GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

MajorTurn-Round

ベストアルバムでは味わえない TM NETWORK Progressive Rock 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」「Major Turn-Round」「QUIT 30」〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK はシンセサイザーサウンドとロック・ダンスサウンドの融合、というイメージが世間では強い。しかしながら、小室哲哉のクラシック、宇都宮隆の歌謡曲、木根尚登のフォークなど、様々な音楽をバックボーンに持つ。
そして3人の共通項として、プログレッシブ・ロックも存在する。

プログレッシブ・ロックは、実験的・革新的なロックを意味し、ロックにクラシック、ジャズ、フォーク、地域音楽から最新のシンセサイザーサウンドまでを融合させた、アルバム指向のロックである。
多様な音楽のバックボーンを持つ TM NETWORK がプログレッシブ・ロックに向かうのは、ある意味で当然の結果かも知れない。
1984年のデビューから1年半後にリリースしたミニアルバム「TWINKLE NIGHT」の収録曲「組曲 VAMPIRE HUNTER D」は、小室哲哉が手がけた「吸血鬼ハンター“D”オリジナル・アニメーション・サウンド・トラック」の曲達を組曲として再構成されたものであるが、彼らがこの頃からプログレッシブ・ロックへ指向していたことを示す1曲ともいえる。

1988年、TM NETWORK は初のプログレッシブ・ロックを基調とするアルバム「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」をリリースする。
2枚組となったアナログ盤(LP)には、1枚目に「組曲 CAROL」と呼ばれる曲達を、2枚目にシングル曲「Beyond The Time」「Seven Days War」などの曲を収録している。一方、CD等では「組曲 CAROL」と他の曲が混在して収録されている。
「A Day In The Girl's Life (永遠の一瞬)」「Carol (Carol's Theme I)」「Chase In Labyrinth (闇のラビリンス)」「Gia Co「組曲 CAROL」はrm Fillippo Dia (Devil's Carnival)」「In The Forest (君の声が聞こえる)」「Carol (Carol's Theme II)」「Just One Victory (たったひとつの勝利)」で構成される「組曲 CAROL」は、「1991年、音が何者かに盗まれている事に気づきはじめていた、イギリスに住む少女キャロル・ミュー・ダグラスが、異世界ラ・パス・ル・パスへ迷い込み、ティコ・ブラーニ、フラッシュ、クラーク・マクスウェルと共に盗まれた音を取り戻すため魔王ジャイガンティカを倒すために戦う」というファンタジックな物語をもとに作られた。この物語は木根尚登によって「CAROL」として小説化され、後にアニメ化及びラジオドラマ化されている。「組曲 CAROL」は、TM NETWORK がデビュー当時から持つファンタジー性の集大成的作品だともいえる。
このアルバムに連動したツアー「TM NETWORK TOUR '88〜'89 CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」ではライブ中盤(第2部)で、ツアーファイナルの位置づけとなる「TM NETWORK CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!! '89」ではライブ前半(第1部)に、「組曲 CAROL」はアルバム未収録曲「Gigantica」「Final Fighting」を交えて、ミュージカル仕立ての舞台で演奏された。
その演奏は1992年のライブセレクションアルバム「TMN COLOSSEUM I」に「組曲 CAROL」まるごと収録された。そして「TM NETWORK CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!! '89」のライブ映像は2004年に「CAROL the LIVE」としてリリースされた。
また1994年の TMN 終了ライブ「TMN 4001 DAYS GROOVE」2日目では、「組曲 CAROL」の一部が演奏されている。これは「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」が TM NETWORK ・ TMN の作品の中で一番売れたアルバムであることなどから、選曲されたとみられる。この演奏は映像作品「TMN final live LAST GROOVE 5.19」に収録されている。

TM NETWORK 2作目のプログレッシブ・ロックは2000年、1999年の再始動後初のアルバム「Major Turn-Round」である。
この作品では、タイトルチューン「MAJOR TURN-ROUND」が演奏時間33分にも及ぶ曲となっている。このタイトルチューンは、歌が入る「FIRST IMPRESSION」、インストの「SECOND IMPRESSION」、再び歌が入る「THIRD IMPRESSION」の三部構成となっている。
このアルバムはプログレッシブ・ロックと共に、「時代の閉塞感・虚無感」がテーマとなっている。タイトルチューンをはじめ、収録曲のほとんどが閉塞感・虚無感を色濃く映し出した歌詞とサウンドとなっている。
アルバム「Major Turn-Round」は当時インディーズレーベル・ ROJAM.COM からリリースされたが、吉本系レーベル・ R&C Japan 所属後の2003年、蔵出し音源集との2枚組アルバム「キヲクトキロク 〜 Major Turn-Round」としてリリースされている。ちなみに、この蔵出し音源集「キヲクトキロク」には、「CAROL」のピアノソロバージョン「CAROL (Unreleased Piano Version)」が収録されている。

