GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

小田和正

めざましクラシックス サマーフェスティバル 2017 (ゲスト:小田和正・スキマスイッチ・沖仁)

アナウンサー軽部真一とバイオリニスト高嶋ちさ子が、クラッシックを身近なものにすることをコンセプトにしたライブ「めざましクラシックス」。
今回は、1997年のスタートから全国での開催を経て、20周年の記念となるコンサート。

ステージに登場した軽部さん・高嶋さんいわく「いつもと客層が違う」「ゲストが小田和正さんやスキマスイッチだからだ」というコメントを交えつつ、この日のコンサートはスタート。

高嶋さんがファーストバイオリンをつとめる、ピアノを交えた小編成のオーケストラでの演奏からスタート。
そして最初のゲストは、フラメンコ・ギタリスト沖仁さん。
映画音楽でギターが印象的な名曲を、時にフラメンコ・ギターらしい情熱的なアレンジを混ぜながら演奏してくれました。

休憩を挟んだ第二部、加藤一二三さんが会場に来ているというサプライズ情報や、軽部さん指揮による、オリジナルの緩急とは明らかに違う「ハンガリー舞曲第5番」を経て、2番目のゲスト、スキマスイッチへ。
最初は「めざましクラシックス with フレンズ〜ベスト・ヴォーカリスト〜」に収録された「ボクノート」クラシックアレンジバージョン。CDは元からあるボーカル音源に音を重ねたということで、このアレンジでスキマスイッチが歌うのは初めてとのこと。大橋さんはスタンドマイク、常田さんはキーボードで、高嶋さん達をバックに披露。
その後はトークコーナーへ。高嶋ちさ子さんのアルバムにスキマスイッチが曲を提供した際、そのアルバムの別の曲のタイトルも2曲ほど常田さんがつけたそうです。
また「ボクノート」は、大橋さんが曲が書けない自分を歌にした者で、仮タイトルがそのまま曲になったとのこと。そして次の曲「全力少年」も仮タイトルのままで、そのままCDリリースするのは大橋さんは抵抗があったそうです。今では気に入っているそうですが。
その「全力少年」は大橋さんギター・常田さんピアノと高嶋さん達のオーケストラで披露されました。

3番目のゲストは小田和正さん。
「前回(2008年)はシークレットゲストだった」と軽部さんから紹介を受けて登場後、ギタリスト・稲葉政裕さんをステージに招き入れた小田さん。
最初に披露した曲は「たしかなこと」、小田さんのギター、稲葉さんのギター&コーラス、そして高嶋さん達のオーケストラという普段のライブとは違うアレンジで演奏しました。
「たしかなこと」が終わると稲葉さん退場(稲葉さんの出番はこれだけ)、そしてピアノに移動した小田さんは、軽部さんが父の日に小田さんに花を贈ってくれる、というエピソードを披露してから、「この曲は軽部からのリクエストです。どうしてリクエストしたかは聞きませんでしたが」とコメントしてから、「さよならは 言わない」を演奏。小田さんのライブのストリングス・カルテットより厚い、CD音源に近いアレンジでの演奏となりました。
2曲歌い終えてから、トークコーナーへ。高嶋さんが「小田さんは何で軽部さんとそんなにお親しいんですか?」という質問に、「親しいんだっけ?」と軽部さんに振る小田さん。そこから小田さんと軽部さんの出会いの話になり、最初のインタビュー(2005年)では、軽部さんはすごく緊張したという思い出を語っていました。

そしてスキマスイッチを招き入れて、「君のとなり」の演奏へ。「クリスマスの約束 2006」のために小田和正・スキマスイッチの共作として書き下ろされ、スキマスイッチの最新アルバム「re:Action」に際して再構築された曲という説明を経て、軽部さんも参加して披露することに(CD音源のコーラスに参加していた松たか子さんのかわり、とか…)。
演奏は大橋さんのメインボーカル&ギター、小田さんのキーボード&コーラス、常田さんがキーボード、高嶋さん達オーケストラ、そしてコーラスに軽部さん…、と思いきや2番のメインボーカルは軽部さんでした。
オーケストラが入ったせいか、それとも…、いずれにしろ、今までとは違う「君のとなり」でした。
演奏後、軽部さんはリハーサルとは別に小田さんによるボーカル指導が、小田さんの事務所にあるスタジオで行われたことを告白していました。

本編の「リベルタンゴ」、そしてアンコールののちのカーテンコールには、小田さん、スキマスイッチ、沖さんが呼ばれていました。

----------

セットリストは以下の通り。

めざましクラシック・テーマ曲 2017(クラシック・メドレー)
歌劇 「はかなき人生」より スペイン舞曲第1番
ドヴォルザーク・メドレー

with 沖仁
禁じられた遊び
ロミオとジュリエット

ツィコネルワイゼン
ハンガリー舞曲第5番(指揮・軽部真一)

with スキマスイッチ
ボクノート
全力少年

with 小田和正
たしかなこと(ギター 稲葉政裕)
さよならは 言わない

with 小田和正・スキマスイッチ(軽部真一)
君のとなり

リベルタンゴ

※アンコール

めざましクラシックス 公式サイト
http://mezamashiclassics.com/

ブルボン Presents 20th Anniversary めざましクラシックス サマーフェスティバル 2017 公式サイト
http://mezamashiclassics.com/mezacla20th







あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

re:Action(初回生産限定盤)
スキマスイッチ
アリオラジャパン
2017-02-15

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新

小田和正公式サイトの「STAFF diary」が更新されています。
↑クリック

トライセラトップスのライブにゲスト出演した時の写真を掲載。




関連記事:

小田和正、トライセラトップスのライブにゲスト出演

あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

小田和正、トライセラトップスのライブにゲスト出演

rockinon.com : トライセラトップス、20周年ツアー最終公演にシークレットで仲井戸麗市&小田和正登場
※写真あり




TRICERATOPS 公式サイト
http://triceratops.net/

小田和正公式サイト
http://www.fareastcafe.co.jp/

A FILM ABOUT THE BLUES
TRICERATOPS
ソニー・ミュージックダイレクト
2016-08-24


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

クリス・ハート「こころのうた〜クリス・ハート ベスト〜」(10/4発売)に、小田和正「ダイジョウブ」新録カバー等収録

情報源:ナタリー


クリス・ハート「こころのうた〜クリス・ハート ベスト〜」

2017年10月4日(水)発売

・初回限定盤(CD+DVD)
商品番号:UMCK-9925
定価:4,320円(税込)

・通常盤(CD)
商品番号:UMCK-1584
定価:2,980円(税込)

・CD収録内容(初回盤・通常盤の収録内容は同一)
1. 糸
2. まもりたい〜magic of a touch〜
3. 未来へ
4. 手紙 〜愛するあなたへ〜
5. やさしさに包まれたなら
6. 続く道 with ゴスペラーズ
7. 楓
8. 未来予想図II
9. I LOVE YOU
10. YELL
11. memento
12. 言葉にできない
13. 夢がさめて(松田聖子&クリス・ハート)
14. 僕はここで生きていく
15. home
16. Dreams(ボーナストラック)
17. ダイジョウブ(ボーナストラック)

・初回限定盤付属DVD

「こころのうた2013〜Heart Song〜 at ZEPP TOKYO on 2013.11.7」より
・レイニーブルー
・瞳をとじて

「クリス・ハートTour 2014 -Song for You- at NHKホール on 2014.7.31」より
・うれしい!楽しい!大好き!
・最後のラブレター
・二人だけの流れ星

「クリスタル・シンフォニック・コンサート 2015 at サントリーホール on 2015.4.8」より
・糸
・いのち〜My song for you〜
・幸せをみつけられるように

「世界遺産劇場−厳島神社−クリス・ハート Special Concert at 厳島神社高舞台 on 2015.5.31」より
・生まれ来る子供たちのために
・home

「47都道府県Tour 2015-2016 〜続く道〜 at ロームシアター京都 on 2016.3.31」より
・どんなときも。
・木蘭の涙

「日本武道館LIVE 2016“僕はここで生きていく”47都道府県Tour 2015-2016 〜続く道〜FINAL〜 at 日本武道館 on 2016.4.30」より
・I Believe〜手をつなごう〜 with May J.
・memento
・いのちの理由

「第2回47都道府県Tour 〜my hometown〜 at 東京国際フォーラム ホールA on 2017.5.28」より
・初恋
・僕はここで生きていく




クリス・ハート「こころのうた〜クリス・ハート ベスト〜」特設サイト
http://chris-hart.net/release10/
クリス・ハート公式サイト
http://chris-hart.net/

こころのうた~クリス・ハート ベスト~(初回限定盤)(DVD付)
クリス・ハート
ユニバーサル ミュージック
2017-10-04

こころのうた~クリス・ハート ベスト~(通常盤)
クリス・ハート
ユニバーサル ミュージック
2017-10-04

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新

小田和正公式サイトの「STAFF diary」が更新されています。
↑クリック

「めざましクラシックス」のリハーサル風景を掲載。





関連記事:

小田和正 7/28 「めざましクラシックス サマーフェスティバル 2017」ゲスト出演

あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

7/16放送 NHK-BS プレミアム「スターダスト☆レビュー with フレンズ」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等出演)告知ページ開設

STARDUST REVUE 公式サイトより


NHK-BS プレミアム「スターダスト☆レビュー with フレンズ」
2017年7月16日(日)22:59〜24:49

出演:スターダストレビュー,小田和正,KAN,岸谷香,スキマスイッチ,杉山清貴,鈴木雅之,馬場俊英,松たか子,森高千里,矢井田瞳,渡辺美里,水野良樹

「スターダスト☆レビュー with フレンズ」告知ページ
http://www4.nhk.or.jp/P4534/


関連記事:

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)ネット記事+α

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新
(「スタ☆レビ大宴会」関連)

35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

小田和正とドラマ主題歌

オフコースとドラマ主題歌との縁は薄かった。
1977年、鈴木康博の作品「ロンド」が日本テレビ系連続ドラマ「ひまわりの家」で起用され、シングルリリースされたにされたにとどまる。
その後、1985年から翌年にかけて、フジテレビ系単発2時間ドラマ枠「木曜ドラマストリート」のオープニングに「君が、嘘を、ついた」の英語バージョン「EYES IN THE BACK OF MY HEART」が、エンディングに「たそがれ」の英語バージョン「ENDLESS NIGHTS」が起用されたが、これらは主題歌と扱うには適当ではない。
なおオフコース解散から27年経過した2016年、「愛を止めないで」が、フジテレビ系ドラマ「OUR HOUSE」の主題歌に起用されているが、これは別扱いとしたい。

オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989
オフコース
ファンハウス
1998-05-21




オフコース解散から2年目となる1990年、小田和正ははじめてドラマ主題歌のオファーを受ける。それはフジテレビから翌1991年1月からオンエアされる、鈴木保奈美・織田裕二主演のドラマ「東京ラブ・ストーリー」主題歌であった。
小田は最初、フジテレビ側にポップな曲を提供した。しかしフジテレビ側は「切ない曲をお願いしたい」という注文をつけてて来た。
その言葉に奮起した小田和正が、「ぐうの音もでない曲を書いてくる」として急遽書き下ろしたアップテンポのラブソングが「ラブ・ストーリーは突然に」だった。

タイトルは「東京ラブ・ストーリー」のお仕事が突然に来たから、「ラブ・ストーリーは突然に」となった。
「ラブ・ストーリーは突然に」の印象的なイントロを弾いたギタリスト・佐橋佳幸は、その後、小田和正の重要なレコーディングスタッフとなる。
またコーラスの佐藤竹善(Sing Like Talking)も、折々に小田和正の楽曲制作に参加する他、二人でユニット「PLUS ONE」を組むに至る。

