GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

思いのままに

思いのままに 〜OFF COURSE History〜

1979.10 アルバム「Three and Two」に収録。

1979.10〜1980.2 「1979-1980 OFF COURSE Concert "Three and Two"」で演奏。

1980.5 ライブアルバム「LIVE」に収録

1980.5〜6 「1980 OFF COURSE Concert "LIVE"」で演奏。

1980.11〜1981.3 「1980-1981 OFF COURSE Concert"We are"」で演奏。

1982.1〜6 「1982 OFF COURSE Concert "over"」で演奏。

1982.9〜1983.1 フィルム・コンサート「OFF COURSE CONCERT 1982.6.30」で演奏放映。

1983.4 ビデオ「OFF COURSE 1982.6.30」に演奏収録。

2008.11〜12 「KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」」で演奏。

2011.5〜10 「KAZUMASA ODA TOUR 2011 どーもどーも その日が来るまで」で演奏。

2012.4〜5 「KAZUMASA ODA TOUR 2012 どーもどーも その日が来るまで」において、最終公演(横浜赤レンガパーク)以外の公演で演奏。

2012.6 WOWOW「小田和正コンサートツアー“どーも どーも”〜その日が来るまで 」で演奏オンエア。

2012.11 Blu-ray ・ DVD 「小田和正コンサート“どーもどーも”その日が来るまで in 東京ドーム」に演奏収録。

2018.7 ファン投票によるオフコース・ベストアルバム「ever」収録。

----------

1979年にリリースされたオフコースのアルバム「Three and Two」の1曲目。
このアルバムタイトルは、オフコースが小田和正・鈴木康博のオリジナルメンバーに、バックバンドとしてメンバー同然の状況に合った松尾一彦・清水仁・大間仁世が正式なメンバーとして加わった、5人体制になったことを宣言している。

小田和正作品の「思いのままに」のサウンドは、小田・鈴木が培ってきたハーモニーと、松尾一彦・清・大間が持ち込んだロックの要素が融合したものとなっており、「5人のオフコース」をアピールしたものとなっている。
歌詞は、オフコースの歌への想いをもとにした、メッセージソングともラブソングともとれるものとなっている。

アルバムリリース直後のツアー「Three and Two」から、5人のオフコース最後のツアー「over」(1982年)まで、必ずセットリストに入っていた1曲。
「5人のオフコース」最後のコンサートを収録した「Off Course 1982・6・30武道館コンサート」でも演奏風景が収録されている。
一方で1984年から1989年、4人のオフコース時代に「思いのままに」は演奏されていない。

1992年、小田和正のスタジアム・ソロライブ「MY HOME TOWN」で演奏された。
歌い終えると小田はこういった。
「ここにオフコースのメンバーがいるような気がした」

1993年から小田和正はオフコースのセルフカバーに着手するが、「思いのままに」はその対象になっていない。
一方、2008年のドームツアー「きっと またいつか 今日も どこかで FINAL」で、オフコース時代のアレンジのまま演奏された。
2011年から2012年のツアー「どーもどーも その日が来るまで」は最終公演となる横浜赤レンガパーク公演以外の全公演で、オフコースのアレンジのまま演奏されている。この模様は2012年「小田和正コンサート“どーもどーも”その日が来るまで in 東京ドーム」としてリリースされている。

また2018年、ファン投票によるオフコースのベストアルバム「ever」に収録されている。


関連記事:

オフコース 東芝EMI時代(1973〜1982)のアルバム15タイトル「ハイレゾCD」で 9/25 発売
(2019年)

「オフコース BEST "ever" (Single Layer SACD) 」本日 12/15 発売
(2019年)

----------

オフコース「思いのままに」
(楽曲紹介/2011年)

オフコース「Three and Two」
(アルバム紹介)

オフコース「LIVE」
(アルバム紹介)

オフコースDVD「Off Course 1982・6・30武道館コンサート」
(DVD紹介)

Blu-ray ・ DVD 「小田和正コンサート“どーもどーも”その日が来るまで in 東京ドーム」
(DVD紹介)

----------

1979-1980 OFF COURSE Concert "Three and Two"

1980 OFF COURSE Concert "LIVE"

1980-1981 OFF COURSE Concert "We are"

1982 OFF COURSE Concert "over"

Kazumasa Oda MY HOME TOWN (スタジアムライブ・1992)

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」〜小田和正 Live Set List History〜