TM NETWORK 3作目のプログレッシブ・ロックは2014年、アルバム「QUIT 30」である。
テーマは「ソーシャル・ネットワーキング・サービスでの拡散による恩恵と危惧」であることから、「Major Turn-Round」の流れを汲むところがある。
タイトルチューン「QUIT 30」は収録に際し8トラックに分けられ、アルバムの前半に「[QUIT30] Birth」「[QUIT30] The Beginning Of The End」「[QUIT30] Mist」が、後半に「[QUIT30] Glow」「[QUIT30] Loop Of The Life」「[QUIT30] Entrance Of The Earth」「[QUIT30] The Beginning Of The End II」「[QUIT30] The Beginning Of The End III」が収録されている。
アルバム「QUIT 30」はCD 1枚のみ、CD 2枚組、CD 2枚組とDVDの3形態で発売されているが、2枚組CDの2枚目には、セルフカバー「[CAROL 2014] A Day In The Girl’s Life」「[CAROL 2014] Carol (Carol’s theme I)」「[CAROL 2014] In The Forest」「[CAROL 2014] Carol (Carol’s theme II)」が収録されている。
アルバムと連動したホールツアー「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30」では「QUIT 30」が全曲演奏された。一方、その後のアリーナライブ「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」「TM NETWORK 30th FINAL」では、「組曲 CAROL」をメインとしたセットリストとなった。

これらの曲は今年(2020年)にリリースされた、ファン投票に基づくベストアルバム「Gift from Fanks T」「Gift from Fanks M」にはほとんど収録されていない。
だが、TM NETWORK の重要な要素であるプログレッシブ・ロック、そこに込められたメッセージを味わうためにも、ベストアルバムでなく、これら3枚のオリジナルアルバムを聞くことをおすすめしたい。


関連記事(いずれもアルバム紹介記事)

TM NETWORK 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」

TMN「COLOSSEUM I・II」

TM NETWORK 「Major Turn-Round」

TM NETWORK アルバム「QUIT 30」



CAROL DELUXE EDITION(完全生産限定盤)(DVD付)
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2014-12-24


Major Turn-Round
TMN
ROJAM
2001-06-15


キヲクトキロク~Major Turn-Round
TM NETWORK
R and C Ltd.
2003-02-05


QUIT30 (2枚組CD+DVD)
TM NETWORK
avex trax
2014-10-29

TM NETWORK 「CUBE」

2000年にリリースされた、TM NETWORK 再始動後最初のアルバム「Major Turn-Round」の最後に収録された曲。
アルバムのレコーディング終盤に差し掛かった頃、小室哲哉が木根尚登に3拍子の曲を作るようリクエストし、急遽作られたバラード。
小室みつ子が手がけた歌詞は、曲のタイトルと同名の映画をモチーフにしたもので、アルバムに色濃く反映された社会の閉塞感を醸し出しつつ、別れたの恋人への思いも織り込んだ失恋ソングとなっている。
ハモンドオルガンをメインにしたプログレ調に仕立てられたアレンジ、切ないバラードを彩っている。
この曲は2000年から2001年のツアー「Major Turn-Round」の本編最後に演奏された。

その後、「CUBE」はしばらく TM NETWORK ・木根尚登ソロ等で歌われなかった。
しかし2014年のツアー「TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end」で、歌詞を一部変更した上で、宇宮隆・小室・木根の三人のみで演奏された。

関連記事:

TM NETWORK 「MAJOR TURN-ROUND」
(アルバム紹介)

TM NETWORK TOUR Major Turn-Round (2000-2001)
(ツアー紹介)

TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end
(記事集)

Major Turn-Round
TM NETWORK
ROJAM
2001-06-15


キヲクトキロク~Major Turn-Round
TM NETWORK
R and C Ltd.
2003-02-05


LIVE TOUR Major Turn-Round 1 [DVD]
TM NETWORK
ポニーキャニオン
2001-11-21


LIVE TOUR Major Turn-Round 2 [DVD]
TM NETWORK
ポニーキャニオン
2001-12-05



「TM NETWORK LIVE TOUR Major Turn-Round」歌謡ポップスチャンネルにてオンエア

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
情報源:コバンザメさん

TM NETWORK LIVE TOUR Major Turn-Round
歌謡チャンネル 3月24日(日) 20:00〜21:30


歌謡チャンネル特集ページ
http://www.kayopops.jp/feature3/goldenliveseries/

歌謡チャンネル 視聴方法
http://www.kayopops.jp/howto/

関連記事:

TM NETWORK TOUR Major Turn-Round (2000-2001)

