GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

木根尚登

木根尚登 1/24 コーストFM(エフエムぬまづ)「ピカソキャンディ」出演(全国でリアルタイム視聴可)

木根尚登公式サイトより



コーストFM(エフエムぬまづ)「ピカソキャンディ」

パーソナリティ:横井ピカソ利光、及位“CANDY”平

2020年1月17日(金)20:00〜
木根尚登特集(木根尚登出演なし)

2020年1月24日(金)20:00〜
木根尚登出演

http://www.coast-fm.com/

サイマルラジオで、PC・携帯から全国リアルタイム視聴可能。
https://www.jcbasimul.com/radio/785/




佐々木ゆう子/木根尚登「PURE SNOW」

小室哲哉が関与していたテレビ東京系の番組「ASAYAN」の「ASAYAN ボーカリストオーディション」を機にデビューした佐々木ゆう子。
その4枚目のシングルを、小室に紹介される形で木根尚登が楽曲制作を受けることになる。

木根が書き下ろしたバラードは、佐々木ゆう子と木根の音楽仲間のひとりである山本英美によって切ない片思いをモチーフにした歌詞が加わり、1999年「PURE SNOW」としてシングルリリースされる。
この曲はテレビ東京系アニメ「火魅子伝」オープニングテーマに起用される。
また同年のアルバム「PURE」にも収録されている。
ヒットには恵まれなかったものの、木根尚登のファンだけでなく一部のアニメファンからも、楽曲の良さを評価されていた。

2005年、木根尚登の作品を集めたオムニバスアルバム「Handmade Gallery ~The Best Works of NAOTO KINE~」に「PURE SNOW」が収録される。
また2012年、木根尚登のソロデビュー20周年の企画アルバムとして、提供曲のセルフカバーアルバム「キネメロ」が作られる。選曲はファン投票によるもので、その12曲の中に「PURE SNOW」が選ばれ、収録された。
2014年には、声優・原田ひとみがアニメの企画アルバムでカバーしている。

2018年、木根尚登ソロデビュー25周年記念ライブ「キネバラ」のセットリストに、「PURE SNOW」が選ばれる。
このライブは翌2019年に映像作品としてリリースされた。



関連記事

Handmade Gallery 〜The Best Works of NAOTO KINE〜
(アルバム紹介)

木根尚登20周年記念ベスト 提供楽曲集「キネメロ」
(アルバム紹介)

木根尚登ソロデビュー25周年記念公演「キネバラ」(ゲスト:小室哲哉)
(ライブレポ)

PURE SNOW
佐々木ゆう子
パイオニアLDC
1999-01-27


Handmade Gallery~The Best Works of NAOTO KINE~
オムニバス
Sony Music Direct
2005-11-02


木根尚登20周年記念ベスト提供楽曲集 キネメロ
木根尚登
よしもとアール・アンド・シー
2012-07-04



LOOKING BACK 2019

2019年は例年になく濃い1年だったように思います。

小田和正さん関係だと、「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」「風のようにうたが流れていた」「インタビュー ここから 小田和正」の放送、「ENCORE!! ENCORE!!」ツアーとそのパッケージ化、サブスクリプト解禁、「小田和正 Tour 2018〜19 ENCORE!! ENCORE!!」「今日は一日“小田和正”三昧 ENCORE!! (アンコール)」放送、矢野顕子さんのコンサートゲスト出演、「クリスマスの約束 2019」放送と、途切れなく様々な出来事があり、それぞれ楽しめた1年となりました。
特に7年ぶりとなる市販コンサートビデオ、初期作を含めた「クリスマスの約束」「風のようにうたが流れていた」配信、そしてNHK・TBSでの放送など、映像作品にまつわるエピソードが多かったことから、急遽「小田和正 映像作品史 1981-2019」を書かせていただきました。

TM NETWORK 関連ですと、アニメ「シティーハンター」新作映画公開による「Get Wild」再注目にはじまり、デビュー35周年記念による東京ドームフィルムコンサートや Blu-ray BOX 発売、森口博子や LUNA SEA などによる「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」カバー、アニメ映画「ぼくらの7日間戦争」に「SEVEN DAYS WAR」が挿入歌起用、と話題が尽きない1年でした。
デビュー35周年の年に本体が動かないことは残念な面がありますが、宇都宮隆さんや木根尚登さんのソロライブが、TM NETWORK を意識したものであったことも印象的でした。

他にも渡辺美里さん、中島みゆきさん、SING LIKE TALKING、スキマスイッチの新譜やライブなどもありました。
CHAGE and ASKA のことはこうならざるをえなかった、というのが正直な感想です。当面はお二人それぞれの活動を見守っていくことになりそうです。

2020年は冒頭から渡辺美里さんのコンサートではじまり、宇都宮隆さんの追加公演、木根尚登さんと佐藤竹善さんとのジョイントコンサート、ファン投票をもとにした TM NETWORK ベストアルバムのリリースが控えています。中島みゆきさんもツアーがはじまりますが、ラストツアーであることから、チケットが取れるかどうか…。
小田和正さんは次の動きは不明ですが、何しろ2019年は足かけ1年超のツアーの追加公演に、様々な映像作品をリリースしたばかり、次の情報はのんびりと待とうと思います。



Spiral
SING LIKE TALKING
ユニバーサル ミュージック アーティスツ
2019-05-29


青春(初回限定盤A)
スキマスイッチ
ユニバーサル ミュージック
2019-07-03




離郷の歌/進化樹
中島みゆき
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
2019-09-25



TM NETWORK 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」ガンダム関連映像に使用

情報源:ねとらぼ

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』ダイジェスト映像




『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』特報映像1




関連記事:

