GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

THRUTHEWINDOW

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

ソロとなった小田和正がオフコースを語る時、しばしば「オフコースは学校だった」と発言している。
創設時からのメンバー・鈴木康博からは音楽の基本を、途中から加わった清水仁・松尾一彦・大間ジロー(仁世)からはロックを学んだという。

オフコース時代の1981年から1982年にかけて、小田和正は鈴木康博の脱退表明を受けて「ヤス(鈴木康博)のいないオフコースは考えられない」としてオフコース解散を提案、「オフコース以外での音楽活動は考えられない」として音楽活動を止めることを考えていた。
しかし解散は取り止めとなったまま鈴木康博が脱退し、「いずれソロになること」を前提にした「4人のオフコース」での活動(1983〜1989年)を経て、小田の心境は変わったのであろう。

----------

1993年のシングル「緑の日々」、同年リリースのシングル「風の坂道」のカップリング曲「Yes-No」から、小田和正はオフコース時代の楽曲のセルフカバーに着手する。
「シングルのB面曲(カップリング)が軽んじられているのではないか?」、そして「自分には新作は求められていないのではないか」という小田の思いから、「風の坂道」以降のシングルは「君に Merry Xmas」(1996年)・「緑の街」(1997年)以外、オフコースのセルフカバー曲が収録されることになる。

そのセルフカバーは「過去はやり直せないが、楽曲はやり直せる」という発想のもと、時に大胆に歌詞・メロディ・アレンジが改められた。
そして1995年、ハウスを意識したサウンドに過去の恋愛を後悔がありつつも肯定する歌詞を載せた新曲「君との思い出」をシングルとしてリリースする。
その「君との思い出」は、カバー曲を一枚のアルバムとして仕立てるきっかけになった、と小田和正は語っている。
1996年にリリースされたセルフカバーアルバムは「LOOKING BACK」と名づけられ、その1曲目にはアルバム制作のきっかけとなった「君との思い出」が収録された。

「君との思い出」は、その後、シングルベストアルバム「伝えたいことがあるんだ」(1997年)や、ビデオ「K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW」(1998年 のちにDVD・Blu-ray化)に収録される。

小田和正のセルフカバーは2007年のシングル「こころ」のカップリング曲「ワインの匂い」まで続き、セルフカバー作品の多くが、2001年の「LOOKING BACK 2」、2002年の「自己ベスト」、2007年の「自己ベスト-2」に収録された。
一方、2008年のシングル「今日も どこかで」からは、オフコースのセルフカバーが収録されなくなる。

----------

その2008年、「KAZUMASA ODA TOUR 2008 "今日も どこかで"」、そしてオフコース解散コンサート「the night with us」(1989年)から19年ぶりの東京ドーム公演を含むドームツアーとなった「KAZUMASA ODA TOUR 2008 "きっとまたいつか♪今日も どこかで FINAL♪"」では、オフコースの曲が多く演奏された。

ドームツアーを前に、小田和正は新曲「さよならは 言わない」を書き下ろす。
「さよならは 言わない」は、ピアノとドームツアーから参加することになったストリングスで奏でられるバラードに、旧友に呼びかけるようなメッセージを載せた曲となった。
その旧友は学生時代の友人か、オフコースのメンバーか、それともずっと応援してくれていたファンなのか…
そして小田は曲のメッセージ相手に「さよならは 言わない」と告げている。
この歌詞は時折「最後のアルバムといって売り出すとか、ファイナルコンサートとか、そういったことはやらない」と言い切る小田和正の姿勢と重複する。

「さよならは 言わない」は、翌2009年にドラマ「トライアングル」の主題歌としてシングルリリースを経て、2011年のアルバム「どーも」に収録される。
そして「KAZUMASA ODA TOUR 2011 "どーもどーも その日が来るまで"」 「KAZUMASA ODA TOUR 2012 "どーもどーも その日が来るまで"」では、小田和正の過去の写真を映し出しながら演奏された。その模様は、DVD・Blu-ray「小田和正コンサート "どーもどーも"その日が来るまで in 東京ドーム」に収録されている。

