GREEN DAYS 〜緑の日々〜

小田和正・TM NETWORK・OFF COURSEをはじめ、音楽を中心に色々語るブログ。 Written by SHIN

humansystem

TM NETWORK 「Human System」 History 1987-2020

1987年リリースのアルバム「humansystem」のタイトルチューン。
「humansystem」は当時「機械と人間の融合」を唱えていた小室哲哉の造語で、人間関係を意味する。
作曲・編曲:小室哲哉のバラードで、前奏と後奏にモーツアルト「トルコ行進曲(Sonata for Piano No.11 K.331)」を織り込んでいるところは、その後の「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」(1988年)をはじめとする TM NETWORK プログレッシブ・ロックの萌芽ともいえる。
作詞:小室みつ子による歌詞は「孤独な少年と少女が出会えないでいる」物語で、「めぐりあえたら 何かが変わるのに」という祈りを込めたものとなっている。その歌詞は、同じアルバムに収録された「Resistance」や、後の「SEVEN DAY WAR」等、小室みつ子が手がけたメッセージソングとの共通項を感じされるものとなっている。

アルバムと連動して開かれた「Kiss Japan TM NETWORK Tour '87〜'88」では、それまでコンサートの最後に必ず演奏された「ELECTRIC PROPHET (電気じかけの予言者)」に変わり、コンサート最後に演奏された。その位置は、アリーナツアー「KISS JAPAN DANCING DYNA-MIX TM NETWORK ARENA TOUR」、初の東京ドームコンサート「T-MUE-NEEDS STARCAMP TOKYO Produced by TM NETWORK」にも継承される。

TMN リニューアル以降は、1992年の 「TOUR TMN EXPO FINAL CRAZY 4 YOU」でセットリストに組み込まれる。また1993年の小室哲哉によるリプロダクト(リミックス)・アルバム「CLASSIX 1」に「Human System (cafe de paris mix)」が収録される。
1994年のTMN 終了コンサート「TMN 4001 DAYS GROOVE」でも2日目に演奏され、その模様はCD及び映像作品「TMN final live LAST GROOVE 5.19」の双方に収録されている。

1999年の再始動後初の演奏となった「YES TO LIFE FESTIVAL 麻薬・覚せい剤禍撲滅運動千葉大会」、翌2000年の本格的なコンサート「Log-on to 21st Century」にも「Human System」がセットリストに組み込まれる。
2004年のデビュー20周年記念コンサート「TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR FINAL “NETWORK” in NIPPON BUDOKAN」では、最終日(2日目)に TM NETWORK 時代のサポートメンバー・松本孝弘(B'z)がゲスト出演した際に演奏している。また、同年のファン投票に基づくベストアルバム「Welcome to the FANKS !」にも選出される形で収録された。
2007年のコンサート「TM NETWORK -REMASTER-」、2012年の東日本大震災復興チャリティーイベント「ALL THAT LOVE -give & give-」、同年の日本武道館ライブ「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-」2日目、2013年「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」 でもセットリストに組み込まれた。

2019年から2020年にかけて、セットリストがサポートメンバーの楽曲以外は TM NETWORK ナンバーで構成された宇都宮隆のツアー「Dragon The Carnival」では、アンコールにおいて「SEVEN DAY WAR」との日替わりで歌われた。
ツアーと前後して実施されたファン投票「FANKSが選ぶ、TM NETWORK ソング10曲」では第5位にランクイン。このファン投票に基づき作られたベストアルバム「Gift from Fanks T」に収録されている。


関連記事

TM NETWORK 「humansytem」
(アルバム紹介記事)

TMN「CLASSIX 1・2」
(アルバム紹介記事)

TMN final live LAST GROOVE (CD Version)
(アルバム紹介記事)

TM NETWORK 「Welcome to the FANKS !」
(アルバム紹介記事)

TM NETWORK ベストアルバム「Gift from Fanks T」「Gift from Fanks M」 特設サイト内 WEB RADIO 『Gift from Fanks』(ゲスト:宇都宮隆) 5/24 まで公開延長

