GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

風の街

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正の楽曲が JRA (日本中央競馬会)ブランド CM ソングに起用されたのは2000年、アルバム「個人主義」の先行シングルとしてリリースされたシングル「woh woh」であった。
その CM は「最後の10完歩」と題されている。
この年、阪神競馬場と東京競馬場のレースの合間に小田和正が登場、「woh woh」を歌唱している。
「woh woh」はその後、ベストアルバム「自己ベスト」(2002年)、「あの日 あの時」(2016年)に収録されている。

同年、「個人主義」収録曲「19の頃」が「woh woh」に変わって JRA ブランド CM ソングに起用された。
翌2001年には、書き下ろしの新曲「風の街」が JRA ブランド CM ソングに提供された。
「風の街」はシングルリリースを経て、アルバム「LOOKING BACK 2」に収録されている。

その後、10年ほど経過した2011年、「woh woh」を起用した CM 「最後の10完歩」が10年ぶりに復活する。
翌2012年には、「19の頃」をバックに完全新作の CM 「次の夢」が作られる。
そして2013年、新 CM「エマズウィッシュ物語」に、小田和正の書き下ろしの新作が提供された。
この新作は「彼方」と題され、翌2014年のアルバム「小田日和」に収録される。

そして今年(2019年)、JRA管轄下の阪神競馬場70周年「明日」篇CMソングとして、アルバム「そうかな」(2005年)・「あの日 あの時」(2016年)収録曲の「明日」が起用された。


 

関連記事:

小田和正「明日」(アルバム「そうかな」「あの日 あの時」収録)阪神競馬場70周年「明日」篇に起用

----------

小田和正 「woh woh」
(楽曲紹介)

小田和正 「19の頃」
(楽曲紹介)

小田和正 「風の街」
(楽曲紹介)

小田和正「明日」
(楽曲紹介)

----------

小田和正 「個人主義」
(アルバム紹介)

小田和正 「LOOKING BACK 2」
(アルバム紹介)

小田和正 「自己ベスト」
(アルバム紹介)

小田和正 「そうかな」
(アルバム紹介)

小田和正 アルバム「小田日和」
(アルバム紹介)

小田和正ベストアルバム「あの日 あの時」
(アルバム紹介)

----------

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

----------

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

小田和正「はるかな夢」と「the flag」〜 アルバム「個人主義」のコントラスト〜

個人主義
小田和正
ファンハウス
2000-04-19


LOOKING BACK2
小田和正
ファンハウス
2001-05-16


自己ベスト
小田和正
BMG JAPAN
2002-04-24


そうかな
小田和正
BMG JAPAN
2005-06-15


小田日和
小田和正
アリオラジャパン
2014-07-02


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

小田和正 @ JRA CM

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
小田和正の楽曲が JRA の CM に起用されたのは2000年。
アルバム「個人主義」の先行的シングルとなった、「woh woh」であった。
同年、「個人主義」収録曲「19の頃」が CM に起用された。
翌2001年には、書き下ろしの新曲「風の街」が CM に提供された。

その後、10年ほど CM 起用はなかった。
しかし2011年、「woh woh」を起用した CM 「最後の10完歩」が10年ぶりに復活。
翌2012年には、「19の頃」をバックに完全新作の CM が作られる。
そして今年、新 CM 「エマズウィッシュ物語」に、書き下ろしの新作が提供された。


関連記事:

小田和正 「woh woh」

小田和正 「19の頃」

小田和正 「風の街」

----------

小田和正「woh woh」使用、JRAブランド広告「最後の10完歩」が2011年再登場

小田和正「19の頃」、JRA 近代競馬150周年テレビ CM 〜「次の夢へ」〜起用

小田和正、JRA 新ブランドCM 「エマズウィッシュ物語」に書き下ろし曲提供

個人主義個人主義 [CD]
小田和正


「君との思い出」と「風の街」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
「君との思い出」は小田和正によるオフコースのセルフカバーアルバム「LOOKING BACK」(1996年)、「風の街」はセルフカバーアルバム第2弾「LOOKING BACK 2」(2001年)に収録されたソロの曲である。
オフコースのセルフカバーアルバムに収録されたソロの曲、という位置は同じながら、その内容は違っている。

「君との思い出」は、小田が「自分のオリジナルアルバムは必要とされていないのではないか」という思いにとらわれた時期につくられた曲である。
そして、この曲のテーマである「過去への後悔と肯定」は、「過去を肯定的に見つめつつも、直せるものは直す」「過去は直せないが、楽曲は直せる」という考えを経て、セルフカバーアルバム「LOOKING BACK」へと結実していく。
つまり「君との思い出」が、「LOOKING BACK」を生み出したともいえる。
だからこそ、アルバムの1曲目に収録された。

一方、「風の街」は、オリジナルアルバム「個人主義」をリリースした直後の作品。
自分の過去を見つめる歌詞は「君との思い出」に通じているが、「風の街」は同時に未来も見据えている。
そこに小田和正の5年間の心境の変化があらわれているように思う。


関連記事

小田和正 「君との思い出」

小田和正 「風の街」

LOOKING BACKLOOKING BACK
小田和正

LOOKING BACK 2LOOKING BACK 2
小田和正

小田和正 「風の街」

ブログネタ
小田和正 に参加中!
小田和正によるJRA 2001年度ブランドCMソング。
初披露は2000年12月31日のカウントダウンライブ。そのライブでの21世紀第一曲目として演奏された。
その後、2001年にシングルとしてリリースされた後、同年発売のアルバム「LOOKING BACK 2」のオープニングとして収録されている。

CDトラックでは、オルゴールを思わせるイントロからはじまり、そこから一転、アップテンポなアレンジと大友康平(ハウンドドック)・根本要(スターダストレビュー)・坂本サトルという強力なメンバーによる美しいコーラス(というより主旋律)をバックに、小田和正が歌詞を「語る」というこれまでにないスタイルの曲となった。但し、サビ及び2番Bメロ以降は小田和正も歌っている。
なお同年放送されたラジオでは、全て主旋律で歌うアコースティックバージョンがオンエアされている。

歌詞のテーマはラブソングを装った「自分の生き様」。
「君」との関係を問い直しながら、自分の昨日・今日・明日を見つめる姿を描いている。

その後リリースされたオフコースのセルフカバーアルバム「LOOKING BACK 2」に、唯一の新曲として収録。
翌2002年のツアー「kira kira」でも2曲目に歌われた。

小田和正・シングル
「風の街」

小田和正・アルバム
「LOOKING BACK 2」

DVD「小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!」

QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目(小田和正・ASKA・スキマスイッチ出演)

ap bank fes '08 2日目(小田和正出演)

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目(小田和正出演)

ap bank fes '12 つま恋3日目(小田和正出演)

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