GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

ALLTOGETHERNOW

「ALL TOGETHER NOW」(小田和正参加 1985年)ネット記事

BLOGOS :田中秋夫が語るラジオ局が結集した狹狙皚瓩離灰鵐機璽

小田和正、というよりオフコースが参加した「ALL TOGETHER NOW」の記事。


関連記事:

民放ラジオ特別番組 「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」(5/4・5オンエア) パブリック・リスニング

ALL TOGETHER NOW と小田和正

松任谷由実・小田和正・財津和夫 「今だから」

風のようにうたが流れていた DVD-BOX風のようにうたが流れていた DVD-BOX [DVD]
小田和正
(「ALL TOGETHER NOW」向け楽曲「今だから」収録)

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
小田和正が所属していたオフコースと吉田拓郎は共に1970年デビュー。
同時代のアーチストとして、拓郎のラジオに小田が出演するなどの親交あった。

その二人の関わりが濃くなるのは1983年頃、「日本グラミー賞」設立に奔走したときだった。

当時、オフコースの活動を停止していた小田和正は、「アーティスト同士がお互いを認め、尊敬する音楽賞を作りたい」という思いから、日本グラミー賞を作ろうとしていた。
その構想に、吉田拓郎も賛同、他のアーティストと共に協力する。
だが、様々な事情から構想は頓挫する。

しかし頓挫したその構想は、別の形で開花する。
日本民間放送連盟が1985年の日本青年年のイベント開催が模索されたとき、日本グラミー賞構想の趣旨が加わるかたちで、「ALL TOGETHER NOW」と題されたイベントへと向かうこととなる。

1985年6月15日「ALL TOGETHER NOW」開催。

吉田拓郎が司会を務めたこのイベントは、解散したはっぴいえんど、サディスティック・ミカ・バンド(ライブ当日は松任谷由実がボーカルをとったため、サディスティック・ユーミン・バンドと呼ばれた)の再結成をはじめ、、オフコース、佐野元春、サザンオールスターズ、さだまさし、南こうせつ、チェッカーズ、THE ALFEE、山下久美子、坂本龍一、武田鉄矢、財津和夫、イルカ、白井貴子、アン・ルイス、ラッツ&スターと、当時のフォーク・ニューミュージック・ロックなど日本のアーチストが集った。(ちなみに山下久美子・白井貴子のバックコーラスとして渡辺美里が参加。)
これだけの多彩なアーティストが集ったことから、「ALL TOGETHER NOW」は日本の音楽フェスティバルの原点と呼ばれることもある。

吉田拓郎とオフコースは「ALL TOGETHER NOW」のトップバッターとして一緒に登場、吉田拓郎「お前が欲しいだけ」、オフコース「Yes-No」を歌っている。

その後も吉田拓郎と小田和正・オフコースの関係は続く。
1986年、吉田拓郎が高杉晋作役を務めた映画「幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬」に、オフコースは「時代のかたすみで(せめて今だけ)」(アルバム「IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987」収録 作詞・作曲 小田和正)を提供した。
1988年、オフコース最後のアルバム「STILL a long way to go」の収録曲「逢いたい」に、吉田拓郎が歌詞を提供している(作曲 清水仁)。

----------

小田和正と吉田拓郎の関係が再び濃くなるのは1994年3月、二人が泉谷しげる主催のチャリティライブ「島原・深江救済チャリティーコンサート メッセージソングの日」に参加したときだった。
この時、吉田拓郎の「俺たちは楽器が出来るのだから、みんなでバンドを組んで、それぞれの持ち歌を演奏しよう」というアイデアから、参加アーティスト達の一部で「スーパーバンド」が結成される。
スーパーバンドには吉田拓郎(ベース・バンマス)、泉谷しげる、伊勢省三、南こうせつ、忌野清志郎(以上 ギター)、さだまさし(ギター・バイオリン)、大友康平、浜田省吾(ドラム)、小田和正(キーボード)がバンドメンバーとして参加。途中には、井上陽水が登場してスーパーバンドをバックに歌っている。