----------

TM NETWORK 「Kiss Japan TM NETWORK Tour '87〜'88」(1987-1988)

TM NETWORK 「KISS JAPAN DANCING DYNA-MIX TM NETWORK ARENA TOUR」(1988)

TM NETWORK 「T-MUE-NEEDS STARCAMP TOKYO Produced by TM NETWORK」(1988)

TM NETWORK / TMN 「TOUR TMN EXPO FINAL CRAZY 4 YOU」(1992)

TM NETWORK / TMN 「TMN 4001 DAYS GROOVE」(1994.5.18-19)

----------

1999.10.25「YES TO LIFE FESTIVAL 麻薬・覚せい剤禍撲滅運動千葉大会」 TM NETWORK ライブ

TM NETWORK 「Log-on to 21st Century」 2000.7.27 横浜アリーナ

TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR FINAL “NETWORK” in NIPPON BUDOKAN

TM NETWORK -REMASTER-

TM NETWORK -REMASTER- 日本武道館

震災復興チャリティーイベント「ALL THAT LOVE -give & give-」セットリスト

TM NETWORK CONCERT -Incubation Period- 2日目

「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」 2日目

宇都宮隆 Tour 2019 Dragon The Carnival 中野サンプラザ追加公演2日目(Tour Final)

humansystem
Sony Music Direct(Japan)Inc.
2014-04-01


TMN CLASSIX 1・2
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2014-09-24

TM NETWORK 「RESISTANCE」

TM NETWORK 1987年のアルバム「humansystem」収録曲。
翌1988年、TBS系テレビドラマ「痛快!ロックンロール通り」主題歌に起用され、シングルカットされている。TM NETWORK 初のドラマ主題歌でもある。

タイトルはフランス語の「抵抗」、そこから転じたフランスでのナチス抵抗運動を意味する。
小室みつ子による歌詞は、現状に抗い、旅立とうとする者へのエールとなっている。
小室哲哉は当初、この曲をバラードで書いていたが、プロデューサーやメンバーのアイデアで、ロック寄りのアップテンポナンバーに仕立てられ、「humansystem」に収録された。
なお「humansystem」の先行シングルとして、この曲と「Kiss You (世界は宇宙と恋におちる)」が候補となっていたが、後者が選ばれた。

1989年のリプロダクト(リミックス)アルバム「DRESS」で「RESISTANCE」は、 Jonathan Elias の手でリミックスされているが、バラードのような荘厳なサウンドとなっている。
1992年のライブセレクションアルバム「TMN COLOSSEUM II」にも、オリジナルのアップテンポナンバーを踏襲した「RESISTANCE」のライブトラックが収録されている。
1993年には、小室哲哉が過去の自分の作品をセルフカバーしたアルバム「Hit Factory」に、TM NETWORK ・ TMN 作品の中からこの曲が選ばれて収録されている。このトラックはバラード仕立てで、歌詞も一部変更された。

TMN 終了後の1996年にリリースされたシングル集「TIME CAPSULE」に収録。
2004年、TM NETWORK デビュー20周年記念にリリースされた、ファン投票に基づくアルバム「Welcome to the FANKS !」には、11位にランクインして収録されている。

一方、ライブでは「humansystem」と連動したホールツアー「Kiss Japan TM NETWORK Tour '87〜'88」、アリーナツアー「KISS JAPAN DANCING DYNA-MIX TM NETWORK ARENA TOUR」で演奏されるが、それ以降は演奏される機会が無い曲でもあった。
1994年の終了ライブ「TMN 4001 DAYS GEOOVE」でも、小室哲哉のキーボード・ソロでフレーズが奏でられるにとどまっている。
再始動後も、演奏される機会は無く、2005年の宇都宮隆・木根尚登・浅倉大介・葛城哲哉・阿部薫によるライブ「SPIN OFF from TM -tribute live 2005-」仙台公演で漸く演奏された。
そして2008年、「TM NETWORK PLAY SPEEDWAY and TK HITS!!」で、20年ぶりにセットリストに組み込まれる。
2011年には宇都宮隆が「Takashi Utsunomiya Premium annual concert dinner show 2011」で披露。
その後、2013年「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」1日目に演奏されている。