2016年のベストアルバム「あの日 あの時」に「さよならは 言わない」が収録される。
このアルバムには、「眠れぬ夜」などオフコースの曲が9年ぶりに新録でセルフカバーされた。
また同年のツアー「KAZUMASA ODA TOUR 2016 君住む街へ」はオフコースの代表曲が数多く演奏されたが、そのセットリストの中に「さよならは 言わない」が組み込まれている。

----------

2017年、「めざましクラシックス サマーフェスティバル 2017」にゲスト出演した小田和正は、司会・軽部真一のリクエストで、オーケストラをバックに「さよならは 言わない」をピアノを弾きながら歌った。

同年放送された NHK-BS プレミアム「小田和正 100年インタビュー完全版〜時は待ってくれない〜」では、小田和正がオフコースを語り終えた後に、「KAZUMASA ODA TOUR 2011 "どーもどーも その日が来るまで"」での「さよならは 言わない」がフルで流された。



関連記事:

小田和正 「君との思い出」
(2007年の記事)

「君との思い出」と「風の街」
(2007年の記事)

小田和正 「さよならは 言わない」
(2009年の記事)

小田和正 「LOOKING BACK」
(2006年の記事)

小田和正 「LOOKING BACK 2」
(2006年の記事)

小田和正ベストアルバム「あの日 あの時」
(2016年の記事)

----------

めざましクラシックス サマーフェスティバル 2017 (ゲスト:小田和正・スキマスイッチ・沖仁)
(ライブレポ)

----------

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜
(「小田和正 100年インタビュー」関連記事)

君との思い出
小田和正
ファンハウス
1995-11-22


LOOKING BACK
小田和正
ファンハウス
1996-02-01


伝えたいことがあるんだ
小田和正
ファンハウス
1997-11-21

LOOKING BACK2
小田和正
ファンハウス
2001-05-16


K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW(Blu-ray Disc)
小田和正
(株)アリオラジャパン
2016-02-03


自己ベスト
小田和正
BMG JAPAN
2002-04-24

自己ベスト-2
小田和正
BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)
2007-11-28

さよならは 言わない
小田和正
BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)
2009-02-25

どーも
小田和正
螢▲螢ラジャパン
2011-04-20



あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

オフコース & 小田和正 映像4作品 Blu-ray で2/3発売

情報源 : SONY MUSIC

オフコース「Movie The Best Year Of My Life」
商品番号:FHXL-3003
定価:3,500円(税抜)

・収録曲
1. 夏の日
2. 「夏の日」撮影風景
3. 緑の日々
4. 「緑の日々」撮影風景
5. ふたりで生きている

----------

オフコース「OFF COURSE TOUR 1987 as close as possible」  
商品番号:FHXL-3002
定価:3,500円(税抜)

・収録曲
1. もっと近くに(as close as possible)
2. LAST NIGHT
3. 心の扉
4. ガラスの破片
5. 夏の日
6. たそがれ
7. SHE'S GONE
8. I'm a man
9. Tiny Pretty Girl
10. 君が、嘘を、ついた
11. 緑の日々
12. IT'S ALL RIGHT (ANYTHING FOR YOU)
13. 君住む街へ

----------

小田和正「K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW」
商品番号:FHXL-3004
定価:5,000円(税抜)

・収録曲
1. 緑の街
2. 風の坂道
3. 風に吹かれて
4. やさしさにさようなら
5. 遠い海辺
6. 秋の気配
7. 思い出に変わるまで
8. so long my love
9. 愛を止めないで
10. もっと近くに
11. ラブ・ストーリーは突然に
12. 僕の贈りもの
13. そのままの君が好き
14. 伝えたいことがあるんだ
15. 君との思い出
16. 風のように

----------

小田和正「小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなで SAME MOON!!」
商品番号:FHXL-3005
定価:5,000円(税抜)