一方その頃、小田はAORに傾倒しており、その第一作目といえる「Oh! Yeah! 」をシングル表題曲(A面)に、「ラブ・ストーリーは突然に」をカップリング(B面)としようとした。
しかし、当時ドラマ主題歌が売れ出したこともあり、レコード会社側は「ラブ・ストーリーは突然に」をシングル表題曲としようとした。
その折衷案として両A面シングルとなった。

高視聴率を記録したドラマな大事な場面で流れる「ラブ・ストーリーは突然に」は、視聴者の印象に残った。
1991年2月にリリースされたシングル「Oh! Yeah! / ラブ・ストーリーは突然に」は、CD初のダブルミリオンを記録、1991年シングルチャート年間1位を獲得する。

ちなみに、フジテレビ側に当初提示された曲は「Far East Club Band Song」として仕立て直され、「ラブ・ストーリーは突然に」と共に1991年にリリースされたベストアルバム「Oh! Yeah!」
なお「Far East Club Band Song」はフジテレビ系の単発ドラマ「ラブストーリーは突然に」の主題歌に起用されている。

K.ODA Oh!Yeah!
小田和正
ファンハウス
1991-05-18




小田和正が2度目のドラマ主題歌を手掛けたのは「ラブ・ストーリーは突然に」から3年後の1994年、日本テレビ系「遠山金四郎美容室」だった。
そのオファーを受けたのは、西田敏行主演のホームドラマという、トレンディドラマとはかけ離れた設定だったからだという。
小田はそのドラマに、中西圭三がコーラスで参加したアップテンポなラブソング「真夏の恋」を提供する。

3度目のドラマ主題歌は更に3年後の1997年、TBS系「最後の恋」(主演:中居正広・常盤貴子)に提供された「伝えたいことがあるんだ」である。
脚本担当の北川悦吏子の強いリクエストで書き下ろされた「伝えたいことがあるんだ」は、「ラブ・ストーリーは突然に」と対を張ることを企図しつつ、育ってきた環境が違う主人公二人の切ないラブストーリーに寄り添った、アップテンポのラブソングとしてつくられた。

「真夏の恋」「伝えたいことがあるんだ」はシングルリリースを経て、「ラブ・ストーリーは突然に」と共に1997年のベストアルバム「伝えたいことがあるんだ」に収録される。

ちなみに小田と中居は、2000・2001年フジテレビ系「SMAP×SMAP」で、2005年TBS系「クリスマスの約束」で共演するが、「伝えたいことがあるんだ」は番組に絡んでこなかった。

伝えたいことがあるんだ
小田和正
ファンハウス
1997-11-21




4度目の主題歌は1998年、NHKドラマ「必要のない人」の「君たちを忘れない」(主演:森光子・風間杜夫)である。
時代遅れとなりつつある老舗そば屋を舞台に、リストラ問題を絡めて描かれた辛口ホームドラマに提供された「君たちを忘れない」は前3作とは異なり、疎遠になった人々へ呼びかける、ほろ苦さを感じる曲となった。
ちなみに小田和正が自動車事故で大怪我した後、最初に書いた曲である。

「君たちを忘れない」はシングルリリースされず、「必要のない人」サウンドトラック収録を経て、2000年リリースのオリジナルアルバム「個人主義」に収録される。

個人主義
小田和正
ファンハウス
2000-04-19




5度目のドラマ主題歌は、「君たちを忘れない」から4年後の2002年、フジテレビ系ドラマ「恋ノチカラ」(主演:深津絵里・堤真一)に提供された「キラキラ」である。
デザイナーの独立というお仕事ものとラブ・ストーリーを絡めたドラマに提供されたのは、冒頭の「キラ キラ キラ」の三連符が「ラブ・ストーリーは突然に」のサビ「あの日 あの時 あの場所で」を思い起こさせる、小田和正王道のラブソングであった。

シングルカットされた「キラキラ」は、オリコン週間シングルチャート3位を獲得した。
そして「ラブ・ストーリーは突然に」「伝えたいことがあるんだ」「キラキラ」が収録されたベストアルバム「自己ベスト」は、前年(2001年)にリリースされたセルフカバーアルバム「LOOKING BACK 2」に続いてオリコン週間チャート1位を記録、2000年代の小田和正の活発な活動の基礎をつくる。

自己ベスト
小田和正
BMG JAPAN
2002-04-24




6度目の主題歌は2004年、TBS系ドラマ「それは、突然、嵐のように…」(主演:江角マキコ・山下智久)に提供された「まっ白」である。
主婦と独身のダンス講師との道ならぬ恋というドラマに提供されたのは、切々とした押さえきれない恋心を歌ったラブソングであった。

「まっ白」はシングルリリースされた後、明治安田生命企業CMソングとして生み出され、TBS新春ドラマ特別企画「星野仙一物語 〜亡き妻へ贈る言葉〜」テーマ曲となった「たしかなこと」と共に、2005年のアルバム「そうかな」に収録される。

そうかな
小田和正
BMG JAPAN
2005-06-15




2007年、小田和正は2曲の主題歌をリリースする。
最初はNHK連続テレビ小説「どんと晴れ」(主演:比嘉愛未)の主題歌「ダイジョウブ」。
この曲は、横浜の洋菓子屋の娘から盛岡の老舗旅館の女将に転身した主人公を優しく見守り、励ますような、暖かいバラードである。
もう1曲はフジテレビ系ドラマ「ファースト・キス」(主演:井上真央)の主題歌「こころ」。
小田和正ファンを公言する井上真央と伊藤英明がつむぐ兄妹の物語のために書き下ろされた「こころ」は、小田和正王道の真夏のラブソングであった。
「こころ」は井上真央主演のミュージックビデオが作られたが、こちらは

