Need Is Love
JAPAN UNITED with MUSIC

JAPAN UNITED with MUSIC 「All You Need Is Love」ミュージックビデオ YouTube で公開

情報源:ナタリー



坂本龍一さんと小林武史さんの対談も掲載↓




関連記事:

JAPAN UNITED with MUSIC 「All You Need Is Love」 1/25配信 3/7シングルリリース

All You Need Is LoveAll You Need Is Love
JAPAN UNITED with MUSIC
2012-03-07

JAPAN UNITED with MUSIC 「All You Need Is Love」 1/25配信 3/7シングルリリース

情報源:ナタリー

JAPAN UNITED with MUSIC
「All You Need Is Love」
発売日:2012年3月7日
商品番号: XNAP-00001/B
定価:1575円

配信開始:2012年1月25日

参加アーティスト: AI / 今井美樹 / EXILE ATSUSHI / EXILE TAKAHIRO / Crystal Kay / Kj(Dragon Ash) / 小泉今日子 / 小林武史 / 桜井和寿(Mr.Children) / Salyu / JUJU / SUGIZO(LUNA SEA、X JAPAN、Juno Reactor) / Superfly / トータス松本 / 東京スカパラダイスオーケストラ(GAMO,北原雅彦,NARGO,谷中敦) / ナオト・インティライミ / 難波章浩(Hi-STANDARD) / VERBAL(m-flo,TERIYAKI BOYZR) / 一青窈 / 藤巻亮太 (レミオロメン) / 布袋寅泰 / BONNIE PINK / miwa / 屋敷豪太 / YMO(坂本龍一、高橋幸宏、細野晴臣)

JAPAN UNITED with MUSIC 公式サイト
(試聴できます)

All You Need Is LoveAll You Need Is Love
JAPAN UNITED with MUSIC
2012-03-07

「こどもの音楽再生基金」に宇都宮隆・木根尚登コメント掲載

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
情報源:宇都宮隆公式サイト

こどもの音楽再生基金
http://www.schoolmusicrevival.org/

宇都宮さん、木根さんの他にも、発起人の一人である坂本龍一さんをはじめ、大貫妙子さん・小林武史さん・亀田誠治さん・ゴンチチのお二人など、賛同するミュージシャン達のメッセージが掲載されています。



CROSSCROSS
宇都宮隆

中央線中央線
木根尚登

「キーボード・マガジン 2011年1月号 WINTER」に ASKA ・小室哲哉登場

情報源:まんぼのつぶやき日記blog

リットーミュージック:キーボードマガジン

12/10発売号

アーティスト特集:坂本龍一

特別企画「プロ・キーボーディストとして生きる〜現役に学ぶ仕事の流儀」
登場キーボーディスト:岡崎英美(サカナクション)、kiyo(Janne Da Arc)、平戸祐介(quasimode)、堀江博久、Sunny×クジヒロコ×伊東ミキオ、岸利至、蔦谷好位置、向谷実、たむらぱん、本間昭光×島田昌典、小室哲哉

インタビュー:芹澤優真(SPECIAL OTHERS)、ASKA×十川ともじ×澤近泰輔、中塚武×川口大輔、チリー・ゴンザレス、坪口昌恭、小川文明(Funk-A-Diddle)、小野塚晃(DIMENSION)、沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)、大橋トリオ、たむらぱん、SHUUBI

Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2011年 01月号 WINTER (CD付き)[雑誌]Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2011年 01月号 WINTER (CD付き)[雑誌]
発売日:2010-12-10

NHK教育「“スコラ” 坂本龍一 音楽の学校」夏期講座開催

情報源:ナタリー

"commmons : schola"「音楽の学校」夏期特別講座
京都造形芸術大学 提携公演
2010年7月23日(金)
京都芸術劇場 春秋座
開場 17:30 / 開演 18:30

観覧:無料
観覧対象者:学生(中学生・高校生・大学生・大学院生)
京都芸術劇場サイトにて受付中
(モバイル版はこちら

「佐野元春のザ・ソングライターズ」といい、NHK 教育の音楽番組は充実しているな。

Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 2009 JapanRyuichi Sakamoto: Playing the Piano 2009 Japan
坂本龍一

NHK教育「“スコラ” 坂本龍一 音楽の学校」2010年4月放送開始

情報源:commmonsmart

「“スコラ” 坂本龍一 音楽の学校」
NHK教育
2010年4月3日より6月まで
毎週土曜日 23:45〜24:14

・再放送
NHK衛星第2・毎週火曜日 16:30〜16:59
NHK教育・毎週土曜日 10:30〜10:59

・オンエア内容
1〜4回 テーマ「J.S.バッハ」
ゲスト:浅田彰・小沼純一・岡田暁生

5〜8回 テーマ「ジャズ」
ゲスト:山下洋輔・大谷能生

9〜12回 テーマ「ドラムとベース」
ゲスト:高橋幸宏・細野晴臣

トーク:各テーマに沿って、多彩なゲストを招いてのトークパート
ワークショップ:学生たちに実技を教えるワークショップコーナー
演奏:毎回最後に坂本龍一(+ゲストも)が放送に則った楽曲を演奏

