GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

StillLoveHer

STILL LOVE HER (失われた風景)


1988.12.9 アルバム「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」収録

1988.12.9〜1989.6.19 「TM NETWORK TOUR '88〜'89 CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」で演奏。

1988.12.28〜1989.7.14 アニメ「シティーハンター2」エンディングに起用。

1989.3.21 シングル「JUST ONE VICTORY(たったひとつの勝利)[Remix Version]」のカップリングとして収録。

1994.5.19 「TMN 4001 DAYS GROOVE」2日目に演奏。

1994.5.26 限定生産BOX「GROOVE GEAR 1984-1994」に収録。

1994.8.1 ビデオ「TMN final live LAST GROOVE 5.19」に収録。

1997.12.5 木根尚登「NAOTO KINE Talk & Live Vol.3」で、ゲスト・宇都宮隆と共に演奏。

1998.5.30 ビデオ「木根尚登 TALK & LIVE in 渋谷公会堂」に宇都宮隆との演奏を収録。

1998.12.12 宇都宮隆ベストアルバム「TAKASHI UTSUNOMIYA THE BEST FILES」に TM NETWORK オリジナルのトラックが収録。

2000.12.5〜2001.1.20 「TM NETWORK TOUR MAJOR TURN-ROUND」で演奏。

2001.11.21 映像作品「TM NETWORK TOUR MAJOR TURN-ROUND」に収録。

2004.3.1 TM NETWORK 「WORLD HERITAGE DOUBLE-DECADE COMPLETE BOX」に収録。

2004.12.22 ファン投票による TM NETWORK ベストアルバム「Welcome to the FANKS!」に収録。

2005.4.8〜9 「SPIN OFF from TM -tribute live 2005- TOUR」 Zepp Tokyo 公演で演奏。

2005.10.1 DVD 「SPIN OFF from TM-tribute live 2005- TOUR」に収録。

2007.11.2〜12.3 「TM NETWORK -REMASTER-」で演奏。

2008.4.2 DVD 「TM NETWORK -REMASTER- at NIPPON BUDOKAN 2007」 に収録。

2011.8.3〜11.5 宇都宮隆 「Takashi Utsunomiya Tour 2011 Timesmile」で演奏。

2012.4.18 木根尚登 TM NETWORK セルフカバーアルバム「キネバラ」、宇都宮隆ライブ DVD 「Takashi Utsunomiya Tour 2011 Timesmile」に収録。

2012.4.25 「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- 2日目」に小室哲哉がインストで一部をキーボード演奏。

2012.5.16 宇都宮隆 「Timesmile RT」で演奏。

2012.5.23 「TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999」に収録。また「TM NETWORK ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999」にインストバージョン収録。

2014.10.29〜2015.1.11 「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 」で演奏。

2014.12.30 「COUNTDOWN JAPAN」で演奏。

2015.2.7〜15 「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」で演奏。

2015.7.22 LIVE Blu-ray / DVD 「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」に収録。

2016.3.23 Blu-ray BOX 「TM NETWORK 2012-2015」に、「COUNTDOWN JAPAN」「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」の演奏を収録。

2019.2.6 「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ -VOCAL COLLECTION-」に収録。

2019.2.8 映画「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」挿入歌に起用。

----------

1998年12月リリースの TM NETWORK のオリジナルアルバム「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」の最後を飾る、小室哲哉・木根尚登共作のバラード。
ロンドンでのアルバム制作では、最後に作られた曲だという。
小室哲哉の詞は、別れた恋人をロンドンとおもわれる街から想う内容となっている。
アレンジはオルガンを想起させる音色を軸に、間奏では木根尚登のハーモニカ演奏を織り込んだ。
曲後半のコーラスには、他のアルバム曲の作詞に携わった小室みつ子をはじめ現地スタッフを含めた関係者や、在英日本人が参加しているという。
この曲は、アニメ「シティーハンター2」のエンディングに起用され、翌1989年のシングル「JUST ONE VICTORY(たったひとつの勝利)[Remix Version]」のカップリングとして収録された。