「ダイジョウブ」「こころ」はそれぞれシングルリリースされ、「こころ」は「ラブ・ストーリーは突然に」以来のオリコン週間チャート1位を記録する。
そして「ダイジョウブ」「こころ」は、「まっ白」「たしかなこと」と共に、2007年リリースのベストアルバム「自己ベスト-2」に収録される。

自己ベスト-2
小田和正
BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)
2007-11-28




2008年、ソロでは初のドーム公演に際し、小田和正は新曲を書き下ろす。
そのバラード「さよならは 言わない」は、翌2009年の関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「トライアングル」(主演:江口洋介・広末涼子)の主題歌として提供され、シングルリリースされる。
遠くにいる旧友に語りかけるような内容のバラードは、過去の未解決事件に挑む主人公たちの物語と重なりあうものがあった。

2010年、TBS系ドラマ「獣医ドリトル」(主演:小栗旬・井上真央)の主題歌として「グッバイ」が提供される。
ドラマのテーマ「動物の、そして人間の命とは何か」を歌詞に絡めつつ、人生の区切りを迎えた人の気持ちを歌ったこの曲は、同年シングルリリースされる。
余談だが、小田和正と井上真央はその後も親交を深め、2012年、毎日放送・TBS系「情熱大陸」において「井上真央が撮るアーティスト・小田和正」という作品へと結実する。

そして「さよならは 言わない」「グッバイ」が収録された2011年のアルバム「どーも」からは、2曲の他に1曲ドラマ主題歌に起用されている。
それは2006年の「クリスマスの約束」のために書き下ろされたバラード「東京の空」である。
遠くに住む「君」を思うこの曲は、殺人事件の被害者家族と加害者家族を真正面から描いたフジテレビ系ドラマ「それでも、生きてゆく」(主演:瑛太・満島ひかり)主題歌に起用される。

どーも
小田和正
螢▲螢ラジャパン
2011-04-20




2013年、テレビ朝日系ドラマ「遺留捜査」(主演:上川隆也)の主題歌として「やさしい風が吹いたら」が提供される。
この曲は、遺留品から事件の裏側・真相を明らかにしていくドラマに寄り添うように、もう会えない人への思いを綴った曲となった。
「やさしい風が吹いたら」はシングルとしてリリースした後、2014年リリースのアルバム「小田日和」に収録される。

その「小田日和」には、同年放送のNHKドラマ「吉原裏同心」(主演:小出恵介・貫地谷しほり)の主題歌として提供された「ふたり」も収録されている。
小田和正はじめての時代劇の主題歌は、恋を貫き、脱藩して吉原に身を寄せることになった主人公夫婦の気持ちを描いたような、切ないがどこか暖かいバラードとなった。

小田日和
小田和正
アリオラジャパン
2014-07-02



2016年、「ラブ・ストーリーは突然に」の一節からタイトルが取られたベストアルバム「あの日 あの時」には、数ある主題歌のうち「ラブ・ストーリーは突然に」「真夏の恋」「伝えたいことがあるんだ」「キラキラ」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「こころ」「さよならは 言わない」「グッバイ」「東京の空」が収録される。

そして2017年、小田和正にとって3年ぶりとなるドラマ主題歌は、テレビ朝日系「遺留捜査」に提供される、「やさしい風が吹いたら」から引き継がれるような形となった新曲「小さな風景」である。

----------

関連記事:

小田和正 新曲「小さな風景」 テレビ朝日系ドラマ「遺留捜査」主題歌に起用

小田和正と映画音楽

あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

愛の中へ

1981.12 オフコース アルバム「over」に収録、シングルとしてもリリース。

1982.1-6 1982 OFF COURSE Concert "over" で披露

1982.9 TBS系日立テレビシティ特別企画オフコース・スペシャル「NEXT」で「over」ライブシーンの映像を放映

1982.11 ビデオ「NEXT VIDEO PROGRAM」に「over」ライブシーンの映像を収録

1983.4 ビデオ「Off Course 1982・6・30 武道館コンサート」に収録

1998.5 「オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989」に収録

2001.5 小田和正セルフカバーバージョンが「LOOKING BACK 2」に収録

2001.6-7 「K.ODA LOOKING BACK 2 TALK & LIVE」で演奏

2002.5-10 K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』 で演奏

2003.5 K.ODA TOUR 2003 『Kira Kira』 早稲田大学記念会堂で演奏

2003.10 K.ODA TOUR 2003 『Kira Kira』 FINAL 〜東京からアジアへ〜で演奏

2003.10 KAZUMASA ODA ASIA TOUR 2003 『Kira Kira』 で演奏

2007.11 小田和正 仙台プレミアムライブ「君住む街へ」 で演奏

2007.11 小田和正ベストアルバム「自己ベスト-2」に収録

2007.12 聖光学院中学校高等学校創立50周年記念コンサート

----------

オフコースのアルバム「over」に収録された曲。
「心はなれて」のインストからつながるように2曲目に収録されたこの曲は、「言葉にできない」をはじめオフコース解散を随所に匂わせる「over」の収録曲の中で、唯一華やいだラブソングである。
ツアー「over」でも、アルバムと同じように「心はなれて」のインストから「愛の中へ」の演奏へとつながっていく。

その後、「愛の中で」は長い間演奏される機会が無かった。
2001年、小田和正のセルフカバーアルバム「LOOKING BACK 2」に「言葉にできない」と共に収録されることで復活を遂げる。
この時のバージョンはオリジナルよりテンポが速くなっている。
翌2002年から2003年のツアー『Kira Kira』 でも歌われ、2007年リリースのベストアルバム「自己ベスト-2」にも収録された。

しかし2007年12月の聖光学院中学校高等学校創立50周年記念コンサートを最後に、翌2008年のツアー「今日も どこかで」以降は演奏されていない。
2016年のオールタイム的ベストアルバム「あの日 あの時」にも収録されなかった。


関連記事:

オフコース「over」
(アルバム紹介)

オフコース・小田和正 「愛の中へ」
(2007年時点の楽曲紹介)