TM NETWORK 7インチ・アナログレコード「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」「SEVEN DAYS WAR」・小室哲哉「SEVEN DAYS WAR」BSCD2仕様 12/4 発売

TM NETWORK 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」
(楽曲紹介/2007年執筆)

TM NETWORK 30周年のテーマの一翼を担った 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」
(2015年執筆)

ガンダムの象徴としての TM NETWORK 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を超えて〜」
(今年(2019年)執筆)

TM NETWORK 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」
(「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」「SEVEN DAYS WAR」収録アルバム紹介/2006年執筆)




BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を越えて)(完全生産限定盤) [Analog]
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2019-12-04


CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20

Nobuyuki Shimizu Presents 木根尚登×鳥山雄司×清水信之

アレンジャー清水信之さん(キーボード)がプロデュースするライブ。
今回は、小学校時代からの旧友でもあるギタリスト鳥山雄司さんと、ベース・岡沢茂さん、パーカッション・山下あすかさん、そしてゲストの木根尚登さん(ボーカル)を迎えての演奏。

演奏は清水さんが参加した木根さんのセカンドアルバム「Never Too Late 〜夢のつづき〜」(1993年)や、木根さんが作曲し清水さんが編曲した渡辺美里さんの曲、清水さんが編曲した木根さん参加の加山雄三トリビュートアルバムの収録曲と、何かと縁のあるふたりにちなんだ曲が中心。

清水さんが TM NETWORK 「NERVOUS」にギターとして参加したエピソードからはじまり、清水さん・鳥山さんの小学校時代のエピソードに反応しての木根さんの宇都宮隆さんとのSNSに上げないようにと念押されたエピソードなど、トークも満載。
ちなみに「Born To Skip」「Come on Let's Dance」について、木根さんは「最初で最後」とおっしゃってました。

----------

セットリストは以下の通り。

Not Too Late (木根尚登)
夜明けのスローボード(木根尚登)
Born To Skip (渡辺美里)
二人だけの(加山雄三)
さくらの花の咲くころに(渡辺美里)
もう 戻らない(木根尚登)
Come on Let's Dance (TM NETWORK)

初恋(村下孝蔵)



木根尚登 公式サイト
http://www.kinenaoto.com/

鳥山雄司 オフィシャルサイト
http://www.toriyamayuji.com/

清水信之 ツイッター
https://twitter.com/ddsstudio

関連記事:

OTONA MUSIC PARADISE―大人音楽園―Vol.1― ”SAYONARA 平成!Stylish Pop @ SHIBUYA” (木根尚登・佐藤竹善 出演)
(2019年4月29日)

木根尚登「NAOTO KINE 2626ツアー」横浜公演

木根尚登「NAOTO KINE 2626ツアー」FINAL (東京公演/ゲスト:中村修司・小室みつ子)

木根尚登・広島綾子トーク&セッションライブ「ノスタルジイ・ソングス Vol.1」

劇場版『ユンカース・カム・ヒア』上映会 & トーク LIVE (木根尚登出演)

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2019 ニューロマンティックシアター」

NEVER TOO LATE
木根尚登
エピックレコードジャパン
1993-09-09


3x5
鳥山雄司
Super Paw(受託)
2016-09-07




DSC_1326

木根尚登「君が生まれた日」ミュージックビデオ YouTube で公開

木根尚登公式サイトより




関連記事:

木根尚登 遊ビートシリーズ 第1弾CD「R1」
(収録アルバム紹介)

For…〜消せない想い〜/So Happy Day
木根尚登
IROAS CORPORATION
2016-12-21



SEVEN DAYS WAR


1988.7.21 シングル「SEVEN DAYS WAR」リリース。

1988.8.5 小室哲哉「SEVEN DAYS WAR MUSIC FROM THE ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK」に収録。

1988.8.13 主題歌に起用された映画「ぼくらの七日間戦争」公開。

1988.8.25 東京ドーム「T-MUE-NEEDS STARCAMP TOKYO Produced by TM NETWORK」で演奏。

1988.12.9 アルバム「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」に「Four Pieces Band Mix」バージョンが収録。

1988.12.9〜1989.8.18 「TM NETWORK TOUR '88〜'89 CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」で演奏。

1991.9.9〜1992.4.18 「TOUR TMN EXPO」の一部公演、「フォークパビリオン」で演奏。

1993.8.21 リプロダクトアルバム「TMN CLASSIX 2」に「7 Days War (album overdub mix)」として収録。

1993.12.1 「Act Against Aids '93」国立代々木第一体育館公演で、小室哲哉・宇都宮隆・木根尚登として演奏。

1994.5.18 「TMN 4001 DAYS GROOVE」1日目に、宇都宮隆(ボーカル)・小室哲哉(ピアノ)・木根尚登(ギター)の3人だけで演奏。

1994.8.1 ビデオ「TMN final live LAST GROOVE 5.18」に収録。

1996.12.12 TMN 「TIME CAPSULE all the singles」に収録。

1999.10.25「YES TO LIFE FESTIVAL 麻薬・覚せい剤禍撲滅運動千葉大会」(TM NETWORK 再始動後初ライブ)にて演奏。

2000.7.27 TM NETWORK 「Log-on to 21st Century」エンディングで新録音源が流される。

2003.5.27-6.27 「TM NETWORK tribute LIVE -UTSU & KINE'S SELECTION FROM TM SONGS-」で演奏。

2003.9.6・7 ファンクラブイベント「LIVE IN NAEBA '03 -FORMATIONLAP-」で演奏。

2004.2.20 ファンクラブ限定 DVD 「LIVE IN NAEBA '03 -FORMATIONLAP-」に収録。

2004.3.1 TM NETWORK 「WORLD HERITAGE DOUBLE-DECADE COMPLETE BOX」に収録。

2004.6.24〜25 TM NETWORK 「DOUBLE-DECADE TOUR "NETWORK" FINAL in NIPPON BUDOKAN」で、参加アーティスト(FENCE OF DEFENSE、葛城哲哉、阿部薫、浅倉大介、松本孝弘(6.25のみ))全員で演奏。

