オフコースは1981年のアルバム「We are」から、アメリカ・ロサンゼルスのレコーディングエンジニアであるビル・シュネーにミックスダウンを依頼する。
同い年であると言うことで意気投合した二人。
その後、オフコース「STILL a long way to go」をのぞき、全ての作品を小田はビルに託すことになる他、1986年に小田が海外進出を模索したとき、ビルが全面的にサポートしたのであった。

その二人の合い言葉が「same moon」である。
「日本とアメリカ、場所は離れていても、同じ月を見ている」
小田のエッセイ「time can't wait」で、「same moon」の意味を明かしていた。

1999年、小田がアルバムの製作でロスにわたった際、ビルのスタジオの壁に「same moon!!」と題した絵を描いている。
その絵は、翌2000年リリースされたアルバム「個人主義」に掲載された。
同年、「same moon!!」と題されたツアーがはじまる。
そのツアー中に作られた曲が「same moon」である。

「この夜を 忘れないで 同じ月を今 ここでみてるから」
アカペラで歌うこの曲の歌詞は、小田とビルの友情を歌っていると共に、小田がファンに向けてのメッセージだったように思う。

この曲は、「same moon!!」ツアー後半から歌われた。
そして同年のカウントダウンライブ「小田和正 ちょっと寒いけど みんなで SAME MOON!! 2000.12.31-2001.1.1 横浜八景島シーパラダイス マリーナヤード」、そして2002年のツアー『Kira Kira』の一部公演でも披露されている。

カウントダウンライブでのトラックがビデオ・DVD化されたが、CD音源にはならず、また2003年以降には披露されない「幻の曲」となっていた「same moon!!」。
「クリスマスの約束 2015」で13年ぶりに披露された。


関連記事:

Kazumasa Oda Tour 2000 "SAME MOON !!"

小田和正 ちょっと寒いけど みんなで SAME MOON!! 2000.12.31-2001.1.1 横浜八景島シーパラダイス マリーナヤード

K.ODA TOUR 2002 『Kira Kira』

----------

「小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!」
(DVD紹介)

「小田和正カウントダウン・ライブ ちょっと寒いけど みんなでSAME MOON!!」

----------

TBS系 小田和正音楽特番「クリスマスの約束 2015」セットリスト

「クリスマスの約束 2015」感想

個人主義
小田和正
ファンハウス
2000-04-19