そして同年8月、泉谷がチャリティライブを始めるきっかけとなった奥尻島の支援と、島原・深江の支援の両方を行うライブが日本武道館で企画される。
企画段階から泉谷・拓郎・小田の三人によって進められるようになったこのライブでは、スーパーバンドをメインにしたものだった。
一度は、マスコミへの情報リークによる混乱(出演予定者の辞退など)で、ライブ自体が流れる寸前まで追い込まれるが、三人の決断により、ライブは開催されることになる。

1994年 8月16日、日本武道館「日本をすくえ'94 奥尻島、島原・深江救済コンサート」 開催。

この時にはスーパーバンドとして、泉谷しげる、吉田拓郎、小田和正、伊勢正三、大友康平、坂崎幸之助、財津和夫、山本潤子、稲垣潤一、白井貴子、渡辺美里が参加している。
また佐藤竹善・平松愛理・加藤いづみ・沢田知可子・石川よしひろ・陣内大蔵が「ヤングバンド」と称して、スーパーバンドの前に演奏を披露している。
なお、このライブの企画立ち上げから当日までの顛末は、小田和正の手によってドキュメンタリー映像化され、テレビ朝日で放映されている。

スーパーバンドがみたび登場するのは、1996年 9月14・15日「日本をすくえ'96 阪神・淡路大震災救済支援コンサート 」である。
このライブは泉谷の「神戸に遊びに来い、観光などで地元の経済を潤せ」というアイデアから、神戸ワールド記念ホールで開催された。
このときのスーパーバンドには、泉谷しげる、吉田拓郎、小田和正、山本潤子、伊勢正三、稲垣潤一、大友康平、 坂崎幸之助、白井貴子、大江千里が参加、ゲストとして浜田省吾・桜井賢が登場している。

しかしその後、中核メンバーである泉谷と拓郎が喧嘩したことで、スーパーバンドの活動は停止状態となる。
東日本大震災後の2012年に二人は漸く和解、拓郎のラジオで小田和正に打診する形で、スーパーバンド復活構想が持ち上がっているが、実現には至っていない。

----------

その後も小田和正と吉田拓郎の親交は続く。
2000年のフジテレビ系音楽番組「LOVE LOVE あいしてる」をはじめ、拓郎の番組に小田が出るスタイルでの共演が目立つ。
今年(2013年) は、NHK BS プレミアム「吉田拓郎 YOKOSO」で二人の対談が実現している。

但し、「クリスマスの約束」への吉田拓郎の出演は初めてである。
なお2002年「クリスマスの約束 2002」では、小田和正は拓郎の「今日までそして明日から」をカバーしている。

----------

関連記事

TBS系音楽番組「クリスマスの約束 2013」 12/25放送決定

TBS系音楽番組「クリスマスの約束 2013」 TBS プレス発表記事

小田和正公式サイト「STAFF diary」更新(クリスマスの約束関連)

TBS系音楽特番「クリスマスの約束 2013」(12/25放送)告知ページ開設

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜


----------

History of 「クリスマスの約束」
(2004年までのエピソード集)

ALL TOGETHER NOW と小田和正

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

小田和正、10/18 NHK BS プレミアム「吉田拓郎 YOKOSO」に出演(2013年)

NHK BS プレミアム「吉田拓郎 YOKOSO」(ゲスト:小田和正) 1/3再放送(2013年)

----------

IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987
オフコース
ファンハウス
1987-07-05


STILL A LONG WAY TO GO
オフコース
ファンハウス
1988-06-09


日本を救え!! [DVD]
泉谷しげる
ビクターエンタテインメント
2003-03-26






RONIN 坂本竜馬 [VHS]
武田鉄矢
ポニーキャニオン
1986-04-21

ALL TOGETHER NOW と小田和正

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
1983年、オフコースの活動、そして音楽活動を止めていた小田和正は、「アーティスト同士がお互いを認め、尊敬すること」を目指し、日本グラミー賞の設立に動いていた。
吉田拓郎をはじめとする一部アーチストの協力を得るも、様々な問題をクリアできず、日本グラミー賞構想は頓挫する。