・収録曲 
1. 忘れてた思い出のように
2. FAR EAST CLUB BAND SONG
3. 春風に乱れて
4. 眠れぬ夜
5. 真夏の恋
6. 夏の日
7. 秋の気配
8. さよなら
9. ためらわない,迷わない
10. 歌を捧げて
11. 翼をください
12. woh woh
13. 夜空ノムコウ
14. 風のように
15. Little Tokyo
16. the flag
17. もっと近くに
18. 恋は大騒ぎ
19. だからブルーにならないで
20. そのままの君が好き
21. 恋人
22. め組のひと
23. ラブ・ストーリーは突然に
24. またたく星に願いを
25. YES-YES-YES
26. 風の街
27. こんな日だったね
28. 勝手に寂しくならないで
29. YES-NO
30. my home town
31. 夢で逢えたら
32. same moon

----------

小田和正公式サイト
http://www.fareastcafe.co.jp/

小田和正スペシャルサイト(SONY MUSIC)
http://www.kazumasaoda.com/

----------

関連記事(いずれも映像作品紹介)

オフコースDVD「OFF COURSE Movie The Best Year Of My Life」

オフコースDVD「OFF COURSE CONCERT TOUR 1987 as close as possible」

小田和正「K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE」

「小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!」

Movie The Best Year Of My Life [DVD]
オフコース
BMG JAPAN
2005-06-22







小田和正「K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE」

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
「K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW」の追加公演(1998.2.3 東京国際フォーラム)で収録されたライブビデオ。
「これまでホールでライブ収録した事がない」ということから、当初最終公演を予定していた日本武道館公演のあとに、撮影用の公演が設定されたというエピソードがある。

ビデオには「THRU THE WINDOW」ツアー本編の16曲を収録している。


収録曲
1. 緑の街
2. 風の坂道
3. 風に吹かれて
4. やさしさにさようなら
5. 遠い海辺
6. 秋の気配
7. 思い出に変わるまで
8. so long my love
9. 愛を止めないで
10. もっと近くに
11. ラブ・ストーリーは突然に
12. 僕の贈りもの
13. そのままの君が好き
14. 伝えたいことがあるんだ
15. 君との思い出
16. 風のように

関連記事:

THRU THE WINDOW K.ODA TOUR 1997-1998

K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE [DVD]K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE [DVD]
小田和正

小田和正 "POWER STATION FINAL" & "THRU THE WINDOW ENCORE" (1998年)

ブログネタ
小田和正 に参加中!
POWER STATION FINAL
1. ラブ・ストーリーは突然に (ピアノ弾き語り)
2. 風に吹かれて
3. やさしさにさようなら
4. 思い出に変わるまで
5. so long my love
6. たそがれ
7. 今夜だけきっと
with 根本要(スターダスト・レビュー)
8. 小さな祈り with 中村雅俊(中村雅俊)
9. 卒業写真 (Hi-fi Set・Vo.山本潤子)
※映像集"Power Station と私"
10. 愛を止めないで
11. もっと近くに
12. そのままの君が好き
13. 伝えたいことがあるんだ
14. 君との思い出
15. 風のように

Encore
16. 翼をください
(赤い鳥・Vo.山本潤子)
17. ラブ・ストーリーは突然に with 佐橋佳幸
18. 夜空ノムコウ (SMAP)
19. my home town
20. またたく星に願いを
21. 君住む街へ
22. Far East Cafe

※モニターに浮かぶ「See You again & get together soon」のメッセージ。

"POWER STATION FINAL"は「THRU THE WINDOW」ビデオ発売日と同日に行われた、日清パワーステーションでのファイナルライブ。
ライブ映像と同期させて演奏する試みがなされた他、ゲストも多数登場。
何より、随所で閉鎖されるパワステへの惜別あふれるライブになった。

「最近の曲でもいいのがあります。練習したので聴いてください」というMCから歌い出した「夜空ノムコウ」は、その後のテレビ番組「クリスマスの約束」につながるものがある。