だが「Get Wild」に続く「シティハンター」エンディングテーマ曲でありながら、この曲の扱いは当初芳しくなかった。
「TM NETWORK TOUR '88〜'89 CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」では、7月公演から別の曲に差し替えられる形でセットリストから外された。
「TOUR EXPO」(1991〜1992年)での、TM NETWORK の新旧ナンバーをフォーク調に演奏する「フォークパビリオン」では、「STILL LOVE HER (失われた風景)」は演奏されなかった。

「STILL LOVE HER (失われた風景)」が注目されるようになったのは、1994年のTMN終了でのラジオ番組の人気投票で、この曲が6位に食い込んだことによる。
これを受けて東京ドームでの終了ライブ「TMN 4001 DAYS GROOVE」の2日目のセットリストに、この曲が組み込まれた。

終了後は、木根尚登が自分のソロライブで時折演奏するようになる。
宇都宮隆をゲストに迎えての演奏は、映像作品化されている。
また宇都宮隆もベストアルバム「TAKASHI UTSUNOMIYA THE BEST FILES」に TM NETWORK オリジナルのトラックを収録している。

1994年の再始動後、「STILL LOVE HER (失われた風景)」は、2000〜2001年「TM NETWORK TOUR MAJOR TURN-ROUND」、2007年「TM NETWORK -REMASTER-」、2014〜2015年「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30」、2015年「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」と、冬のツアーで演奏されている。
特に「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」では、曲間にTM NETWORK 30周年を締めくくるようなメッセージを流した。
また2014年の「COUNTDOWN JAPAN」に TM NETWORK が出演した際にも演奏されている。

再結成後も、宇都宮隆・木根尚登・浅倉大介・葛城哲哉・阿部薫によるライブ「SPIN OFF from TM-tribute live 2005- TOUR」や宇都宮隆 「Takashi Utsunomiya Tour 2011 Timesmile」でも演奏されている。
そして木根尚登は2012年、TM NETWORK セルフカバーアルバム「キネバラ」に、アコースティックギター主体のアレンジでの「STILL LOVE HER」を収録している。

そして2019年、映画「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」に、「Get Wild」をはじめとする歴代テーマ曲と共に、映画の挿入歌として「STILL LOVE HER (失われた風景)」が起用されている。




関連記事:

TM NETWORK 「STILL LOVE HER (失われた風景)」
(2006年執筆)

TM NETWORK「CAROL」
(2006年執筆)

TM NETWORK 「Welcome to the FANKS !」
(2006年執筆)

TM NETWORK 「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」 小室哲哉「RUNNING TO HORIZON」 「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -VOCAL COLLECTION-」(2/6 発売)収録

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜
(2019年執筆)

----------

TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994

TM NETWORK Live Set List Since 1999
(記事集 1999年から2007年までの記録)

TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT 30 HUGE DATA
(記事集)

CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

1987年4月6日、よみうりテレビ・日本テレビ系でアニメ「シティーハンター」が放送開始した。
北条司原作、新宿の「法で裁けない悪を討つ」スイーパーで、シティーハンターと呼ばれる冴羽獠とパートナー・槇村香たちの活躍を描いたこの作品の主題歌として、オープニングに小比類巻かほる「City Hunter〜愛よ消えないで〜」、エンディングに TM NETWORK 「Get Wild」が起用された。
「Get Wild」は、小室哲哉作曲・編曲によるシンセサイザーサウンドに、TM NETWORK デビューから作詞を手がける小室みつ子による、都会の孤独をテーマにした歌詞が載った作品であった。
物語の最後に被さるように「Get Wild」が流れる番組構成は、当時物語とエンディングテーマの間にコマーシャルを挟むことが定番だったテレビアニメとしては、斬新な演出となった。