KAZUMASA ODA TOUR 2011 「どーもどーも その日が来るまで」〜小田和正 Live Set List History〜

KAZUMASA ODA TOUR 2012 「どーもどーも その日が来るまで」〜小田和正 Live Set List History〜

THREE AND TWO(UHQ-CD/MQA)
オフコース
Universal Music =music=
2019-09-25


LIVE(2UHQ-CD/MQA)
オフコース
Universal Music =music=
2019-09-25


1982・6・30武道館コンサート [Blu-ray]
オフコース
ユニバーサル ミュージック
2016-06-08



オフコース「思いのままに」

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
1979年にリリースされたオフコースのアルバム「Three and Two」のオープニングナンバー。

小田和正作品であるこの曲は、ラブソングとメッセージソングの要素が交差している。
サウンド的には小田・鈴木康博が培ってきたハーモニーの美しさが引き立つ一方、このアルバムから正式なオフコースのメンバーとなった松尾一彦・清水仁・大間仁世が持ち込んだロックの要素が強く出ている。
2人のオフコースから5人のオフコースへの変化を表した作品の一つと言える。

アルバムリリース直後のツアー「Three and Two」から、5人のオフコース最後のツアー「over」(1982年)まで、必ずセットリストに入っていた1曲。

その後、10年の時を経て、小田和正のスタジアム・ソロライブ「MY HOME TOWN」で演奏された。
歌い終えると小田はこういった。
「ここにオフコースのメンバーがいるような気がした」

更に16年が経過した2008年のドームツアー「きっと またいつか 今日も どこかで FINAL」でも演奏されている。

関連記事:



オフコース「Three and Two」
(アルバム紹介)

オフコース「LIVE」
(アルバム紹介)

オフコースDVD「Off Course 1982・6・30武道館コンサート」
(DVD紹介)

----------

Kazumasa Oda MY HOME TOWN (スタジアムライブ・1992)

KAZUMASA ODA TOUR 2008「きっと またいつか 今日も どこかで FINAL」
(ライブ記事集)

Three and TwoThree and Two
オフコース

1982・6・30 コンサート スペシャル [DVD]1982・6・30 コンサート スペシャル [DVD]
オフコース
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


1984.4.21 という時代

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

----------

OFF COURSE History 〜Live Version〜

TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)

TM NETWORK Live Set List Since 1999

SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR


Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-


TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


宇都宮隆「Dragon The Carnival Tour 2019」

----------

「群衆の中で」「夜明けを告げに」「おさらば」〜 Off Course History 1970〜1972 〜

オフコース/小田和正「生まれ来る子供たちのために」 1979〜2020

Off Course Early Song

オフコース/小田和正「さよなら」アレンジ変遷史 1979
〜2019


ALL TOGETHER NOW と小田和正

君住む街へ〜オフコース解散の象徴から、小田和正ソロ活動のキーワードに転じた曲〜

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

小田和正「はるかな夢」と「the flag」〜 アルバム「個人主義」のコントラスト〜

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

「自己ベスト・2」収録曲から見える、小田和正の心境の変化〜「ひとりで生きてゆければ」「生まれ来る子供たちのために」「the flag」〜

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」から「今日は一日“小田和正”三昧 ENCORE!! (アンコール)」へ〜NHK ・小田和正特番の進化と深化〜

小田和正 映像作品史 1981-2019

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と SMAP ・川村結花・スガシカオ「夜空ノムコウ」〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

小田和正と KAN 〜「クリスマスの約束 2019」前史〜

「クリスマスの約束 2019」感想

「クリスマスの約束」「風のようにうたが流れていた」から生まれた楽曲達(2020年版)

----------

Episode「TM VISIONS」「eZ」〜TM NETWORK History〜

Episode of 「Fool On The Planet」 TM NETWORK Version

Episode of 「Fool On The Planet」 木根尚登編

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

木根尚登とユンカース〜「ユンカース・カム・ヒア」「ホントの君 ウソの君」「6月6日」〜

TM NETWORK / TMN Tie-up History 1984-1994

TM NETWORK 1999 SONGS 「GET WILD DECADE RUN」「IT'S GONNA BE ALRIGHT」「10 YEARS AFTER」「Happiness×3 Loneliness×3」「80's」〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Album 「SPEEDWAY」(2007)〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Reproduct & Remake Songs 〜「DRESS」「CLASSIX 1・2」「NETWORK TM -Easy Listening-」「DRESS 2」「QUIT 30」+α 〜TM NETWORK History〜

ベストアルバムでは味わえない TM NETWORK Progressive Rock 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」「Major Turn-Round」「QUIT 30」〜TM NETWORK History〜

----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