2004.9.1 DVD 「DOUBLE-DECADE TOUR "NETWORK"」に収録。

2004.12.22 ファン投票による TM NETWORK ベストアルバム「Welcome to the FANKS!」に収録。

2005.4.8 DVD 「TM NETWORK tribute LIVE 2003」 に収録。

2007.11.2〜12.3 「TM NETWORK -REMASTER-」で演奏。

2008.3.27〜5.25 「TM NETWORK PLAY SPEEDWAY and TK HITS!!」で演奏。

2008.4.2 DVD 「TM NETWORK -REMASTER- at NIPPON BUDOKAN 2007」 に収録。

2008.5.28 TM NETWORK 「THE SINGLES 1」に収録。

2010.9.29 浜崎あゆみがカバー、シングル「crossroad」に収録。

2012.3.20 東日本大震災チャリティイベント「All That LOVE -give & give-」で演奏。

2012.4.25 「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-」2日目で演奏。

2012.5.23 「TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999」に収録。また「TM NETWORK ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999」にインストバージョン収録。

2014.10.29〜2015.1.11 「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30」のオープニングにインストが流される。

2014.12.24 TM NETWORK 「CAROL DELUXE EDITION」に収録。

2015.2.7〜15 「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」で演奏。

2015.7.22 LIVE Blu-ray / DVD 「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」に収録。

2016.3.23 Blu-ray BOX 「TM NETWORK 2012-2015」に、「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-」「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」として収録。

2019.5.22 「TM NETWORK THE VIDEOS 1984-1994」に、「T-MUE-NEEDS STARCAMP TOKYO 1988.08.25」(初パッケージ化)、「TMN final live LAST GROOVE 5.18」として収録。

2019.12.4 7インチアナログレコードシングルが完全生産限定盤としてリリース。

2019.12.13 アニメーション映画「ぼくらの7日間戦争」に挿入歌として起用される。

----------

1988年、「ぼくらの7日間戦争」主題歌として書き下ろされた曲。
アニメ「シティーハンター」主題歌「Get Wild」(1987年)を皮切りに、TBS系テレビドラマ「痛快!ロックンロール通り」主題歌となった「RESISTANCE」、アニメ映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」主題歌として書き下ろされた「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」に続くタイアップ曲。
いずれの曲も、作詞・小室みつ子、作曲・編曲・小室哲哉という組み合わせであるという点も興味深い。

映画が「大人への異議申し立て」をテーマであったことから、歌詞はメッセージ色のコイモノとなった。但し、TM NETWORK 自身が「All-Right All-Night (No Tears No blood) 」以降、メッセージ色の濃い歌詞が増えており、その流れを汲むものでもあった。
サウンドはロッカバラード色が強く、小室哲哉や TM NETWORK の象徴であるシンセサイザーサウンドも抑え気味であったが、サビでの転調という小室サウンドの特色はこの曲にも反映している。
この曲が収録されるアルバム「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」はプログレッシブ・ロック色の濃いアルバムであり、その制作途中で作られたこの曲は、その傾向を受け継いでいるといえる。

「SEVEN DAYS WAR」はオリコン週間3位になるヒット曲となり、東京ドーム公演「T-MUE-NEEDS STARCAMP TOKYO Produced by TM NETWORK」や、アルバムと連動したツアー「TM NETWORK TOUR '88〜'89 CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」でも演奏されている。
しかし翌1989年、リプロダクト(リミックス)アルバム「DRESS」リリースの頃から、TM NETWORK のサウンドはユーロビートをはじめとするダンスサウンドへと傾倒していく。その傾向を明確にした「TM NETWORK CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!! '89」では、「SEVEN DAYS WAR」はセットリストから外される。

TMN 時代は、ハードロックやハウスサウンドの展開の中、この曲はヒット曲ながらセットリストには組み込まれにくかった。
但し1991〜1992年「TOUR TMN EXPO」での、宇都宮隆・木根尚登・浅倉大介による、日本のフォークソングの名曲や TM NETWORK のナンバーをアコースティックで演奏するコーナー「フォークパビリオン」では、アコースティックに演奏されている。

一方、メッセージ性の強い歌詞故に、「Act Against Aids '93」を皮切りに、TM NETWORK が出演するチャリティーイベントで演奏されることが多くなる。

また1994年、東京ドームでの「TMN 4001 DAYS GROOVE」での宇都宮隆・小室哲哉・木根尚登の3人だけの演奏、2004年「DOUBLE-DECADE TOUR "NETWORK" FINAL in NIPPON BUDOKAN」での、歴代主要サポートメンバー(FENCE OF DEFENSE、葛城哲哉、阿部薫、浅倉大介、松本孝弘(6.25のみ))が集っての演奏、と TM NETWORK の節目となるライブでは、この曲が印象的な形で演奏されている。

ファンの人気も根強く、2004年のファン投票による TM NETWORK ベストアルバム「Welcome to the FANKS!」では、19位にランクインして収録されている。

2019年、映画「ぼくらの7日間戦争」の続編となるアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」の挿入歌として「SEVEN DAYS WAR」が起用される。これに連動して、「SEVEN DAYS WAR」のアナログシングルがリリースされた。