オフコース「オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989」

小田和正 「LOOKING BACK 2」

小田和正 「LOOKING BACK 2」

----------

1982 OFF COURSE Concert "over"

オフコースDVD「Off Course Film NEXT VIDEO PROGRAM」
(DVD 紹介)

オフコースDVD「Off Course 1982・6・30武道館コンサート」
(DVD 紹介)

K.ODA LOOKING BACK 2 TALK & LIVE (2001年)

K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』

K.ODA TOUR 2003 『Kira Kira』 & 『kira kira』 FINAL 〜東京からアジアへ〜

小田和正 仙台プレミアムライブ「君住む街へ」 & 聖光学院中学校高等学校創立50周年記念コンサート (2007年)

over
オフコース
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2009-01-21


NEXT VIDEO PROGRAM [Blu-ray]
オフコース
ユニバーサル ミュージック
2016-06-08


1982・6・30武道館コンサート [Blu-ray]
オフコース
ユニバーサル ミュージック
2016-06-08


LOOKING BACK2
小田和正
ファンハウス
2001-05-16


自己ベスト-2
小田和正
BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)
2007-11-28

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新

小田和正公式サイトの「STAFF diary」が更新されています。
↑クリック

新曲「小さな風景」レコーディング風景を掲載。




あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

小田和正 新曲「小さな風景」 テレビ朝日系ドラマ「遺留捜査」主題歌に起用

情報源:オリコン
※小田和正さんのコメント掲載


テレビ朝日系ドラマ「遺留捜査」(第4シーズン)

2017年7月13日スタート、毎週木曜20:00〜(初回2時間スペシャル)

出演:上川隆也、栗山千明、段田安則、戸田恵子、永井大、甲本雅裕、他


遺留捜査 公式サイト(小田和正さんのコメント掲載)
http://www.tv-asahi.co.jp/iryu_08/


小田和正公式サイト
http://www.fareastcafe.co.jp/






その日が来るまで/やさしい風が吹いたら
小田和正
アリオラジャパン
2013-04-24


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

NHK BS プレミアム 「イルカ デビュー45周年 青春のなごり雪コンサート」(小田和正出演) 8/11 再放送

小田和正公式サイトより


NHK BS プレミアム「イルカ デビュー45周年 青春のなごり雪コンサート」

再放送:2017年8月11日(金・祝)14;30〜15:59

出演:イルカ、伊勢正三、太田裕美、小椋佳、小田和正、松山千春、南こうせつ


イルカ公式サイト
http://www.iruka-office.co.jp/
「イルカ45周年・イルカのミュージックハーモニー25周年記念 青春のなごり雪コンサート」の写真が掲載されています。

イルカベスト
イルカ
NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M)
2008-01-16


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

鈴木雅之 Blu-ray ・ DVD 「masayuki suzuki taste of martini tour 2016 Step1.2.3 〜 dolce Lovers 〜」(9/20発売)に小田和正との共演収録

http://www.kazumasaoda.com/より


鈴木雅之「masayuki suzuki taste of martini tour 2016 Step1.2.3 〜 dolce Lovers 〜」

発売日:2017年9月20日(水)

・Blu-ray
商品番号:ESXL-125
定価:6,800円(税込)

・DVD
商品番号:ESBL-2496
定番:5,800円(税込)

鈴木雅之の60thリアルバースディ・9月22日に開催されたソロ・デビュー30周年&還暦記念コンサート。
サプライズゲスト小田和正、KREVA、JUJUとのスペシャルライヴも収録。


<共演時の記事>

Billboard JAPAN :
鈴木雅之 30周年&還暦コンサートでJUJU/小田和正/KREVAとのコラボレーション実現

本ブログ記事:小田和正公式サイト「STAFF diary」更新+α(2016.9.23)

----------

鈴木雅之 公式サイト
http://www.martin.co.jp/

小田和正 公式サイト
http://www.fareastcafe.co.jp/

ALL TIME BEST ~Martini Dictionary~
鈴木 雅之
ERJ
2015-03-04

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新

小田和正公式サイトの「STAFF diary」が更新されています。
↑クリック

完成した新曲が、どこに起用されるのか気になるところ。




あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新

小田和正公式サイトの「STAFF diary」が更新されています。
↑クリック

新曲のレコーディング風景を掲載。




あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

NHK-BS プレミアム「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」 6/11 再放送

NHK 告知ページより



NHK-BS プレミアム「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」(再放送)

2017年6月11日(日)23:00〜
ゲスト:小田和正
アナウンサー:阿部渉

「100年インタビュー」公式ページ
http://www4.nhk.or.jp/hyakunen-i/

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」個別告知ページ
http://www4.nhk.or.jp/hyakunen-i/x/2017-03-20/10/455/2387159/

NHK PR ファン歴30年! 阿部アナ感動のインタビューの裏側 100年インタビュー 小田和正
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=09581

NHK BS スペシャルコラム「100年インタビュー 時は待ってくれない「アーティスト 小田和正」 BY 阿部渉」
http://www.nhk.or.jp/bs-blog/2000/265049.html

----------

小田和正公式サイト
http://www.fareastcafe.co.jp/

----------

関連記事:

NHK 「おはよう日本」小田和正特集をテキスト公開中
※「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」ダイジェスト版

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜


FAR EAST CAFE
小田和正
ファンハウス
1990-05-09


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

林部智史、オフコース「言葉にできない」カバー(6/8発売ニューシングル「だきしめたい」収録)

情報源:Musicman-NET


林部智史 3rdシングル「だきしめたい」

発売日:2017年6月28日(水)

・CD+DVD
商品番号:AVCD-83881/B
定価:1,500円(税抜)

収録曲
-CD
1. だきしめたい
2. この道 ※JAバンクあいちCM「未来が実る、農業へ。」篇イメージソング
3. 空に唄えば ※東北文教大学CM ソング
4. だきしめたい(Instrumental)
・DVD
だきしめたい(Music Video)