しかし日本グラミー賞構想が、一つのきっかけを生む。
日本民間放送連盟が1985年の日本青年年のイベント開催が模索され、そこに日本グラミー賞構想の趣旨が加わることで、1985年6月15日「ALL TOGETHER NOW」と題されたイベントが開催される。
吉田拓郎が司会を務めたこのイベントは、解散したはっぴいえんど、サディスティック・ミカ・バンド(ライブ当日は松任谷由実がボーカルをとったため、サディスティック・ユーミン・バンドと呼ばれた)の再結成をはじめ、若手のチェッカーズ・渡辺美里(山下久美子・白井貴子のバックコーラスとして参加)まで、当時のフォーク・ニューミュージック・ロックなど日本のアーチスト23組が集った。
そして吉田拓郎・オフコースを皮切りに、様々なアーチストによるコラボレーションでのライブが披露された。
このため「ALL TOGETHER NOW」が日本の音楽フェスティバルの原点と呼ばれることとなる。

また、このイベント向けに、坂本龍一プロデュースの元、松任谷由実・財津和夫・小田和正による共作曲「今だから」が生み出され、高橋幸宏・後藤次利・高中正義がバックミュージシャンとしてレコーディング、シングルリリースされている。
これまでも井上陽水・忌野清志郎「帰れない二人」をはじめ共作曲は既に存在していたが、複数のアーチストによる共作(コラボレーション)は目立った例がなかった。
「今だから」もまた、日本の音楽史におけるコラボレーションの原点のひとつと位置づけられることとなる。

日本グラミー賞の挫折は、オフコース解散直後の1990年に執筆された小田和正のエッセイ「time can't wait」にて記されている。
しかし日本グラミー賞構想と「ALL TOGETHER NOW」の経験は、後の小田和正の活動の糧になる。

一つは1994〜1996年のチャリティライブで結成された「スーパーバンド」である。
1993年、泉谷しげるが北海道南西沖地震を期にはじめたチャリティライブは、節目節目のホールライブで小田和正、吉田拓郎など様々なアーチストが参加するようになる。
そのなかで1994年3月「長崎・普賢岳噴火災害救済コンサートチャリティーコンサート 〜島原・深江をすくえ〜 メッセージソングの日」にてスーパーバンドが結成される。
これは吉田拓郎の「俺たちは楽器が出来るんだから、参加アーティストがバンド組もうぜ」というアイデアが下敷きとなっている。
参加アーチストの持ち歌を、他のアーチストが演奏し、コーラスに加わるスーパーバンドのスタイルは、コラボレーションの中でも出色の存在であった。
このチャリティライブが「日本をすくえ」と冠された時には、スーパーバンドのライブがメインとなり、泉谷・琢郎・小田が中核となって、日本武道館・神戸ワールド記念ホールでライブが開催されている。

もう一つは2001年からはじまったテレビ番組「クリスマスの約束」である。
「アーティスト同士がお互いを認め、尊敬すること」を趣旨としたこの番組では、小田和正が番組のために書き下ろした「この日のこと」に様々なアーチストが参加したことを皮切りに、様々なアーチストとのコラボレーションが実現している。

関連記事:

民放ラジオ特別番組 「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」(5/4・5オンエア) パブリック・リスニング

松任谷由実・小田和正・財津和夫 「今だから」

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)

風のようにうたが流れていた DVD-BOX風のようにうたが流れていた DVD-BOX [DVD]
小田和正
(「ALL TOGETHER NOW」向け楽曲「今だから」収録)

民放ラジオ特別番組 「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」本日・明日オンエア

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
民放ラジオ特別番組
「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」