関連記事:

TM NETWORK 7インチ・アナログレコード「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」「SEVEN DAYS WAR」・小室哲哉「SEVEN DAYS WAR」BSCD2仕様 12/4 発売

TM NETWORK 「TMN final live LAST GROOVE 5.18『SEVEN DAYS WAR』2019 Remaster 90sec Ver.」YouTube で公開

TM NETWORK 「SEVEN DAYS WAR」アニメ映画「ぼくらの7日間戦争」×実写映画「ぼくらの七日間戦争」スペシャル映像で使用 & アニメ映画に宇都宮隆・木根尚登コメント

宇都宮隆 インタビュー(Blu-ray BOX「TM NETWORK THE VIDEOS 1984-1994」関連 Part.2)
※関連情報・映像掲載

----------

TM NETWORK 「SEVEN DAYS WAR」
(楽曲紹介/2007年執筆)

TM NETWORK 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」
(収録アルバム紹介/2006年執筆)

TMN「CLASSIX 1・2」
(収録アルバム紹介/2006年執筆)

TMN「TIME CAPSULE」
(収録アルバム紹介/2006年執筆)

TM NETWORK 「Welcome to the FANKS !」
(収録アルバム紹介/2006年執筆)

----------

TM NETWORK 「T-MUE-NEEDS STARCAMP TOKYO Produced by TM NETWORK」(1988)

TM NETWORK 「TM NETWORK TOUR '88〜'89 CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」

TM NETWORK / TMN 「TMN 4001 DAYS GROOVE」(1994.5.18-19)

1999.10.25「YES TO LIFE FESTIVAL 麻薬・覚せい剤禍撲滅運動千葉大会」 TM NETWORK ライブ

TM NETWORK 「Log-on to 21st Century」 2000.7.27 横浜アリーナ

TM NETWORK tribute LIVE -UTSU & KINE'S SELECTION FROM TM SONGS-

TM NETWORK LIVE IN NAEBA'03 -FORMATION LAP-

TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR FINAL “NETWORK” in NIPPON BUDOKAN

TM NETWORK -REMASTER-
(記事集)

TM NETWORK PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!
(記事集)

震災復興チャリティーイベント「ALL THAT LOVE -give & give-」セットリスト

震災復興チャリティーイベント「ALL THAT LOVE -give & give-」簡単レポ&感想など

TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-
(記事集)

TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT 30 HUGE DATA
(記事集)



SEVEN DAYS WAR(完全生産限定盤) [Analog]
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2019-12-04


SEVEN DAYS WAR
小室 哲哉
SMD
2019-12-04


CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2019 ニューロマンティックシアター」関連ツイート集









木根尚登公式サイト
http://www.kinenaoto.com/

関連記事:木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2019 ニューロマンティックシアター」


木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2019 ニューロマンティックシアター」

12月恒例となりつつある、バックバンドが参加しての木根尚登ソロライブは、昨年と同じ羽田空港国際線ターミナルのホールで開催。

演奏は吉田ゐさおさん率いるバンドがメインで、木根さんは時折ピアノを弾くものの、歌唱に専念する曲が多かったです。
またバンド編成ということもあって、歌だけでなく間奏や後奏でも聞かせる演奏となりました。

TM NETWORK 35周年ということもあってか、TM NETWORK のナンバーも多数選曲されたライブ。
映画「シティーハンター」ヒットにちなんで「STILL LOVE HER 〜失われた風景〜」、12月ということで「Leprechaun Christmas」、エルトン・ジョンの映画「ロケットマン」の影響によるという「You Can Dance」と、定番から意外な曲までのチョイスでした。
夜の部では「Leprechaun Christmas」で観客にコーラスを参加を求め、また「You Can Dance」の途中から木根さんがステージを降りて客席の通路で歌いました。

ソロの曲もバンドサウンドや、木根さんのピアノが映える曲が演奏されました。

また木根さんと吉田さんが劇団こどもみかんを組んでいることもから、学生時代に書いた曲「自業自得」をモチーフにしたバンドメンバー参加の寸劇(テーマはバンド内恋愛)も、ステージに織り込まれました。

このライブがソロデビュー27周年スタートだという木根さん。来年は夏から秋にかけて27本のツアー(ふなふなツアー)を予定しているとのこと。
アンコールで新曲「僕は君のために成る」を披露した際、来年は新曲を多数用意して羽田でライブをやりたい、とコメントしていました。

----------

セットリストは以下の通り。

We are starting over
Looking at You
レイニーブルースが聞こえる(夜の部:冬の花)
STILL LOVE HER 〜失われた風景〜

※こどもみかん劇場「自業自得」(寸劇)
自業自得

SOME MORE
無知の涙
ポニーテール
Leprechaun Christmas
50回目のファーストキッス
永遠のスピード
You Can Dance
GATE

・Encore
君が生まれた日
僕は君のために成る(新曲)



木根尚登公式サイト
http://www.kinenaoto.com/

関連記事:

OTONA MUSIC PARADISE―大人音楽園―Vol.1― ”SAYONARA 平成!Stylish Pop @ SHIBUYA” (木根尚登・佐藤竹善 出演)
(2019年4月29日)

木根尚登「NAOTO KINE 2626ツアー」横浜公演

木根尚登「NAOTO KINE 2626ツアー」FINAL (東京公演/ゲスト:中村修司・小室みつ子)

木根尚登・広島綾子トーク&セッションライブ「ノスタルジイ・ソングス Vol.1」

劇場版『ユンカース・カム・ヒア』上映会 & トーク LIVE (木根尚登出演)

