GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

RCサクセション

あの頃 確かに 東芝EMIがいたね(ネット記事紹介)

BLOGS : 東芝の悲劇は音楽事業からの撤退から始まった…。音楽事業を切り捨て、原子力事業を推進した結果が1兆円超える損失にーー。(渡邉裕二)

約1ヶ月前の記事ですが、なかなか興味深いのでご紹介します。

ただ、1984年の東芝EMIスタッフ有志によるファンハウス設立(オフコースもその動きに同調して東芝EMIからファンハウスに移籍)、1988年のRCサクセション「カバーズ」事件を考えると、その頃から東芝に音楽部門軽視の風潮があった気がします。
その成り立ちは違えども、音楽部門分離を声高に提言する自称エコノミストの声など眼中になく、音楽部門を手元に置くソニーとは違った結果になっているのは、皮肉な話です。


この記事を書いた渡邉裕二さんのブログ「渡邉裕二のギョウカイヘッドロック」
http://022.holidayblog.jp/

カバーズ
RCサクセション
USMジャパン
2005-11-23




事実上のベストアルバム「忌野清志郎 青山ロックン・ロール・ショー 2009.5.9」サウンドトラック 7/29 リリース

ブログネタ
忌野清志郎 に参加中!
情報源:ナタリー

約12時間にわたって行われた「青山ロックン・ロール・ショー」で流れた、全33曲の楽曲をリマスタリング&SHM-CD仕様で収録。
RCサクセションのデビュー曲「宝くじは買わない」から6月17日リリースのラストシングル「Oh! RADIO」まで、オールタイムベストとも言えるセレクトになっている。清志郎のソロ名義からRCサクセション、THE TIMERS、忌野清志郎&2・3's、忌野清志郎 Little Screaming Revue、忌野清志郎+坂本龍一と、あらゆる名義でリリースされた楽曲を、レコード会社の枠を超えて収録している。


初回限定盤には当日スタッフが着用したTシャツの色違いヴァージョン付き。

【通常盤】 CD全33曲(2枚組)+DVD(「Oh! RADIO」PV) ¥3,800(税込)(UMCC-1037)
【初回限定盤】 【通常盤】+Tシャツ ¥8,000(税込)(UMCC-9019)



忌野清志郎公式サイト「地味変」

最高のタイトルだ。

Oh! RADIOOh! RADIO
忌野清志郎

コンピレーションアルバム「Revolution 〜私たちの望むものは〜」に、オフコース「生まれ来る子供たちのために」収録

ブログネタ
小田和正 に参加中!
情報源:hotexpress

コンピレーションアルバム
「Revolution 〜私たちの望むものは〜」
2009.5.27 発売
商品番号:FLCF-4289
定価:2,800円(税込)

・収録曲
1. 私たちの望むものは / 岡林信康
2. 花 〜すべての人の心に花を〜 / 喜納昌吉&チャンプルーズ
3. 最後のニュース / 井上陽水
4. 最後の女神 / 中島みゆき
5. 雨が空から降れば / 小室等
6. 生まれ来る子供たちのために / オフコース
7. あの頃のまま / ブレッド&バター
8. Merry Christmas Mr. Lawrence / 坂本龍一
9. ラヴ・ミー・テンダー / RCサクセション
10. さとうきび畑(1969年バージョン) / 森山良子
11. 春夏秋冬 / 泉谷しげる
12. おそうじオバチャン / 憂歌団
13. 悩み多き者よ / 斉藤哲夫
14. この空を飛べたら / 加藤登紀子
15. 座蒲団 / 高田渡&ヒルトップ・ストリングス・バンド
16. 人生を語らず / よしだたくろう

アルバム公式サイト

いずれも名曲揃いですね。
個人的にはみゆきさん楽曲のセレクションが特に高評価。

関連記事:
生まれ来る子供たちのために

Revolution 〜私たちの望むものは〜
フォーライフミュージックエンタテインメント
発売日:2009-05-27

Three and TwoThree and Two
オフコース
(「生まれ来る子供たちのために」収録)
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

小田和正 映像作品史 1981-2019

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

「クリスマスの約束 2019」感想

----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994



TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


宇都宮隆「Dragon The Carnival Tour 2019」

----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目(小田和正・ASKA・スキマスイッチ出演)

ap bank fes '08 2日目(小田和正出演)

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目(小田和正出演)

ap bank fes '12 つま恋3日目(小田和正出演)

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