・CD Only
商品番号:AVCD-83882
定価:1,000円(税抜)

収録曲
1. だきしめたい
2. 僕のそばに ※徳永英明カバー
3. 言葉にできない ※オフコースカバー
4. だきしめたい(Instrumental)


林部智史 公式サイト
http://hayashibe-satoshi.com/


だきしめたい(DVD付)
林部智史
avex trax
2017-06-28

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)関連情報




今まで未掲載の集合写真を掲載。

ーーーーーーーーーー

「スターダスト☆レビュー with フレンズ」
NHK-BS プレミアム
2017年7月16日(日)22:59〜24:49

出演: STARDUST REVUE /小田和正/ KAN /岸谷香/スキマスイッチ/杉山清貴/鈴木雅之/馬場俊英/松たか子/森高千里/矢井田瞳/渡辺美里 他

ーーーーーーーーーー

過去紹介記事

asahi.com (日刊スポーツ):スターダストレビュー35周年6Hライブ50曲熱唱

カナロコ(神奈川新聞):"">スタ☆レビ35周年で記念ライブ 小田和正、森高千里らと大宴会“大宴会”


STARDUST REVUE 公式サイト
http://s-d-r.jp/

関連記事:

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

7/16 NHK-BS プレミアム STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)放送

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新
(「スタ☆レビ大宴会」関連)

35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

続きを読む

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)ネット記事 Part 2 +α

カナロコ(神奈川新聞):"">スタ☆レビ35周年で記念ライブ 小田和正、森高千里らと大宴会“大宴会”

ーーーーーーーーーー

この日の模様が放送される、NHK-BS プレミアム の番組(2017年7月16日(日)22:59〜24:49)は、「スターダスト☆レビュー with フレンズ」というタイトルになったそうです。

ーーーーーーーーーー

過去紹介分

asahi.com (日刊スポーツ):スターダストレビュー35周年6Hライブ50曲熱唱


STARDUST REVUE 公式サイト
http://s-d-r.jp/

関連記事:

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

7/16 NHK-BS プレミアム STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)放送

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新
(「スタ☆レビ大宴会」関連)

35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

続きを読む

7/16 NHK-BS プレミアム STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)放送

STARDUST REVUE 公式サイトより


STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」が、7/16 NHK-BS プレミアムで放送されます。

「スターダスト☆レビュー with フレンズ」
NHK-BS プレミアム
2017年7月16日(日)22:59〜24:49

出演: STARDUST REVUE /小田和正/ KAN /岸谷香/スキマスイッチ/杉山清貴/鈴木雅之/馬場俊英/松たか子/森高千里/矢井田瞳/渡辺美里 他

ーーーーーーーーーー

2時間でおさめられるのか…?



関連記事:

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)ネット記事+α

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新
(「スタ☆レビ大宴会」関連)

35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新

小田和正公式サイトの「STAFF diary」が更新されています。
↑クリック


一昨日のスタレビの35周年記念ライブにゲスト出演したときの話です。。




関連記事:

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)ネット記事+α

あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20


35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)ネット記事+α

asahi.com (日刊スポーツ):スターダストレビュー35周年6Hライブ50曲熱唱

他にも記事がありますが、同じ写真&他は内容が薄いので、この記事のみ紹介。

ーーーーーーーーーー

渡辺美里オフィシャルブログ

・祝!スタレビさん35周年コンサート。

・お会いすると元気になります。

・「ボクはここに」早く聴いてほしいです。


----------

STARDUST REVUE 公式サイト
http://s-d-r.jp/

関連記事:

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

続きを読む

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」(小田和正・渡辺美里・スキマスイッチ等ゲスト出演)

STARDUST REVUE が活動25周年目以降、5年おきに開かれる、彼らの地元・埼玉でのスペシャルライブ。
今年のライブは「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会〜6時間大コラボレーションライブ〜大抽選会付き」の看板通り、彼らゆかりのゲスト11組(小田和正/ KAN /岸谷香/スキマスイッチ/杉山清貴/鈴木雅之/馬場俊英/松たか子/森高千里/矢井田瞳/渡辺美里)が参加。

スタレビによるアカペラでの注意事項説明、スタレビ&サポートメンバーとゲストによる舞台裏での円陣の中継というオープニングから、ゲスト全員を舞台に招いてライブをスタート。
「夢伝説」ではゲスト11組が参加した圧巻のコーラスが披露されました。
根本要さんは「このすごい人たちと一緒にできるのが信じられない。いくらお金を積んでも、これだけのメンバーはそろえられませんよ。35周年を祝って集まってくれました」と感謝した。
これに対して小田さんが「スタレビには昔からお世話になっていて、困ったときのスタレビ頼みで、少しはお返ししないとね」「これからも元気にいける所まで頑張ってください」とコメント。
そして小田さんに振られた鈴木さんは「小田さんも僕も、バンド、グループは断念しましたけど。35周年のスタレビは我々の誇りです」とコメントしてました
なおステージセットのコンセプトは「さいたまスーパー銭湯」とのこと。

そしてスキマスイッチを皮切りに、コラボレーションコーナースタート。
コラボレーションは、スキマスイッチとなら「奏」と「Goin' Back To 1981」というように、根本さんとゲストのトークを交えながらゲストの代表曲とスタレビの曲を1曲ずつ披露するスタイル。
(スタレビと一緒に SSKB ALL STARS として活動する杉山清貴、KAN、馬場俊英とのセッションは計4曲)
スキマスイッチの時は、根本さんが「スキマスイッチのコラボレーションアルバム(re:Action)にスタレビをなんで呼んでくれなかったんだ」と不満を漏らすと、大橋さんが「だって皆さん、全然東京にいなくて、つかまらないから」と返される一場面も。
また、お互いが知り合いになったTBS音楽特番「クリスマスの約束」のエピソードが出てきて、「(2009年の大メドレーを)最初は不安視して、あれこれ言っていた」「でも、小田さんは『俺は完成形が見えている』と主張していた」「終わった時、すごく良くて、小田さんに『すいませんでした』と思った」というエピソードを披露していました。
ちなみに、矢井田瞳さんの時にも、「クリスマスの約束」をきっかけに共演するようになった、との話も出てました。