THRU THE WINDOW ENCORE
1. 緑の街
2. 風の坂道
3. 風に吹かれて
4. やさしさにさようなら
5. 秋の気配
6. 思い出に変わるまで
7. 卒業写真
(Hi-fi-set・Vo.山本潤子)
※御当地紀行・慶應義塾大学編
8. 愛を止めないで
9. もっと近くに
10. ラブ・ストーリーは突然に
11. そのままの君が好き
12. 伝えたいことがあるんだ
13. 君との思い出
14. 風のように

Encore
15. 君たちを忘れない
16. 翼をください
(赤い鳥・Vo.山本潤子)
17. またたく星に願いを
18. Yes-No
(LOOKING BACK Ver.→オリジナル)
19. 君住む街へ
SE. 緑の街


慶應義塾大学三田祭前夜祭として行われたコンサートで、同年の自動車事故後、初のソロライブでもある。
タイトル通り「THRU THE WINDOW TOUR」の選曲に近いライブだったが、新曲「君たちを忘れない」が初披露された。
「ラブ・ストーリーは突然に」ではイントロでいきなり「歌いたい人!」と募集をかけ、学生7人と共に歌っていた。

K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE
K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE


続きを読む

THRU THE WINDOW K.ODA TOUR 1997-1998

ブログネタ
小田和正 に参加中!
1997.12.21 パシフィコ横浜国立大ホール
1. 緑の街
2. 風の坂道
3. 風に吹かれて
4. やさしさにさようなら
5. 遠い海辺
6. 秋の気配
7. 思い出に変わるまで
8. so long my love

※御当地紀行
9. 愛を止めないで
10. もっと近くに
11. ラブ・ストーリーは突然に
12. 僕の贈りもの
13. そのままの君が好き
14. 伝えたいことがあるんだ
15. 君との思い出
16. 風のように

Encore
17. 君にMerry Xmas
18. またたく星に願いを
19. Yes-No
(LOOKING BACK Ver.→オリジナル)
20. 緑の日々
21. 君住む街へ
SE. 緑の街
(ビデオクリップ)

このツアーは本編のセットリストが全く変わらなかった。
唯一ツアー初日・2日目に選んだ神戸公演で、最初に「2年前、神戸でこの曲を歌ったとき、次のツアーはここから始めようと思った」といって「君住む街へ」をピアノ弾き語りで歌ったことのみ。
アルバム「LOOKING BACK」「伝えたいことがあるんだ」からの選曲が主体であるが、それ以外の曲も多く演奏された。

一方、アンコールは「Oh!Yeah!」「真夏の恋」等、多彩な曲目が用意された。
下はその一例。

1998.1.31 日本武道館・アンコール
・夏の終わりに (今滝真理子)
・クリスマスを過ぎても with 佐藤竹善(PLUS ONE)
・Yes-No with 佐藤竹善(LOOKING BACK Ver.→オリジナル)
・さよなら
・翼をください
(赤い鳥・Vo.山本潤子)
・緑の日々
・君住む街へ


1998.2.3 東京国際フォーラム・アンコール
・またたく星に願いを
・Yes-No
(オリジナル)
・言葉にできない
・だからブルーにならないで
・君住む街へ
・ラブ・ストーリーは突然に

※「言葉にできない」はオフコース最終ライブ「the night with us」以来の演奏。

ライブ初登場のグランドピアノにはじまり、キーボード・アコギ・エレキ・エレアコと小田さんが使う楽器も多彩なツアー。
コーラスは山本潤子さんと今滝真理子さんが交互に務めたが、最終3公演はふたりがそろい踏みした。
ちなみにステージは洋間をイメージしたもので、中央に「窓」を模したモニターが置かれた。

アンコールの後に流れる「緑の街」の中で、"You will see anything THRU THE WINDOW"のメッセージと共に、モニターの中で扉が閉められた。

ライブビデオ収録用に追加公演を行った最終日の模様が、その後ビデオ化された。
また「風のように」のライブトラックは、2000年リリースのアルバム「個人主義」にも収録されている。

LOOKING BACK
LOOKING BACK
伝えたいことがあるんだ
伝えたいことがあるんだ
K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE
K.ODA TOUR 1997-1998 THRU THE WINDOW LIVE


続きを読む
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想


----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
「ENCORE!!」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