1987年4月8日、シングル「Get Wild」リリース。前年の1986年に小室哲哉が作曲を手がけた渡辺美里「My Revolution」の大ヒット、1987年2月にリリースされたアルバム「Self Control」オリコンチャート週間3位という、TM NETWORK が勢いに乗っている状況下、アニメのヒットもあって、「Get Wild」は大ヒットした。そしてオリコンチャート週間9位(前作のシングル「Self Control (方舟に曳かれて)」は週間3位)、ベスト100に26週ランクイン、年間22位を記録し、TM NETWORK の代表曲となる。
1987年6月24日、彼らにとって初の日本武道館公演「TM NETWORK FANKS CRY-MAX」のオープニングは「Get Wild」であった。また1987年7月1日リリース、彼らにとって最初のベストアルバム「Gift for Fanks」の1曲目に「Get Wild」は収録される。ちなみに、「Get Wild」はオリジナルアルバムには収録されていない。
「Get Wild」は TM NETWORK の代表曲であることから、小室哲哉が「代表曲を最新のサウンドにアレンジし直すことで、今の TM NETWORK を示す」というコンセプトを持っていたことから、1989年の「GET WILD '89」を皮切りに、様々なバージョンの「Get Wid」が TM NETWORK (TMN)名義で発表される。「Get Wild」リリース30年目の2017年、それらの派生バージョンと他のアーティストによるカバーを集めた、収録曲全曲「Get Wild」のコンピレーションアルバム「GET WILD SONG MAFIA」がリリースされる。
その後も宇都宮隆が「GET WILD PANDEMIC」としてセルフカバー、2018年のソロデビュー25周年記念アルバム「mile stone」に収録された。

時間軸を1987年に戻そう。
「Get Wild」の大ヒットもあって、「シティーハンター」=「Get Wild」というイメージが世間に醸成される。
「シティーハンター」のオープニングは、1987年10月(第27話)から大沢誉志幸「ゴーゴーヘブン」となるが、「Get Wild」は1988年3月の最終回までエンディングを飾ることになる。

1988年4月「シティーハンター2」放送開始。オープニングテーマは PSY・S 「Angel Night〜天使のいる場所〜」、エンディングテーマは岡村靖幸「Super Girl -CITY HUNTER 2-」を起用。
同年10月からオープニングテーマは、 TM NETWORK のレコーディング・サポートメンバー経験者で構成された FENCE OF DEFENSE の「SARA」が起用される。デビュー後も FENCE OF DEFENSE はメンバーの個人参加を含めて、断続的に TM NETWORK や宇都宮隆・木根尚登のソロをサポートすることになるが、その縁もあって宇都宮隆がライブで「SARA」をカバーしている。

「シティーハンター2」1988年12月28日の放送(第38話)から、TM NETWORK 「STILL LOVE HER (失われた風景)」がエンディングを飾ることになる。
「STILL LOVE HER (失われた風景)」は1988年12月9日にリリースされたアルバム「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」収録曲。小室哲哉・木根尚登作曲、小室哲哉編曲によるサウンドは重厚なバラード。そのサウンドに載せられた小室哲哉の歌詞は、「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」がレコーディングされたロンドンの、冬の風景をモチーフとした、別れた恋人へのメッセージを込めた曲になっている。
「STILL LOVE HER (失われた風景)」は1989年7月の最終回まで「シティーハンター2」のエンディングを務める。その第50話には「Get Wild」が挿入歌として起用されている。