スタレビの大ファンだという松たか子さんの時には、根本さんがコーラスに参加した「おやすみ」(松たか子/作詞・作曲 小田和正)を披露するために、小田さんをステージに招き入れ、松・小田・根本の3人のボーカルで披露。
「レコーディングの時は、小田さんの一緒のスタジオで、目の前に松さんがいて、幸せだった」という根本さんによると、以前から、いつかこの曲を3人で披露したいという話が出ていたそうです。

岸谷香さんでコラボコーナーはいったん終了、スタレビの曲でもあまり演奏していない曲のコーナーへ。

休憩を挟んでの第二部は、根本さん、小田さん、スキマスイッチがステージに登場。
そしてシークレットゲスト:水野良樹(いきものがかり)が呼ばれ、「クリスマスの約束」でおなじみとなったユニット「委員会バンド」で演奏を披露。
常田さんのピアノの音がミキサー段階でオフになっていたので歌い直し、なんてアクシデントを経て、いきものがかり「風が吹いている」、忌野清志郎訳詞バージョンの「デイ・ドリーム・ビリーバー」を演奏。
「委員会バンド、レパートリーはたくさんあります、ひとの曲ばかりですが」という根本さん、「いつか委員会バンドでライブをやりたいと、いう話は出ているんですが…」という話をすると、他のメンバーから「でも、根本さんがつかまらないから、その話が進まない」という突っ込みが入っていました。

再びコラボレーションコーナーがスタートし、森高千里さん「渡良瀬橋」のコーナーでは、何故か学生服(詰め襟・学帽付)に丸縁眼鏡のKANさん、馬場さんがリコーダーで間奏に参加する一場面も。

渡辺美里さん「恋したっていいじゃない」では、間奏での「D・A・T・E」のコールを「ス・タ・レ・ビ」に置き換えて観客にレスポンスを求めるシーンも。
スタレビと美里さんがコラボするようになったのは、7年前からとのこと。
それまで美里さんは、大阪のラジオ局で同じ時間帯の帯番組を根本さんと持っていたことから、根本さん達のことを「歌の上手い芸人だと思っていた」とジョーク?を飛ばしていました。
そして、美里さんが選んだというスタレビの曲「もう一度抱きしめて」をコラボしました。

鈴木雅之さんとのコーナーでは、デビュー当時のスタレビと先にデビューした鈴木さんとの共演テレビ番組の思い出を語ってくれました。

小田さんは、スタレビが選曲したという「YES-NO」にのって、ギターを持って本日4度目の登場。
1996年、小田さんとスタレビが共演したアスペクタ熊本でのイベント「BEAT MEGA '96」が、スタレビ初の女ラボレーションだったという話から、その時のエピソードへ。
このイベントで小田さんは、当初弾き語りで参加する予定だったため、イベントのトリを辞退。
しかし小田さんの後にトリを務めるのを避けたかったスタレビ側が、「だったら俺達の演奏で、小田さん、歌ってくれませんか?」と打診したところ、小田さん側が快諾してコラボレーションすることに。
選曲も任されたので、自分たちの好きな曲(オフコース「眠れぬ夜」「水曜日の午後」)を選んだところ、小田さんに「最近歌っていない」といわれたとのこと。
また小田さんがピアノの前に座った際には、小田さん、スタレビ、ゴスペラーズなどが参加した2003年の「VOICES OF HEART」で、根本さんのトークをカットするように、小田さんがいきなりピアノを演奏したというエピソードも話してくれました。
そして、小田さんのアイデアでアコースティックアレンジにしたら、認知度が広まり、ニッカウヰスキーのCMに起用されたという「木蘭の涙」を、小田さんのピアノ&ボーカルに根本さんのボーカルで披露してくれました。

小田さんが終わってコラボレーションコーナー終了…、と思いきや、ステージが転換され、「夜のヒットスタジオ」を思わせるステージセットへ。
そして「シュガーはお年頃」を皮切りに「夜のヒットスタ・レビ」のコーナーへ。
自分の曲を歌ったアーチストが、次のアーチストの紹介をする、という「夜のヒットスタジオ」を彷彿とさせる演出で「全力少年」「My Sweet Darling」「さよならのオーシャン」「私がオバさんになっても」「スタートライン〜新しい風」「明日、春が来たら」「愛は勝つ」「Diamonds」「め組のひと」「My Revolution」「ラブ・ストーリーは突然に」を、ほぼノンストップ・フルコーラスで、スタレビがバックバンドに徹して披露。
ゲストは舞台奥・中央のセリから登場し、その前のアーティストと握手・ハイタッチしてから歌うスタイルに。
ギターを持って登場した小田さん、2番の途中からハンドマイクに持ち替えて、ステージの上手・下手に伸びる花道を巡りながら歌っていました。

そして水野さんを含めたゲスト全員で「今夜だけきっと」を披露、ラストのアカペラは圧巻の一言。
歌い終わると、根本さん、涙ぐんでいて、小田さんや鈴木さんになぐさめられていました。

アンコールでは根本さんが「男の子だから泣かないと決めたもん」「こんな35年を見せてくれたスタッフ、仲間、みんなに感謝しています。ありがとう」とコメントしながら、スタレビの曲を演奏。
7時間以上となったライブの最後は、スタレビからファンへの感謝を歌った曲「道 〜The Song For Us〜」と、開場のみんなとの記念撮影でした。


全50曲のセットリストは「続きを読む」に掲載。


STARDUST REVUE 公式サイト
http://s-d-r.jp/

関連記事:

