GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

NEXTのテーマ−僕等がいた−

NEXTのテーマ 〜僕等がいた〜

1982.9 オフコース アルバム「NEXT SOUND TRACK」に収録
    TBS系 オフコース・スペシャル「NEXT」でオンエア

1882.11 オフコース ビデオ「NEXT VIDEO PROGRAM」に収録

1983.4 オフコース ビデオ「OFF COURSE 1982.6.30」に収録

1988.6-1989.2 「STILL a long way to go OFF COURSE CONCERT TOUR 1988-1989」で演奏

2004.12 TBS系小田和正音楽番組「風のようにうたが流れていた」で演奏

2005.5 小田和正「風のようにうたが流れていた DVD-BOX」に収録

2008.4-9 「KAZUMASA ODA TOUR 2008 今日も どこかで」で演奏

2008.11-12 ドームツアー「KAZUMASA ODA TOUR 2008 きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」でで演奏

2008.12 TBS系小田和正音楽特番「クリスマスの約束 2008」で演奏

2016.4-10 「KAZUMASA ODA TOUR 2016 君住む街へ」一部公演で演奏

2016.12 TBS系小田和正音楽特番「クリスマスの約束 2016」で演奏

----------

1982年、5人のオフコース最後の作品となった映像作品「NEXT」のテーマソングとして書かれた曲。
この曲を書いた小田和正は、この曲を「僕等がいた」と呼んでいる。

アルバム「over」制作時から極秘裏に進められたオフコース解散が、マスコミのすっぱ抜きやメンバーの心境の変化で、「over」ツアー終盤に凍結状態となった。
そんな流れの中で作られた「NEXT」は、1987年、解散したオフコースが一夜限りのコンサートを開く、というストーリーであった。
そのテーマソングであるこの曲は「僕等の終わりは僕等が終わる それを語れはしないだろう」「新しい時の流れの中で いつかまた会える時がくるね その時またここから 歩き出せばいいから」と、小田の当時の心境が現れたような歌詞となった。

この曲が演奏されたのは1988年から1989年にかけて、オフコース最後のツアーとなった「STILL a long way to go OFF COURSE CONCERT TOUR 1988-1989」であった。
ライブの1曲目にこれが置かれたのは、ツアー当初は明かさなかった「オフコース解散」を暗に示していた。

小田和正ソロになってしばらくこの曲は演奏されなかった。
2004年、小田和正の音楽史をベースにしたTBS系の番組「風のようにうたが流れていた」にて、オフコースを統括する放送回で演奏された。

ライブで演奏されたのは「STILL a long way to go」ツアーから約20年後、オフコース時代からの曲をも含めたベストアルバム「自己ベスト-2」リリースの翌年、2008年に開かれた「KAZUMASA ODA TOUR 2008 今日も どこかで」であった。
オフコース・小田和正のベスト的な選曲となったこのツアーで、この曲は御当地紀行を挟んでのライブ後半の1曲目に演奏された。
その年の小田和正のドームツアー「KAZUMASA ODA TOUR 2008 きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」でも、同じ位置で演奏されている他、TBS系小田和正音楽特番「クリスマスの約束 2008」でも披露された。

2016年、オフコース・小田和正通してのオールタイムベストアルバムとなった「あの日 あの時」と連動して、ツアー「KAZUMASA ODA TOUR 2016 君住む街へ」が開かれる。
「今日も どこかで」ツアー以上にオフコース・小田和正ベストな選曲となったこのツアーの埼玉アリーナ公演以降、ほとんどの公演でこの曲がアンコールで演奏された。
ちなみにこの曲は「あの日 あの時」には収録されていない。
その年の「クリスマスの約束 2016」でも演奏している。


関連記事:

オフコース「NEXTのテーマ−僕等がいた−」

オフコース「NEXT SOUND TRACK」

オフコースDVD「Off Course Film NEXT VIDEO PROGRAM」

オフコースDVD「Off Course 1982・6・30武道館コンサート」

小田和正「風のようにうたが流れていた DVD-BOX」

----------

STILL a long way to go OFF COURSE CONCERT TOUR 1988-1989

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「今日も どこかで」
(ライブレポ+α)

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」
(ライブレポ+α)

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」
(ライブレポ+α)

----------

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」収録時セットリスト

「クリスマスの約束 2016」(小田和正・宇多田ヒカル・スキマスイッチほか出演)演奏曲

NEXT
オフコース
EMIミュージック・ジャパン
1998-02-25


NEXT VIDEO PROGRAM [Blu-ray]
オフコース
ユニバーサル ミュージック
2016-06-08

NEXT VIDEO PROGRAM [DVD]
オフコース
EMIミュージック・ジャパン
2005-09-14

オフコース「NEXTのテーマ−僕等がいた−」

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
1982年、オフコース活動休止直前に作られた楽曲。

オフコースのラストライブとなるはずだった、1982年6月30日、日本武道館「over」ツアー最終日の映像をテレビで放映する際、彼等は「5年後にオフコースが再結成し、一夜限りのライブを日本武道館で開く」という物語を加えた。

その映像作品「NEXT」のテーマとして、小田和正によって書き下ろされた曲が、「NEXTのテーマ−僕等がいた−」である。

この曲に綴られたのは、オフコース解散についての、小田の率直な気持ちだと言えよう。
曲が書かれた時点で、オフコース解散という話は棚上げになっていた。
しかし解散するかもしれない、それは僕らにしかわからないこと…。
その彼の心境がそのまま描かれている。

この曲は映像作品のサウンドトラックである「NEXT SOUND TRACK」に収録。
そしてビデオ化された「NEXT(Off Course Film NEXT VIDEO PROGRAM)」に加え、武道館ライブの映像のみを収録した「Off Course 1982・6・30武道館コンサート」にも使われている。

この曲が実際にライブで演奏されるのは6年後の1988年、オフコースのラストツアーとなった「STILL a long way to go」ツアーである。(ツアーは1989年まで)

その後、しばらく演奏されなかったが、2004年の音楽番組「風のようにうたが流れていた」で15年ぶりに演奏される。
更に4年後の2008年、ツアー 「今日も どこかで」ドームツアー「きっと またいつか 今日も どこかで FINAL」でステージ上で19年ぶりに披露されている。


関連記事:

オフコース「NEXT SOUND TRACK」

オフコースDVD「Off Course Film NEXT VIDEO PROGRAM」

オフコースDVD「Off Course 1982・6・30武道館コンサート」

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「今日も どこかで」
(記事集)

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「きっと またいつか 今日も どこかで FINAL」
(記事集)

NEXT SOUND TRACKNEXT SOUND TRACK
オフコース
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想


----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
「ENCORE!!」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