GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

Weare

時に愛は

 
1980.11-1981.3  「1980-1981 OFF COURSE Concert "We are"」で演奏。

1980.11 オフコース アルバム「We are」に収録。

1980.12 オフコース「時に愛は/僕等の時代」シングルカット。

1982.1-1982.6 「1982 OFF COURSE Concert "over"」のアンコールで演奏。

1989.2 「OFF COURSE The Night with Us」で演奏。

1998.5 「オフコース「オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989」」に収録。

2002.5-2002.8 「K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』」で演奏。

2003.5 K.ODA TOUR 2003 『Kira Kira』早稲田大学記念会堂公演で演奏。

2007.11 TBS系音楽番組「クリスマスの約束 2007」収録で演奏するも、オンエアされず。

2007.12 聖光学院中学校高等学校創立50周年記念コンサートで演奏。

2008.4-2008.9 「KAZUMASA ODA TOUR 2008 「今日も どこかで」」で演奏。

2011.5 「KAZUMASA ODA TOUR 2011 「どーもどーも その日が来るまで」」一部公演で演奏。

2016.4 小田和正ベストアルバム「あの日 あの時」セルフカバーバージョン収録。

2016.4-2016.10 KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」で演奏。

----------

オフコースのアルバム「We are」収録の小田和正作品。
「愛は脆いようで強い」をテーマとしたロッカバラード。

その後シングルカットされているが、これまでのオフコースはシングルのA面に小田和正、B面に鈴木康博の曲を収録する(逆のケースもあり)形式とは異なり、B面も小田和正作品「僕等の時代」と、両方とも小田和正作品という特色を持っている。

アルバムと連動したツアー「1980-1981 OFF COURSE Concert "We are"」ではオープニングナンバーとして演奏。
「1982 OFF COURSE Concert "over"」ではアンコールとして演奏された。
ちなみにライブビデオが収録された最終日(1982年6月30日)の公演でも演奏されているが、パッケージには収録されなかった。
その後、1989年2月26日のオフコースラストライブ「OFF COURSE The Night with Us」(東京ドーム)でも演奏されている。

「時に愛は」が、小田和正のソロライブで歌われるようになったのは「K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』」である。
その後も「K.ODA TOUR 2003 『Kira Kira』」早稲田大学記念会堂公演、聖光学院中学校高等学校創立50周年記念コンサート、「KAZUMASA ODA TOUR 2008 「今日も どこかで」」、「KAZUMASA ODA TOUR 2011 「どーもどーも その日が来るまで」」一部公演で演奏されている。
いずれの演奏もオフコースのアレンジを踏襲したもので、当時小田和正が取り組んでいたオフコースのセルフカバーの対象として「時に愛は」は取り上げられなかった。

2016年、オフコース時代からソロまでの楽曲を取り上げたベストアルバム「あの日 あの時」で「時に愛は」が収録。ソロライブでのアレンジでセルフカバーされた。
このアルバムと連動したツアー「KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」」でも演奏されている。


関連記事:

オフコース 「時に愛は」
(2008年執筆)

オフコース「We are」
(アルバム紹介)

オフコース「オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989」
(アルバム紹介)

小田和正 ベストアルバム「あの日 あの時」
(アルバム紹介)

----------

1980-1981 OFF COURSE Concert "We are"

1982 OFF COURSE Concert "over"

OFF COURSE The Night with Us (1989.2.26 東京ドーム)

----------

K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』

K.ODA TOUR 2003 『Kira Kira』 & 『kira kira』 FINAL 〜東京からアジアへ〜

小田和正 仙台プレミアムライブ「君住む街へ」 & 聖光学院中学校高等学校創立50周年記念コンサート (2007年)

KAZUMASA ODA TOUR 2008 「今日も どこかで」〜小田和正 Live Set List History〜

KAZUMASA ODA TOUR 2011 「どーもどーも その日が来るまで」〜小田和正 Live Set List History〜

KAZUMASA ODA TOUR 2016 「君住む街へ」〜小田和正 Live Set List History〜

We are
オフコース
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2009-01-21


オフコース・グレイテストヒッツ 1969-1989
オフコース
ファンハウス
1998-05-21


あの日あの時
小田和正
アリオラジャパン
2016-04-20

オフコース「Yes-No」、TOKYO MX 「5時に夢中!」エンディングテーマに起用(1/11〜1/15)

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
オフコース ユニバーサルサイトより


TOKYO MX 「5時に夢中!」
毎週月〜金 17:00〜18:00(生放送)

エンディング:オフコース「Yes-No」
オンエア期間:1月11日〜15日

http://www.mxtv.co.jp/goji/


関連記事:

オフコース オフィシャルベストアルバム「ever」 12/16 発売 & DVD 「Off Course 1981.Aug.16~Oct.30 若い広場 オフコースの世界」 12/16 再出荷

オフコース オフィシャルベストアルバム「ever」(12/16発売)収録曲発表

オフコース オフィシャルベストアルバム「ever」(12/16発売)連動企画 GYAO!配信&著名人コメント第2弾掲載

ナタリー「オフコース「OFF COURSE BEST "ever"」特集」掲載、佐藤竹善などがコメント

----------

オフコース オリジナルアルバム10作品ハイレゾで配信(初期5作品配信中)

オフコース デジタル限定ベスト・アルバム「OFF COURSE BEST "ever" EMI Years」本日よりハイレゾ・ iTunes で配信開始

We are(紙ジャケット仕様)
オフコース
EMIミュージック・ジャパン
2005-03-24


OFF COURSE BEST “ever”
オフコース
ユニバーサル ミュージック
2015-12-16

続きを読む

1980-1981 OFF COURSE Concert "We are"

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
時に愛は
おまえもひとり
ランナウェイ
せつなくて
あなたより大切なこと
さよなら
思いのままに
でももう花はいらない
いくつもの星の下で
君を待つ渚
一億の夜を越えて
のがすなチャンスを
Yes-No
私の願い
きかせて

僕等の時代
眠れぬ夜
Yes-No
愛を止めないで

----------

アルバム「We are」リリースと連動して行われた、47カ所58公演のツアー。
セットリストはアルバム「We are」の曲が軸となっている。

日本武道館公演ではライブ映像の収録が試みられた。
だがそれは、オフコース解散となるかもしれない次のツアー(over)での、最終公演収録のリハーサル的意味合いがあった。

このツアーの最中、鈴木康博がオフコース脱退を表明。
これに対し小田和正が「ヤスがいないオフコースは考えられない」と発言したことで、オフコースは解散へと極秘裏に動き出していたのであった。

日本武道館のライブ映像の一部は店頭プロモーションビデオや、NHK 教育テレビ「若い広場 オフコースの世界」で流された。

なお店頭プロモーションビデオは DVD 「Off Course 1969-1989 Digital dictionary」に収録されている。

関連記事:

オフコース「We are」
(アルバム紹介)

オフコースDVD「Off Course 1981.Aug.16 〜 Oct.30 若い広場 オフコースの世界」

オフコースDVD「Off Course 1969-1989 Digital dictionary」

We are
オフコース
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2009-01-21


Off Course 1981.Aug.16~Oct.30 若い広場 オフコースの世界 [DVD]
オフコース
EMIミュージック・ジャパン
2002-01-30

オフコース「きかせて」

ブログネタ
オフコース・小田和正 に参加中!
オフコース、1980年のアルバム「We are」のラストナンバー。
小田和正作詞・作曲による、夜を舞台にした幻想的で哀愁漂うバラード。

このアルバム発売直後のツアー「We are」では、スクリーンに映し出されたニューヨークの夜景をバックに、この曲は演奏された。
また、オフコースのラストライブ「the night with us」(1989年)でも演奏されている。

ソロライブでも、「FUN MORE TIME! KAZUMASA ODA TOUR 1995」やドームツアー「KAZUMASA ODA TOUR 2008 きっと またいつか 今日も どこかで FINAL」でも演奏された。
ドームツアーでは、「We are」ツアーの映像に、新規に撮影された東京の夜景を加えた映像が、この曲のバックで流された。

関連記事:
オフコース「We are」
(アルバム紹介)

オフコース 1989.2.26「the night with us」東京ドーム

FUN MORE TIME! KAZUMASA ODA TOUR 1995

KAZUMASA ODA TOUR 2008「きっと またいつか 今日も どこかで FINAL」

We areWe are
オフコース
QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


小田和正 YouTube Official Channel

小田和正 KAZUMASA ODA TOUR 2019 特設サイト
http://www.k-oda2019.com/


----------

小田和正
小田和正 「Kazumasa Oda Tour 2019 "ENCORE!! ENCORE!!"」日程


----------

1984.4.21 という時代

----------

Off Course Early Song

ALL TOGETHER NOW と小田和正

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想


----------

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

----------

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)


TM NETWORK Live Set List Since 1999


SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR



Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-



TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
「ENCORE!!」


----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

ap bank fes '06 2日目参加

ap bank fes '08 2日目参加

ap bank fes '11 Fund for Japan 3日目参加

ap bank fes '12 つま恋3日目

----------

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

TM NETWORK
Memorial Day


----------

ap bank

Act Against AIDS

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