----------

木根尚登 NAOTO KINE “REBOOT”
(2015年10月31日)

木根尚登オフィシャルファンクラブ会員限定イベント「I'm On Your Side」
(2016年5月21日)

木根尚登 NAOTO KINE Concert 2016 “Return”
(2016年12月10日)

木根尚登弾き語りツアー2017「久しぶりです」(ゲスト:鶴田奈々・中村中)
(2017年5月13日)

木根尚登弾き語りツアー2017「久しぶりです」追加公演(ゲスト:西部里菜)
(2017年7月2日)

木根尚登ソロデビュー25周年記念公演「キネバラ」(ゲスト:小室哲哉)
(2017年12月2日)

木根尚登「NAOTO KINE 2525ツアー」(ゲスト:嶋田陽一)
(2018年9月15日)

木根尚登「NAOTO KINE 2525ツアー」最終日(ゲスト:葛城哲哉)
(2018年9月16日)

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2018 new STORY」
(2018年12月15日)



DSC_1307

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2019 ニューロマンティックシアター」(12/14・15)当日券情報

木根尚登公式サイトより


NAOTO KINE CONCERT 2019 ニューロマンティックシアター

2019年12月14日(土)・15日(日)
東京 TIAT SKY HALL(羽田空港国際線旅客ターミナル内)
14日(土)16:30開場 17:00開演<当日券あり>
15日(日)12:30開場 13:00開演<当日券あり>
15日(日)16:00開場 16:30開演<当日券なし>

当日券:全席指定7,200円(1ドリンク付)未就学児童入場不可


「NAOTO KINE CONCERT 2019 ニューロマンチックシアター」会場にて、オリジナルTシャツと、ライブ会場限定グッズCD『R1』の販売が決定。
詳細:http://www.kinenaoto.com/information/6839

----------

関連記事:木根尚登 遊ビートシリーズ 第1弾CD「R1」(アルバム紹介)




TM NETWORK 「SEVEN DAYS WAR」アニメ映画「ぼくらの7日間戦争」×実写映画「ぼくらの七日間戦争」スペシャル映像で使用 & アニメ映画に宇都宮隆・木根尚登コメント

MANTANWEB(毎日新聞):ぼくらの7日間戦争:宮沢りえ主演実写映画とアニメ版のコラボ映像公開 中山ひとみ、TM NETWORKの「SEVEN DAYS WAR」も

Abema TIMES : TM NETWORK宇都宮隆&木根尚登、アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』にコメント 劇中で「SEVEN DAYS WAR」を使用




アニメーション映画「ぼくらの7日間戦争」(2019年12月13日公開)で、TM NETWORK 「SEVEN DAYS WAR」別アレンジバージョンが、挿入歌として起用されます。

アニメーション映画「ぼくらの7日間戦争」公式サイト
http://7dayswar.jp/

関連記事:

TM NETWORK 7インチ・アナログレコード「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」「SEVEN DAYS WAR」・小室哲哉「SEVEN DAYS WAR」BSCD2仕様 12/4 発売

TM NETWORK 「TMN final live LAST GROOVE 5.18『SEVEN DAYS WAR』2019 Remaster 90sec Ver.」YouTube で公開

TM NETWORK 「SEVEN DAYS WAR」
(楽曲紹介/2007年執筆)

TM NETWORK 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」
(収録アルバム紹介/2006年執筆)



SEVEN DAYS WAR(完全生産限定盤) [Analog]
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2019-12-04


CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20

木根尚登「NAOTO KINE CONCERT 2019 ニューロマンティックシアター」(12/14・15)販売グッズ発表

木根尚登公式サイトより


「NAOTO KINE CONCERT 2019 ニューロマンチックシアター」会場にて、オリジナルTシャツと、ライブ会場限定グッズCD『R1』の販売が決定。
詳細:http://www.kinenaoto.com/information/6839

----------

NAOTO KINE CONCERT 2019 ニューロマンティックシアター

2019年12月14日(土)・15日(日)
東京 TIAT SKY HALL(羽田空港国際線旅客ターミナル内)
14日(土)16:30開場 17:00開演
15日(日)12:30開場 13:00開演
15日(日)16:00開場 16:30開演

チケット代金:全席指定7,200円(1ドリンク付)未就学児童入場不可


関連記事:木根尚登 遊ビートシリーズ 第1弾CD「R1」(アルバム紹介)




TM NETWORK 「TMN final live LAST GROOVE 5.18『SEVEN DAYS WAR』2019 Remaster 90sec Ver.」YouTube で公開

情報源: BARKS

TMN final live LAST GROOVE 5.18『SEVEN DAYS WAR』2019 Remaster 90sec Ver.




TM NETWORK 7インチ・アナログレコード「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」

発売日:2019年12月4日
品番:MHKL-23
価格:1,800円(税抜)
販売元:株式会社ソニー・ミュージックダイレクト

仕様:株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ 乃木坂スタジオカッティング 、静岡工場プレス
クリアパープルヴァイナル仕様 完全限定生産盤

収録曲
Side A: BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)
Side B: BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)(Instrumental Mix)



TM NETWORK 7インチ・アナログレコード「SEVEN DAYS WAR」

発売日:2019年12月4日
品番:MHKL-24
価格:1,800円(税抜)
販売元:株式会社ソニー・ミュージックダイレクト

仕様:株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ 乃木坂スタジオカッティング、静岡工場プレス
クリアブルーヴァイナル仕様 完全限定生産盤

