GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

WeLoveTheEarth

TM NETWORK (TMN)「We love the EARTH」の物語

ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
TM NETWORK が TMN と名乗っていた1991年、「We love the EARTH」は「Love Train」との両A面シングルとしてリリースされた曲である。カメリアダイアモンドCMソングに起用されている。
前作「RHYTHM RED」のハードロック路線とは一転、ハウスサウンドを取り入れつつ TM NETWORK 時代楽曲を彷彿とさせるサウンドとなった。
そのサウンドに乗せられたのは、恋人達のラブソングと「地球を愛すること」を重ね合わせた歌詞となっている。

同時期に小室哲哉は「Think of Earth」というメッセージソングを書き、後に「We love the EARTH」「Love Train」と共にアルバム「EXPO」に収録される。
これはイラクのクエート侵攻から湾岸戦争という、1990年から1991年の時代背景が曲作りに色濃く反映されていると思われる。
「We love the EARTH」ということで、戦争によって地球が破壊されることへの警鐘を鳴らしていたのであろう。

その「EXPO」では、「We love the EARTH」はハウス色をより濃くした「Ooh,Ah,Ah,Mix」として収録された。

シングル曲ではあったが、テレビ出演では「Love Train」が多く演奏されていた。
更に「We love the EARTH」はツアー「EXPO」ではホール公演で演奏されたものの、ツアー終盤のアリーナ公演ではセットリストから外される、という最新アルバム収録のシングル曲としては扱いが悪かった。
その後、リミックスアルバム「CLASSIX」やベストアルバム「TMN RED」に収録され、1994年の TMN 終了コンサート「TMN 4001 DAYS GROOVE」でも演奏されたが、1996年のシングル集「TIME CAPSULE」には収録されず、1999年の再始動後も演奏される機会がなかった。

「We love the EARTH」が久しぶりに演奏されたのは、2004年「TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR FINAL "NETWORK" in NIPPON BUDOKAN」のことであった。
同年にリリースされたファン(FANKS)投票を基にしたベストアルバム「Welcome to the FANKS!」に3曲目(3位)で収録された。
これは、この曲がファンの間で根強い人気を持つことを示していた。
この人気を反映してか、2007年のライブ「REMASTER」でも演奏されている。

2012年のライブ「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-」では、「We love the EARTH」は2日目に演奏されている。
これは、2012年から2015年にかけての TM NETWORK のライブで綴られた「TM NETWORK の3人は地球調査の潜伏者である」という物語と、「We love the EARTH」のメッセージソング性がリンクしたためだと思われる。
2015年、「TM NETWORK QUITE 30 HUGE DATA」「TM NETWORK 30th FINAL」でも「We love the EARTH」は演奏されている。

EXPO
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2014-05-21


TMN CLASSIX 1・2
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2014-09-24


Takashi Utsunomiya Presents TMN red
TMN
エピックレコードジャパン
1994-06-22


Welcome to the FANKS!
TM NETWORK
エピックレコードジャパン
2004-12-22

Sweet Vacation, TM NETWORK 「We love the EARTH」カバー

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
情報源:ぶろぐ@およよの部屋

Sweet Vacation 2ndアルバム
「More the Vacation!!」
バウンディレーベル
定価:2,310円
2008.4.16 発売

1. Looking For The Future
2. Speed of Sound (cover:coldplay)
3. Sexy Girl
4. Girls & Boys (cover:blur)
5. 遊びに行こうよ 〜2nd edition〜
6. We love the EARTH (cover:TMN)
7. World is So Grooving

Sweet Vacation Official Blog

選曲も含めて、こういう形でカバーされるのは嬉しいなぁ。

関連記事:
TM NETWORK (TMN)「We Love The Earth」

TMN 「EXPO」

TMN 「BLACK」「RED」「BLUE」

Sweet Vacation
「More the Vacation!!」

TMN (TM NETWORK) 「We Love The EARTH」

ブログネタ
TM NETWORK に参加中!
1991年、カメリア・ジュエリーマキCMソングとして書き下ろされた曲。
当初はCMに用いられるサビの部分が出来上がり、その後現在の形となった。