--------------------

「佐野元春のザ・ソングライターズ」の前に、楽しみが一つ増えました。
…しれっとYMO再結成。

LOVE IS THE DEVILLOVE IS THE DEVIL
坂本龍一

爆笑問題のニッポンの教養「台本のない音楽会」ゲスト坂本龍一

坂本龍一の音楽の原点に、今までとは違う切り口で触れた感じでした。

坂本さんが歌詞に重きを置いてない点、音楽が言語以前に存在したのではないかという仮説…
一方で、歌詞を重視する爆笑問題太田さん。

音楽一つで様々な話が広がる40分でした。

なお、明日9月7日(月)NHK総合15:15〜15:55で再放送されます。


UF (映画音楽集)UF (映画音楽集)
坂本龍一

「爆笑問題のニッポンの教養」に坂本龍一がゲスト出演

情報源:でんちゅ〜Blog♪ |電柱|▽ ̄)ノ
大元:ナタリー

爆笑問題のニッポンの教養
FILE083:「台本のない音楽会」
NHK総合 2009年9月1日(火)22:50〜23:30
再放送:2009年9月7日(月)15:15〜15:55


Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 2009 JapanRyuichi Sakamoto: Playing the Piano 2009 Japan
坂本龍一

MUSIC TREE

情報源:ぶろぐ@およよの部屋

坂本龍一が主催する音楽配信サイト「MUSIC TREE」
1曲ダウンロードするごとに、その中から10円エコ活動に寄付される、というシステムを採用。

もっと宣伝してあげなきゃ>USEN(サイト運営先)

/05
坂本龍一「/05」

カーボンオフセット

音楽からエコ!坂本龍一、全CDをカーボンオフセットに(BARKS)

カーボンオフセット=製造・販売などの過程で排出した二酸化炭素を計算、その二酸化炭素を吸収してもらう森を育てることにより相殺すること。

そういえば、今年の ap bank fes は、参加者の旅行時に発生する分を含めてカーボンオフセットに取り組むとか。

音楽業界も、そういう時代に入ってきたって事ですね。

坂本龍一
「koko」

YMO 「キリン ラガービール」CMに出演

→キリンラガービール特設サイト←

CM曲「RYDEEB79/07」は着うた配信するそうです。

これをきっかけに、サディスティック・ミカ・バンドのように再結成するのかなぁ…

YMO
イエロー・マジック・オーケストラ

坂本龍一& avex 新レーベル「commmons」設立

livedoor ニュース(会見時の写真入り)


今回の“common”プロジェクトは、“think global , act local”が合言葉。
エコロジカルな視点を持ち、社会・文化貢献を目指す新しい音楽コミュニティーとして存在し、アーティストからリスナーまでが集う“共有地(commons)”となることを目的としている、という。

最近、avexは谷村新司をはじめベテランミュージシャンの所属やCDリリースを活発化させてきましたが、ここまで思い切ったことをするとは思わなかった。

まずはこの理想郷から発表する、坂本教授の新たな音源に注目したい。

commmons オフィシャルサイト


ZERO LANDMINE

松任谷由実・小田和正・財津和夫 「今だから」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1985年、国際青年年の音楽イベント「ALL TOGETHER NOW」のために作られた楽曲。

松任谷由実・小田和正(オフコース)・財津和夫(チューリップ)の3人が共作で作詞作曲し、ボーカルとコーラスを交互に担当。
プロデューサー・編曲は坂本龍一。
バックミュージシャンに高橋幸宏・高中正義・後藤次利。

当時のJ-POPの粋を集めたと言ってよいメンバーでレコーディングされた。

このイベントも、様々なアーチストが集まって開かれていることから、参加メンバーはそのピックアップメンバーとも言える。

共作と言うこともあり、ユーミン・小田和正・財津和夫それぞれの特色が融合したメロディー、そして歌詞となっている。
サウンドもまた、1980年代以降流行するシンセサイザー・ポップスの先駆け的なものになっている。

当時オリコン1位となったヒット曲ながら、この曲は版権を東芝EMIとファンハウス(現BMGジャパン)が共有しており、そのためにCD化が容易でない残念な状況です。
中古レコード以外で現在入手可能なのは、財津和夫さんによるカバーバージョンや、小田和正さんのDVD「風のようにうたが流れていた」(財津さんの共演)です。

誰かちゃんとしたアーチストにカバーされて、ヒットすれば、再びオリジナルトラックが日の目を見るのかな…、と思っています。

財津和夫
「ベスト・アルバム」
小田和正
「風のようにうたが流れていた DVD-BOX」
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想


----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
「ENCORE!!」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