収録曲
Side A: SEVEN DAYS WAR
Side B: GIRL FRIEND

----------

映画「ぼくらの七日間戦争」オリジナル・サウンド・トラック
小室哲哉「SEVEN DAYS WAR」

発売日:2019年12月4日
品番:MHCL-30627
価格:2,500円+税
販売元:株式会社ソニー・ミュージックダイレクト

仕様:BSCD2仕様 2019年リマスター

収録内容:
1. INCOMMUNICABLE
2. IN THE FACTORY
3. DEATH FACTORY
4. IN THE FACTORY 1
5. GIRLFRIEND (Instrumental)
6. SCHOOL -overture-
7. FUN FACTORY
8. FIRST MOVEMENT
9. IN THE FACTORY 2
10. WAR TEACHERS
11. GIRL FRIEND
12. WINNERS
13. SEVEN DAYS WAR
14. IN THE FACTORY 3


TM NETWORK 7インチ・アナログレコード「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」「SEVEN DAYS WAR」・映画「ぼくらの七日間戦争」オリジナル・サウンド・トラック 小室哲哉「SEVEN DAYS WAR」特設ページ
http://www.110107.com/s/oto/page/tm_network_7inch



関連記事:

TM NETWORK 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」
(楽曲紹介/2007年執筆)

TM NETWORK 30周年のテーマの一翼を担った 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」
(2015年執筆)

ガンダムの象徴としての TM NETWORK 「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を超えて〜」
(今年(2019年)執筆)

TM NETWORK 「SEVEN DAYS WAR」
(楽曲紹介/2007年執筆)

TM NETWORK 「Girlfriend」
(楽曲紹介/2007年執筆)

TM NETWORK 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」
(「BEYOND THE TIME 〜メビウスの宇宙を越えて〜」「SEVEN DAYS WAR」収録アルバム紹介/2006年執筆)






BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を越えて)(完全生産限定盤) [Analog]
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2019-12-04

小室 哲哉
SMD
2019-12-04


SEVEN DAYS WAR(完全生産限定盤) [Analog]
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2019-12-04


木根尚登 福山潤 アルバム「P.o.P -PERS of Persons-」(1/8発売)に「オレンジ色の手紙」提供




福山潤 アルバム「P.o.P -PERS of Persons-」

発売日:2020年1月8日(水)

・初回限定盤(CD+DVD)
商品番号:PCCG.01847
定価:4,000円(税抜)

封入特典
・「パース・オブ・パーソンズ」MV
・「Start」MV
・「パース・オブ・パーソンズ」ジャケット&MVメイキング ショートバージョン
・2020年4月18日開催 中野サンプラザワンマンライブ 優先販売申し込み券


・通常盤【CD only】
商品番号:PCCG.01848
定価:3,000円(税抜)

封入特典
・2020年4月18日開催 中野サンプラザワンマンライブ 優先販売申し込み券

・きゃにめ限定盤(CD+DVD)
商品番号:SCCG.00045
定価:5,000円(税抜)

封入特典
・「パース・オブ・パーソンズ」MV
・「Start」MV
・「Tightrope」リリースイベント メイキング&ダイジェストムービー
・「パース・オブ・パーソンズ」ジャケット&MVメイキング
・「dis-communicate」スペシャルミニライブ メイキング&ダイジェストムービー
・2020年4月18日開催 中野サンプラザワンマンライブ 優先販売申し込み券

・収録曲
1.展望録
(作詞:松井洋平 作曲/編曲:eba(F.M.F))
2.パース・オブ・パーソンズ
(作詞:福山潤、松井洋平 RAP作詞:RYUICHI 作曲/編曲:JUVENILE)
3.Automatic double-face
(作詞/作曲:Q-MHz 編曲:大和)
4.Breaking Dawn
(作詞:松井洋平 作曲/編曲:神田ジョン)
5.Moving
(作詞:福山 潤、松井洋平 作曲:島みやえい子 編曲:神田ジョン)
6.Territory
(作詞:松井洋平 作曲/編曲:竹田祐介 (Elements Garden))
7.Tightrope (Album version)
(作詞:福山 潤、松井洋平 作曲/編曲:竹田祐介 (Elements Garden))
8.dis-communicate (Album version)
(作詞:福山 潤、松井洋平 作曲/編曲:eba(F.M.F))
9.Glowing with you
(作詞:福山潤、松井洋平 with Persons 作曲/編曲:大和)
10.エクストラ
(作詞:松井洋平 作曲:山下洋介 編曲:陶山 隼)
11.オレンジ色の手紙
(作詞/作曲:木根尚登 編曲:大和)
12.Start (KEN THE 390 & 福山潤)
・東京都町田市PRアニメーション「START」エンディング・テーマ
(作詞:KEN THE 390 作曲/編曲:Kan Sano)


福山潤 アーティスト公式サイト
http://fukuyamajun-music.com/


宇都宮隆・木根尚登 それぞれの「Get Wild」

2017年4月、TM NETWORK 「Get Wild」 リリース30周年を記念して、原曲・リミックス・カバーなど36曲の「Get Wild」を収録した「GET WILD SONG MAFIA」がリリースされた。
このアルバムには作詞・小室みつ子のカバーバージョンや、作曲・編曲・小室哲哉の新しいリミックスバージョンが収録されている。

その「GET WILD SONG MAFIA」リリース後に、TM NETWORK のメンバーである宇都宮隆・木根尚登が、それぞれのsorode「Get Wild」をカバーしている。