「STILL LOVE HER (失われた風景)」は1989年3月21日のシングル「JUST ONE VICTORY(たったひとつの勝利)[Remix Version]」のカップリングとして収録されたことからみても、タイアップ曲の割には扱いが軽い状況にあった。加えて、アルバムリリースと連動したツアー「CAROL〜A DAY IN A GIRL'S LIFE1991〜 TM NETWORK TOUR '88〜'89」では演奏されたが、その後、TM NETWORK から TMN にリニューアルされた頃は演奏される機会に恵まれなかった上、その頃リリースされたライブベストアルバム「TMN COLOSSEUM I」「TMN COLOSSEUM II」、リミックスアルバム「TMN CLASSIX 1」「TMN CLASSIX 2」、ベストアルバム「TETSUYA KOMURO PRESENTS TMN BLACK」「TAKASHI UTSUNOMIYA PRESENTS TMN RED」「NAOTO KINE PRESENTS TMN BLUE」にも収録されなかった曲であった。
しかし「STILL LOVE HER (失われた風景)」はFANKS(ファン)での人気が根強く、1994年の TMN 終了に伴うラジオ番組「10th Memorial Night」での人気投票で2位にランクインされる。この結果を受けて、TMN 終了ライブ「TMN 4001 DAYS GROOVE」の2日目(1994年5月19日)に急遽演奏されることとなった。
その後も、TM NETWORK ネットワーク再始動後最初のツアー「TM NETWORK TOUR MAJOR TURN-ROUND」(2000〜2001年)でセットリストに組み込まれ、2004年のベストアルバム「Welcome to the FANKS!」の収録曲を選ぶファン投票では4位にランクインするなど、「STILL LOVE HER (失われた風景)」は TM NETWORK の代表曲としての地位を確立する。
TM NETWORK だけでなく、宇都宮隆・木根尚登のソロライブでも「STILL LOVE HER (失われた風景)」が歌われている。1989年の宇都宮隆ベストアルバム「TAKASHI UTSUNOMIYA THE BEST “FILES”」に、TM NETWORK バージョンの「STILL LOVE HER (失われた風景)」が収録される。また木根尚登は、2012年に TM NETWORK 作品のセルフカバーアルバム「キネバラ」において、アコースティックギターをメインにした同曲を収録している。

再び時間軸を1989年に戻そう。
1989年10月15日、アニメ「シティーハンター3」放送開始。オープニングテーマに小室哲哉「RUNNING TO HORIZON」、エンディングテーマに鈴木聖美「熱くなれたら」が起用される。
作詞・編曲は小室哲哉・作詞は小室みつ子のタッグで作られたアップテンポのナンバーは、同年7月にシングルリリースされた TM NETWORK 「DIVE INTO YOUR BODY」と同時期に作られたが、多数決でシングルリリース見送りになった曲である。
1989年10月28日、小室哲哉ソロデビューシングルとして「RUNNING TO HORIZON」リリース、オリコン週間チャート1位を記録する。「RUNNING TO HORIZON」は、同年12月9日発売のファーストソロアルバム「Digitalian is eating breakfast」にも収録された。
「RUNNING TO HORIZON」は1990年1月の最終回まで「シティーハンター3」のオープニングを飾り、その最終回には「Get Wild」が挿入歌として使われている。
後に「RUNNING TO HORIZON」は2001年に宇都宮隆がソロとしてカバー、シングルリリース後、アルバム「LOVE-iCE」に収録された。

「RUNNING TO HORIZON」以降、TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」とのタッグはしばらく見られなくなる。
一方、1993年1月21日リリースの宇都宮隆によるT.UTU名義のシングル「Dance Dance Dance」が、ジャッキー・チェン主演の香港映画「シティーハンター」のテーマとして起用されている。作詞・三浦徳子、作曲・根本一文、編曲・西平彰による「Dance Dance Dance」は、宇都宮隆ソロのロック指向を反映したナンバーとなっていた。同曲は同年2月21日発売のアルバム「BUTTERFLY」に収録されている。

1997年4月25日放送の単発作品「シティーハンター グッド・バイ・マイ・スイート・ハート」で、エンディングテーマとして、 NAHO がカバーした「Get Wild」が起用された。
そして1999年4月23日放送の単発作品「シティーハンター 緊急生中継!? 凶悪犯冴羽獠の最期」で、エンディングテーマとして、オリジナルの TM NETWORK 「Get Wild」が起用される。これには「シティーハンター = Get Wild」というイメージを大切にした原作者・北条司の意向があった。