関連記事:

TM NETWORK 「humansytem」

TM NETWORK 「DRESS」

TMN「COLOSSEUM I・II」

TMN「TIME CAPSULE」

TM NETWORK 「Welcome to the FANKS !」

(いずれも収録アルバム紹介)

humansystem
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20


DRESS
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-11-27


TMN COLOSSEUM I・II
TM NETWORK
ソニー・ミュージックダイレクト
2014-09-24


TIME CAPSULE all the singles
TMN
エピックレコードジャパン
1996-12-12


Welcome to the FANKS!
TM NETWORK
エピックレコードジャパン
2004-12-22

QRコード
QRコード
Writer
SHIN
MY SITE
(休眠中)
my twitter





ブログランキングならblogram
記事ピックアップ


1984.4.21 という時代

I'm EPIC Childern and FUN HOUSE Children

----------

OFF COURSE History 〜Live Version〜

TM NETWORK / TMN SET LIST 1984-1994

小田和正 Live Set List
(1990年〜2016年)

TM NETWORK Live Set List Since 1999

SPIN OFF from TM
-tribute live 2005- TOUR


Kazumasa Oda Tour 2005
「大好きな君に」


SPIN OFF from TM 2007
-tribute LIVE III-


TM NETWORK
-REMASTER-


TM NETWORK
PLAY SPEEDWAY and TK HITS !!


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「今日も どこかで」


KAZUMASA ODA
TOUR 2008
「きっと またいつか ♪今日も どこかで FINAL♪」


TAKASHI UTSUNOMIYA CONCERT TOUR 2009 SMALL NETWORK F.O.D

UTSU & KINE EXPO フォーク・パビリオン -Revival-

KAZUMASA ODA
TOUR 2011
どーもどーも
その日が来るまで


KAZUMASA ODA
TOUR 2012
どーもどーも
その日が来るまで


TM NETWORK CONCERT
-Incubation Period-


TM NETWORK
FINAL MISSION
-START investigation-


TM NETWORK 30th 1984〜 the beginning of the end

KAZUMASA ODA
TOUR 2014〜2015
「本日 小田日和」


TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 / QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th FINAL CONCERT

KAZUMASA ODA
TOUR 2016
「君住む街へ」


KAZUMASA ODA
TOUR 2018
ENCORE!!


KAZUMASA ODA
TOUR 2019
ENCORE!! ENCORE!!


宇都宮隆「Dragon The Carnival Tour 2019」

----------

「群衆の中で」「夜明けを告げに」「おさらば」〜 Off Course History 1970〜1972 〜

オフコース/小田和正「生まれ来る子供たちのために」 1979〜2020

Off Course Early Song

オフコース/小田和正「さよなら」アレンジ変遷史 1979
〜2019


ALL TOGETHER NOW と小田和正

君住む街へ〜オフコース解散の象徴から、小田和正ソロ活動のキーワードに転じた曲〜

「goodtimes & badtimes」 「Little Tokyo」〜小田和正のひとりだち宣言〜

時は待ってくれない〜小田和正「time can't wait」「time can wait」〜

「Far East Cafe」での出会い〜ネイザン・イースト、佐橋佳幸、佐藤竹善と小田和正〜

小田和正ソロ初期を彩った第一生命CMソング

日本をすくえ・スーパーバンドと小田和正

小田和正「はるかな夢」と「the flag」〜 アルバム「個人主義」のコントラスト〜

From "over" To "LOOKING BACK" 〜Kazumasa Oda Chronicle 1981-2005〜

「自己ベスト・2」収録曲から見える、小田和正の心境の変化〜「ひとりで生きてゆければ」「生まれ来る子供たちのために」「the flag」〜

「君との思い出」「LOOKING BACK」そして「さよならは 言わない」〜小田和正にとってのオフコース〜

小田和正と映画音楽

小田和正とドラマ主題歌

小田和正と名古屋鉄道

小田和正が手がけた自動車CMソング

小田和正と競馬CM(2019年版)