民放ラジオAM・FM 100社
2013年5月4日(土・祝)または5日(日・祝)
9:00〜23:00 のうち、55〜60分

(各局のオンエア時間は ALL TOGETHER NOW 2013 by LION 公式サイト参照)
http://atn2013.jp/

AM パーソナリティ:藤井フミヤ / 坂本美雨
AM スペシャルゲスト:松任谷由実
AM コメント:吉田拓郎 / 小田和正 / 財津和夫

FM パーソナリティ:星野源
FM スペシャルゲスト:松任谷由実
FM コメント:吉田拓郎 / 佐野元春 / 亀渕昭信


イベント「ALL TOGETHER NOW」出演者(1985年当時)
THE ALFEE / アン・ルイス / イルカ / オフコース / 加藤和彦 / 後藤次利 / 財津和夫(チューリップ) / 坂本龍一 / サザンオールスターズ / さだまさし / 佐野元春 with The Heartland / 白井貴子 / 高中正義 / 高橋幸宏 / 武田鉄矢 / チェッカーズ / はっぴいえんど(大滝詠一、細野晴臣、松本隆、鈴木茂) / ブレッド & バター / 松任谷由実 / 南こうせつ / 山下久美子 / 吉田拓郎 / ラッツ & スター

※番組でのオンエアアーティストは未定
※日時・内容は放送局ごとに異なります

ALL TOGETHER NOW 2013 by LION 公式サイト
http://atn2013.jp/

(当時の写真や関係者のコメントも掲載中)

関連記事:

1985年開催のイベント「ALL TOGETHER NOW」ライブ音源、5/4・5 民放ラジオ100局でオンエア

民放ラジオ特別番組 「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」(5/4・5オンエア) AM バージョンに小田和正コメント出演

民放ラジオ特別番組 「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」(5/4・5オンエア) パブリック・リスニング

風のようにうたが流れていた DVD-BOX風のようにうたが流れていた DVD-BOX [DVD]
小田和正
(「ALL TOGETHER NOW」向け楽曲「今だから」収録)

民放ラジオ特別番組 「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」(5/4・5オンエア) パブリック・リスニング

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
1985年のイベント「ALL TOGETHER NOW」の音源を、来る5/4・5に民放ラジオ100局でオンエアする「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」。
ニッポン放送で開かれた、この番組のパブリック・リスニングに参加してきました。

会場にはイベントの写真が飾られるなど、一回限りのイベントとは思えないほど、力の入ったものでした。

当時、このイベントに参加していたニッポン放送のくり万太郎アナウンサーと、当時の放送と今回のAMバージョン放送の構成も担当した音楽ライターの田家秀樹さんが司会進行。
ラジオでオンエアが見送られた音源を中心に、ライブの写真をスクリーンに映しながら、様々なエピソードも交えて紹介する構成。
ゲストにはトリを務めた佐野元春さんが登場、当時の貴重なエピソードも語ってくれました。

イベントの最後には、吉田拓郎+オフコースの共演シーンの映像が流れるなど、レアづくしのイベントでした。

----------

民放ラジオ特別番組
「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」

民放ラジオ100社
2013年5月4日(土・祝)または5日(日・祝)
9:00〜23:00 のうち、55〜60分
(各局のオンエア時間は下記 ALL TOGETHER NOW 2013 by LION 公式サイト参照)

AM パーソナリティ:藤井フミヤ / 坂本美雨
AM スペシャルゲスト:松任谷由実
AM コメント:吉田拓郎 / 小田和正 / 財津和夫

FM パーソナリティ:星野源
FM スペシャルゲスト:松任谷由実
FM コメント:吉田拓郎 / 佐野元春 / 亀渕昭信


イベント「ALL TOGETHER NOW」出演者(1985年当時)
THE ALFEE / アン・ルイス / イルカ / オフコース / 加藤和彦 / 後藤次利 / 財津和夫(チューリップ) / 坂本龍一 / サザンオールスターズ / さだまさし / 佐野元春 with The Heartland / 白井貴子 / 高中正義 / 高橋幸宏 / 武田鉄矢 / チェッカーズ / はっぴいえんど(大滝詠一、細野晴臣、松本隆、鈴木茂) / ブレッド & バター / 松任谷由実 / 南こうせつ / 山下久美子 / 吉田拓郎 / ラッツ & スター

※番組でのオンエアアーティストは未定
※日時・内容は放送局ごとに異なります

ALL TOGETHER NOW 2013 by LION 公式サイト
http://atn2013.jp/


関連記事:

1985年開催のイベント「ALL TOGETHER NOW」ライブ音源、5/4・5 民放ラジオ100局でオンエア

民放ラジオ特別番組 「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」(5/4・5オンエア) AM バージョンに小田和正コメント出演

風のようにうたが流れていた DVD-BOX風のようにうたが流れていた DVD-BOX [DVD]
小田和正
(「ALL TOGETHER NOW」向け楽曲「今だから」収録)

民放ラジオ特別番組 「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」(5/4・5オンエア) AM バージョンに小田和正コメント出演

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
情報源:ナタリー
#記事内には、小田和正さんに関する藤井フミヤさんのコメントも載ってます。

民放ラジオ特別番組
「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」

民放ラジオ100社
2013年5月4日(土・祝)または5日(日・祝)
9:00〜23:00 のうち、55〜60分
(各局のオンエア時間は下記 ALL TOGETHER NOW 2013 by LION 公式サイト参照)

AM パーソナリティ:藤井フミヤ / 坂本美雨
AM スペシャルゲスト:松任谷由実
AM コメント:吉田拓郎 / 小田和正 / 財津和夫

FM パーソナリティ:星野源
FM スペシャルゲスト:松任谷由実
FM コメント:吉田拓郎 / 佐野元春 / 亀渕昭信


イベント「ALL TOGETHER NOW」出演者(1985年当時)
THE ALFEE / アン・ルイス / イルカ / オフコース / 加藤和彦 / 後藤次利 / 財津和夫(チューリップ) / 坂本龍一 / サザンオールスターズ / さだまさし / 佐野元春 with The Heartland / 白井貴子 / 高中正義 / 高橋幸宏 / 武田鉄矢 / チェッカーズ / はっぴいえんど(大滝詠一、細野晴臣、松本隆、鈴木茂) / ブレッド & バター / 松任谷由実 / 南こうせつ / 山下久美子 / 吉田拓郎 / ラッツ & スター

※番組でのオンエアアーティストは未定
※日時・内容は放送局ごとに異なります

ALL TOGETHER NOW 2013 by LION 公式サイト
http://atn2013.jp/


関連記事:

1985年開催のイベント「ALL TOGETHER NOW」ライブ音源、5/4・5 民放ラジオ100局でオンエア

風のようにうたが流れていた DVD-BOX風のようにうたが流れていた DVD-BOX [DVD]
小田和正
(「ALL TOGETHER NOW」向け楽曲「今だから」収録)

1985年開催のイベント「ALL TOGETHER NOW」ライブ音源、5/4・5 民放ラジオ100局でオンエア

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
情報源:ナタリー

民放ラジオ特別番組
「ALL TOGETHER NOW 2013 by LION」

民放ラジオ100社
2013年5月4日(土・祝)または5日(日・祝)
9:00〜23:00 のうち、55〜60分
(各局のオンエア時間は下記 ALL TOGETHER NOW 2013 by LION 公式サイト参照)


イベント「ALL TOGETHER NOW」出演者(1985年当時)
THE ALFEE / アン・ルイス / イルカ / オフコース / 加藤和彦 / 後藤次利 / 財津和夫(チューリップ) / 坂本龍一 / サザンオールスターズ / さだまさし / 佐野元春 with The Heartland / 白井貴子 / 高中正義 / 高橋幸宏 / 武田鉄矢 / チェッカーズ / はっぴいえんど(大滝詠一、細野晴臣、松本隆、鈴木茂) / ブレッド & バター / 松任谷由実 / 南こうせつ / 山下久美子 / 吉田拓郎 / ラッツ & スター

※番組でのオンエアアーティストは未定
※日時・内容は放送局ごとに異なります

ALL TOGETHER NOW 2013 by LION 公式サイト
http://atn2013.jp/


4/29にはニッポン放送で試聴会実施。

風のようにうたが流れていた DVD-BOX風のようにうたが流れていた DVD-BOX [DVD]
小田和正
(「ALL TOGETHER NOW」向け楽曲「今だから」収録)
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目(小田和正・ASKA・スキマスイッチ出演)

ap bank fes '08 2日目(小田和正出演)

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目(小田和正出演)

ap bank fes '12 つま恋3日目(小田和正出演)

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