その後、北条司が「シティーハンター」の派生作品「エンジェル・ハート」を手掛けるようになったこともあり、「シティーハンター」のアニメ作品はしばらく作られなくなる。
2005年、「エンジェル・ハート」のアニメ化にあたり、宇都宮隆によるユニット U_WAVE も主題歌を担当することになる。作詞・森雪之丞、作曲・石井妥師、編曲・土橋安騎夫 & 石井妥師という U_WAVE 参加者によって作られた、思い人を失った男の心情を描いた「Daydream Tripper」は、第13話・第20話〜第23話のエンディングを飾っている。なお、第13話の演出は「シティーハンター」と同じ、物語の最後に「Daydream Tripper」が流される演出となっている。
「Daydream Tripper」は翌2006年4月26日シングルリリース、そのトラックには冴羽獠の声を担当している神谷明のモノローグが入り、またカップリングとして「エンジェル・ハート」派生のラジオドラマ「XYZ Ryo's Bar Reserved for Two + α」が収録された。

20年ぶりの「シティ・ハンター」最新作となる、2019年2月8日公開「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」で、TM NETWORK 「Get Wild」のオリジナルバージョンが、エンディングテーマとして起用される。
2月6日リリースのコンピレーションアルバム「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -VOCAL COLLECTION-」に、「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」が収録された。
そして「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」では、「Get Wild」だけでなく、「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」等の歴代主題歌が挿入歌として用いられている。


関連記事:

TM NETWORK「Get Wild」ミュージックビデオ & 「シティーハンター」過去作品 YouTube で公開(映画「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」関連)
(「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ> -VOCAL COLLECTION-」など各種情報掲載)

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」
(2015年執筆)







Get Wild(完全生産限定盤) [Analog]
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2017-04-12


GET WILD SONG MAFIA
TM NETWORK
avex trax
2017-04-05


CAROL A DAY IN A GIRL'S LIFE
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20


Digitalian is eating breakfast
小室哲哉
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-07-17


T.UTU with The BAND All Songs Collection
宇都宮 隆
ソニー・ミュージックダイレクト
2016-09-21


Daydream Tripper
U_WAVE
アニプレックス
2006-04-26



TM NETWORK ・スキマスイッチ楽曲カバー紹介

アイドルネッサンス「STILL LOVE HER (失われた風景)」
(アルバム「アワー・ソングス」収録)




小田和正さんの楽曲カバーを紹介する記事を書いているときに、彼女たちの存在を思い出して検索したら、音源が見つかりました。

今度、彼女たちがリリースするシングルに収録される「トラベラーズ・ハイ(スキマスイッチ)」の音源も載っていました。



同じシングルに収録された「夏が来た!(渡辺美里)」はまだですね。

----------

アイドルネッサンス アルバム「アワー・ソングス」

発売日:2016年3月23日(火)
商品番号:TPRC-0151
定価:3,000円(税抜)

・収録曲(カッコ内はオリジナルアーティスト)
1. YOU (大江千里)
2. 初恋(村下孝蔵)
3. べステンダンク(高野寛)
4. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう(岡村靖幸)
5. タイム・トラベル(原田真二)
6. 夏の決心(大江千里)
7. STILL LOVE HER (失われた風景)(TM NETWORK)
8. -SKIT-
9. 17才(Base Ball Bear)
10. 太陽と心臓(東京スカパラダイスオーケストラ)
11. 金曜日のおはよう(HoneyWorks)
12. 恋する感覚(Base Ball Bear)
13. ガリレオのショーケース(UNISON SQUARE GARDEN)
14. Yeah! Yeah! Yeah!(androp)
15. Funny Bunny(the pillows)

----------

アイドルネッサンス シングル「君の知らない物語」

発売日:2016年7月26日発売
商品番号:TPRC-0160
定価:1,512円(税込)

・収録曲
1. 君の知らない物語
2. 夏が来た!
3. トラベーズ・ハイ
4. 君の知らない物語(inst)
5. 夏が来た!(inst)
6. トラベーズ・ハイ(inst)


----------

アイドルルネッサンス公式サイト
http://www.idolrenaissance.com/

アイドルネッサンス
T-Palette Records
2016-07-26

アワー・ソングス
アイドルネッサンス
T-Palette Records
2016-03-22

アイドルネッサンス フルアルバム「アワー・ソングス」(3/23発売)に TM NETWORK 「STILL LOVE HER (失われた風景)」カバー収録

情報源:ナタリー


アイドルネッサンス アルバム「アワー・ソングス」

発売日:2016年3月23日(火)
商品番号:TPRC-0151
定価:3,000円(税抜)