宇都宮隆のカバーは、2017年のソロツアー「T.UTU with The BAND Phenix Tour 2017 ξIdiosξ」で披露された。
T.UTU with The BAND は宇都宮隆の初期のソロ活動をサポートしたロックバンドで、土橋安騎夫(REBECCA /キーボード)をバンマスに、山田わたる(FENCE OF DEFENSE /ドラム)、葛城哲哉(ギター)、是永巧一(ギター)などが参加。2016年に新メンバー・種子田健(ベース)が加わって久々に復活していた。
このメンバーによって奏でられたロックテイストの「Get Wild」は、同年10月に「GET WILD PANDEMIC」として配信リリース、翌2018年2月には宇都宮隆ソロデビュー25周年記念アルバム「mile stone」に収録された。

一方、木根尚登はイベントに参加する際に「Get Wild」をカバーすることがあった。そのアレンジは、アコースティックギターをアップテンポで弾くスタイルであった。
木根尚登がソロで「Get Wild」を音源化したのは2019年。ギター弾き語りによるソロツアー「NAOTO KINE 2626ツアー」会場限定で販売された、木根尚登 遊ビートシリーズ 第1弾CD「R1」に収録された「Get Wild」は、それまでのアコースティックギターバージョンとは一転、ピアノのみによるバラードとなった。これはバラードを得意とする木根尚登に合わせたトラック、といった趣がある。







関連記事:

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」
(2015年執筆)

TM NETWORK 「GET WILD SONG MAFIA」に収録されなかった「GET WILD」
(2017年執筆)

TM NETWORK 「GET WILD 30th Anniversary Collection - avex Edition」 5/3 配信開始
(2017年)

TM NETWORK 「GET WILD SONG MAFIA」(4/5 発売)ブックレットにメンバーのインタビュー等収録 & 最新告知映像公開
(2017年)

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜
(2019年執筆)

宇都宮隆 T.UTU with The BAND 「GET WILD PANDEMIC」本日10/25配信開始
(2017年)

宇都宮隆ソロデビュー25周年記念アルバム「mile stone」(2/28発売)関連映像公開 他
(収録アルバム情報/2018年)

宇都宮隆 ソロ活動概史〜25年の軌跡〜
(2018年)

木根尚登 遊ビートシリーズ 第1弾CD「R1」
(収録アルバム紹介)

Get Wild(完全生産限定盤) [Analog]
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2017-04-12


GET WILD SONG MAFIA
TM NETWORK
avex trax
2017-04-05


mile stone(ミニAL+AL)
宇都宮隆
avex trax
2018-02-28

「Nobuyuki Shimizu Presents 木根尚登×鳥山雄司×清水信之」12/30 開催

木根尚登公式サイトより


Nobuyuki Shimizu Presents 木根尚登×鳥山雄司×清水信之

2019年12月30日(月)
東京・渋谷 eplus LIVING ROOM CAFE & DINING
1st 開場16:00 開演17:00
2nd 開場19:30 開演20:30

出演:木根尚登、鳥山雄司、清水信之 他


チケット:全席指定8,000円(税込/飲食代1フード1ドリンク別途/未就学児童入場不可)
チケット発売日:2019年12月4日(水)12:00〜 イープラスにて

主催:Nob’s Living Room PROJECT/イープラス・ライブ・ワークス

問合せ:イープラス・ライブ・ワークス
TEL.03-6452-5650(平日11:00〜18:00)

----------

木根尚登×佐藤竹善 My Favorite Songs

2020年2月6日(木)
君津市民文化ホール大ホール
開場18:00 開演18:30


2020年2月28日(金)
相模原市・相模女子大学グリーンホール大ホール
開場18:00 開演18:30


2020年3月1日(日)
千葉市・千葉県文化会館大ホール
開場13:30 開演14:00


2020年3月12日(木)18:00開場/18:30開演
松戸市・森のホール21大ホール
開場18:00 開演18:30

出演:木根尚登、佐藤竹善、金澤英明(ベース)、石井彰(ピアノ)、石若駿(ドラム)


チケット(未就学児童は入場不可)
君津:全席指定6,500円(税込)
相模原: S席6,500円/A席6,000円(税込)
千葉: S席6,500円/A席6,000円(税込)
松戸: S席6,500円/A席6,000円/B席5,500円(税込)

チケット発売日:2019年11月21日(木)

プレイガイド:
チケットぴあ 電話 0570-02-9999
ローソンチケット 電話 0570-084-003
君津市民文化ホール(君津公演)電話 0439-55-3300
グリーンホールチケットセンター(相模原公演)電話 042-742-9999
千葉県文化会館(千葉公演)電話 043-222-0201
森のホール21チケットセンター(松戸公演)電話 047-384-3331

問い合わせ:MIN-ONインフォメーションセンター
電話 03-3226-9999(平日10:00〜17:30)


関連記事:

OTONA MUSIC PARADISE―大人音楽園―Vol.1― ”SAYONARA 平成!Stylish Pop @ SHIBUYA” (木根尚登・佐藤竹善 出演)
(2019年4月)

木根尚登&佐藤竹善「TMN+SLT=∞」
(2017年7月)

木根尚登 Talk & Live 15th Anniversary Special 2日日
(2007年12月 佐藤竹善ゲスト出演)

For…〜消せない想い〜/So Happy Day
木根尚登
IROAS CORPORATION
2016-12-21




The Best of Cornerstones 1 to 5 ~ The 20th Anniversary ~
佐藤竹善
ユニバーサル ミュージック
2016-11-23

木根尚登 遊ビートシリーズ 第1弾CD「R1」

木根尚登が「NAOTO KINE 2626ツアー」会場限定で販売した、4曲収録のCD。

「傘がさせない」は、日本テレビ系「笑神様は突然に…」で、木根が他の出演者と即興で作った曲「リスキネスルー」の、歌詞変更バージョン。歌詞ではツアーのエピソードを描いている。