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

----------

Kazumasa Oda Tour 2008 「今日も どこかで」@ テアトロン(香川県さぬき市)
(STARDUST REVUE ゲスト出演)

なごや・きよす夢まつり「夢花火音楽祭 音市音座」
(小田和正・ STARDUST REVUE ・杉山清貴・渡辺美里・ KAN 出演)

NUMBER SHOT 2015 2日目(委員会バンド(小田和正・根本要・大橋卓弥・常田真太郎・水野良樹)出演)

音楽と髭達 2015 −MUSIC STADIUM−(スキマスイッチ・委員会バンド(小田和正・根本要・大橋卓弥・常田真太郎・水野良樹)出演)

----------

「クリスマスの約束 2009」感想
(小田和正・鈴木雅之・ STARDUST REVUE ・松たか子・スキマスイッチ出演)

「クリスマスの約束 2011」感想
(小田和正・鈴木雅之・ STARDUST REVUE ・松たか子・矢井田瞳・スキマスイッチ出演)

----------

松たか子「おやすみ」
(楽曲紹介)

35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

続きを読む

何度も起用される小田和正の楽曲達〜「ダイジョウブ」編〜

小田和正の楽曲は、同じ曲が何度もCMやテーマソングに起用されるケースが多い。
以前、「今日も どこかで」について触れたが、今回は最近ふたたび明治安田生命のCMソングとして起用された「ダイジョウブ」について語りたい。

2007年、NHK朝の連続テレビ小説「どんと晴れ」主題歌として書き下ろされた「ダイジョウブ」
主人公を優しく暖かく見守り、励ますようなバラードは、シングルとしてリリースされた後、同年発売のベストアルバム「自己ベスト-2」に収録された。

2011年、「言葉にできない」「たしかなこと」をCMソングとして起用してきた明治安田生命が、「小田和正コンサートツアー応援CM」に、「ダイジョウブ」「今日も どこかで」を用いた。
2013年、LINE CM 「劇団 旅立ち編」に「ダイジョウブ」が起用。

2016年、「ダイジョウブ」はベストアルバム「あの日 あの時」に収録。
そして今年(2017年)、明治安田生命新テレビCM『アフターフォロー「歳の差兄弟」』篇に、「ダイジョウブ」が起用された。




関連記事:

明治安田生命新CMに小田和正「ダイジョウブ」起用

小田和正 「ダイジョウブ」
(楽曲紹介)

小田和正 「自己ベスト・2」
(収録アルバム紹介)

小田和正ベストアルバム「あの日 あの時」
(収録アルバム紹介)

何度も起用される小田和正の楽曲達〜「今日も どこかで」編〜


ダイジョウブ
小田和正
BMGJAPAN
2007-04-25


自己ベスト-2
小田和正
BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)
2007-11-28


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

NHK 「おはよう日本」小田和正特集をテキスト公開中

NHK おはよう日本 今朝のクローズアップ:小田和正さん 理想の音楽を求めて
http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2017/03/0315.html


NHK-BS プレミアム「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」のダイジェスト版が放映された時のものです。

--------

「100年インタビュー」公式ページ
http://www4.nhk.or.jp/hyakunen-i/

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」個別告知ページ
http://www4.nhk.or.jp/hyakunen-i/x/2017-03-20/10/455/2387159/

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」再放送告知ページ
http://www4.nhk.or.jp/hyakunen-i/x/2017-05-07/10/7294/2387159/より
※告知映像あり

--------

NHK PR ファン歴30年! 阿部アナ感動のインタビューの裏側 100年インタビュー 小田和正
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=09581

NHK BS スペシャルコラム「100年インタビュー 時は待ってくれない「アーティスト 小田和正」 BY 阿部渉」
http://www.nhk.or.jp/bs-blog/2000/265049.html

----------

小田和正公式サイト
http://www.fareastcafe.co.jp/

----------

関連記事:

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜


FAR EAST CAFE
小田和正
ファンハウス
1990-05-09


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新

小田和正公式サイトの「STAFF diary」が更新されています。
↑クリック


いよいよ来週に迫った STARDUST REVUE ライブのリハーサル風景を掲載。





小田さんとも縁のあるゲストが多数。
「かなりの参加度」は他のゲストとの絡みもありってこと?

ーーーーーーーーーー

STARDUST REVUE 「35th Anniversary スタ☆レビ大宴会」

2017年5月20日(土)
さいたまスーパーアリーナ
開場11:30 開演13:00 終演19:00(予定)

スペシャルゲスト:小田和正/ KAN /岸谷香/スキマスイッチ/杉山清貴/鈴木雅之/馬場俊英/松たか子/森高千里/矢井田瞳/渡辺美里(五十音順)

・料金(全席指定・税込・未就学児は入場不可)
一般チケット:10,800円
ジュニア・シニア チケット(公演日当日に小学生以上〜25歳以下、または、65歳以上の方):9,000円
 ※公演日当日に年齢確認が出来るもの(保険証・免許証など)を要持参。
障がい者チケット:9,000円
 障がい者手帳をお持ちのお客様とその介助者(1名に付き1名)
 ※障がい者手帳を要持参。

・チケット発売中
・チケットぴあ:0570-02-9999 <P-code:316-179>
・ローソンチケット: 0570-084-003 <L-code:75660>
・CNプレイガイド:0570-08-9999
・イープラス:http://eplus.jp/ (PC・mobile)
・SOGO TOKYOオンラインチケット:http://sogotokyo.com/ (PC・mobile)

イベンター:SOGO TOKYO:03-3405-9999 http://sogotokyo.com/


35th Anniversary BEST ALBUM スタ☆レビ -LIVE & STUDIO-(通常盤)
STARDUST REVUE
インペリアルレコード
2016-02-17

QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正
KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」特設サイト

http://www.k-oda2016.com/


----------

1984.4.21 という時代

ALL TOGETHER NOW と小田和正

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2007年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

オススメッ!!
カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新トラックバック
最新コメント
  • ライブドアブログ