この曲のサウンドは、この頃の TMN が取り組んでいたハウスサウンドを、ポップな形で表現した感じに仕上がった。
小室哲哉が書いた歌詞も、前向きで明るい感じのラブソングであった。

そして同年5月、この曲に次いでカメリア・ジュエリーマキCMソングとなった「Love Train」と共に両A面シングルとしてリリースされる。
また同年9月発売のアルバム「EXPO」に、リミックスバージョンが収録されている。

当時は「Love Train」がプッシュされた時期で、「EXPO」ツアーでも後半のセットメニューから消えることもあった。
しかしファンの間での人気は高かった。

1993年リリースのリミックスアルバム「CLASSIX 1」に新たなリミックスバージョンが、また1994年 TMN 終了記念ベストアルバム「RED」にシングルバージョンが収録され、TMN 終了ライブでも披露された。

その後、しばらく演奏されない時期が続いたが、2004年の TM NETWORK 20周年記念ライブ「NETWORK」日本武道館公演で、TMN時代のバックメンバーと共に演奏された。
また同年12月リリースのファンセレクションアルバム「Welcome to the FANKS !」にも4曲目(=投票4位)という形で収録され、この曲の人気の根強さを示すことになった。

2007年には「SPIN OFF from TM 2007-tribute LIVE III-」でアコースティックバージョンが、そして「TM NETWORK -REMASTER-」でオリジナルに近いバージョンが演奏されている。

関連記事:
TMN「EXPO」

TMN「CLASSIX 1・2」

TMN「BLACK」「RED」「BLUE」

TM NETWORK 「Welcome to the FANKS !」

SPIN OFF from TM 2007-tribute LIVE III-

TM NETWORK -REMASTER-

TMN
「EXPO」

TM NETWORK
「Welcome to the FANKS!」
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


1984.4.21 という時代

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

----------

OFF COURSE History 〜Live Version〜

TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)

TM NETWORK Live Set List Since 1999

SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR


Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-


TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


宇都宮隆「Dragon The Carnival Tour 2019」

----------

「群衆の中で」「夜明けを告げに」「おさらば」〜 Off Course History 1970〜1972 〜

オフコース/小田和正「生まれ来る子供たちのために」 1979〜2020

Off Course Early Song

オフコース/小田和正「さよなら」アレンジ変遷史 1979
〜2019


ALL TOGETHER NOW と小田和正

君住む街へ〜オフコース解散の象徴から、小田和正ソロ活動のキーワードに転じた曲〜

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

小田和正「はるかな夢」と「the flag」〜 アルバム「個人主義」のコントラスト〜

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

「自己ベスト・2」収録曲から見える、小田和正の心境の変化〜「ひとりで生きてゆければ」「生まれ来る子供たちのために」「the flag」〜

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」から「今日は一日“小田和正”三昧 ENCORE!! (アンコール)」へ〜NHK ・小田和正特番の進化と深化〜

小田和正 映像作品史 1981-2019

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と SMAP ・川村結花・スガシカオ「夜空ノムコウ」〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

小田和正と KAN 〜「クリスマスの約束 2019」前史〜

「クリスマスの約束 2019」感想

「クリスマスの約束」「風のようにうたが流れていた」から生まれた楽曲達(2020年版)

----------

Episode「TM VISIONS」「eZ」〜TM NETWORK History〜

Episode of 「Fool On The Planet」 TM NETWORK Version

Episode of 「Fool On The Planet」 木根尚登編

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

木根尚登とユンカース〜「ユンカース・カム・ヒア」「ホントの君 ウソの君」「6月6日」〜

TM NETWORK / TMN Tie-up History 1984-1994

TM NETWORK 1999 SONGS 「GET WILD DECADE RUN」「IT'S GONNA BE ALRIGHT」「10 YEARS AFTER」「Happiness×3 Loneliness×3」「80's」〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Album 「SPEEDWAY」(2007)〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Reproduct & Remake Songs 〜「DRESS」「CLASSIX 1・2」「NETWORK TM -Easy Listening-」「DRESS 2」「QUIT 30」+α 〜TM NETWORK History〜

ベストアルバムでは味わえない TM NETWORK Progressive Rock 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」「Major Turn-Round」「QUIT 30」〜TM NETWORK History〜

----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