小田和正と明治生命・明治安田生命の20年〜「言葉にできない」「たしかなこと」「ダイジョウブ」「今日も どこかで」「愛になる」〜

「100年インタビュー 〜アーティスト 小田和正〜 時は待ってくれない」から「今日は一日“小田和正”三昧 ENCORE!! (アンコール)」へ〜NHK ・小田和正特番の進化と深化〜

小田和正 映像作品史 1981-2019

----------

History of 「クリスマスの約束」
(2001年〜2004年)


TBS系・小田和正「クリスマスの約束“大好きな君に”」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2006」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2007」感想

小田和正音楽特番「クリスマスの約束2008」感想


「クリスマスの約束 2009」感想


「クリスマスの約束 2010」感想

「クリスマスの約束 2011」感想

「クリスマスの約束 2012」感想

小田和正と桜井和寿 (Mr.Children) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.1〜

小田和正と吉田拓郎 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.2〜

小田和正とクリ約小委員会(根本要・スキマスイッチ・水野良樹) 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.3〜

小田和正と松たか子・ JUJU 〜クリスマスの約束2013前史 Vol.4〜

小田和正と山本潤子〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と財津和夫〜「クリスマスの約束」史〜

「クリスマスの約束 2013」感想

「クリスマスの約束 2014」感想

「クリスマスの約束 2015」感想

「クリスマスの約束 2016」感想

「クリスマスの約束 2017」感想

NHK 「密着ドキュメント 小田和正 〜毎日が“アンコール”〜」感想

小田和正と SMAP ・川村結花・スガシカオ「夜空ノムコウ」〜「クリスマスの約束」史〜

小田和正と矢野顕子〜「風のようにうたが流れていた」2019 前史〜

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」(2019)感想

小田和正と KAN 〜「クリスマスの約束 2019」前史〜

「クリスマスの約束 2019」感想

「クリスマスの約束」「風のようにうたが流れていた」から生まれた楽曲達(2020年版)

----------

Episode「TM VISIONS」「eZ」〜TM NETWORK History〜

Episode of 「Fool On The Planet」 TM NETWORK Version

Episode of 「Fool On The Planet」 木根尚登編

TM NETWORK と共に変化した「GET WILD」

TM NETWORK とアニメ「シティーハンター」〜「Get Wild」「STILL LOVE HER (失われた風景)」「RUNNING TO HORIZON」〜

木根尚登とユンカース〜「ユンカース・カム・ヒア」「ホントの君 ウソの君」「6月6日」〜

TM NETWORK / TMN Tie-up History 1984-1994

TM NETWORK 1999 SONGS 「GET WILD DECADE RUN」「IT'S GONNA BE ALRIGHT」「10 YEARS AFTER」「Happiness×3 Loneliness×3」「80's」〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Album 「SPEEDWAY」(2007)〜TM NETWORK History〜

TM NETWORK Reproduct & Remake Songs 〜「DRESS」「CLASSIX 1・2」「NETWORK TM -Easy Listening-」「DRESS 2」「QUIT 30」+α 〜TM NETWORK History〜

ベストアルバムでは味わえない TM NETWORK Progressive Rock 「CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜」「Major Turn-Round」「QUIT 30」〜TM NETWORK History〜

----------

オフコース・アルバム紹介

オフコースDVD紹介

小田和正アルバム紹介

小田和正 DVD 作品紹介

TM NETWORK アルバム紹介

木根尚登アルバム紹介

カテゴリー別過去記事
月別過去記事
最新コメント
  • ライブドアブログ