・収録曲(カッコ内はオリジナルアーティスト)
1. YOU (大江千里)
2. 初恋(村下孝蔵)
3. べステンダンク(高野寛)
4. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう(岡村靖幸)
5. タイム・トラベル(原田真二)
6. 夏の決心(大江千里)
7. STILL LOVE HER (失われた風景)(TM NETWORK)
8. -SKIT-
9. 17才(Base Ball Bear)
10. 太陽と心臓(東京スカパラダイスオーケストラ)
11. 金曜日のおはよう(HoneyWorks)
12. 恋する感覚(Base Ball Bear)
13. ガリレオのショーケース(UNISON SQUARE GARDEN)
14. Yeah! Yeah! Yeah!(androp)
15. Funny Bunny(the pillows)

アイドルルネッサンス公式サイト
http://www.idolrenaissance.com/

----------

TM NETWORK の中でも特に難曲だぞ…

「YOU」
アイドルネッサンス
T-Palette Records
2015-03-24

MEG 今春発売のカバーアルバムに小室哲哉編曲「STILL LOVE HER」収録

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
情報源: TK MuseBARKSmeg 公式サイト

MEG カバーアルバム(タイトル未定)
発売日:2012.年4月25日

フランス限定配信曲(STILL LOVE HER)を含む、全10曲を収録


気がつかなかったけど、小室さん、ツイートで編曲を担当することをつぶやいていたのね。
http://twitter.com/Tetsuya_Komuro/status/118684840701853696

関連記事

MEG、 TM NETWORK 「Still Love Her」をカバー、iTunes France ONLY リリース

CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-
TM NETWORK

MEG、 TM NETWORK 「Still Love Her」をカバー、iTunes France ONLY リリース

ブログネタ
TM NETWORK (Ver.3.0) に参加中!
情報源:ナタリーHOT EXPRESS

MEG 公式サイト(情報未掲載)
http://megweb.jp/

iTunes France ONLY だとすると、日本で聞きようがない…。
もっとも試聴しないと、買うかどうか決められないけど。


関連記事:

TM NETWORK 「Still Love Her」
(楽曲紹介)

TM NETWORK 「CAROL」
(収録アルバム)

CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-
TM NETWORK

「歌謡曲ゲッカヨ」に寄稿

本日発売の音楽誌「歌謡曲ゲッカヨ」8・9月号に、オフコース・ TM NETWORK についての文章を寄稿させていただきました。

実は文章と一緒に載せている曲は、私が選びました。
その選曲理由は「続きを読む」に書きました。
雑誌を御購入し、目を通してからご覧ください。

歌謡曲ゲッカヨ 2010年 09月号 [雑誌]歌謡曲ゲッカヨ 2010年 09月号 [雑誌]
販売元:ブティック社
発売日:2010-07-24


続きを読む

Kei Kohara + 星野奏子「Still Love Her (TM NETWORK Tribute Mix)」 iTunes & レコチョクにて先行配信開始

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
情報源:垂直落下式blog

4/22リリースの TM NETWORK トリビュートアルバム「WE LOVE TM NETWORK」より、Kei Kohara + 星野奏子「Still Love Her (TM NETWORK Tribute Mix)」が iTunes & レコチョクにて先行配信開始。

「WE LOVE TM NETWORK MySpace」では、「Still Love Her」をはじめ、アルバム収録予定曲が試聴可能。

WE LOVE TM NETWORKWE LOVE TM NETWORK
販売元:AsianDynasty Records
発売日:2009-04-22
収録曲
1. Bang The Gong
2. Love Train
3. 1974
4. Get Wild '09
5. Here, There & Everywhere
6. Time To Count Down
7. Wild Heaven
8. Human System
9. パノラマジック
10. Still Love Her

CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-
TM NETWORK
(「Still Love Her」収録)

続きを読む
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想


----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
「ENCORE!!」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