「Get Wild」は、木根が属する TM NETWORK の代表曲のカバー。木根がソロでイベントに出演する際にもカバーしているが、その多くはアコースティックギターによるオリジナルのテンポに近い弾き語りである。今回はこのバージョンと違い、ピアノによるバラード仕立てのアレンジとなっている。この曲のインストゥルメンタルも収録されている。

「8月の長い夜」は、TM NETWORK のセカンドアルバム「CHILDHOOD'S END」収録曲のカバー。小室哲哉作品であるが、木根のソロライブで何度か歌われていた曲である。原曲の雰囲気を生かしたアレンジとなっている。

「君が生まれた日」は、子どもへのメッセージソング。最近の木根尚登ソロ作品「ひかり桜(旭丘高校ボート部に捧ぐ)」「清らかな水の町で」「For…〜消せない想い〜」「So Happy Day」の流れを汲む作品となっている。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

木根尚登 遊ビートシリーズ 第1弾CD「R1」

販売場所 NAOTO KINE 2626ツアー各会場
販売価格:2,500円(税込)

・収録曲

「傘がさせない」
作詞・作曲:木根尚登
編曲・コーラス・ミキサー:吉田ゐさお

「Get Wild」
編曲・ピアノ:佐藤拓馬
ミキサー:吉田ゐさお

「8月の長い夜」
ピアノ:佐藤拓馬 ギター:内田敏夫
編曲・ミキサー:吉田ゐさお

「君が生まれた日」
作詞・作曲:木根尚登
ピアノ:佐藤拓馬 ギター:内田敏夫 おうた:ちひろ
編曲・コーラス・ミキサー:吉田ゐさお

「Get Wild」インストゥルメンタル


企画・プロデュース 吉田ゐさお
アートディレクター 大村 雄平




木根尚登公式サイト
http://www.kinenaoto.com/

----------

関連記事:木根尚登「君が生まれた日」ミュージックビデオ用 0歳児の写真募集

For…〜消せない想い〜/So Happy Day
木根尚登
IROAS CORPORATION
2016-12-21



劇場版『ユンカース・カム・ヒア』上映会 & トーク LIVE (木根尚登出演)

劇場版「ユンカース・カム・ヒア」の舞台となった世田谷での上映会は、レストランで開催。

上映会後にはユンカースのリアルな飼い主・大谷香菜子さん司会による木根尚登さんとの、ミニチュアシュナウザー・ファルゥーを交えてのトークへ。
TM NETWORK のアルバム「CAROL」の、宿泊施設つきのスタジオでユンカースが走り回っていたことなど、ユンカースにまつわるエピソード等を披露。
今は犬を飼っていない木根さん、実家では父親がよく犬を連れてきたけど、気がついたら他の人に譲っていたそうです。

2005年に亡くなったユンカースにかわり登場したファルゥーは、ユンカースに性格が似ているとのこと。
また来年、最初の小説をリリースしてから30年になることから、木根さんは何か企画をやりたいとのこと。

最後に木根さんのギター弾き語りにより映画のテーマソング「ホントの君 ウソの君」、ユンカースの追悼歌「6月6日」を歌ってくれました。


劇場版『ユンカース・カム・ヒア』上映会 & トーク LIVE 公式Facebook
https://www.facebook.com/junkerscomehere/

劇場版『ユンカース・カム・ヒア』上映会 & トーク LIVE Twitter
https://twitter.com/junkers_stage06


木根尚登から小室哲哉の愛犬ユンカースへ《6月6日》



----------

関連記事

木根尚登とユンカース〜「ユンカース・カム・ヒア」「ホントの君 ウソの君」「6月6日」〜



ユンカース・カム・ヒア [VHS]
古本新之輔
バンダイビジュアル
2001-12-21


liquid sun
木根尚登
エピックレコードジャパン
1995-12-01


Life(初回盤)
木根尚登
R and C Ltd.
2005-10-26

木根尚登「君が生まれた日」ミュージックビデオ用 0歳児の写真募集

木根尚登公式サイトより


木根尚登 遊ビートシリーズ 第1弾CD「R1」(「NAOTO KINE 2626ツアー」会場限定販売)収録曲「君が生まれた日」ミュージックビデオ制作にあたり、0歳児の写真を募集。

詳細はこちらを参照↓
http://www.kinenaoto.com/information/6820




For…〜消せない想い〜/So Happy Day
木根尚登
IROAS CORPORATION
2016-12-21



TM NETWORK 「SEVEN DAYS WAR」 アニメーション映画「ぼくらの7日間戦争」(12/13 公開)挿入歌に起用

シネマトゥデイ:北村匠海、『ぼくらの7日間戦争』名曲に感動


アニメーション映画「ぼくらの7日間戦争」(2019年12月13日公開)で、TM NETWORK 「SEVEN DAYS WAR」別アレンジバージョンが、挿入歌として起用されます。


アニメーション映画「ぼくらの7日間戦争」公式サイト
http://7dayswar.jp/

関連記事:

TM NETWORK 7インチ・アナログレコード「BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」「SEVEN DAYS WAR」・小室哲哉「SEVEN DAYS WAR」BSCD2仕様 12/4 発売

TM NETWORK 「SEVEN DAYS WAR」
(楽曲紹介/2007年執筆)

TM NETWORK 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」
(収録アルバム紹介/2006年執筆)



SEVEN DAYS WAR(完全生産限定盤) [Analog]
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2019-12-04


CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20

QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目(小田和正・ASKA・スキマスイッチ出演)

ap bank fes '08 2日目(小田和正出演)

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目(小田和正出演)

ap bank fes '12 つま恋3日目(小田和正出演)

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