Major Turn-RoundMajor Turn-Round [CD]
TM NETWORK

LIVE TOUR Major Turn-Round 1 [DVD]LIVE TOUR Major Turn-Round 1 [DVD]
TM NETWORK

LIVE TOUR Major Turn-Round 2 [DVD]LIVE TOUR Major Turn-Round 2 [DVD]
TM NETWORK

TM NETWORK 「PALE SHELTER」

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.2.0) に参加中!
TM NETWORK 再始動後、最初のアルバム「Major Turn-Round」(2000年)収録曲。
木根尚登作曲のバラードに小室みつ子が載せた歌詞は、広漠な世界を世界を流離う旅人の姿。
それはアルバムチューン「Major Turn-Round」の世界とリンクしている面がある。
サウンドも、アルバムのテーマであるプログレ色が濃い。

アルバムリリースと同時期に行われた「Major Turn-Round」ツアーの他、2009年の宇都宮隆が FENCE OF DEFENSE と共に回ったツアー「SMALL NETWORK F.O.D」でも演奏されている。

関連記事:
TM NETWORK 「MAJOR TURN-ROUND」
(アルバム紹介)

TM NETWORK TOUR Major Turn-Round (2000-2001)

TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D
(記事集)

Major Turn-RoundMajor Turn-Round
TM NETWORK

TM NETWORK TOUR Major Turn-Round (2000-2001)

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
SE. WORLDPROOF
1. IGNITION, SEQUENCE, START
2. STILL LOVE HER
3. MAJOR TURN-ROUND
 FIRST IMPRESSION
 SECOND IMPRESSION
 THIRD IMPRESSION
4. PALE SHELTER
5. WE ARE STARTING OVER
6. ELECTRIC PROPHET
7. MESSAGE
8. CUBE

Encore
9. GET WILD
10. TIME TO COUNT DOWN
11. TIMEMACHINE
SE. CUBE


TM NETWORK 再始動後、初の全国ツアーは、同時期にリリースされたアルバム「Major Turn-Round」を軸としたものとなった。
本編は「Major Turn-Round」の収録曲を中心とした、プログレ・サウンドが前面に出たものとなった。その中に織り込まれた TMN 終了以前の曲もプログレ色が強いものが選ばれている。

小室哲哉の周りにはグランドピアノと様々な新旧シンセサイザーが置かれ、さながら「シンセサイザー博覧会」の様相を見せていた。
バンドはベースも入ったフルバンドスタイルで、木根尚登はもちろんのこと、宇都宮隆も「MAJOR TURN-ROUND」でのインスト演奏にギターで参加するなど、バンド色が一番濃いライブでもあった。

アンコールは一転、トランス・アレンジに一新した「GET WILD」、オリジナルのままの「TIME TO COUNT DOWN」、そして TMN 終了ライブの再現とも言える「TIMEMACHINE」、と多彩な曲が演奏されている。

このライブは後にDVD化された。


Major Turn-RoundMajor Turn-Round
TM NETWORK

LIVE TOUR Major Turn-Round 1 [DVD]LIVE TOUR Major Turn-Round 1 [DVD]
TM NETWORK

LIVE TOUR Major Turn-Round 2 [DVD]LIVE TOUR Major Turn-Round 2 [DVD]
TM NETWORK
続きを読む
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


1984.4.21 という時代

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

----------

OFF COURSE History 〜Live Version〜

TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)

TM NETWORK Live Set List Since 1999

SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR


Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-


TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


宇都宮隆「Dragon The Carnival Tour 2019」

----------

「群衆の中で」「夜明けを告げに」「おさらば」〜 Off Course History 1970〜1972 〜

Off Course Early Song

オフコース/小田和正「さよなら」アレンジ変遷史

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

ALL TOGETHER NOW と小田和正

君住む街へ〜オフコース解散の象徴から、小田和正ソロ活動のキーワードに転じた曲〜

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」から「今日は一日“小田和正”三昧 ENCORE!! (アンコール)」へ〜NHK ・小田和正特番の進化と深化〜

小田和正 映像作品史 1981-2019

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と SMAP ・川村結花・スガシカオ「夜空ノムコウ」〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

小田和正と KAN 〜「クリスマスの約束 2019」前史〜

「クリスマスの約束 2019」感想

「クリスマスの約束」「風のようにうたが流れていた」から生まれた楽曲達(2020年版)

----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

TM NETWORK / TMN Tie-up History 1984-1994

TM NETWORK 1999 SONGS 「GET WILD DECADE RUN」「IT'S GONNA BE ALRIGHT」「10 YEARS AFTER」「Happiness×3 Loneliness×3」「80's」〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Album 「SPEEDWAY」(2007)〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Reproduct & Remake Songs 〜「DRESS」「CLASSIX 1・2」「NETWORK TM -Easy Listening-」「DRESS 2」「QUIT 30」+α 〜TM NETWORK History〜

ベストアルバムでは味わえない TM NETWORK Progressive Rock 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」「Major Turn-Round」「QUIT 30」〜TM NETWORK History〜

----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